CoCoSiA(ココシア)

お皿洗いの時短テクニック10選(続き6)

それでも面倒に感じてしまうのが、洗濯なんですよね。

ネットを使用する

ほとんど洗濯機にお任せできるとはいえ、洗濯機に放り込んで終わり…というわけにはいかないのが洗濯です。

なぜなら、洗濯前に仕分けが必要だから。

たとえば、汚がひどいものとオシャレ着は、できれば分けて洗いたいですよね。

大量に出てくる洗濯物を、仕分けしてネットに入れて…と、洗濯機のスイッチを押す前にやることがあるのです。

でも、その仕分けを時短にする方法があります。

それが、脱いだ時に仕分けしておく方法です。

ネットに入れるものは、脱いだらネットに入れておく。

汚れものとそうではないもののカゴを作っておき、家族みんなに分別しておいてもらうなど、洗濯の前に行う作業を脱いだ時点で行っておけば、洗濯も気楽にできると思います。

夜に洗濯をして浴室乾燥を使用する

朝の家事の時間を減らしたいときは、洗濯を夜にしてしまうのもひとつです。

朝は、何かと忙しいもの。

少しでも朝にやる家事の量を減らしておくことは、朝の時間節約になりますよね。

夜に洗濯した場合は、浴室乾燥機を利用しておけば臭くなることもありません。

陽に当てたいときは、朝起きてから外に出せば、よりカラッと乾かすことができるでしょう。

ほとんど渇いていれば、好きな時間に取り込んで片づけることもできますよね。

汚れていない時はお急ぎコースで洗う

洗濯ものがあまり汚れていないときは、洗濯機のお急ぎコースを使うのもおすすめです。

お急ぎコースを使えば、文字通り時短に。

水や電気代も節約することができますよ。

自分の時短次第で自由時間が増えるんです!

いかがでしたか?

今回は『お皿洗いの時短テクニック10選』をご紹介しました。

また、ついでにお皿洗い以外の家事の時短テクもご紹介させていただきました。

主婦にとって、家事は大仕事。

だけど大変な仕事だって認めてもらえないうえに、時間がかかって嫌気がさしますよね。

でも、家事こそ頭を使うもの!

家事ができれば社会でも通用するくらい、家事スキルがあることってスゴイことなんです。

家事を手早く綺麗に終わらせて自分の時間を作るのも、あなたの家事スキル次第!

ぜひこの機会に時短テクニックをマスターして、自分の時間を有意義に過ごせるようになりましょう♡