最近はコミュ障という言葉は聞かれたり、対人恐怖症気味という自覚症状を持っている人も多いです。

それはなぜかと言うと、それほどに人と接することを苦手としている人が多いからです。

色々な国があるので一概には言えないけれど、日本はその傾向は非常に顕著なのではないのでしょうか。

やはり日本は礼儀に非常に厳しいところがあります。

色々な掲示板を見ていると、少々のルール違反でこれでもかというほどに反論のレスが溢れかえるところを見ると、いかに日本人が正義を重んじていて厳しいかということがうかがえます。

それゆえに、人と接するのが苦手と思う人も多いのでしょう。

では、人と接するのが辛いとか苦手と感じている人は、どのようなところでそのように感じているのでしょうか。

また、その「人と接するのが辛い」という気持ちを克服することはできるのでしょうか。

今回はそのことについて取り上げていきます。

人と接するのが辛い人は実は怖いと感じている?

よく人と接するのが辛い人は、人嫌いということを自分で言ったりもします。

ですが、本当に人が嫌いだと思っている人は一握りなのではないのでしょうか?

大半の人は、辛いとか嫌いというより、怖いと感じている人は多いです。

その原因は非常に様々ありますが、大抵は過去に人と接しようとしてうまくいかなかったという経験がそうさせている可能性もあります。

ですので、その恐怖心を克服すれば人と接するのは楽しいものになる可能性も非常に高いです。

著者自身もそのような傾向はあります。

人嫌いだと思っていた時期もありました。

ですが、40歳近くなってみると、決して人が嫌いだというわけではなく、どちらかというと人と接することで何か失敗をすることを恐れていると心理があるということがわかりました。

ですので、基本的に人と接するのは嫌いではないのです。

人と接することで、何か失敗することの方を恐れているのです。

大半の人はそのような傾向があるのではないのでしょうか。

人と接するのが辛い人の7個の原因

では、このように人と接するのが怖いと感じてしまうのは、どのような原因があるのでしょうか?

なぜ、そのように感じてしまうのかという深層心理についていろいろと見ていきましょう。

1.どう思われているのか不安


大半はどのように思われているのかという不安が、そうさせている可能性が高いです。

人の心というのは見えないところがあります。

そこで表情などを読み取ることによって、相手の気持ちを察知しようとすると言う傾向が高いです。

それですんなりと行く人もいますが、中にはこの「人の気持ちを察して適切な行動をする」事が苦手な人もいます。

何を隠そう、著者自身もそのような傾向にあります。

そのような傾向がある人は、どのように思われているかという不安は非常に大きいものがあります。

もちろんそのような傾向がない人であっても、意外に「この人は親友だと思っていたけれど実は嫌われていた」というような経験をしたことがあるという人もいるでしょう。

やはり人の表情で何かを察するというのが得意な人であっても、苦手な人であっても、どのように思われているかという不安があると、うまく人と接することが出来なかったりしてもぎこちないところがあったりします。

相手を怒らせたいりしないのか不安になる

やはり、なぜそのような不安になるのかというのを掘り下げて考えていくと、やはり相手を怒らせないかどうかという不安に尽きるのではないのでしょうか。

人は基本的に人に嫌われることを恐れています。

よく「人に嫌われても構わない」という発言をする人がいますね。

確かに、本心からそのように思っていることもあるかもしれません。

ですが、大抵は強がりである可能性が高いです。

それはなぜかと言うと、基本的に人間は群れをなして生活していくところがあり、一人では生きていくことはできないと自覚しています。

最近は都心部では、お金さえ払えば大抵のことは解決するので、一人でも生きていけると思うところがあります。

ですが、田舎で非常に不便なところだと、人との繋がりが全てであるところがあります。

ですので村八分に会ってしまうと生活ができないと言われています。

ですので人間は、便利なお金を払って使うサービスがなければ、人に頼っていかないと生きていけないところがあります。

ですので、相手に嫌われるとか怒らせるというのは、恐怖心以外の何者でもないのです。

2.申し訳ない気持ちになる

こちらは、自分に自信がない人にそのような傾向が現れるところがあります。

ただ話をしているだけでも、「こんな自分と話していても本当に楽しいのだろうか?」と不安になってしまうところがあるのです。

ですので、このように「話をしてもらって申し訳ない」という気持ちになってしまうと、だんだんと人と話すのが怖くなったり、不安になったりします。

さらに、上記のように怒らせないかと不安になっているという気持ちも相まってくると、人と接するのが億劫になっていき、だんだんと人とは接触を避けようとしてしまうところがあります。

