皆さんは思い切りの良さはある方ですか?そして周りに思い切りの良さがある人はいますか?
思い切りの良さはメリットである一方で、デメリットもあります。

周りはこの思い切りの良さがある人を頼りにする一方で、やはりどうしても振り回されるようなところもあるのではないのでしょうか?

では、思い切りの良い人のことについて考えていきましょう。

思いきりの良さも時には大切!

思い切りの良さというのは、やはり人生において大切なところもあります。

確かに将来のことを考え、確実に備えていくということも良いことです。

ですが、将来のことばかりを考えて生きていくというのも、味気ないものになりがちです。

例えばですが、最近は老後について不安を抱いている方が多いです。

そして日々の生活を切り詰めて、老後のためだけに着々と貯金をしているという人もいます。

そしてそのような人は、80代になっても「老後の心配がある」ということで貯金を続けているというような人もいます。

確かに老後にお金があるということは重要です。

ですが、老後ばかりにとらわれすぎて、日々の生活を圧迫しているということがあります。

このような先々のことを考えないということは、ある意味悪いことばかりでもないのです。

ですので、何でもバランスが大切で、楽しむ時は思い切り楽しむ、そして将来に備えもきちんとするというようなバランスが大切です。

この「将来に備える」というようなところの計画性が弱いところがありますが、思い切りの良い方は、基本的に色々なことを即座に判断するところがあります。

思いきりがいい人の6個の特徴


色々な思いっきりの良い人がいるので一概には言えませんが、基本的に思い切りの良い人というのは、ある特徴があります。

思いきりの良い人の特徴についてみていきましょう。

考えることを面倒くさがる

思い切りがよく決断が早いと思いがちですが、意外と考えることを面倒くさがっている所があります。

確かに考えることは大切です。

ただ中には、考えすぎるがあまりに前に進めないような人もいます。

そのようなことに比べると、ただちに行動するということは悪いことばかりではありません。

ただやはり、慎重に考えたいといけないということも世の中にはあります。

例えば進路決定などは非常に重要なところもあるでしょう。

このような場面も考えるのは、めんどくさがりで早く決めるということは後悔につながる可能性が非常に高いです。

日本においては、年齢を重ねてから挑戦するというのは、難しい職種もやはり存在します。

職人関係の仕事であれば、修業の年月が必要になります。

ですので、やはり若いうちに早く決めないといけないところがあります。

やはり後悔のない人生にしようと思うと、若いうちから熟考する必要があるのです。

ですので、この「考える」ことを面倒くさがるというのは、意外にもデメリットに繋がることがあります。

思考回路が単純

そして基本的に、思考回路が単純なところがあります。

ですので、考えるのが苦手で複雑なことを考えるのが苦手なところがあるのです。

例えば大金が入ったとしたら、人によっては思い切って利益を増やしたいとリスクの高い投資をしてしまうということもあります。

リスクの高い投資をするということ、それだけ損を被る可能性もあるということです。

このように、せっかく貯めたお金も一気に使ってしまうところがあります。

著者も少々投資を火事っていますが、やはり投資はいろいろと考える必要があります。

あっさりと儲かるイメージが強い投資ですが、そのぶんあっさりと損をするというのもまた投資の一面です。

ですので、場合によっては一晩で数百万や数千万の損失が出ることがあります。

このような重要な場面においても、思考回路が単純でもっと複雑に考えないといけないようなことでも、あっさりと決断を下ってしまうところがあります。

投資の話に戻ると、中には車の車検代として必要なお金さえも投資に回してしまうという人がいます。

確かに寝かせておくお金は増えたら良いと思うものです。

ですが、それと同時に投資で損をする可能性についても、きちんと考えなくてはいけません。

ついつい儲かることばかりを考えて即決してしまうというのも、このような性格の人の特徴でもあります。

後から大いに困る


やはり世の中は、色々と複雑です。

ですので後になってから大いに困ることがよくあります。

やはり慎重に考えなかったばかりに、困った事態になるということはよくあります。

先ほども触れた投資の話ですが、車検代を溶かしてしまったというような話もよく聞かれます。

