あなたは街中で人に道を聞かれる事がありますか?見た目が地味で大人しそうな人は、声をかけられやすく、見た目が派手な人はあまり声をかけられる事がないそうです。

人は見た目で印象の8割を決めてしまうと言われていますから、派手な人は様々な強い印象をもたれる事でしょう。

この記事ではそんな派手な人の特徴や心理をご紹介していきます。

実はあなたの派手な人への印象、ただの思い込みかもしれませんよ?

派手な人は近づきづらい…と思われがち

街中で道に迷った時、あなたは地味な人と派手な人どちらに声をかけますか?

この質問に対して10人中ほとんどの人が地味な人を選ぶのではないでしょうか?

派手な人はその容姿的なイメージから「怖そう」「自己主張が強そう」「気が強そう」などのイメージを持たれやすく近寄りがたい印象を持たれやすいものなのです。

柄ものを多用する人は怖そうに見える

派手と言っても、様々な「派手さ」があるものです。

中でもヒョウ柄やゼブラ柄など動物の毛皮の柄を模した柄物を多用するファッションをしている人は怖そうな印象を持たれやすい傾向にあります。

これは、過去のチンピラなどにヒョウ柄などのイメージが強くあったりヤンキーなどの不良にも同じようなイメージがあるからであると言えます。

部分的だったり、少ない範囲に使用する分には問題無いようですが、全面的に柄物を使うと暴力的な印象を持たれやすいですね。

目立つ色を多用する人は変わり者?

ビビットな赤や青、緑や黄色、また蛍光色などの目立つ色の洋服を着ている人は派手に見えますが、柄物を着ている人のように怖いとは思いませんよね。

どちらかと言うと「個性的」「変わり者」といった印象を持つ人が多いのではないでしょうか?目立つ色を目立つ配色で身に纏っている人は日本人特有の「皆と同じ」という感覚が少なそうなイメージから変わり者の偏見を持たれて近付きづらいと思われがちなようです。

派手な髪型の人は変わり者?怖い?

目立つ色を多用する人と共に、派手な髪型の人も個性的や変わり者といった印象を持たれがちですね。

髪型には個性が現れやすいものです。

派手な色や変わった髪型をして目立つ人が敬遠されがちなのは事実ですね。

それは髪型に個性が出過ぎていて「この人がどんな内面を持っている人なのか?」が全く外見から予想が付かないからです。

また、金髪や銀髪などの明るい髪色の人はヤンキーや不良のイメージから怖がられる傾向にありますね。

派手なメイクの女性は?

女性はメイク一つで印象が大きく変わるものです。

その中でも派手なメイクをしている人は気が強そうな印象を持たれる事から近付きがたいと思う人が多いうようですね。

ただ、メイクが派手な人に関しては、同じくメイクが派手な人は何とも思わないし、普段からメイクをしないような人は敬遠してしまう傾向にあるようです。

派手な人の16個の特徴とは


派手な人が持つ特徴をご紹介していきます。

あなたはこんな特徴を持つ人を見て「派手な人だなぁ」と思った事があるのではないでしょうか?また、あなた自身がこんな特徴を持っているなら周りの人から「派手な人だな」と思われているかもしれませんよ。

顔によって人の印象は大きく変わってきます。

特に元々の顔立ちによって印象が変わる事も少なくありません。

どんな顔が「派手な顔」の印象を持たれがちなのでしょうか?

