CoCoSiA(ココシア)

天使みたいに可愛い…!と思われる彼女になる9個の方法


皆さんもクラスの中に天使のように可愛い女の子がいませんでしたか?

非常に性格が良くて可愛らしいということで、男子はもちろんのこと、女子にも大変人気な人がそのような人にあたります。

このような人は、友達が多かったり異性にもモテるということで、羨ましく見たような人もいるでしょう。

もしかしたら皆さんの中に、その「天使のようなクラスメイト」だった人もいたかもしれません。

そのような人は良いのですが、大抵の人はそのような天使のような女の子を目指したいと思ったことがある人はかなり多いのではないのでしょうか?

ある程度天性のところはあるのかもしれないけれど、でもそうなれたらいいですよね。

天性の部分はあるにしても、改善をすることによって性格を変えるということは出来るには出来ます。

では、その特徴などについてみていきましょう。

彼を惹きつけられる彼女になりたい!

天使のような女の子は、基本的に男子を惹きつけます。

天性からそのような天使の女性であれば、男性のみならず女性にも非常に人気であります。

が、そこはもう天性の力ですので、何とも言えません。

何かの拍子にボロが出るということもありますので、これを計算でやるというのは難しいことです。

ですが男子を惹きつける天使のような女の子というのは、後天的になれます。

では、どのようなところに気をつけていったら良いのでしょうか?

天使みたいに可愛い彼女の特徴とは

では、目指す「天使みたいに可愛い彼女」の特徴についていろいろと見ていきましょう。

やはり、特徴から見ても、人から好かれて当然だよなと思われる部分があります。

気遣い上手

基本的に好かれる人は気遣い上手な人が多いです。

確かに気遣いなく、自分勝手な人というよりかは、気遣いがしっかりとできる人の方が人に好かれます。

どちらかと言うと、著者も気遣いが苦手です。

人がどのように受け取るかというのが、あまり想像するのが得意でない傾向があると、著者のように気遣いが苦手という人もいるでしょう。

気遣いを求められて気遣いをしたけれど、どうも裏目に出てしまったというようなところがあるのも、著者のような人の特徴でもあります。

ですがこの気遣いは、後天的に何とかなるので、落ち込まないようにしてください。

著者も基本的に苦手なですが、そのコツを覚えればそこまで難しいものでもありません。

確かに気遣い上手な人には勝てないのかもしれませんが、心がけるだけでも受け手の方の心情は大分違うようです。

ですので天使のような彼女を目指すのであれば、気遣いについて色々と調べて実践していく必要があります。

いつも笑っている


つい色々と愚痴を言ってしまいたくなることもありますよね。

やはり人間は、生きていると楽しいことばかりではありません。

中には腹が立ってしまったり、落ち込んでしまうようなこともあるでしょう。

ですが、そのようなことを表情に出していたら、天使のような彼女にはなれません。

辛いことや愚痴を言いたいことは他のところで吐き出すとして、なるべく友達や彼氏の前ではいつも笑っているようにしましょう。

人間は、怒っていたり泣いていたりする人よりかは、楽しく笑っているような人のところに寄ってくるのです。

ですので、天使のような彼女を目指しているのであれば、いつも笑顔を心がけましょう。

明るくてポジティブ

こちらもある意味、天性のものもありますが、思考回路を変えることによって、そのような性格に変えることも可能です。

もちろんネガティブが全て悪いというわけではありません。

なぜネガティブ思考な人はいるのかと言うと、いざという時、もし悪いことが起こった時、そのような思考ができている人の方が、失敗や不測の事態に備えることができるからです。

確かにそれは素晴らしいのですが、このネガティブ思考に引っ張られるということになると、自分も落ち込んでしまいます。

何より周りの人に精神的な負担をかけてしまい、結果的に周りに人がいない状態になってしまいます。

ですが明るくポジティブということであれば、自分も性格が楽になりますし、周りの人にもそのような人に集まってきます。

ですのでネガティブ思考の方は、いざという時にどうするかというシュミレーションを立てることができるのです。

それは非常に良いのですので、その思考を大切にしつつ、その一方で明るくポジティブということを心がけるだけでも大分違います。

癒し系


また天使のような彼女になるには、癒し系の彼女になることが必要です。

著者もどちらかと言うと、この癒し系ということをよく言われますが、実はこの癒し系の特性は後天的に身につけました。

非常に、このようなポジティブ思考であったりするのが苦手で、昔はどちらかと言うといじめられっ子でした。