よく何年かに一度に、株の暴落があったりFXにおいても暴落が見られることがあります。

このような時に大きく損失が出た人が、色々と掲示板に書き込んでいるという場面があります。

このような必要なお金を溶かしてしまったという人の他にも、数百万や数千万円を一晩にして溶かしてしまったというような話もよく聞かれます。

このようなことで大いに困るということはよくあることです。

やはりお金は様々な用途で使われるところもありますので、損が出て困るということはよくあることなのです。

このように思い切りがよくお金を投資の仕方も、ダイナミックな人は成功する時は非常に大きな成功を収めるのですが、困る時は非常に困る事態になるのが特徴です。

人に頼って泣きつく

基本的に、人に頼って泣きつくところがあるのも特徴です。

基本的に、そのように人を頼るような場面はありますが、もし人に頼れないと分かると今度は行政に頼るというような形になるケースが多いです。

確かに人生は、石橋を叩いて歩くだけというのは味気ないものがあります。

ですが、やはり今が楽しければ良いという考えだけというのも大変危険です。

最近は年金を納めていないお年寄りが、子供世代の人に援助をして欲しいと頼んでいて、子供が困っているというような掲示板の書き込みを見ることがあります。

やはり、このようにあまり将来のことについて考えないというような人は、困ってから泣きつくということが結構多いようですね。

周囲の目を気にしない

また基本的に、そのような人は周囲の目をあまり気にしないところがあります。

確かに周囲の目ばかりを気にして、自分が思う通りに行動できないという人であれば、非常にうらやましい特徴でもあります。

ですが、やはり基本的には、人はひとりでは生きることができません。

最近は買い物はスーパーに行けばいいですし、ネットスーパーもありますので、車を使わなくても済む場面は多いです。

田舎は例外ですが、賃貸物件だとゴミを捨てる時もゴミステーションの管理の担当をすることもなく捨てることができます。

このように色々なサービスがあるため、目立ちにくいところはあるのですが、やはりそこには人人との繋がりがあります。

特に田舎のような不便なところだと、そのような傾向は顕著です。

ある意味周囲の目を気にしないということで、気楽に生きることができるところもありますが、そのぶん付き合いが薄く、いざという時に助けを求めにくいというような場面もあります。

気前が良く、人にあれこれとおごってあげたりと、人によくする人だと助けてあげたい人がいるかもしれませんが、周囲の目を気にせずに好き勝手にするようなタイプの思い切りの良さのある人であれば、やはり困った時に助ける人も少なくなる傾向にあります。

逆に目立ちたがりの場合も

人の目を気にしないというケースもあるにはありますが、逆に目立ちたがりというような場合もあります。

このような傾向は、どちらかと言うと幼少期に満たされない気持ちがあったというような人にも見られる特徴です。

見られるために、あえて危険な道を選ぶというようなところもあります。

ある種の自傷に近い所があるでしょう。

色々な人を掲示板に見ることがありますが、基本的に親御さんの愛情に満たされていなかったり、繊細な方は目立ちたいと思うのか、相手不安になるような道を選ぶような人もいます。

そのようなところが、思い切りの良さのように見えてしまうところもあるのです。

自分さえ良ければいい

基本的に自分さえよければ良いというような思いがあるので、あっさりと決めてしまうところもあります。

人との兼ね合いがあると、なかなか決めることができないというような場面もあるでしょう。

ですが思い切りの良い人は、そのようなところを分析するのが苦手な人が多く、ついつい自分だけの判断で決めてしまうところがあります。

世の中を甘く見ている

そして基本的にそのような人は、世の中を甘く見ている傾向にあります。

結構なんとかなるという人はいるのですが、意外にもそのようなことはなく「なんとかする」が正解なところがあります。

思いきりが良いので、なんとかなると深く考えずに決めてしまうところがあります。

ですが大抵の場合は、なんとかするというのが本当のところです。

身の回りでよく聞く話ですが、例えば子供の人数においても「三人目の子供が欲しい」という話になった時、子供が幼少期がお母さんからは「なんとかなるから絶対に生んだ方がいいよ」というような答えが出ることがあります。

