誰かが何かを失敗したときに、必要以上にそのことについて非難する…そんな人は身の周りにいませんか?

確かに言っていることは正論だったり的を射ていたりすることもあるのです。

ですが、ものの言い方や「そこまで言う必要、ある?」というほど非難していることもあるので、はたから見ていて気持ちいいものではありませんよね。

また、そんな非難する人の非難の矢印が自分の方に向いてしまったらとても大変です。

反論しようものなら更なる非難を浴びせてきて収拾がつかなくなってしまいます。

こんなことにならないためにも、非難ばかりする人の特徴をよく知ってなるべく近寄らないようにしましょう。

そして、もし非難ばかりする人に絡まれた場合の対処法も知っておきたいところです。

今回は、非難ばかりする人の特徴や絡まれたときの対処法などについてご紹介していきたいと思います。

周りで対人トラブルを起こす人が多いという人は、是非参考にしてみてくださいね。

非難ばかりする人の7個の特徴!こんな人いますよね

周りに非難ばかりする人がいるということは、それだけでも大きなストレスになりますよね。

自分が非難される対象じゃなくても非難している状況が気まずいですし、対人トラブルにまで発展することもあるので、そうなってしまうともう他人事ではなくなることも…。

職場や友達のグループなどで非難ばかりする人が1人でもいると、関係のない第三者までを巻き込んだトラブルが起きることもあるのです。

そんなことにならないためにも、非難ばかりする人にはどんな特徴があるのかを把握して、早めに距離を取るようにするのが1番の自衛方法です。

また、自分自身が無意識のうちに「非難ばかりする人」になっているなんて可能性もあります。

自分は周りのために正しいことを言ってるつもり、多少キツい言葉でも相手のことを思って心を鬼にして伝えているという人は要注意です。

自覚がないだけで、自分も周りから見たら非難ばかりする人だと思われている可能性があります。

そんな人は早かれ遅かれトラブルに発展する可能性があるので、早いうちに自覚して正していく必要があります。

ここでは、非難ばかりする人の特徴についてまとめましたので、良かったら参考にしてみてください。

自分自身が非難ばかりしている人である可能性がある人も、当てはまるところがないかをよくチェックしてみてくださいね。

1.プライドが高い

非難ばかりする人の特徴の1つに「プライドが高い」というところがあります。

自分の考えや価値観に自信を持っているのはいいことなのですが、それ以外の考えなどは「間違っている」「くだらない」などと見下していることが多いです。

また、自分のことを誰よりも認めてほしいと思っている節があるので、自分と違う考え方や自分よりも優れた考えをしている人がいたら必死に非難してきます。

自分の考えやプライドを守るために相手を非難ばかりするという、とても厄介な性格をしています。

相手より自分を見て評価をして欲しいという気持ちから

自分よりほかの誰かが評価されて目立っている…このような事態を快く思わないのは非難ばかりする人です。

知人が何かで成功しても素直に「おめでとう」「スゴイね」ということは決して言わず、失敗したときにここぞとばかりに「前からおかしいと思っていた」「私はこうなることがわかっていた」と非難します。

その上で「このことについて以前から違う意見を持ってた自分」をアピールし自分の評価も上げようとします。

プライドが高いので、自分よりほかの誰かに注目が行ったり評価されたりすることが面白くないのです。

負けたくないという気持ちもある

非難ばかりしている人は「負けたくない」という気持ちが人一倍強いものです。

プライドが高いので自分のできることや得意なことは誰にも負けない自信があり、その分野で他の人が失敗すると「ほれ、見たものか」と言わんばかりに非難をします。

こてんぱに相手を負かして、自分の優秀さを見せつけたいのです。

相手の失敗や弱点を利用して自己主張するやり方は、「あの人と関わったらボロボロにされる」と周りから嫌われることでしょう。

2.陰気な人


陰気な人は表立って自分の意見を言うことが出来ず、いつも何らかの不満を抱えている人が多いです。

そのため、何かが起きるとすぐに他人を非難ばかりします。

また、溜まったストレスを誰かを非難することで発散している節もあり、その非難の内容もとても陰湿です。

雰囲気が暗く影で愚痴を言う

非難ばかりする人は、非難だけでは飽き足らず、陰で愚痴や悪口を言う人がとても多いです。

「非難してやろう」という気持ちが常にあると、人の欠点や弱点に目が行ってしまうものです。

そして誰かが評価されていると「アイツなんて」と嫉妬し、陰で愚痴を言います。

愚痴を吐いているヒマがあるなら、自分も評価されるように努力をすればいいのです。

しかし、非難することばかり考えているので、必要な努力を怠り、また愚痴を言う…という負のループに陥りやすいです。

噂話をよく流す

非難ばかりする人は、人の噂話を流すのが大好きです。

単にゴシック好きという一面もありますが、非難している相手方の良くない噂話を周りに流し「ね?あの人って悪い人でしょ?