眉が濃い

眉が濃い人は顔にインパクトが持たれやすく、目元の印象を強調する事から派手な顔立ちに見える事があります。

特に真っ黒で太い眉の人は派手な顔立ちに見え易いですね。

ホリが深い

彫りが深い顔立ちの人は外国人のような印象も待たれがちですよね。

日本人は彫りが浅くのっぺりとした顔立ちの人種なので、「皆と違う」という意味で派手な人だと見られがちです。

目が大きい

目が大きい人も派手な顔立ちに見えがちです。

顔のパーツの中で最も印象に残りやすいパーツです。

目が大きいというだけで存在感が出て来るので、それが「派手な人だな」という印象を作ってしまうのかもしれません。

ただし、目が大きい人でも黒目が大きい人は「派手な人」というよりも「目立つ人」という印象を持たれやすく、黒目が小さい人は「怖い人」という印象を持たれやすい傾向にあります。

眉毛と目の距離が近い

眉毛と目の距離が近いと必然的に目力が強くなります。

そのため目の印象が強いため派手な顔立ちのように思われてしまう事があります。

また、ホリが深い人も眉毛と目の距離が近いので「ホリが深い人」と「目が大きい人」が合わさると「眉毛と目の距離が近い人」になって派手で目立つ印象になると言えます。

下まつ毛が長い

下まつ毛が長は目の輪郭を際立てる効果があるので、下まつ毛が長い人も目の印象が強く残り派手なイメージを残しがちです。

特に上まつ毛があまり目立たないにも関わらず、舌まつ毛が目立つ人は派手な顔立ちとして印象に残りやすいですね。

化粧が濃い


顔に関しては、メイクで印象が大きく変わりますよね。

メイクが濃い人というのは、本来の日本人の顔立ちから離れてしまう事から派手に見えるものです。

また、派手な人の中でもヤンキーや不良のイメージを持たれやすく、怖い人だと思われる傾向にありますね。

見た目

派手な人は遠くから見ていても、自然と視線が向いてしまいますよね。

顔以外でも派手に見えるポイントが多くあり、見た目はその大きな要素の一つです。

派手な人にみられるのは、こんな容姿の人が多いですね。

色黒

日本人は黄色人種と言われており白人ほど白くも無く、やや黄味がかった肌色をしています。

そんな中では白人の肌色はあまり目立つ事がありません。

しかし、白色や肌色の中で黒というのは目立つものです。

スポーツをしていて自然と日焼している位ならそれほど派手な印象はありませんが日サロに行ったりしていてアジア人として不自然な色黒や黒人並の色黒だと派手に見えるかもしれませんね。

原色の服が好き

ビビットで原色な色の洋服やアクセサリーなどを好む人は、周りから派手な人だという印象を持たれがちです。

どうしても多くの人の中に居ると目だってしまうからでしょう。

中には原色が好き過ぎて全身を同じ色でコーディネートしたり、髪色まで原色にしてしまう人も居ますね。

ブランド品が大好き

目に見えて分かるブランド品を好む人も派手な印象を持たれがちです。

特にハイブランドの洋服は、コレクションモデルの原型を残している事も多く一般的なファッションより個性的な仕上がりになっている事も少なくありません。

珍しかったり、個性的に見える事で「派手」と言う印象をもたれやすいのでしょう。

また、バッグやアクセサリーなども世間一般的によく知られているハイブランドの物を多く身に付けていると派手な印象を受ける傾向にありますね。

髪色が明るい

髪色が明るい人は、どうしても派手な印象に見られがちです。

特に金髪や銀髪など日本人の黒髪から離れていけばいく程、その傾向は強く現れる事でしょう。

髪色が明るいと不良やヤンキーのイメージも強く日本社会では企業に勤めていると髪を派手に染めるのを禁止される傾向にあるので髪色が明るいというイメージの中には「定職についていない」というイメージも少なからずあります。

