CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

逆境に強い人の6個の特徴、逆境に弱い人の5個の特徴


逆境に強くなれ!ここで差が出る!逆境に強い人と逆境に弱い人との決定的違いとは?
これであなたも逆境に強い人間になりましょう!

逆境に強い人の6個の特徴!とにかく前向きな人が多い

長い人生の中には、誰しもいい時もあれば悪い時も必ず訪れます。

自分が全く予期していなかった不幸に見舞われたり、他人から理不尽なことをされることもあります。

また、自分のやっていることが何一つうまくいかないという時もあるでしょう。

そんな逆境に陥った時に人間の真価が問われます。

逆境に強い人というのは総じて前向きな人が多いです。

その気持ちは逆境を乗り越えるはじめの一歩であると言えます。

ここでは逆境に強い人の特徴をご紹介していきたいと思います。

もし自分が逆境に陥った時、こういった心構えを持てば乗り越えることが出来るという参考にしていただけたらと思います。

1.ポジティブ


逆境を跳ね返すには何をおいてもポジティブシンキングしかありません。

人間というものは感情によって行動も変わりますし、結果も変わってきます。

ちょっと逆境に陥っただけで、もうだめだと考える人はどんどん深みにはまっていくでしょう。

逆に「絶対大丈夫!自分には乗り越えられる」と思える人は必ず跳ね返すことができます。

やはり前向きに考えていると、行動にもでてきますし、雰囲気にもでてきます。

ポジティブな人は周りの人も応援したくなるので、逆境を脱する条件も整いやすくなると思います。

人間というものは不思議なもので、ちょっとした雰囲気や感情の持ち方でコロッと変わったりできる生き物です。

やはりそれだけ心と体がつながっているという証拠でしょう。

ですから、客観的に見て厳しい状況であるとしても、自分をいい意味でだますことができます。

これくらいのピンチなんて自分には何ともないさと本気で考えていると、本当に何ともないことも多いのです。

だからこそ、いかなる時も前向きに、ポジティブに捉えていくことがいかに大切かがよくわかります。

逆境の時こそワクワクする

何か自分に起こった時に、人が何と言おうと自分がどう感じるかで全ては決まります。

ですから、他人から見たら大変なことになって気の毒だと思うようなことも、自分にとっては成長し飛躍するチャンスであると捉えることができたら、逆境も怖くありません。

逆に自分が追い込まれるとワクワクするくらい肝が座った考え方をしていたいものです。

ポジティブでいたら必ず乗り越えられる、逆境を楽しむくらい度量の大きな考え方が出来る人は、どんな逆境も跳ね返すことができると思います。

子供のころに見たヒーローもののテレビ番組で、主人公は毎回必ずピンチに追い込まれます。

敵に責められ危機一髪まで追い込まれますが、それをはね返しての逆転勝利というのが定番です。

主人公のヒーローは逆境で苦しみますが、どこかそれをワクワクして楽しみながら乗り越えているようにも見えたものです。

自分の人生の逆境もそうやって考えてみるのも面白いのではないでしょうか。

2.夢がある

「夢なんて見てないで現実を見ろ」という人も多くいると思います。

確かに社会人は結果が全てであり、実現不可能に思える絵空事をいつまでも追いかけているのはよくないと思えるのかもしれません。

しかし、夢というのは大きな原動力になります。

特に若いうちは夢だけで生きていると言ってもいい人達もたくさんいると思います。

自分の叶えたい夢というのは、多分簡単に実現できるものではないものがほとんどだと思います。

それを達成するためにはたくさんの逆境が待ち構えていると思います。

でも、夢を持っている人はそれを跳ね返すだけのエネルギーがあるのです。

夢がある人はどんなことでも乗り越える力がある

夢を見ているということは「夢中」であるということでもあります。

何かに夢中になった経験は誰しもあると思いますが、その時に逆境を感じたことはあるでしょうか?多分ないと思います。

何かに夢中になっている時というのは、そのことに没頭しているのであれこれと悩むことなどありえないのです。

立ち止まってあれこれと考えてしまうから、これは現実的に無理なのではないか?などと考えてしまうのでしょう。

夢に向かって前へ進んでいる時というのは「これをやることは自分にとって得なのだろうか?」とか「自分にとって意味のあることなのだろうか?」などとは考えません。

ただひたむきに「やる」、ただそれだけなのです。

こういった損得などを考えず何かに夢中になれる力というのはとても大切です。

特に人生においてうまくいかない時期、逆境が訪れた時には、そこから脱するために物事に没頭する時期が必ず必要になってきます。

ページトップ