だから私に非難されても仕方がない人なの」というように、周りに働きかけようとします。

このやり方はとても陰湿ですよね…。

本人に向かってちゃんと意見が言えたり、相手の意見も踏まえて堂々と討論することができないので、こういった裏工作のようなことをします。

3.正当化する

非難ばかりする人は、すぐに自分を正当化するという特徴はあります。

一見、はっきりと自分の意見を言える人のように見えますが、自分の都合の悪いことは無視して、自分のいいように正当化します。

そのため、相手との話し合いなどで自分の考えが通らないようなときに「アナタはそう言うけど、私は○○だからこうしたんだ!」などともっともらしい理屈を後付けして正当化し、自分の身を守ろうとします。

自分の言うことを無理に正当化するために非難された人にとってはたまったものではありませんよね。

また、周りには「全部自分の都合のいいように正当化している」ということがバレているのに、当の本人は気付いていないパターンが多いです。

「自分は正しいことをした!」と主張をする人には多い傾向

非難ばかりする人の中には「自分は正しいことをした(だから悪くない)」という主張する人が多いです。

友達や同僚が悪いことや間違ったことをしかたら、そのミスを徹底的に指摘(非難)したと考えており、極端な人だと「勘違い野郎を正論でやっつけた」「自分とは違う意見を持つ悪者を退治をした」くらいに思っている人もいます。

自分の中の正しいことや正義を信じすぎるが故に、自分とは違う意見や考えを持つ相手を徹底的に避難してしまうのです。

悪くないと考える

何かトラブルが起こったとき、明らかに自分も無関係ではないのに「自分は何も悪くない」と考える人の中にも、他人を非難する傾向の人は多いです。

自分が悪くないことを無理やり証明しようとして相手に対して「アナタが悪い」「○○さんがしたことであって、自分は何も関係ない」ということを声を上げて非難します。

柔軟に考えたら「自分にも原因があったかもしれない」「誰か1人の責任ではない」ということがわかることでも、自分の身を守るために他人を非難しまくるその姿は、見ていてとても不快になることでしょう。

4.悪口が多い

会話をしていてもそのほとんどが「誰かの悪口」だという人は結構多いですよね。

いつも何かに不満を持っていて、常に何かを非難している状態の人は悪口がとても好きです。

そのため、誰かが失敗したシーンでは先陣を切ってその人のことを非難しまくります。

非難をしているからと言って何でも言いたい放題

非難ばかりしている人は、非難している最中はかなりの興奮状態になっています。

相手を徹底的にやっつけるまでは、その非難についての熱は下がるところかどんどん加熱していくばかりです。

また、非難ばかりしている人はもともと悪口が好きなタイプが多いので、非難ついでに今現在関係のない悪口や指摘までしてくることが多いです。

1つの失敗に対し「○○も出来ないなんて、だからモテないんだよ」「親の顔が見てみたい!」などの「どう考えても関係ない」というような悪口を織り交ぜてきます。

非難しているからと言って「この際だから」と言わんばかりの言いたい放題は、関係のない第三者が見ていても不快になることでしょう。

気に食わない人には徹底的に非難する

悪口が多い人は、気に食わない人に対する悪口にがより一層力が入ります。

自分の気に食わない人が何か行動を起こすたびに徹底的に非難をして潰しにかかろうとするほどです。

何も失敗をしてないうちから「その考えはどうかと思う」「もっと視野を広く持った方がいいよ」などと非難をします。

そして、いざ失敗したら「そうなると思っていた」「結局、自分のことしか考えてない自己中だよね」などと徹底的に非難をします。

そしてそのことを周りの人に悪いふうに話して拡散し、気に食わない人を追い詰めます。

また、気に食わない人に関しては些細なミスでも見逃さず、重箱の隅をつつくような指摘や非難、悪口も怠りません。

こんなタイプの人に目をつけられたらかなり苦労するので気を付けるようにしましょう。

5.炎上が好き


インターネットが生活の一部となりとても便利な世の中になったものですが、それと同時にネットでのトラブルも多くなりました。

その中でも一般人が身近なネットトラブルと言えばSNSなどの「炎上」です。

自分がSNS上で発言したことに対して他人が過剰に反応し、コメント欄が非難で荒れることなどを炎上と言います。

そして非難ばかりする人は、そんな炎上が大好物です。

自分は非難していなくても、誰かが非難されて炎上しているさまを見るのが大好きなのです。

非難されているところを持ち上げる

非難ばかりする人は、炎上で荒れているところをよくウォッチングし、出没します。

そして周りの非難の勢いが甘くなってきていたり、非難されている相手が反論してきたりしたら、自分自身が出張って非難している人にいいねをしたり「私も○○さんに完全に同意です」などと発言して非難の手を持ち上げることがあります。