髪色が明るい人に対する「派手」という印象はあまりポジティブなものではなさそうですね。

特殊な髪型

あまり世間一般的に浸透していない髪型の人も派手な人によくある特徴です。

アフロ、ドレッド、モヒカンなどのヘアスタイルは日本ではまだまだ珍しく少数派な事っもあり街中にいると派手で目立つ事から視線を集めやすいですね。

性格

派手な人というのは、第一印象が派手な人と内面を知っていく上で「派手な人だな」という印象を残す人が居ますよね。

そんな内面を知っていく上で派手だと思われる人は性格にこういった特徴を持っている人が多いです。

友達が多い

派手な人というのは、比較的交友関係が広く友達が多い人が少なくありません。

どちらかと言えば「広く、浅く」の友人関係を保っている場合が多いですね。

更に言えば、類は友を呼ぶと言わんばかりに、派手な人の友達は同じく派手な人が多いのも特徴です。

フットワークが軽い

派手な人は行動力があり、フットワークの軽い人が少なくありません。

だからこそ友達が多いとも言えますね。

突然の食事の誘いでも、一人の時間より他人と過ごす時間を好むために簡単に誘いに応じて家を出る事ができます。

気になる事に手広く挑戦してみるという人も多く、人脈を広く持っている人が多いのはフットワークが軽いからであると言えるでしょう。

声が大きい

派手な人は自己主張の強い方が多く、声が大きい人が多いのもその特徴の一つですね。

特に内面を知った上で派手な人だという印象を残す方は、声が大きい事で自己主張が強く派手な人だと判断されているのかもしれません。

言葉遣いが悪い

内面も派手だという人は、どちらかと言えば不良やヤンキーのようなタイプの人が多いのが特徴です。

だからこそ、声が大きく言葉遣いが悪い人が少なくありませんね。

実際に不良やヤンキーであるかといえば、ちょっと威勢を張りたくてわざと言葉遣いを悪くしている人も中には居ます。

目立ちたがり屋

性格が派手な人は、兎に角行動が目立つ事が少なくありません。

それは本人が目立ちたがり屋で人に注目されるのを好む故の行動であると言えますね。

良い意味で目立つ事もあれば、悪い意味で目立ってしまう事もあり、他人から「派手な人だな」と評されていえう時には悪い意味で目立ってしまっている事も珍しくありません。

派手な人の定番アイテム

派手な人といえばコレを持っているよね、というアイテムって意外と多くあるものです。

派手な人はこんなアイテムを持っている事がよくありますね。

サングラス

派手な人は大きめのサングラスを持っている人が少なくありません。

サングラスを普通にかける他、ポケットにひっかける、ネックレスにかける、頭にかけておくなどファッションアイテムとしてサングラスを活用している人は何となく派手な印象に見られがちです。

真っ赤な口紅

女性のメイクの中でも特に派手な印象を与えてしまいがちなのが、真っ赤な口紅です。

真っ赤な口紅は印象も強く、存在感を強めるために派手な印象を与えやすいアイテムです。

ファー製品

ファー製品は華やかな印象があり、派手な人の定番アイテムの1つといっても過言ではありませんね。

特にファーのコートなど毛皮を使う面積が多ければ多いほど派手になっていくアイテムです。

大型バイク

こちらはヤンキー系の派手な人に多いですね。

大型バイクはそれだけでも目立ちます。

そのバイクに負けないファッションをしている事から、大型バイクに乗っている人は派手に見られている人が多いと言えます。

白いジャージ

髪色が派手な人は白いジャージを着ている事が多いですね。

主に不良やヤンキー系の人に多いかもしれません。

また、厚くても寒くても白いジャージを律儀に上下着こんでいるというのもあるあるですね。

派手な人の心理とは

様々な要素を持つ事で人目を引いてしまう派手な人は、どんな心理でそのファッションや性格で居るのでしょうか?それは派手な人にしか分からない繊細な心理が関係してきているのです。

個性を大切にしたい

自分自身の個性を大切にしたいという思いから、無意識の内に派手な人だという印象を持たれている方は決して少なくありません。

個性を大切にしたいという思いから派手になっている方は、内面は実は地味な人だという事も多いですね。

内面と容姿にギャップが出やすいのが、個性を大切にしたいタイプの人なのです。

クリエイティブな仕事をしている人も多い

派手な人の中には、デザイナー、美容師、ファッション関係などクリエイティブで感性を重視する仕事をしている人も少なくありません。

一般的な感性に収まり個性を無くすのではなく、日ごろから自分の感性を表現している結果周りから派手に見えている人も居ますね。

社会に反発したい

特に大きな理由も無いけれども、イライラして何にでも反発してしまう反抗期を引きずって「こうあるべき」という社会に反発したい気持ちから派手になっていく人も中には居ます。