ですが子供が中高生のお母さんからは、なんとかなるというような答えは出ないケースが多いです。

やはり中高生のお母さんの方が、いかにお金がかかるかという現実を見ているところがあります。

確かに三人目のお子さんを迎えても、うまくやっているという人もいます。

ですがやはりその苦労は、並々ならぬものがあるようです。

計画性が無い

基本的にこのような人は計画性がありません。

計画性の無さというのは、現代社会において、いろいろな問題を引き起こします。

例えばですが、時間に合わせて行動するのが苦手な人であれば、遅刻なども多いでしょう。

基本的に日本人は時間に厳しいところがあります。

ですので、遅刻が多いとなると疎遠にされてしまう可能性もあります。

そして日々の生活においても計画性がなく、お金をどんどん使ってしまうことから生活が苦しくなることもあります。

もちろんこのような計画性がなくても気楽に生きていける国というのはあります。

ですが、やはり日本においては、この計画性が非常に重要です。

人に迷惑をかけがち

先ほども触れたように、計画性がなく遅刻をしがちということになると、人に迷惑をかけることになります。

例えば一緒に旅行しようという話になったとき、時間にまだ間に合わないと飛行機を逃してしまうこともあるかもしれません。

新幹線や電車を逃す可能性もあります。

このようなことから、計画性がないということは、人の迷惑をかけがちということになります。

ですので、そのようなことがないように気をつけることが大切です。

思いきりよく振る舞う時の注意ポイント

このように色々と困ったところがあるかもしれない思い切りの良い一面ですが、やはりこのような思い切りの良さというのは、時に清々しく思われるような一面もあります。

では、どのように思いっきりよく振る舞ったら良いのでしょうか?色々な観点から見ていきましょう。

状況をよく考える

思い切りの良いことが良い方に働くということはもちろんあります。

妻の影響で、山口百恵さんのエッセイを読んだということはあるのですが、彼女こそが良い思い切りの良さがあると言っても良いでしょう。

彼女は人気絶頂期の時に、結婚を機に引退をしています。

このように言ってはなんですが、ご主人である三浦友和さんは、まだまだ俳優としてそこまで芽が出ていないという時期でした。

ですので、この決断は非常に思い切りのあるものでした。

状況をよく考えたのかと言うと難しいところはあるのかもしれませんが、結果的に二人はそのまま幸せに生活をし、今もおしどり夫婦として人気です。

そのように思い切った決断というのは、良い方向に進むこともあります。

将来に影響するような大切な決断は慎重に

ただ先ほどの山口百恵さんの話にも近いところがありますが、このような将来に影響するような決断を慎重にする必要あります。

やはり彼女もお母さんに、引退をしようと思うということを言ったら、めったに口を挟まないお母さんが「よく考えなさいね」と言ったという話を聞きました。

やはりこのような大きな決断というのは、慎重にならざるを得ないところがあります。

このような話は芸能人でもなく、一般人の方もあります。

例えばですが、学生さんであれば進路決定は非常に大きな問題です。

若くなかなかやりたいことが思いつかないということもあるかもしれません。

そのような時は、もし経済的に事情が許すのであれば、大学進学をすることも視野に入れられます。

大学で様々なアルバイトなどで経験を積み、自分に合った人生を選択していくということもあります。

ここでいきなり就職を選ぶと、確かに路線変更はできますが、少々ハードルの高いものになります。

ですので人生において何が大切なのかということを、しっかりと見ることが必要です。

人間関係を崩壊させないようにしよう

計画性がなく、うまく時間通りに来ることができなかったりする人だと、人間関係が壊れてしまうところがあります。

基本的に大人になると悪いところを具体的に指摘するということはあまりありません。

さりげなく疎遠にするというところがあります。

ですので、気がつかない間に周りから人がいなくなってしまうということはよくあるのです。

このような思い切りの良い一面があるのはもちろんいいのですが、人間関係を崩壊させるような一面があるのであれば直す努力をしましょう。

自分の言動に責任を持つ

基本的に、そのように思い切りが良いということは、その時の思いつきでいろいろと言ってしまう可能性があります。

ですので、信頼にならないと思われてしまうところもあります。

確かに考えが変わるということはよくあることです。

ですが、しょっちゅう考えが変わるとなると、いったい何を考えているのかわからないというところがあり、深く付き合いたいと思えなくなってしまいます。

その時の気分での言動は信頼を失うだけ

その時の気分で、色々と言動を変えるのは信頼を失うだけというところがあります。

著者の部署の営業の人で、明るく朗らかなのだけれど、思い切りが良いという人がいました。

もちろんその思い切りの良さが仕事に生きるところはあるのですが、考えることをせず、ともすれば気分だけで現状が変わるようなタイプの人でした。

この人は、人のプライベートについても色々というタイプでした。

著者も色々と妻も働かせるように等と言われたこともあります。

ただやはり子供が生まれてからは、ただ単に妻を働かせれば良いというだけの話では済まなくなります。

子供の病気から急なお迎えが必要になることもあるでしょうし、大人二人が働くというのが、うまくいかないというケースはよくあります。

あまりにも何度も言うので、「もしいきなり帰る人がいても、納得が出来るのか?自分がサポートする立場になったら『やめてほしい』と言わずにきちんとサポートするのか?」ということを聞くと、言動が変わるというところがありました。

確かに立場が変わると、そのように気持ちが変わるということはありますが、あまりにも限度が変わると信頼を失うという結果になってしまいます。

自分のためではなく人のためを考えよう

確かに、思い切りが良い一面がありますが、場合によっては人を振り回すところがあります。

ともすれば、自己中心的に見えるところもあるでしょう。

ですので、なるべく自分のことだけを考えがちですが、そうではなく人のためを考えるということが必要です。

この思い切りの良さを、人のために考えることができれば、非常に人から信頼されるような思い切りの良さを発揮することができるでしょう。

確かにルーズに見られるような一面もあり、少々残念な見られ方をする一面もありますが、やはり人生においては思い切りよく素早く決断することが必要な場面も多くあります。

特に仕事の場合は、そうなのではないのでしょうか?
即決をし、臨機応変に物事をこなしていくということが必要ということになれば、このような人はやはり重宝されるような人です。

思いきりの良い人は周囲からどう見られている?

