なれるならば絶世の美少女になってみたい、と思う女性は少なくないのではないでしょうか?

美しくなりたいという願望は女性なら誰もが一度は願った事がある筈です。

自分が美少女になったら世界がどんな風に変わってしまうんだろう?と妄想した事のある人は少なくないでしょう。

そんな美少女に少しでも近付くために、この記事では美少女になるための方法をご紹介していきます。

女性なら誰もが憧れる”美少女”!

恋愛ドラマや恋愛映画のヒロインとして扱われる美少女のようになってみたいと思った事はありませんか?

そこに存在するだけで周りの羨望の眼差しを浴び、イケメンから求愛されるお姫様のような存在に憧れた事のない女性はいないのではないでしょうか?

美少女になりたいというのは、女性なら誰しもが夢みる事なのです。

逆ハーレムに憧れる

美少女と聞いて真っ先に妄想するのは、たくさんのイケメン達からモテて、イケメン達が美少女の彼氏の座を取り合って争う状況ではないでしょうか?

美少女になる事で皆が羨むようなイケメン達の愛を独り占めする逆ハーレム状態に憧れる女性は多い筈です。

美女と美少女の違い

美女と聞くと、セクシーで大人の女性のイメージで美少女と聞くと、可愛らしい少女のようなイメージを持つ人が多いですね。

また美女には完成度の高い完璧な存在のような強さを感じ、美少女には脆くもある儚さを感じる人も少なくありません。

女性が美女よりも美少女に憧れるのは、いつまでもお姫様のように守られる存在の儚い女性でありたいと思う願望があらわれているのかもしれません。

美少女になるための7個の方法とは

二次元の存在のように思える美少女ですが、現実にも美少女と呼べる女性は存在していますよね。

そんな美少女に少しでも近付くにはこんな事に気を付けていくのが良いでしょう。

美少女になるための方法をご紹介していきます。

一年中日焼け対策をする


美少女は透き通るような白い肌のイメージが強いですよね。

こんがりと焼けた小麦色の肌は、活発なイメージが強く儚い美少女のイメージとはかけ離れてしまいます。

日焼対策は年間を通して行う事で効果的になるので冬の時期や雨の日なんかもしっかりと日焼対策を行いましょう。

SPF50、PA++++がおすすめ

日焼止めを使う際には、今現在の国内基準でSPF50、PA++++が最大となっています。

この数値の日焼止めをしっかりと適量使えば、一日中紫外線をカットする事ができますよ。

ただし汗をかきやすい人などは途中で塗り直したりする方が良いかもしれませんね。

日傘を使う

日焼対策というと、肌にばかり注視しがちですが実は紫外線の影響を大きく受けてしまうのは髪なのです。

肌がいくら透き通るような白い肌でも、髪がパサパサで焼けてしまっていたら台無しですよね。

しっかりとUVカット効果のある日傘を常に使う事で髪も肌も紫外線から守る事ができますよ。

歯を綺麗にする


美人や美少女の絶対的な条件に歯の綺麗さがあります。

見た目の色も勿論ですが、歯並びなども重要になってきます。

口を開かない限り見えないと思いがちですが、会話している時や食事している時に黄ばんだ歯が見えるといくら顔立ちが良くても台無しです。

歯並びが悪いと顔が歪む

歯の色と共に、重要なのが歯並びです。

歯並びが悪いと顔の骨格が長い年月をかけてゆがんでしまいます。

顔の左右に差が出てしまったりと、美少女の条件である整った顔立ちからは遠のいてしまう事でしょう。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活は、健康な美しさを得る為の基本です。