特に暴動や犯罪などを起こす程大それた事をする度胸は無いけれども、何か「反発している」「自分は社会に染まらない」という主張をしたくて派手に着飾っているようでうすね。

日常の不満を発散している

学生を卒業して社会に出ると、当たり前のように皆と同じスーツを着て毎日同じ仕事をこなすようになりますよね。

そんな平凡な毎日に不満を感じて、学生の頃のように自由で居たいという気持ちから休日のファッションが派手になる人も少なくありません。

好きな物を好きなように身に纏う事でストレス発散しているという人も少なくありませんね。

人目を無視する事に快感を覚える

派手な人は、他人に見られているという意識を持っているものです。

しかし、それを敢えて虫する事で自分が強くなったような気分になり快感を感じている人も居ます。

そんな会館で日常のストレスを発散させている場合もあります。

人と被りたくない

個性を大切にしたいという気持ちが高まり過ぎて、どうしても人と被るのが嫌だと感じてしまっている人も自然と派手になってしまいがちです。

周りの人と何から何まで被らないようにしていくとどうしても、全体に統一感が出にくく違和感を感じてしまいがちです。

そんな違和感が派手に見えてしまうのかもしれませんね。

特別な存在で居たい

人と被りたくなくて派手になる人は、その深層心理に自分は特別な存在で居たいという強い思いがあります。

自分が「その他大勢」に含まれてしまうのが嫌で人と違う事、人より目立つ事をしようと思うようですね。

注目を浴びたい

他人の視線を集めたい、注目を浴びたいという気持ちから目立つために容姿を派手にする人もいます。

しかし、注目を浴びたいというだけで容姿を派手にした人は中身が無く、一度は注目を浴びたとしても直ぐに飽きられてしまいがちです。

そうすると更に派手にしてまた注目を浴びようとしてしまい、段々と派手さが増していってしまう傾向にあります。

常に輪の中心に居たいタイプ

友達グループや会社のチーム内でも、派手な人というのは輪の中心に居る事が珍しくありません。

それは、派手な人がそのグループを自分の意志で動かしたい、支配していたいという思いのあらわれでもあります。

常に輪の中心に居たいからこそ派手な自分を演出して注目を集めているのです。

存在をアピールしたい

自分の存在を周りに認知して貰いたいという承認欲求の強い人も、自己主張の一環として派手になってしまいがちです。

特に内面的に派手になる事で、周りの人に気をかけられると段々とエスカレートしてしまう事もあるので注意が必要ですね。

構ってちゃん

派手な人の中には、常に周りの人から気にかけてもらって居たいという構ってちゃんも少なくありません。

特に、派手になればなる程その傾向が強いとも言えますね。

派手な見た目に反して、一人だと静かになってしまうような人が構って欲しいがために派手に着飾っているのかもしれません。

強くなりたい

自己暗示のように容姿を派手にする事で自分が強くなったと思い込める人もいます。

自分を奮い立てるために容姿を派手にしたり派手な性格を装う人も存在するのです。

何事も形から入る事で中身が伴ってくるというタイプの人もいます。

見た目を強くする事で、内面を強くなりたいと思う人も少なくないでしょう。

本当は小心者な人も多い

派手な格好をする事で、自分が強くなったように感じている人の多くは実は小心者であると言えます。

自分が気が小さかったり怖がりだったりするのを、容姿で誤魔化しているのです。

見た目が派手でえ怖そうでも、あまり感情を表に出さない人は実は小心者で何も言えないだけなのかもしれませんね。

実はコンプレックスを隠したい

自分のコンプレックスはなるべく人目に見られる事なく、隠していきたいと思うものです。

自分のコンプレックスへの劣等感が普通以上に強い人が、それを隠すために段々と派手になるという事もあります。