このような申し訳ない気持ちになってしまうというところも、人付き合いが苦手になってしまう要因のひとつです。

自分と話をしていて大丈夫なのだろうか?という気持ち

自分に自信がない人もそうですが、過去にいじめられた経験があるという人もそのようになってしまうところがあります。

それは実際に自分が人と話すことによって、その人がいじめのターゲットになってしまったという経験があると、それは顕著に現れるところがあります。

ですので、そのような気持ちがあるのであれば、経験がそうさせていると言うこともあるかもしれません。

ですが、それは学生時代に起こることが多く、大抵のことは大人になると「くだらないことだ」と片付けられるところがあります。

もしどうしても、そのような辛い経験から抜け出せないということであれば、カウンセリングを受けてみるのもありです。

そして、著者も似たような経験がありますが、高校生になり社会人になっていくと、ばったりと会ってもあっさりと声をかけられることもあり、意外と集団であれこれとやっている時よりかは皆普通の人だったりします。

ですので、そのような気持ちを持つ必要は全くないと経験上思います。

3.相手の顔色や機嫌を伺いすぎている

また相手の顔色や機嫌を伺いすぎてしまうと、だんだんと気疲れをしてしまうところがあります。

こちらも、過去の生育歴がそうさせているところがあります。

ご両親のどちらかが気分屋で、不機嫌なことが多いとなると必然的に顔色を伺うことが自然になってしまうところがあります。

このような生育歴が原因である場合は、そう簡単には解決しないかもしれません。

少々長い年月が必要になるかもしれませんが、きちんとカウンセリングを受け、正確な人の接し方を学ぶことによって解決することもあるかもしれません。

気にしてしまう

もし過去の経験から、そのような気にしてしまうようなところがあると、改善するのは容易でありません。

気にしないようにしようと思っても、なかなかうまくいかないところもあるかもしれませんね。

よくネット上で調べていると、そのような悩みを抱えている人にとって、嫌われても構わないというメッセージを送っているようなレスポンスが多々あります。

ですが、やはり本能的に人に嫌われてしまうともう生きていけないのではないかと思ってしまうところがあるので、そう割り切れるのには少々時間がかかるところがあります。

確かに、気にしすぎないようにするのが一番の解決方法であるのは確かです。

ですが、気にしてしまう自分を責める必要は全くありません。

常に相手の顔を見ている

常に相手の顔を見ていると、そのように気疲れをしてしまうところがあります。

それに、そのようなところに気づいてくると、中にはそのような態度にイライラする人もいたりしますので、逆に関係が悪くなるところもあります。

ですので、ある程度相手の顔を見過ぎないようにするということも大切です。

ですが、なかなか育っていく過程で身についたことについては、解決しにくいところもあるかもしれませんね。

そのような時は、カウンセリングを受けるなどして気にしないようにすることも大切です。

4.神経質になっている

特に、人間関係で失敗した過去があると、ついつい神経質になってしまうところもあります。

たまたま笑いながら話している2人組に目があったとしたら、「自分の事を言われてしまうのではないか?」と気になってしまうところもあるでしょう。

そのように考えすぎから、追い詰められてしまうようなところもあります。

だんだんとそのようなことが積み重なってくると、だんだんと人と付き合うのが苦痛になってくるところもあり、人間関係から距離を置こうとしてしまうところもありますね。

疲れてしまう

著者もそのような傾向がありますし、実際にそのような書き込みを目にすることもあります。

そして、人と接すると疲れてしまって、ぐったりとしてしまうという人も多いです。

それはなぜかと言うと、気を張りすぎているからというのもあります。

ただ中には気を張らないと、ついうっかりと失言をしてしまうという人もいます。

ですので、人間関係はそこそこ気を使っていかないと、うまくやっていけない人も多いでしょう。

ただ、それに多大なるエネルギーを使っているということになると、だんだんと疲れて人と接するのが億劫になってくるのです。

ストレスを感じてしまうことも

そのような人は少なくともストレスを感じている傾向にあります。

ですので、そのストレスというのは、なるべく避けたいと思うのが人情です。

仕事などでどうしても避けられないストレスもありますが、避けることができるストレスは避けるという人も多いでしょう。

5.怖いと感じている

人付き合いが苦手な人の経験としては、基本的に人付き合いが怖いと感じているところがあります。

なぜ怖いと感じるのかと言うと、たいていの場合は人間関係で大きな失敗をした経験があるというのもあります。

失敗ではなくても、いじめられた経験があれば、そのように恐怖心を感じるのは無理もありません。

何かされるのではないかと感じる

実際に何かされた経験があるということであれば、何かされるのではないかと不安に感じるのは当然の心理です。

例えば、過去の事を色々と噂されて、」みんなに避けられているということであれば、もしそこの環境から引っ越したり、卒業するなどをして縁がなくなったとしても、同じような事が起こるかもしれないと恐怖心を感じるところがあります。

