「なんで察しってくれないの?」こちらの気持ちを察してくれない男性に対して、こんな気持ちを強く抱いたことがある女性は多いはず。

女友達ならすぐに察してくれることなのに、男性は異変に全く気付いてくれない。

そんな分からずやの男性に嫌気を感じてしまう女性はたくさんいるはずです。

男性の思考回路というのは「鈍感」であるといえます。

あれこれ妄想したり、想像してしまう女性に対し、男性は目の前の出来事や言われたことを意識してしまう生き物。

そのため、「察する」という行為が苦手な生き物だと言えるでしょう。

とはいえ、恋愛の局面において、女性は男性に対して「察する」ということを求めます。

察する能力を持っていない男性にとって、急に怒ったり泣いたりする女性に対してあたふたしてしまうもの。

「どうしたの?」と聞いても「なんでもない。」と答える女性に対して、何もできず、気づいて欲しい女性の心に気づけないため、女性の不満をためてしまうのです。

一方で男性から見た女性は、急に怒ったり泣いたりして、良く分からない生き物として映ります。

本当は、女性が怒ったり泣いたりするまでに予兆がたくさんあったはずなのですが、鈍感な男性は気付かず、不満が爆発してから気づくという状態。

男女の心のすれ違いというのは、この「察する」という能力の差から生まれているといっても過言ではありません。

今回のテーマは、「察しない男」について。

男性がなぜ女性の気持ちを察することができないのかについてお伝えしていきたいと思います。

あなたの彼氏や周りにいる男友達が「察しない男」で、対応方法が分からないという方は、男性の鈍感力を理解するためにも、是非読んでみてくださいね♪

察してよ!どうして男って分かってくれないの!?


彼氏や男友達に対して不満をあらわにしているのに、こちらの気持ちになかなか気づいてくれない。

あなたとして精一杯意思表示をしているつもりなのに、こちらの気持ちには全く気付かない男性に対して、ジレンマを抱えているはずです。

同じ人間といえども男性と女性は、感じ方に違いがあるもの。

女性は「変化」に敏感な生き物ではありますが、男性は「変化」に対して鈍感であるといえます。

そのため、女性が髪形やネイル、ファッションなどのイメチェンをしても男性は全く気付きません。

目に見えるものですら気付かないのだからこそ、「気持ち」という曖昧なものに気づくのは、男性にとっては至難の業だといえるでしょう。

察しない男の7個の特徴とは

察しない男というのは、そのレベルには幅があれども、世の中にたくさんいます。

しかし、大抵の男性は女性との付き合いの中で「察する」という能力を身につけていくもの。

お付き合いとなると、彼女の気持ちの変化に気づかない限りは女性を喜ばすことも満足することもできません。

彼女を泣いたり怒らせたりしたときに「なぜ泣いてしまったのだろう。」「なぜ怒ってしまったのだろう。」と考えることにより、はじめて察するという能力を身につけていき、女性を満足させるためにはどうしたらいいのかを考え、行動していくものなのです。

しかし世の中には「察しない男」がたくさんいます。

いつまでたっても女性の気持ちに気づくことができず、女性に不満を与え続けている男性は、鈍感力が高く、また変化を察する能力も低いといえるでしょう。

では、具体的に「察しない男」の特徴についてお伝えしていきたいと思います。

女性慣れしていない

「察する」力というのは、女性とのお付き合いで身についていくことが多いといえます。

そのため、女性慣れをしていない男性というのは、察する力を身につけていない傾向にあるといえるでしょう。

女性に好きになってもらいたいと思った時、男性は相手のことをリサーチしようとします。

好きなものは何か、好みの男性はどんな人か、趣味や特技は何か…など、相手のことを知った上で、相手を振り向かせようとする人が多いのではないでしょうか?また、女性にアプローチするためには、女性が好きそうな振舞いや行動をすることも大切。