終息しかけた炎上も、炎上大好きな非難ばかりする人の手にかかれば再炎上もお手のものです。

言い争いなどが好き

炎上が好きということは、言い争いももちろん大好きです。

他人同士が不毛な言い争いをしているのを見るもの好きですし、自分自身が言い争いに参加して相手を徹底的に非難することが好きなのです。

ですが、自分が参加する言い争いに何かの正義や考えがあるわけでもなく、ただ「言い争って誰かを非難することが好き」なだけなので、この言い争いはとても不毛です。

非難ばかりする人はネット上の炎上に便乗して言い争いに参加している人も多く、自分のストレスを顔が見えない誰かにぶつけているようにしか見えません。

こう考えると、非難ばかりしていて言い争いが好きな人は哀れでかわいそうな人にも思えますよね。

6.相手のことを考えない

非難ばかりしている人は、基本的には自己中心的で相手のことなど考えていない人が多いです。

人付き合いは相手のことを考えたり思いやったりしないと成立しないものなのですが、非難ばかりしている人はそんなことお構いなしです。

「自分が快適だったらそれでいい」「自分の言いたいことは言う」など、相手のことなど関係ありません。

そしてその自己中心的な考えから、自分の気に入らないことがあったら相手を非難するのです。

基本的に相手のことを考えていない

非難ばかりする人は、相手のことを考えるということをしません。

自分が良ければそれでいいという考えの人なので、自分のアイデンティティやプライドに触れることがあれば容赦なく相手を非難します。

また「自分が」「自分は」と自分本位でしか物事を考えられないでの「相手ならどう考えるか」というところまで考えが及びません(考えようともしません)。

相手が自分と違う意見を言った際は「そんなの、自分が困るじゃないか!」と自分目線で非難することもあるので、周りの人もいつも困り顔になっていることでしょう。

「この人だ」というイメージから非難することもある

非難ばかりする人は、思い込みが激しい傾向もあります。

そのため、自分の中の「自分にとってのイヤな人像」にちょっと当てはまりそうな人がいると「この人だ!(この人はイヤな人だ)」とかってに決めつけて

7.非難する人は過去に非難されている傾向がある

非難ばかりしている人の中には、自分の考えを意地でも貫こうとしている人以外にも「過去に自分が非難されたことがある」という人も多いです。

非難される前に相手を非難して、自分の身を守ろうとしているのです。

過去に非難されているからこそ非難する

過去に非難された経験がある人ならわかるでしょうが、非難されている最中は、とてもツラく、しんどいものです。

自分の考えや価値観を否定されて、その場からいなくなりたい気持ちになることもあるでしょう。

非難ばかりしている人は自身もそんな経験をして「自分ばかり辛い」「なんでここまで言われないといけないのか」と、とても悔しい思いをしている人もいます。

普通の人であれば「非難されるとツラい」ということを身を持って経験すると、他人にはしないでおこうと思うものですよね。

ですが、非難ばかりする人は違います。

「自分も非難されたことがあるんだから、他の人もされるべき」というひねくれた考えを持っていることがあります。

自分がされたからこそ、他の人のことも非難しないと気が済まないのです。

非難ばかりする人いませんか?

ここまでは、非難ばかりする人の特徴についてお伝えしてきました。

周りにこの特徴が当てはまる人がいるのであれば、その非難する人の心理を押さえたうえで今後の付き合い方に注意する必要があります。

なぜ非難ばかりのか、ここでは非難ばかりする人の心理などをまとましたので、参考にしてください。

なぜ非難ばかりするのか?