思い切りの良い人は周囲からどのように見られているのでしょうか?いろいろな観点から見ていきましょう。

怖いもの知らず

周りにも思い切りの良い人がいますが、やはり怖いもの知らずといったところがあります。

かなり重要な場面も、即座に判断をしてしまうところがあります。

例えばですが、正直うちの会社はそこまで給与の良い所ではありません。

ですが、転勤を言い渡された時に、家族を連れて行くという決断を即座にしました。

ですので奥さんは正社員として働いていたのですが、結果として仕事をやめることになったのです。

著者は会社の事情を知っているので、正直思い切った決断だなと思ったものです。

ただやはり、転勤されてからしょっちゅう同期の営業の方に「お金がない」という話をしており、「やはり」と正直思っています。

このように重大かつ、ともすれば大きく人生を変える可能性があることでも、あっさりと決断してしまうというような怖いもの知らずな一面があります。

頼もしい

確かに、あまり深く物事を考えないタイプなのかもしれません。

ですがやはり重大なことであっても、あっさりと決めてしまうところに頼もしさを感じているという人もいるでしょう。

やはり多くの人は、自分の決断において「本当にこれで良かったのか」と思ってしまうような自信のなさが出てしまうところもあります。

もちろん芯があり、あっさりと自分で決めた道を納得して進むことができる人もいるのかもしれません。

ですが、大抵の人は「本当にこれで良かったのか」とぐじぐじと悩み、やっとのことで前に進むというような人がほとんどなのではないのでしょうか?
そのような人にとっては、このような思い切りの良い人が頼もしく見えるところがあります。

面白いムードメーカー

確かにあまり深く考えないというところは、デメリットな一面がありますが、やはり基本的にこのような人は、楽天的なところがあります。

「どうにかなる」と思っているところがあるのでしょう。

とあるブログをチェックしているのですが、田舎暮らしをしている方で、低収入でも楽しんで暮らしているというような人がいます。

確かに非常に危なかしく見える生活はしているものの、日々の生活を明るく楽しく生活しているというようなブログでした。

やはりそのような人は、明るく楽しい人が多いですね。

ブログではなくても、著者が勤める会社にもいますが、やはりそのような人は明るくムードメーカーな人が多いです。

元気が良い

思い切りがよく、色々と決断ができるぐらいに楽天的なので、基本的に元気の良い人が多いです。

やはり色々な面において、この元気の良さというのが良い方向性に進んでいることもあります。

例えば営業や接客業ということであれば、基本的に人との接点が多い仕事です。

やはりおとなしく、ともすれば暗く感じるというような人よりかは、元気が良い人の方が好まれる傾向にあります。

ですので、そのような意味では、非常に好まれる人だと言っても良いでしょう。

気前が良い

楽天的で思い切りが良い人は、気前が良いところがあります。

そしてついつい奢りすぎて、家の家計が苦しくなるということもよくあります。

計画性がない一面があるということであれば、なかなか貯蓄も難しいでしょうし、いざという時はピンチになってしまうこともあります。

ですが人当たりがよく、気前が良い人であれば、なんだかんだで助けてくれる人がいるというのはよくあることです。

検索してもうまくヒットしなかったので申し訳ないのですが…。

うろ覚えなのですが、とあるスポーツ選手の方は、親御さんから「貯金はしなくてもいいから、とにかく人におごったりするなどで、人に使え」ということを言われて、忠実に守っているというようなことを言っていたのを見ました。

ですので、この方は貯金は無いらしいのですが、色々な人脈が広がっているのだそうです。

多くのケースでは、よくしてもらったからこそ逆に良くしたいと思うケースが多いです。

ですので、この方はお金はそんなにないのかもしれないけれど、逆に困った時の人脈というのがかなりあるのです。

貧困の定義はお金がないのもそうですが、その人脈すらないということが特徴なのだそうです。

たとえお金がなくても、このように困った時に助けてくれる人がいるということであれば、それは貧困ではないと言われています。

著者の妻の母が、年間100万円生活をしている方の本を読んでいて、色々な感想を言っていましたが、この方は確かに年間100万円で生活をするという経済的にはそんなに恵まれていない生活をしていますが、大学時代の友達に恵まれており、時折色々なお酒を持って遊びに来てくれているのだそうです。