恋愛に積極的な男性というのは、女性に対する対応を身につけるために努力している人が多いと言えます。

しかし、女性慣れしておらず恋愛経験も乏しい男性は、女性に対しての振舞い方が分からず、察するという行為はもちろんできません。

経験がないからこそ、女性の気持ちを理解することができないのです。

レディーファーストができない

モテる男性というのは女性のエスコートもスマートにできるもの。

サッと道路側を歩いたり、重い荷物を持ってあげたり、女性が困っているときにすぐに助けることができます。

そんな立ち振る舞いにドキッとする女性も多く、「優しい人だな。」と感じるケースが多いと言えるでしょう。

しかし、女性慣れしていない男性は、女性に対してどんな立ち振る舞いをしたらいいかわかりません。

女性が困っていたとしてもどうやって助けたらいいかわからずあたふたしている状態。

また困っていることすら気付かないなんてことも…。

レディーファーストというのは、女性経験が乏しい人にとっては至難の業ともいえます。

女性も男性が当たり前にレディーファーストができるとは思わないことが大切。

今後身につけていってくれればいいや。

という広い心で受け止めてあげるべきだといえるでしょう。

デリカシーがない

普通の人は、人に言ってはいけないことというのは知っているもの。

しかし、世の中にはデリカシーのない失礼な男性というのもたくさんいます。

デリカシーがない人は、想像力がない人ともいえます。

「こんなことを言ったら傷つくのではないか。」「失礼にあたるのではないか?」ということを普通の人は瞬時に判断できるもの。

むしろ、できなければ良好な人間関係が築けないものです。

そのため、デリカシーがない人は、察する能力も低く、他人を不快な想いにさせる傾向が強いといえるでしょう。

話を最後まで聞かず否定から入る

男性はディベートが好きな人が多く、話を聞くのが苦手な人が多いとされています。

特に闘争心が高い男性は、相手を論破する話し方をしがち。

一方で女性の相談というのは、すでに結論が出ていることが多く、ただ話を聞いて欲しいということが多くあります。

しかし、男性はすぐに自分の意見をいいがちで、女性の意見を聞けない。

話を聞いて認めてもらいたい女性にとっては、男性の態度に不満を感じずにはいられません。

彼女に興味がない

彼氏が察してくれないと嘆いている女性はたくさんいます。

本来であれば男性は彼女を喜ばせるために、彼女の言葉や態度に敏感になるもの。

その対応を疎かにしているのであれば、彼は彼女に興味がない可能性もあります。

彼女の興味がない理由として考えられるのは2パターン。

1つ目は、本命の彼女や好きな人が別にいて、妥協で付き合っているケース。

このような場合は彼女に対しての対応がおざなりになりやすいと言えます。

2つ目は、恋愛よりも自分の趣味や仕事に時間を費やしたいと考えているケース。

このような場合は恋愛の優先順位は低くなり、彼女よりも自分の趣味や仕事のことを考えることが多くなっていると言えるでしょう。

どちらのケースも改善してもらうのには、不安を感じているというあなたの気持ちをきちんと伝えること。

感情的にならず淡々と伝えることが大切です。

あなたの気持ちを聞いて改善してくれるようであれば、あなたに対しての想いがある証。

逆にいつまでたっても改善してくれないのであれば、あなたの優先順位は低く、あなたの気持ちを察してくれる日が来ることはないといえるでしょう。

駆け引き下手

恋愛というのは駆け引きが大切。

相手の気持ちを高めるためには、駆け引きという手段は欠かせないものです。

しかし、駆け引きが下手な男性は世の中にたくさんいます。

女性が駆け引きしているのに気付かない鈍感な男性が多く、また自分も駆け引きをする術を持っていないため、女性をドキドキさせることもできません。

言葉をそのまま受け取る

駆け引きができない男性の多くが言葉をそのまま受け取ってしまいます。

本来、女性の「大丈夫。」は本当に大丈夫なのか否かを気にしなくてはいけません。

強がっているケースもありますし、気づいて欲しいというときもあり、言葉をそのまま受け取ると大事故にも繋がりかねません。

女性の言葉には本音と建前が隠されているのにも関わらず、発された言葉を素直に信じてしまう男性。