どうでもいいことや些細なことでも、目くじらを立てて非難している人を見ると「何をそこまで非難ばかりするのか…」と呆れてしまいますよね。

非難ばかりする人は、その人達だけの思っていることがあり、一般的な人にはわからない心理あるものです。

納得のいかない人だから

非難ばかりしている人たちは、自分の納得できないことはとことん非難するクセがあります。

社会で暮らしていると、納得のいかないことはいくらでも出てきますよね。

ですが、みんなそれなりに自分の中で折り合いをつけて、納得していなくても前に進んでいくものです。

ですが、非難ばかりする人は自分の中で折り合いをつけたり、ガマンしたりすることが出来ません。

自分が納得いっていないのであれば、自分が満足するまで相手を非難して自分の想い通りになるようにします。

結局、面倒に感じた周りの人が大人しく非難ばかりする人の納得する意見に合わせたり、非難を耐えたりして事を収めることになります。

気に食わない

人間、誰しも「合う」「合わない」というものがあります。

時には気に食わない人と仕事をすることになるという状況もあるでしょう。

ですが、大人であれば気に食わない人とも荒立てずに過ごそうとするものですが、非難ばかりする人は違います。

気に食わないと思ったら、上手くやろうなんて考えず、とことん攻撃的になります。

そして相手が何かを提案したり、ちょっとミスをしたりすると、ここぞとばかりに非難します。

「気に食わない」という気持ちは誰でもあるものですが、非難ばかりする人はそれがとても顕著で「非難する」という形になって表れやすいのです。

自分を見て欲しいという気持ちがある

非難ばかりする人は「周りに認めてほしい」という気持ちを強く持っていることが多いです。

非難することで周りからの注目を集め「最もなことを言っているな」「アイツ、考えているな」と思ってほしいのです。

確かに周りと違うことを言って、誰かを論破(この場合は非難ですが)することが出来たら、周りから一目置かれて、自分のことを見てもらえるかもしれません。

ですが、非難することで集めた注目は「またややこしいことを言っているぞ」「アイツとは関わないでおこう」という、マイナスの注目であることがほどんどです。

非難ばかりする人はどんなところにもいる

「自分の周りには、そんな非難ばかりする人なんていないよ」と思っている人もいるかもしれませんが、非難ばかりする人はどんなところでもいます。

普段はニコニコしていて人当たりのいい人でも、ひとたび自分の納得できないことが起きると、相手の意見を徹底的に否定・非難して自分の意見を無理にでも通そうとする人に豹変することだってあります。

付き合いが深くなればそんな人だということを知ることができるでしょうが、そうなってからでは付き合いを断つのはなかなか難しいです。

できれば初期の段階で、相手が非難好きの性質かどうかを見抜いて、適度な距離感を保つことがベストです。

最初に知り合った時点で「話しやすくていい人じゃん!」と簡単に決めつけるのではなく「非難好きの人はどこだっている」ということを肝に銘じて、慎重に人柄などを観察するようにしましょう。

非難している人への対処法

ここまでは非難ばかりしている人の特徴などについてお伝えしてきました。

かなり厄介な人で、できれば関りを持たない方がいい人だということがお分かりいただけたことかと思います。

ですが、会社の同僚や上司など、いくら避けたくても避けられない人にも非難する性質の人はいます。

逃げたくても逃げられない関係の人にこんな人がいたら困ってしまいますよね…。

また、予測もしないところから突然非難されることもあります。

十分に警戒していたつもりでもたまたま非難好きな人に話しを聞かれてたり、自分のSNSを見られていたりして困ってしまうこともあるでしょう。

ここではそんなお困りの人のために、もし非難ばかりする人に絡まれたときの対処法についてお伝えするので、是非参考にしてみてください。

相手にしない

非難ばかりする人にターゲットにされてしまった場合は、とにかく「相手にしないこと」が大切です。

不本意に非難されると思わず「なんでそんなこと言うの?」「そういうアナタこそ…」と言い返したくもなることでしょう。

ですが、相手にしてしまうと相手の神経を逆なでしてしまう可能性が高いです。

また、相手にすることによって「ほら、やっぱり自分でも非があるって感じたからこんなにムキになるんだ」などと揚げ足をとったり、憎たらしい反応をしたりしてくることも…。