このようにたとえお金は少なくても、助けてくれる人がいるということであれば、それは貧困ではありません。

ですので、仮にお金がなくなっても、気前の良さで人脈があるということであれば、なんだかんだでうまくいくケースも多いです。

思いきりが良いことにはデメリットもある

ただ思い切りが良いことは、メリットだけとは限りません。

やはり色々な一面がありますので、当然デメリットもあります。

では、このデメリットについてみていきましょう。

先のことをあまり考えていない

基本的に、このように思い切りの良い決断をする人の中には、あまり先のことを考えていない人も多いです。

確かに将来は考え過ぎたらきりがないところがあります。

先ほども触れた80代になるのに、未だに「老後のことが気になる」というような人のように、先々のことばかり考えて人生を犠牲にするのも面白くありません。

ですので、このような不安にとらわれるということであれば、ある程度の思い切り良さは必要です。

ですが、あまりにも刹那主義であることも考えものです。

今が良ければよく未来のことは全く考えないということも、またいざという時に困るところがあります。

今高齢者の方の中に、若い頃に年金制度が任意であったことから、年金を支払っておらず、今になって生活が困っているという人もいます。

中には子供世代に仕送りをしてもらわないといけないような人もいるのだそうです。

このようになると、先々のことを考えるのは大切なことだということを思い知らされますね。

ただこれもバランスが大切です。

あまりにも先のことを考えすぎて、身動きが取れなくなるというのは人生が味気ないものになりがちです。

不安から貯金ばかりしているというのは、決して幸せとは言い難いところがあります。

ですが、貯金を全くせずに暮らしていくというのもまた不安が生まれるものです。

ですので、ある程度は先々のことを考えてどうしていくかというのを考えていく必要があります。

周囲が付いてこない

気前がよく人脈があるということであれば、周囲がついてくるような人もいるでしょう。

ですが計画性がなく、気分屋ということであれば、やはり周囲が離れてしまうところがあります。

もし周囲から距離を置かれているということであれば、この思い切りの良さが仇になっている可能性もあります。

確かに離れていった人たちを取り戻すというのは容易ではありません。

ですが、これからの新しい人間関係を築くにあたっては、良い方向性にこの思い切りの良さを発揮することもできます。

ですので、もし少々自己中心的なところがあるということであれば、そこを改善するように努力することで大分変わってくるのではないでしょうか?

危なっかしい

確かに思い切りが良いというのは良いことです。

将来に備え不安になりすぎるのは、決して良いこととは言い難いところがあります。

ですが、やはりそのような刹那主義な人は危なかしい印象が強くあります。

基本的に日本人は、色々と将来に備え、色々と手を打っていくということが好まれるところがあります。

例えばですが、自由に生きてきて困った時に生活保護を受けようとする人に対して非常に厳しいところがあるのは日本人の特徴です。

ですので多くの場合は、思い切りが良いというところに関して、危なかっしい人生は、あまり好まれない傾向にあります。

周囲への思い遣りが足りない

思い切りが良いということで、即決をしてしまうところはありますが、やはり周囲への思いやりが足りないというところはよくあります。

自分は良くても周りに対しては、あまり良くないような決断をしてしまうということはよくあることです。

ですので、この決断によって周囲がどのように思うのかということを、色々と思い図ることが大切です。

もし周囲に影響を及ぼすようなことを決めようとしているのであれば、必ず周囲の意見を確認するようにしましょう。

もしその周囲の方が困るようなことでしたら、即決したことはやめておきましょう。

思いきりがいい人は見ていて気持ちがいい!

このように困った一面もある思い切りの良い人ですが、やはりそのようにサクサクと物事を決めていく様子は、非常に見ていて気持ちの良いところがあります。

妻も割と色々なことを、即決でサクサクと決めるところがあります。

それは結婚式の時に、非常に発揮されたところがあったようです。

例えばウエディングドレスを何にするかとか、花の色は何にするかというのは即決で決め、店のスタッフの方に驚かれたことがあります。

この妻はあまりこだわりがないところがあり、そこが思い切りに良さになって現れているようです。

正直、もう少し考えたら?と思うような場面もありますが、それはそれで彼女の良さなのかもしれません。

もし周りにもそのような人がいるのであれば、その思い切りの良さを頼りにしつつも、あまりこの思い切りの良い人に振り回されないようにしましょう。

言動がよく変わる人なら「はいはい」と聞き流すことも大切です。