CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

能力が低い人の5個の特徴と変わる方法


「周りと比べて自分はどうしてこんなに能力が低いのだろう」「自分の能力が低いせいでまた怒られてしまったor周りに迷惑をかけてしまった」とお悩みの人はいませんか…?

自身の能力の低さを改善したくても、その方法が分からない人も多いでしょう。

そこで今回は、“能力が低い人の5個の特徴”と“能力が低い人が変わる方法”をご紹介していきます!
「自分の能力をもっと高めたい!」と本気で考えている人は必見ですよ。

能力が低い人は変わることができる?

「能力が低い人は一生そのまま…」なんて思っている、そこのあなた!
どんなに能力が低い人でも、本気で努力をすれば能力を高めることは可能です。

ただし、それで変わることができるのは、自分に合った正しい方法で努力をした場合に限ります。

いくら本気で地道に努力しても、自分に合わない間違った方法ではなかなか成果は得られないでしょう。

例えば、英語の発音が上手くできないのに、文法や単語の綴りをひたすら覚えても時間の無駄だと思いませんか?

発音を上達させたいのなら、ネイティブな発音が得意な人や外国人と会話をしながら相手に間違った発音を指摘して貰う方がよっぽど効率的でしょう。

つまり、「今まで努力してきたけど報われなかった…」という人は(自分が思っているよりも)本気で取り組んでいないか、その方法が自分に合っていなかった=間違った努力をしていたのが原因と考えられます。

自分に合うor合わない方法を見極めるには実際に試して確かめることも大切ですが、自身の能力が低い原因や苦手分野を客観的に把握している必要があるでしょう。

どうしてできないのか、何が苦手なのか、それが分からないままでは適切かつ効果的な対処法も見つかりませんよね?

自分で考えても分からないときは、周りの人に聞いてみるのもアリです。

上司・親友・家族など、できれば遠慮なくズバッと言ってくれる人に聞くのが良いでしょう。

まだ諦めてはいけない!


「自分は能力が低い…」と実感した時点で、情けなくなったり心が折れてしまいそうになることもあるでしょう。

能力の内容にもよりますが、ちょっと努力したくらいでは能力の向上が見込めない状態だと特に、「どうせ能力が低いままで終わるんだ…」とか「そもそも努力の仕方がこれで合っているかも分からない…」と(本当はこのままじゃ嫌だけど)泣く泣く諦めてしまう人も出てくるかもしれませんね…。

ですが、そういう人に言いたいのが、諦めるのはまだ早いということ!

まだ少ししか努力していないのはもちろん、努力の仕方が自分に合っていないor分からないということであれば尚更、能力が伸びる可能性はまだ十分に残っています。

自分に合った能力を高める方法を知りそれを本気で取り組めば、個人差はあれど必ず結果は出るはずです。

落ち込んでいても状況は良い方向に変わりません。

何とかしたいのであれば行動あるのみです!

能力が低いということは対処法次第で伸びることも!

「努力をしても無駄…」と諦めかけている人もいるかもしれませんが、能力が低いのは対処法次第で伸びることもあります。

その対処法が自身に合っていれば尚更、短期間で驚く程能力が高まる可能性もあると言えるでしょう。

もちろんどんな能力が低いかで対処法も変わってくるので、「この対処法を実践すべき!」と断言はできませんが、例えば以下の対処法があります。

・あらゆる事態に備え、事前準備を念入りにしておく
万が一最悪の事態に遭遇したときでも、事前に準備やシミュレーションをしっかり行っておけば冷静に対応できますよね。

混乱の中でもサッと行動できれば、周りからも「能力が低い」と言われることもないでしょう。

また、普段からあらゆる事態を想定して対策を練ることで、想像力が鍛えられより良い方法を導き出せる様になるはずです。

・常に物事の優先順位を整理し、効率良く物事を進めるようにする
特に仕事ができない=能力が低いと言われてしまう人に多いのが、物事の優先順位が分かっておらず効率的に作業を進められないということです。

つまり、仕事をこなす能力がないのではなく、時間の使い方や作業の進め方が下手ということですね。

そういう人は、次から次へと指示が入りやるべき事が増えていくと、「アレもコレもやらなきゃいけない!」とパニックになり作業がなかなか進まない、ということになってしまいがちなのです。

しかも、そういう人は仕事量や自分の作業ペースをイマイチ把握できていない傾向にあります。

だから自分の分以外の仕事を頼まれたときに、「これ以上は難しい」「この仕事の一部なら引き受けられる」「自分の作業ペースだとこの仕事には○日掛かる」ということも分からないので、「○日までにお願いね!」と言われた通りに、次から次へと引き受けてしまうのです。

いくら先輩や上司からの指示でも、無理に他の仕事まで引き受けて自分がやるべき仕事すら終わらないのでは意味がありませんよね…?

一方、仕事ができる能力が高い人と言われる人は、「これお願い!」「あっちもやっておいて!」と指示が入ったとき、頭の中で「今は何をすべきか?」と優先順位を即座に整理&把握することができるのです。

「まずはこっちの作業を○分で終わらせて上司に確認して貰っている内に、さっき頼まれたことを進めておいて…」と効率的な作業の進め方を逐一考えながら仕事に取り組むので、仕事をこなすのも早いと言えます。

例え仕事をこなす能力が同じでも、効率や要領が良いと結果にも差が出るものなのです。

ちなみに、優先順位を見極めるには“重要性”と“緊急性”をで区別することが大切になります。

どちらも兼ね備えている仕事は最優先し、次に緊急性が求められる仕事をこなす。

重要性が高い仕事は緊急性が低いことが多いので今すぐにやらないくても大丈夫…と言った感じで順番をつけていくのです。

もちろん、自身の作業ペースによっても作業の進め方は変わってくると思うので、自分が一番効率的にこなせる順番を組み立てる必要がありますね。

・集中力を身につけて無駄をなくす
能力が低い人は集中力が散漫になっている傾向が見られます。

あちこちに意識が飛んでしまうと作業ペースも落ちてしまうもの。

ページトップ