いくら綺麗に見えても病的であると人は「不気味だ」と感じる事が少なくありません、美少女を目指すなら健康的に綺麗になる必要があるのです。

そのために今の生活習慣を見直して、規則正しい生活に切り替えましょう。

ゴールデンタイムに寝る

人には、睡眠における恩恵を最大限に受ける事のできるゴールデンタイムというものがあります。

それは20時から2時までの4時間だと言われており、この時間帯に睡眠をとっていると成長ホルモンの分泌がよくなると言われているのです。

成長ホルモンは身体の成長以外にも新陳代謝を促す効果があるので、美肌を作るためにゴールデンタイムの睡眠は欠かせません。

三食しっかり食べる

見た目の美しさは内面から滲み出てくるものです。

しっかりとバランスの取れた食事を三食食べる事で肌の調子が整い、スタイルなども骨格に沿った体型に整ってくる事でしょう。

特に間食は肌荒れや肥満を引き起こすので決まった時間に決まった量をバランス良く接収する事を意識するのが大切ですよ。

姿勢を正す

姿勢はその人の内面の美しさを表します。

どんな絶世の美少女でも背中が丸まった猫背になっているとその魅力も半減してしまう事でしょう。

背筋をしっかりと伸ばしたり、立ち姿を意識する事であなたの魅力は何倍にも膨らみますよ。

また、姿勢が悪いと本来つく筈の無い場所に脂肪がついてしまいスタイルが悪くなってしまいます。

姿勢を正すだけでダイエット効果があるのも、姿勢を正すメリットと言えますね。

歩き方を変える

人の歩く姿というのは、無意識の行動のため自分が一番楽な体勢で行動している場合が多いです。

その歩く姿を正したり、美しいウォーキングを意識するとそれだけでパッと人目を引く事でしょう。

ウォーキングと聞くとモデルなどがレッスンを受けるイメージが強いですが、最近では素人や一般人向けのウォーキングレッスンを行っている教室なんかも珍しくありませんよ。

視線を上に上げる

姿勢を正す時には、まず視線を上にあげる事を意識しましょう。

視線を挙げる事で顎も上がるし背筋も伸びやすくなります。

特に近頃問題になっているスマホの見過ぎで視線が下に下がる姿勢になると、背中が丸々上に首の骨が歪んでしまうと言われていますね。

更に視線を挙げる事でポジティブな明るい印象を作る事ができますよ。

自分磨きをする

美少女に欠かせないのは、常に美少女でいるための自分磨きを怠らない事です。

一瞬だけ美少女になるのなら、プロのヘアメイクさんやスタイリストさんにお願いすれば何とかなるかもしれません。

しかし、その魔法は一瞬で解けてしまうものです。

自分自身を磨く事で、地の美少女を目指しましょう。

ヘアケア

どんな美少女でも髪が痛んでボサボサだと魅力を失ってしまいます。

特に美少女と聞くと女の子らしい長い髪ですよね。

髪は長ければ長い程手入れが大変になります。

その長い髪をしっかりとケアする事で美少女に近付きましょう。

ホームケアでのトリートメントはもちろん、月に1度程度でも定期的に美容院でプロのトリートメントを受けると髪質が劇的に変わりますよ。

スキンケア

顔のパーツがどれ程整っていても、その土台である肌が荒れていると美少女とはとてもじゃないけど言えません。

それ所かパーツが整っていなくとも肌が綺麗だと雰囲気が美少女に見えてくるものです。

スキンケアは美少女を目指す上で欠かせないものなので特にお手入れに力をいれましょう。

スキンケア製品選びついては、ビューティアドバイザーなどに肌診断をして貰うと自分の肌に合うものが見つかりますよ。

ボディケア

美少女を目指すならボディケアも欠かせません。

スタイルの維持やプロポーションを良くする以外にも脱毛や全身の保湿など、必要なお手入れはいくらでもありますよね。

特に、ムダ毛の生えた美少女なんて見た事ありませんよね?