純粋ともいえますが、女性の気持ちを察するという点では、程遠いところにいるといえるでしょう。

言葉が足りない

女性は男性から言葉で愛情表現をしてほしいと考えるもの。

「好き」「愛している」「可愛い」という発言は女性にとってはとても嬉しいもので、生きる活力なるといっても過言ではありません。

しかし、男性は言葉をあまり大切にしないもの。

むしろ愛情表現を言葉で発することは恥ずかしいと感じてしまうため、女性が望んでいたとしてもなかなか言えません。

また男性はどうしても発言が単調になりがち。

女性は会話を好む生き物ですが、男性は長時間の会話は苦手なもの。

そのため、コミュニケーション力は女性と比べて低く、「なぜ」「どうして」を伝えられず、結論から伝えてしまう傾向にあります。

言葉が足りない男性は、女性からしてみると冷たく映りますし、会話をしていてもつまらないと感じてしまうもの。

女性の発言の言葉の真意にも気づくことができないため、察する力は乏しいともいえるでしょう。

自分のことが大切

自分本位の考え方が強い人というのは、察する能力は低いといえます。

自分軸が強い人というのは他人に興味がありません。

相手がどうしたら喜ぶかということを考えることはなく、自分が一緒にいて楽しいか、自分にとって一緒にいてメリットがある相手なのか否かという点で物事を考えています。

自分のことを大切にするばかり、相手に対する思いやりは欠けがちともいえます。

そもそも、この手のタイプは一人でも生きていけるタイプなので、他人に依存をするということはなく自由奔放なタイプであるともいえます。

他人の意見に惑わされることもないため、察するという力を身につけるには程遠いタイプだといえるでしょう。

察しない男の対処法を教えます!

彼氏や男友達など、あなたの身の回りに察しない男性がいた時、どう接したらいいかわからないという人は多くいるでしょう。

こちらの意図を組んでくれず、また空気を読むことも苦手なため、周囲からみると嫌な雰囲気が漂ってしまうことも。

しかし、当の本人は全くそのことに気づかず平然な態度をとっているなんてことも。

察しない男に察しろというのは至難の業。

気付いてもらうためには、きちんと言葉で伝え、理解してもらうしか他なりません。

察する能力が乏しいからこそ、気づくまでには時間はかかりますが、根気よく伝えることで改善していくしかないのです。

では具体的に察しない男の対処法についてお伝えしていきましょう!

直接話す


察しない男性に察しろというのは難しい話。

言葉できちんと伝えない限りは理解してもらえません。

自分がどう感じているのか、彼にどうしてほしいのかをきちんと言語化して伝えましょう。

言葉で伝えることで、初めてあなたがどう思っていたのかを知り、今後の態度を改めてくれるかもしれませんよ。

直接話すときに大切なのが、感情的にならないこと。

怒ったり泣いたりしてしまうと、「怒っていた」「泣いていた」という事実だけが頭の中に残ってしまい、本当に伝えたかったことが理解してもらえなくなってしまいます。

「こういう時にこうしてほしい。」「あなたのこういう態度が不安になる。」ということを淡々と伝え、まずは言葉を理解してもらうことが大切。

そして、「今後も一緒にいたいからこそ、直してもらいたい。」という素直な想いを伝えましょう。

大抵の男性は察することができなくても、言葉できちんと伝えられたら理解ができるもの。

これで理解ができないのであれば、言葉の理解力が乏しいと言わざるを得ません(笑)男性に理解してもらいたいのであれば、根気よく言葉で伝えること。

察する男性に「育てる」という気持ちで接しましょう。

1人ごとのように呟く

少し嫌味な手段になってしまうのですが、彼に分かるように1人ごとのように呟くのも良い手段。

寂しそうに「本当はこうしてほしいのにな。」と伝えたり、「私はこう思っているのにな。」と聞こえるように伝えるのです。

これは一方的に自分の気持ちを伝えたいときに有効な手段。

彼に直接言葉で伝えると、どうしても理解をしてもらえるまで、感情的になってつめてしまうという女性も少なくありません。

そのため、自分の気持ちを1人ごとのように呟くことで、彼に自分がどう感じているか遠まわしではありますが伝えることができますし、また彼とのコミュニケーションを避けることもできるので、感情的にならずにも済むので、おすすめですよ。