それは理屈ではなく、そのような気持ちになるのはある意味自然なことです。

少々そのような人間関係とは離れる話になりますが、著者は局地的な自然災害を経験しました。

雨によって引き起こされた災害なのですが、大雨が降ると「もしかしたらまた、あのような自然災害があるのではないか」と怖く感じるところがあります。

なぜそのように感じるかと言うと、そのようにしないと命を守ることはできないからです。

ですので、そのような恐怖心からそれを回避しようとするというのは、決して不自然な心理状態ではありません。

6.過去に嫌な思いをした


先ほどから何度も触れているように、過去に嫌な思いをした人は人間関係をスムーズに築くことが出来なかったり、避けようとする傾向にあります。

先ほども触れたように、嫌な思いをしたのにあえて近づくということをする勇気がある人はそんなに多くはありません。

ですので、過去に嫌な思いをしたからこそ、そのような経験は二度としたくないと人間関係を避けるというのはある意味自然なことです。

信頼をされている人から裏切られたなど

いじめなどもありますが、信頼関係を築いていた相手から裏切られたという経験をする人も少なからずあるでしょう。

学生時代に、幸いいじめにあわなかったとしても、大人になって友達だと思っていた人に彼氏や彼女を取られてしまったというような経験をした人もいるかもしれません。

自分の恋人だと分かっていながら、手を出されたということで絶望した経験があるという人も少なからずいるようです。

そのように、たとえいじめとは縁のなかった人であっても、信頼されている人から裏切られてしまうという経験をする人もいます。

彼氏彼女の関係から進んで夫婦になったとしても、不倫関係が原因でそのような大きな裏切りを経験してしまう人もいます。

ですので、大抵の人にとっては、そのような信頼されている人から裏切られるという経験をするのは人事ではないのです。

このような経験があると人間関係がだんだんと辛くなっていきます。

トラウマになっていることも

トラウマというのはある意味正常な状態です。

やはりそれで嫌な思いをしたり、怖い思いをすればそれを避けたいと思うのは人間として当然です。

そのようにして心身を守るところがあるのです。

ですので、このような状態になっている自分を責める必要ありません。

むしろ嫌な状態を避けることによって、心と体の健康を保つという賢い選択をしているのですが、人間関係というのはどこにでも付いて回ります。

ですので、避けることはできません。

ですので、どうにかしてそのトラウマを解決していきたいですね。

そのような時はカウンセリングを受けてみるなどをして、プロの力を借りて心のケアをしていきましょう。

7.コミュ障になっている

著者は基本的に自宅で文章を書く仕事はしているものの、基本は専業主婦です。

ですので、その気になれば本当に家族以外と話さない日々が続いています。

ですので、そもそも人と話すのは苦手なタイプでしたが、集まりなどで他の人と話すとぐっと疲れます。

やはり話す経験は日常的にやっていかないと、その感覚に慣れることができないのです。

そのようなことからコミュニケーションがうまくできず、コミュ障になっているところもあります。

人と接するのが辛い人への4個の改善方法!少しずつ改善していこう!