特に女性のメイクについてはその傾向が強いと言えますね。

一重の腫れぼったい目元を隠したいと思うあまりメイクが濃くなり過ぎて別人になってしまうというのは派手な女性のメイクあるあるかもしれません。

自分に自信がない

コンプレックスを隠したいという心理は自分に自信が無い事にも通じますね。

自分に自信がないからこそ見た目を派手にして虚勢を張っているのです。

自分に自信がなく見た目を派手にしている人は内面と容姿が一致せずに周りから見て違和感を感じるものです。

派手な格好を楽しんでいる人と自分に自信がなく派手な人に擬態している人では、その違和感が大きな違いなのです。

自分のことが大好き

派手な容姿というのは、大抵人を選ぶものです。

例えば二次元の美男子が派手な容姿をしていても自然に見えるけれど、それを三次元の普通な人がしていると容姿だけが派手で違和感を感じてしまいますよね。

しかし、自分のことが大好きな人は、自分が二次元の美男子のように思ってしまい常識離れした派手な格好をしてしまう場合があります。

ナルシスト

多くの人が派手な格好をしないのは、それが格好良くない、似合わないと思うからです。

しかし実際に派手好きな人は存在しますよね。

その人達は自己愛が強く、それが自分に似合う、自分なら着こなせると思っているのです。

勿論実際に似合っている人も中には存在しますが、多くはナルシストな人であると言っても良いですね。

派手な人が好き

派手な人は、派手な人同士で仲良くしているイメージがありますよね。

そのため、自分が派手な人と仲良くしたい、歯でな人の仲間入りしたいという気持ちから派手な格好をしている人も居ます。

周りに合わせている内に知らず知らず、自分も派手になってしまっていたという場合もありますね。

派手な人ってどう思われがち?

これまで派手な人の特徴や心理状況について取り上げましたが、実際の所やはり周りがどう思うのか?という点が気になってきますよね。

派手な人というのは、周りの人にどう思われがちなのでしょうか?

華やかすぎて苦手

派手な人には、どうしてもヤンキーや不良のようなイメージを持たれがちです。

そのため地味な人や奥手な人は派手な人を見ると華やか過ぎて苦手だと感じる傾向にあります。

この場合の地味な人や奥手な人というのは、世間一般の殆どの人に当てはまると言えます。

だからこそ、派手な人はあまり街中で道を聞かれたり声を掛けられる事が無いのかもしれませんね。

派手な人同士だと話しやすい

相手に対して全く違う性質を見つけてしまうと近寄りがたく感じてしまうのは、人間として当たり前の本能です。

地味な人が派手な人に声をかけにくいと思うのは、容姿で相手に全く別の性質を見つけてしまったからこそ苦手意識を感じてしまうのでしょう。

しかし、それが同じ派手な人同士なのであれば、同じ性質を見つけて苦手意識は生まれません。

だから、派手な人の周りには派手な人が集まってくるのかもしれませんね。

遊んでそう

派手な人はどうしても性に奔放なイメージを持たれてしまいがちです。

日本人は昔から奥ゆかしさや自己主張しない事を美徳としてきた部分があります。

それと正反対の華やかな容姿や内面を見ると、恋愛経験豊富に見えてしまうのは仕方の無い事かもしれません。

ギャップで好印象になる場合も

派手な人の中には、容姿は派手でも内面は奥手だったり地味だったりする人も少なくありません。

その場合、見た目から「この人は絶対遊んでいる」という思い込みから入っているので、それが正反対だという事が分かると普通以上に好印象を持つギャップ効果がある場合も少なくありません。

逆に、普通の印象の人が遊んでそうだと悪印象を持たれがちですが、見た目が派手だと元から遊んでそうという印象なので、特にそれを肯定されても印象は下がらないのも派手な人の印象の1つです。