共通の友達に話してもらう

自分の言葉でうまく伝える自信がないという人は、共通の友人に伝えてもらうというのも1つの手段。

第三者であれば、客観的に物事を伝えることができるため、理解してもらいやすいと言えます。

しかし、男性によっては他人の介入を嫌う人もいます。

二人の問題は二人だけで解決したいと感じていたり、他人に二人の関係性がうまくいっていないことを知られたくないという人もいます。

共通の友人から、「あいつらうまくいってないらしい。」という噂をばらされた日には、二人の関係性にひびが入りかねません。

伝える相手というのはかなり厳選することが大切です。

彼と仲が良い男友達に相談をした場合、中には男友達とあなたの関係性を疑う彼もいます。

悩み相談をする相手というのは特別な存在だと感じる男性が多くいます。

誰に話すのが適切なのかはしっかり考えましょう。

また共通の友人から話してもらうのであれば、伝え方は注意してもらうことが大切。

「あなたが言っていた。」ではなく、「友人としてこう感じた。」という体で伝えると波風が立ちません。

あなたが友人に話していたということを嫌がる彼もいるということを肝に銘じておきましょう。

さりげなくSNSに書く

最近ではSNSを使ったコミュニケーションというのも増えてきました。

SNSは自分の気持ちや感情を伝えるのに適している手段だともいえます。

さりげなく自分の想いを書くことで、察しない彼に伝えるのも良い手段だといえるでしょう。

とはいえ、SNSは不特定多数の人が見るもの。

SNSであなたの不安な気持ちや感情を赤裸々に書いていては、周りから「情緒不安定な人」というレッテルを貼られてしまうことも。

そのため、SNSに記載する時は不安な気持ちをあらわにするよりも、「今度は〇〇したいなー。」という願望を伝えることが大切。

SNSで願望を伝えることで、彼にしてほしいことを伝えるのです。

デートなどで行きたい場所があったら、「ここにいったらとても楽しそう。幸せな気持ちになりそう。」と記載したり、食べたいものがあったら「これ食べたい。」という願望を記載することで彼もあなたに何をしてあげたらいいかが分かりやすくなります。

自分がしてほしいことをSNSに記載することで、彼をうまく誘導すること。

これを続けていけば、彼のほうから積極的にあなたを喜ばすことを考え始めるようになるはずです。

しかし、察しない男性というのは、自分に向けてのメッセージだと気づかない鈍感な人もたくさんいます(笑)あまりに気づいてくれないのであれば、SNSに記載するよりも、直接伝えたほうが早いかもしれません。

友達に置き換えて話してみる

自分の感情を伝えるのが苦手という場合は、友達に置き換えて話してみるということも有効な手段。

「私の友達が彼とこういうことがあってとても不満を感じていた。」と自分の不満を友達にのせて伝えることで、女性が感じやすい不満を彼に気づいてもらう方法です。

彼がどう思っているか知りたいのであれば、「こういう場合男性ってどうなの?」と素直に聞いてみるのも良いでしょう。

彼の素直な気持ちを知ることができるので、今まで不満に感じていたことが解決できる可能性も出てきます。

また、彼の考え方があまりにも女性の想いとはかけ離れているようであれば、「私の友達はそれが辛いと言っていたんだよね。」と女性はそういう風には感じていないということをさりげなく伝えましょう。

女性の考え方との違いに気づくきっかけになるかもしれませんよ。

察してもらえるまで態度に示す

いくら言葉で伝えてもなかなか理解してくれない男性もいます。

鈍感力が極めて高く、女性の気持ちを察することができない男性にはお灸を据えることも大切。

察してくれるまで態度に示すことで彼を困らせるのが有効的な手段だと言えるでしょう。

いつも優しかったあなたが急に冷たい態度をとったり、話してくれないようになったら、どんなに鈍感な男性でも気づくもの。

これで気づかなかったら、あなたに興味がないと言わざるを得ません。

あなたの態度が変わったと気づけば、優しかったあなたに戻ってもらえるように男性は努力をしようとするはずです。

言葉で分からないのであれば、露骨に態度で示すことで、あなたの気持ちを彼に伝えることが大切です。

男性は怒られるまで分からない鈍感な生き物。

あまりにも理解してもらえるのであれば、冷たい態度で接することも大切だといえるでしょう。

女性慣れをしてもらう

女性の気持ちを察することができない男性は、女性に慣れていない人が多いといえます。

付き合った人数が少なかったり、男子高出身で男性が多いところで育ったり、はたまた男兄弟しかいないという場合も女性の感情に疎いという人が多いと言えるでしょう。

女性慣れしてもらうためには、彼氏に少女漫画を読ませてみるというのも有効的な手段
女性の夢と願望が詰め込まれている少女漫画は、男性が読むと目から鱗の表現方法もたくさんあるはずです。