確かに嫌なことを避けて心身の健康を保つのはよくあることです。

不自然なことではありません。

ですが人と接するというのは、基本的に避けて通れません。

ニートの方の問題は、人と接する人が苦手な人が多い点です。

在宅の仕事もあるにはありますが、ある程度できることがないと務まらないところがあります。

ですので、どうにかして人付き合いが苦手なことを克服した人も多いでしょう。

ただ決して焦る必要はありません。

少しずつ改善していき、仕事に関する悩みがあるのであれば、極力コミュニケーションが少ない仕事を選ぶなどをして、少しずつ不得手を克服していきましょう。

少しずつ話をしていく

特にいきなり気構える必要はありません。

出来る範囲で少しずつ話をしていきましょう。

まず初めにとっつきやすい話題としては、天候の話がお勧めです。

人はそれぞれ事情を抱えて生きています。

ですので、意外なところでその人の中のタブーに踏み込んでしまうことはよくあることです。

例えば結婚しているから、子供もいるのだろうと思って子供の話を切り出すと、不妊治療中でショックそうな顔をしていたというようなことが結構あります。

最近は結婚している人であっても、子供の話は極力出さないというの礼儀としている風潮もあります。

そのように考えていくと、話の話題というのは非常に狭まるところがあります。

ですので初めは天候の話をするというのは、非常に理にかなっています。

基本的に天候の話で傷つく人はいません。

ですので、冬場であれば「今日は寒いですね。」とか「いい天気ですね。」というような話から切り出していくと、話のとっかかりがつかめます。

そこから、だんだんと話をしていくというのがいいでしょう。

そして、できれば自分との共通項があることで話していくと上手くいきやすいです。

著者であれば専業主婦で子供がいますので、子供会に入っています。

仕事の話になると少々人によって違うところがありますので、あまり仕事の話はせず、子供の話をすると共通項が多く盛り上がることが多いです。

先ずは友人から

ただいきなり目上の方とか、会社の人と距離を詰めるというのはハードルが高く感じる人も多いでしょう。

そのような人は、友人から色々と話をしていくというのも良いです。

もし学生時代からの気心の知れた友人がいるということであれば、そこまで気遣いをすることなくその状態で話をすることができるでしょう。

そのような時は、「もし何か失言があったりしたら遠慮なく言ってね。」と言っておけば人によるので一概には言えないけれど、何かあれば指摘をしてくれる人もいるでしょう。

ですので、そこまで気張る必要はありません。

ただ問題は、その友人関係ですら危ういという状態の場合です。

ただそれを卑下する必要ありません。

何を隠そう著者自身もそうだからです。

著者の場合は中学時代の友人が一人いるだけで、友人という友人はいません。

しかもその中学時代の友人というのも、年に一度お正月にコミュニケーションをとるだけという感じですので、いかに人間関係が狭いかというのが分かります。

そのような人であればまずは、ネット上のコミュニケーションや趣味でつながる習い事などを始めるといいでしょう。

確かにネットでしか人間関係を築けないというのは少々問題なのかもしれませんが、練習のとっかかりとしては非常に良いところがあります。

基本的に文字と文字とのつながりですので、何かを察しないといけないということはありません。

基本的に全て書いて教えてくれます。

そして本名を教えていたり住所を教えていればまた別ですが、あっさりとした付き合いができます。

もしトラブルになってどうしようもなくなってくれば、その繋がりを断つことであっさりとフェードアウトができます。

ですので、もしどうしても対人恐怖症気味で友達すら危ういということであれば、ネット上のつながりから始めてみましょう。

リアルのつながりも大丈夫ということであったり、ネット上の繋がりで上手く行き始めたら今度は趣味の習い事を始めてみてはいかがでしょうか?