美少女を目指すのならば、まず脱毛はしっかりとしておきたい所です。

永久脱毛や脱毛クリーム、カミソリを使った除毛など自分に合う脱毛方法を選びましょう。

スメルケア

近頃特に重要視されているのが自分の匂いをケアするスメルケアです、口臭や体臭、洋服や鞄の匂いケアなどもこれに含まれます。

美少女と聞くと甘い良い匂いがするイメージが強いですよね。

香水などで強い香りをつけるよりもボディクリームや柔軟剤などで自然で甘い香りをつけるように心がけましょう。

自分に似合うメイクを研究する

美少女と聞くとスッピンでも可愛いイメージが強いですが、流石にスッピンだと「もう少し化粧したら?」と言われてしまう事でしょう。

美少女は自分をより美少女に見せるメイクを知っているものなのです。

まずは、自分の顔のパーツを良く観察して自分をより良く見せる「似合うメイク」を研究しましょう。

色々なメイクを試す

メイクというのは、決まったルーティーンで行っている人が多いですよね。

しかし、そのメイクが自分に必ずしも似合っているとは言えないのです。

雑誌などを参考に流行も取り入れつつ様々なメイクを試してみる事で、自分をより自然に良く見せるメイクが分かってくるものですよ。

第三者の意見を聞く

自分でメイクを研究していると答えが分からなくなるものです。

自分はコレが一番だと思っていても他人から見るとケバくなっている、似合っていないという事も珍しくないのです。

友達や家族などに自分のメイクについてのイメージを聞くなどの意見を貰うと自分が人からどう見られているのかが良くわかりますよ。

美容部員さんに聞く

百貨店などのメイク売り場にいくと、各ブランドにビューティアドバイザーなどの美容部員さんがいます。

美容部員はそのブランドを背負ったメイクやスキンケアのプロです。

プロにアドバイスをもらう事で自分に似合うメイクが見えてきますよ。

常に口角を上げておく

美少女のイメージを聞くと、常に笑顔で変以来いイメージを話す人は多いでしょう。

常に笑顔でいる事で美少女に近付けるのです。

口角をしっかりとあげているとそれだけで笑顔に見えて人当たりが良く感じられるので日常的に意識すると良いですよ。

口角の高さを合わせる

口角を上げるといっても、闇雲に口角をあげれば良いという訳ではありません。

口角の高さが左右で違ってしまうと卑屈な印象を与えてしまいます。

こまめに鏡で自分の表情をチェックするのがおすすめですよ。

美少女の特徴とは?

美少女というとあなたはどんなイメージをしますか?

美少女と呼ばれる人達には、共通する特徴が少なくありません。

美少女の特徴は以下のようなものがあります。

ナチュラルメイク

美少女と呼ばれる人は、元の顔立ちが整っていてナチュラルメイクの人が多いです。

いくら元の顔立ちが美少女顔でも、メイクが濃いと美少女の印象とはかけ離れてしまいますよね。

シンプルで元の顔立ちをほんの少し際立たせる位のメイクが美少女メイクであると言えます。

ナチュラルなリップカラー

美少女のナチュラルメイクに欠かせないのがコーラルやピンクなどのナチュラルなリップカラーです。

レッドなどの主張が強いリップカラーを使ってしまったり、リップメイクをせずに唇の色が悪いと美少女のイメージが崩れてしまいます。

美少女のイメージを作るナチュラルメイクをするならリップカラーはコーラルかピンクがおすすめですね。

自然なアイメイク

アイメイクをしていると、ついつい盛ってしまい気が付くとアイシャドウはガッツリ、アイラインで目の周りを囲み、マスカラを塗りたくってまつ毛がヒジキのようになってしまった経験のある人は少なくないでしょう。

しかし美少女のアイメイクは自分の元の目元にほんの少しプラスする位で、アイシャドウは自然でピンクやブラウン系が多くアイラインも無しか、インラインで下のラインは引かない人が多いですね。

まつ毛にいたってもダマにならないように自然なメイクをしている人が多いのです。

黒髪

美少女と聞くと黒髪を想像する人が少なくないのではないでしょうか?

純粋で初心なイメージが何も手を加えていない真っ黒の黒髪のイメージと一致するからかもしれません。

実際に美少女と呼ばれる人はヘアカラーをしている人が少なくありませんが、暗めのカラーにして黒髪のイメージを崩さないようにしている人が多いでしょう。

髪が明るいと傷んで見える

明るい髪だと美少女に見えないのかというとそんな事はありません。

現に外国人を見て美少女だと思う事は多々ある事でしょう。

しかし、日本人が本来持つ黒髪を明るくヘアカラーすると必然的にダメージが蓄積されてしまい傷んだ印象を与えてしまいます。

そんな理由で美少女のイメージを作りたい人は明るい髪色を避けているという一面があります。

オーラがある

本物の美少女と呼ばれる人には、何もしていなくてもパッと人目を引いてしまうようなオーラがあります。

目には見えないものなんだけれども人混みの中でも直ぐに見つけてしまえるような雰囲気を持っているという事でもありますね。

所作が綺麗

美少女が持つオーラの中には、所作の綺麗さによるものも多くあります。

立ち姿や歩き姿、また何かをする時のふとした仕草が上品できれいだと人はつい目がいくものです。

美少女は一つ一つのアクションにそんな気品の高さが滲み出ているものなのです。

派手じゃないのに目立つ

美少女の多くは、そこまで派手な格好をしている訳でも目立つ行動をしている訳でもないのに人目を引いてしまう事が多いですね。

大勢の人の中にいても直ぐに見つける事ができるような存在感は美少女ならではの物かもしれません。