少女漫画を教科書として女性の気持ちを理解して、女性慣れをしてもらいましょう。

友達に会わせる

あなたの女友達に会わせるということも女性に慣れさせるきっかけになります。

女性への立ち振る舞いが慣れていないのであれば、女友達を会わせることで慣れてもらうことが大切。

そのため、頻繁にあなたの女友達に会わせてみましょう。

また、あなたの女友達の恋愛の話を彼に聞いてもらうことで、女性の感情を知ってもらうのも有効的な手段。

女友達同士の恋愛の話というのは男性にとっては初めて聞くような話が多いと言えます。

「彼から連絡がこない。」「会う回数が少ない。」「愛情表現をしてくれない。」そんな悩みを聞いてもらうことによって、女性がどんなことに不満を感じているのかを知ってもらうことができ、自分の態度を改めるきっかけにもなるかもしれませんよ♪

Wデートをする

男性というのは、男同士では恋愛の話を照れくさくてしないもの。

そのため、男友達が彼女に対してどのような態度で接しているのかということをあまり知りません。

だからこそ、Wデートをしてみて、恋人への接し方を知ってもらうことが大切だと言えます。

Wデートは、できれば仲良しで、彼女の気持ちを察することができる彼と付き合っている友達が良いと言えます。

彼女への接し方の違いを知ることで、自分の態度を改めるきっかけになるかもしれませんよ。

仲が良いカップルと一緒にデートをするのは、自分達と比べてしまい辛いかもしれませんが、彼にとって良い薬になると考え耐えましょう。

きっと彼も成長するきっかけになるはずです。

察しない男のあるあるな言動

察しない男の発言は、空気を読めない驚きな発言が多いのが現実。

今この発言をするのかとだれしもが頭を抱えてしまうような爆弾発言をしてしまう男性が多くいます。

では、察しない男のあるあるな言動についてお伝えしていきましょう。

彼が原因で不機嫌なのに「何で不機嫌なの?」と聞いてくる

彼に対しての不満を言葉や態度で示していたのにも関わらず、彼は全くそのことに気づいておらず、彼女が不機嫌な理由が分からない。

結果、「何で不機嫌なの?」と素直に聞いてしまうという空気が読めない発言。

この発言によって、あまりにも分からずやな彼に対しての不満がMAXになってしまう女性も少なくありません。

彼から彼女は、「なぜか急に不機嫌になった。」と見えています。

あなたが感じている不満には全く気付いておらず、ある日突然あなたが不機嫌になったと感じている鈍感な男性だといえるでしょう。

二人っきりでいたいのに友達を呼んでしまう

二人っきりのデートだと思っていたのに、なぜか友達を大勢呼んでいた。

そんな経験をしたことがある女性も多くいるのではないでしょうか?ロマンチックなデートを期待していたのに、現実は友達とわちゃわちゃ。

色々な妄想を含まらせて楽しみにしていた女性にとて、色気のないデートとなってしまってはがっかりする気持ちを抑えられません。

察しない男性には「二人っきりで遊びたい。」と伝えておくことが大切。

彼も楽しい時間を過ごすために、よかれと思って友達を呼んでいるケースもあります。

そのため、あなたと二人でいたいということをアピールしておくことは大切だといえるでしょう。

欲しいと思っていた物と違うものをプレゼントしてくる

露骨に「これが欲しい。」と伝えていたのにも関わらず、彼にはその気持ちが伝わらず、違うものがプレゼントされた…。

そんながっかり度数があがってしまうような経験をした女性は世の中にたくさんいるはずです。

女性からしてみると「これ欲しいな。」と露骨に伝えているつもりなのですが、察しない男性にとっては、まさか自分に向けての言葉だとは思わず1人ごとだと捉えているケースも…。

