CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

特別な存在になるには?好きな人や彼氏の特別な存在になる8個の方法


他人にとって特別な存在になりたいと思うのは、たくさんの人の中で生きる人間にとって当たり前の感情です。

誰かの特別な存在になる事によって、絶対的に信頼し安心できる場所が欲しいのです。

それが自分が特別に思っている好きな人や彼氏ならとても幸せな事ですよね。

この記事では、好きな人や彼氏の特別な存在になりたい女性に送る、大切な人の特別な存在になる方法をご紹介していきます。

好きな人や彼氏の特別な存在になる8個の方法!

自分の好きな人や彼氏が自分の事を特別な存在だと感じてくれれば、女性としてそれ程嬉しい事ってないですよね。

自分が相手の事を特別に思っているなら尚更、同じ想いを求めてしまうものです。

まずは直ぐに実践できる、好きな人や彼氏の特別な存在になる方法をご紹介していきます。

1.相手を惹き付ける魅力を身に付ける

誰かを特別に想い大切な存在だと感じるのは、相手にとって「その他大勢」ではなくなるという事です。

そのために自分が相手を引き付けて特別な存在になるための努力は欠かせません。

まずは相手の中での、その他大勢からの差別化を図りましょう。

相手が本能的に自分を求めてしまうような魅力的な女性になる事が大切です。

女子力

女性としての魅力で相手を引き付けるためにも女性力を上げる事は欠かせません。

特に「女性」というジャンルの中で他とは一線を引かなければいけない訳ですから闇雲に女子力アップを目指すよりかは、彼の好むポイントに一点集中して女子力を上げる方が効率が良いかもしれません。

彼がオシャレな女性を好むならファッションや自分磨きに精を出し、彼が家庭的な女性を好むなら料理を勉強したり家事力をあげたりするのが良いですね。

メイクなども勉強する

まず一緒にいて恥ずかしいと感じてしまう女性を特別だと思う事はないでしょう。

最低限のメイクやファッションなどは必ず必要です。

彼にありのままの自分を特別に思ってしまうというのは十分に理解できますが、全く着飾らない事とありのままの自分とは別物なのです。

彼が周りに自然と紹介したくなるような最低限の身だしなみをしておくというのはマナーでもありますよ。

モテを意識する

本心は好きな人や彼氏にのみ愛されれば良い訳ですが、その他大勢の人からモテる事で彼に優越感を感じさせつつ「この女性を他の男にとられたくない」と感じさせる魅力を持つ事も大切です。

そのためにはモテを意識する事も大切ですね。

しかし、あまりやり過ぎてしまうと好きな人や彼氏に誤解を与えてしまう事もあるので、繊細な駆け引きが重要になってきますよ。

2.相手に対して優しくなる

自分に優しい人や安心感を感じる人の傍に居たいと思うのは当然の感覚です。

相手に優しくする事で好きな人や彼氏は、あなたの傍に居たいと思い事前んとあなたを特別な存在として認識してくれる事でしょう。

まずは相手に対して穏やかで優しい安心できる女性にnなる事も大切な事ですよ。

優しく接することで相手からの印象もアップ!

誰でも優しくして貰えると気分が良いし嬉しい、相手の事を「良い人」だなぁと感じますよね。

特別な存在になる第一歩は、相手にとって心地よい存在になる事であると言えます。

嫌いな人や一緒に居てしんどい人を特別だと感じる人は少ないでしょう。

好きな人や彼氏に優しく接する事で相手からの自分に対する印象を好印象にアップさせましょう。

自分に厳しく相手に優しく

相手に優しくする際は、何かにつけて優しくし過ぎると「自分にも甘い人なのかな?」と思われてしまします。

自分に甘い人は自分本位な人は多く、常識的でない場合も少なくありませんよね。

そんな風に思われないように基本は自分に厳しく相手に優しくを心がけましょう。

しっかりと律する所は律する事のできる自分をアピールする事で頼り甲斐も生まれます。

他の人にも優しく、相手には特別に優しく

あからさまに自分だけに優しい人というのは特別に思われている事を感じる一方で、相手の特別でなくなったら全く違う扱いを受けるのかなと不信感や不安を感じてしまうものです。

常に周りの人に優しくするように心がけましょう。

そして好きな人や彼氏には周りの人に対する2倍優しくする事で好印象と特別感、そして安心感を与える事ができますよ。

3.関係を深める


好きな人や彼氏にとっての特別な人になりたいのなら、徐々に2人の関係性を深めていく必要があります。

全くお互いの事を知らない赤の他人から知人になり、そして恋人になり特別な存在となっていくにはその過程も重要なのです。

友達の関係の頃から絆を深めるようにしよう!

好きな人や彼氏にとっての特別な存在になるには、出会ったその時から絆を深めていく必要があります。

ページトップ