趣味という共通項があるので、非常に仲良くなりやすい所があります。

天候の話はもちろんですが、趣味が分かっているので、その趣味の話で盛り上がることができるので、そこから友人関係になることもできるのではないかと思われます。

友人から少しずつ話す人を増やしていく

そして友人から話す人をだんだんと増やしていくというのも良い選択です。

友人はもちろんのこと、仕事をしていれば仕事の関係の人と雑談をしてみるのも良いでしょう。

ただ会社関係だと、色々と人間関係が複雑だということであれば、先ほども少々触れたように趣味の習い事なども良いですね。

もちろん忙しい人はそのように出来ないところもあるかもしれません。

ですが、できれば以前の自分だったら選ばなかったような習い事に、あえて飛び込んでみるというのもいいかもしれませんね。

もしそうであれば、今まで出会ってきた人たちと違う傾向の人と接することができるからです。

ただ極端に運動ができないのに、無理をしてバレーボールやサッカーのチームに属する必要はありません。

例えば運動系にこだわるということであれば、ヨガであったり卓球など比較的とっつきやすいスポーツから始めてみると良いでしょう。

関わりを持つ際は相手のことを気にしないようにする

やはり人間関係は、相手の反応も気になるところもあります。

ですので、相手の様子を伺いすぎてしまうという人も多いでしょう。

ですがそれを気にしていては、自分の気持ちも疲弊するだけです。

そして意外にも、気にしていると思ったら、その人は全く気にしていなかったなんて話もよくあることです。

ですので、気にしないようにするというの意識しましょう。

いざとなったら嫌われても仕方がないと例え思えなくても、あえて思う努力をする必要があります。

先ほども同じような話をしましたが、オドオドしたような態度が腹立たしいと感じる人もいるのです。

ですので、ある程度のところで割り切るということを意識して接するようにしましょう。

大半の人はよほどのことがない限りは、嫌な思いをしながら友人関係を続けていくことはありません。

たとえ断れないような感じで優しい人であっても、遊びに誘ったら「用事がある」などと言って断られるということもあるでしょう。

そのような感じで、さりげなくフェードアウトしていく人がほとんどです。

もっとはっきりした人だと、はっきりと断ってくることもあるでしょう。

たいていの人は嫌なのに無理やり付き合うということはあまりありません。

そのようなことがあるとしたら、仕事上の関係であったり、よほどの利害関係があるということでない限りは、嫌なのに付き合い続けるということはありません。

ですので誘われたら来てくれるということであれば、嫌われていないということで間違いがないと思うようにしましょう。

神経質になりすぎない

そして、ついつい神経質になってしまうということであれば、神経質になりすぎないことも大切です。

もしかしたら相手の方が、話しながらついつい顔をしかめてしまうこともあるかもしれません。

ただ、それは皆さんに対して嫌な思いをしたからではなく、ちょっと胃が痛かったり頭が痛いと言うような内面的な痛みが原因であることもありえます。

とあるテレビ番組で、頭痛の特集を見たのですが、とある女性が長年頭痛で悩んでいたのです。

そして、十歳になった娘さんに「お母さんは私のことが嫌いなのですか?」という手紙を受け取ったというのです。

そこでその女性の方は、娘さんに本当の理由を話すようにしたことで親子関係が一気に解決したという番組がありました。

常にお母さんが不機嫌なのは、自分が原因なのではないかとお嬢さんは苦しんでいたようです。

ですがそんなことは全くなく、実はお母さんの頭痛が原因だったということで誤解も解けて親子関係も円滑になったのです。

このような例がありますので、顔をしかめたり眉間にしわが寄っているからといって、皆さんに対して不快な思いをしているということではない可能性がある事を視野に入れましょう。

気軽に話す程度で!

確かに人とのコミュニケーションは難しいです。

悪気なく言ったことでも、トラブルになってしまうこともあります。

ですので、ついつい色々と考えすぎてしまうところもあるでしょう。

確かにあまり好まれない話題がもありますし、避けた方が良い話題もあります。

ですがそのようなことを話題に出さないということで、ある程度解決するところがあります。

ですので、ある程度気軽に話すぐらいの程度で臆せず話をしていきましょう。

相手の顔色を伺いすぎないようにする

相手の顔色を伺いすぎると、こちらもだんだんと気疲れをしてしまうところがあります。

ですので、あまり顔色を伺いすぎないようにしましょう。

先ほども触れたように、少々反応が悪いと思っていても、意外と頭痛などの内科的な痛みゆえにそのような態度をとっているということもあります。

そしてやはり人間の感情は常に変動するので、挨拶をした時にムスっとしていても、意外と他の事に原因があったりします。

例えば主婦層の方であれば、朝起きてからご主人と喧嘩をしてしまったということもあるかもしれません。

お子さんに怒ってしまったということもあるかもしれません。

そのようなこともありますので、相手の顔色を伺いすぎるときりがありません。

ですので、ある程度のことは自分が原因ではないと割り切ってみることも大切です。

協力を求める

もし関係の深いご友人がいるということであれば、協力を求めてみるのも良いのではないのでしょうか。

ご友人のタイプにもよりますが、顔が広いタイプであれば友達の友達に知り合いいる可能性もあります。

もし独身の方であったり、恋人がいない方であったりすれば、合コンをしてみても良いでしょう。

それこそ友達の友達に多く知り合えるチャンスがあります。

そこからだんだんと人脈を広げていくということで、だんだんと知り合いが増えてくるところがあります。

ですので、もしそのような顔の広いお友達がいるということであれば、協力を求めてみると良いでしょう。

友人と一緒に輪を広げる

もしそのような人脈が広いご友人がいないということであっても全く問題ありません。

そのお友達と何かイベントに参加してみるのも良いでしょう。

一番とっつきやすいのは、同じ趣味の教室に一緒に通ってみることです。

趣味が同じ人と集まるということは、それだけ話題には事欠きませんので、友達になりやすい所があります。

そこからだんだんと人脈を広げてくることもできるのです。

ですので、そのようにご友人と一緒に輪を広げていくことで、だんだんと人付き合いが苦手というのを克服していくことができます。

人と接することに少しずつ慣れていこう!

著者自身にも言えるのかもしれませんが、やはり人と接するというのは慣れであると言えます。

ですので、無理のない範囲で少しずつ人脈を広げ、人と接することに慣れていきましょう。

対人関係が非常に苦手な著者のおすすめは、もしどうしても友達関係がうまくいかないということであれば、自治会などのオフィシャルな付き合いがあるところに属してみることです。

そのようなことをすると、必然的に人との繋がりができますので、どうしても苦手な人はそれにチャレンジしてみるのもありです。

ただこちらは持ち家の形でないと入れないケースが多いです。

賃貸にお住いの方は、習い事教室などを利用してみるのもいいでしょう。