察することができない男性には「プレゼントはこれを買って。」と伝えることが大切。

察しない男性は素直な人が多いため、言われたことはきちんと守ります。

遠まわしに伝えるのではなく、直接的に伝えること。

これが察しない男に自分が欲しいものを買ってもらうテクニックだといえるでしょう。

用がない電話を嫌う

男性は電話で話すということがとても苦手。

そもそも用事がないのに会話をするという習慣が男性にはないため、女性との長電話は苦痛以外のなにものでもありません。

一方女性は、好きな人の声が聞きたいと思うロマンチストな生き物。

この感覚のすれ違いが、二人の関係性を悪い方向に導いてしまうといっても過言ではありません。

彼が電話が嫌いな人なのであれば、どうしても声が聞きたいと思うとき以外は電話を控えること。

会ったときに、彼の声はたくさん聞けます。

その時を励みに、用がない電話は控えるのが吉といえるでしょう。

彼女以外の女の子を可愛いと言う

男性は素直な生き物で、可愛い人がいた時は「可愛い。」と声に出してしまうもの。

最初のうちは気を使って心の中に秘めているものなのですが、付き合いが長くなればなるほど、声に出してしまう単純な生き物です。

あなたのことを信頼しているからこそ、他の女の子をほめてしまうもの。

やましいことがあれば他の女の子をほめることなどしないはずです。

他の女の子をほめた時に、拗ねてみても可愛いですが、あまり本気になって怒らないことが大切。

やましいことがないからこそ、他の女の子のことをほめることができるんだという広い心で彼を受け止めましょう。

髪形を変えたことに気づいてくれない

男性は見た目の変化には気づかない生き物。

ロングヘアをショートヘアにしたくらいのイメチェンではない限り、なかなか見た目の変化には気づかないものです。

髪形を変えたことに気づかない男性というのは、あなたに興味がないというわけではなく、些細な変化に気づくことができないものだと捉えましょう。

いちゃいちゃしたいのにゲームばかりしている

男性というのは自分の世界に籠るのが大好き。

得にゲームが大好きな男性というのは、自分1人の楽しむ時間を作ってあげないと、窮屈を感じてしまうものです。

しかし女性にとっては、いちゃいちゃしたいのに、彼がゲームばかりに夢中になっていると、どうしても不満を感じずにはいられないもの。

彼があまりにもゲームに夢中であなたといちゃいちゃする時間を疎かにしてしまうのであれば、その不満を伝えることも大切。

ゲームはしてもいいけど、いちゃいちゃする時間もきちんと作るという約束を彼にしてもらうことが大切ですよ♪

他の女の子と遊んで欲しくないのに気付いていない

彼が他の女の子と親しげにしていると、どうしても不安を感じてしまうのが女性の性というもの。

しかし、そんな気持ちには気付きもしない男性というのも世の中にはたくさんいます。

やましい気持ちがないからこそ、あなたにオープンにして他の女の子と遊んでいるともいえます。

本当にやましいことをしていたら、あなたに内緒でこそこそ遊んでいるはず。

オープンにしているうちは、安心してよい関係だと考えてよいといえるでしょう。

記念日を忘れている

男性は記念日を疎かにしがちな生き物。

そもそも記念日というものに興味がないため、忘れがちになってしまうのです。

記念日を忘れて欲しくないのであれば、記念日が近くなったら彼にきちんと伝えて思い出してもらうこと。

彼が自然と思い出してくれることは皆無だと思ったほうがよいでしょう。

生理痛で辛いのに遊びに行こうとする

当たり前ですが男性には生理がないので、生理時の辛さということを知る由もありません。

あなたが顔色が悪くつらそうにしているのに、なかなか気付くことができない鈍感な男性というのもたくさんいます。

生理痛で辛い時は、彼にきちんと伝えること。

生理痛の辛さは男性が自然と分かることは難しいこと。

付き合っている関係性なのだから恥ずかしいことはありません。

「今日は生理痛で辛いから家でおとなしくしたい。」と伝えることが大切です。

もっと会いたいのに向こうから会いたいと言われない

女性は彼から「会いたい」と言われたい生き物。

しかし、察することができない男性は「会いたい」という4文字を口に出すことができません。

はたまた、自分1人の時間のときは、自分のことに夢中になってしまうため、彼女への対応を疎かにしがちだといえるでしょう。

察しない男は直接言わないと気付かない!

察しない男に察しろといっても、それは無理難題な話。

察しない男性には、きちんと言葉であなたの気持ちを伝えることが肝心だといえます。

言語化して伝えることで、男性側も今まで気付かなかったことに気付くきっかけになります。

彼がいつか気付いてくれる日を期待するのではなく、あなたが彼を変えるという気持ちで接していくこと。

良い男性に成長させるかどうかは、あなたにかかっていると言っても過言ではありません。