非難ばかりする人は相手にしないのが1番ですよ。

反論すると更に返ってくるので無視をする

非難ばかりする人は、相手のことをこてんぱに論破したいと思っている人が多いです。

決して筋が通ったような非難ではなくても、相手が何も言えなくなるくらいまで叩きたいと考えているのです。

そのため、相手が自分の非難に対して反論してきたときは大変腹を立てます。

そして1の反論に対して10以上の言い返しをしてきます。

非難の内容はともかく、とにかく量で押してくるのです。

また、非難好きな人の中には「言い争いたい(炎上させたい)」という人もします。

わざと煽るような発言や非難をしてくるので、それに対して反応してしまうと非難好きな人の思うつぼです。

むかつくかもしれませんが、そんな人から非難されたら無視を貫きとおしましょう。

同じようなことをしない

非難ばかりしてくる人に対してはコチラも非難で返してやりたいと思う人もいるかもしれませんが、それはご法度です。

非難からは非難しか生まれず、負のループに陥ってしまいます。

非難ばかりするような相手と同じ土俵に上がってしまうと、アナタも同じレベルになってしまいます。

非難してくるから逆に非難をするというのはNG

非難というのは、されて気持ちがいいものではありませんよね。

非難ばかりされて傷ついたことがある人ならそれはよくわかるはずです。

なので、非難してくるから自分も非難するというのは決してやってはいけません。

「目には目を…」「自分だけ傷つくにはおかしい」と考える人もいることでしょうが、非難はしてもされてもいいことなと1つもありません。

また、非難ばかりする人は、アナタに対してだけでなく他の人のことも非難しているものです。

もしかしたら、そんな他の人から既に非難の仕返しにあっている可能性もあります。

それに便乗したら大勢で1人を非難する構図になってとても、後味の悪いことになります。

非難されてもグッと我慢して、同じように非難し返すようなことはしないようにしましょう。

気にしない

非難ばかりしてくる人は、相手の反応を見てさらに非難を重ねてくる傾向があります。

非難ばかりしてくる人は「自分の考えを伝えたいから、辛口になっても意見を言いたい」というわけではなく、相手の隙や痛いところを突いて反応を楽しんでいるだけです。

そんな非難好きな人への有効な対処法は「非難を気にしない」ということです。

どんなに非難しても相手に気にしている様子がなかったら、非難好きの人もだんだん詰まらなくなっていって、非難することもなくなります。

ちなみに、私が過去に働いていた職場にも非難好きの先輩がいました。

後輩の指導係の先輩だったのですが、後輩がクオリティの高い仕事をしたり、気に食わない後輩がいたりすると、褒めることはせずに細かいミスばかり拾って徹底的に非難をしていました。

私の同期もその先輩のターゲットになったことがあるのですが(仕事の出来を上司に褒められた)、もともとポジティブな子だったので先輩の非難をすべてスルーしていました。

最終的には「このプリントアウト、印字が薄いよ。信じられない、気にならないの?」と完全に先輩の言いがかりの非難を受けていましたが「すいませーん」と笑顔で交わしていました。

そうしているうちに先輩も「反応がなくてつまらない」と感じたのか、いつの間にか彼女はロックオフされていました。

かなりしつこい先輩だったのですが、反応がないと非難しごたえがなかったようです(笑)

気になるからこそ我慢する

「非難をされても気にしない」というのは、言葉だけで見るととてもカンタンなことのように感じますが、実際はかなり難しいです。

自分に対して相手が悪意を持って非難しているのに、完全に気にしないというのは無理があるものです。

このまま放っておいたら、自分が非難に耐えていることをいいことに、あることないことを言いたい放題するかもしれません。

ですが、ここでこそグッと我慢です。

同じ土俵に上がって非難し返すなど、何らかの反応を見せると相手を刺激するだけです。

気になるものは仕方がありませんが、気になるからこそ関りを持たないように我慢するようにしましょう。

言われっぱなしで我慢するのはとてもツラいでしょう。

しかし、「非難を気にしない」ということが相手にとっては一番つまらない展開なので、気になっていても気にしないフリを貫きましょう。

非難は一時的なものが多い

先ほどもお伝えしましたが、非難は相手にしない、気にしないのが1番です。

コチラが反応しなければ、時間が経つと非難ばかりしている人が動きのなさに飽きたり、違うターゲットを見つけたりして、自分からロックアウトしていることがほとんどです。

非難ばかりしている人は「瞬間湯沸かし器」のような感情をしており、熱するのも早いですが、冷めるもの早いです。

非難されはじめのことはスゴい勢いで責め立てられますが、相手にせず放っておくと、いつの間にか鎮まっていることが多いです。

非難ばかりする人に目を付けられてツラくても「じきに飽きるはず」「一時的なものだ」と思って、やり過ごすようにしましょう。

非難されることがあれば上手に対処しよう!

いかがだったでしょうか?

非難ばかりする人は、どのような状況でもホントに非難ばかりします。

そのような人は関りを持たないのが1番ですが、仕事や何らかのコミュニティなどでやむを得ないときもあるでしょう。

もし、非難ばかりする人に目を付けられてしまったときは、上手に対処するようにしましょう。

間違っても言い返したり、同じ土俵の上がって非難し返したりはしないようにしてください。

相手にせず、気にしないように過ごしていれば、じきに非難の対象から外れることでしょう。

相手からの非難応戦して周りから「あの人も非難するタイプか」と思われますが、大人の対応をすると、アナタに対する周りの評価もアップしますよ!