ワガママそう

派手な人は自己主張が強い傾向にあり、自己主張の強い人にはワガママそうなイメージがついて回ってしまいがちです。

実際には、容姿だけが派手な人が多いのですが性格が派手な人は周りの人に「わがままな人」と認識されている事が少なくありません。

自己中心的

特に性格が派手だという人は物事を自分中心に考える傾向があり、周りの人からは自己中心的な印象を持たれている事が多いですね。

本人は、意識していない事が多いので周りから自己中心的だと思われていると気付いていないかもしれません。

チャラそう

派手な人は、その容姿からチャラそうな印象を持たれがちです。

これは遊んでそうな印象に通じるものがありますね。

容姿だけが派手で中身は紳士的の人も少なからず存在するかもしれませんんが多くの人が派手な人を見ると「チャラそう」「軽そう」というイメージを持つでしょう。

髪色が明るいと特に思われる

日本人は髪色で人を判断する傾向にああり、派手な人の中でも特に髪色の明るい人を見るとチャラそうだと感じるようです。

特に明るい茶髪や金髪だとチャラい印象を与えがちなのですが、銀髪や赤髪、青髪などの特殊な髪色になるとチャラそうという印象は消えてしまうようです。

金遣いが荒そう

容姿が派手な人はどうしても私生活も派手なのかな?と想像させてしまいます。

そのため、周りの人からは金遣いが荒らそうな印象を持たれている事も少なくありません。

特にブランドものが好きな事で派手な印象を持たれている人は特にその傾向が強いと言えますね。

また、メイクが濃い女性などもキャバ嬢やホステスっぽい印象から「お金持ち=金遣いが荒らそう」と思われている事もあります。

実際はそうでない人が多い

実際に派手な見た目な上、金遣いが荒い人はごく僅かです。

容姿が派手な人は、それを自分のこだわりとして手をかけているだけで他の事に関しては財布の紐をきつく締めている事お少なくありません。

また、ブランドものが好きな派手な人に関しても、中には生粋のセレブがいるかもしれませんが、リサイクルショップや親からのお下がりなどを使っている人も居ますね。

子どもを嫌いそう

派手な人は子どもを嫌いそうな印象を持たれる事も少なくありませんね。

特にファミリーレストランなどで、子連れの人は派手な人の近くの席を避けるものです。

それは、自分の子に危害を加えられるんじゃないか?という怖さと共に、子どもの声や騒がしさを嫌いそうだというイメージが強いからと言えますね。

子ども好きな人が実は多い

派手な人は、大人になるにつれて多くの人が「大人だから皆と一緒にしないと」と個性を消していく中で自分の譲れない物をしっかりと持っている人でもあるのである意味子どもに近い存在とも言えます。

そのため、子どもと等身大で会話が出来たり、遊べたりする子ども好きな人も少なくないのです。

そして、子どもからは「ヒーローみたい」と好かれる事も珍しくないですね。

コミュ力が高そう

派手な人はその場の空気を読まない印象を持たれがちです。

そのため、相手が派手な人に近寄りがたいと感じていてもズカズカと立ち入って仲良くなってしまう、ある意味コミュニケーション能力の高そうな人であるというイメージもありますね。

相手が遠慮していても自分のペースに巻き込んで楽しんでいる内に仲良くなるのかもしれません。

地味な人とも仲良くなる

派手な人は同じく派手な人とつるんでいるイメージですが。

派手な人はあまり物事を深く考えていない人も多いのです。

そのため、全く正反対の地味な人に対してもあっけらかんと接して全く性質の違う人同士が仲良くなるというパターンも割とよくある話です。

一緒にいて楽しそう

派手な人の集団がいるととても賑やかで楽しそうだと思う事がありませんか?周りの人は派手な人に対して一緒にいると楽しそうな人だな、と感じている人も多いと言えます。

派手で明るい人は、愛され上手で特に年上に可愛がられる傾向にあるので、いつでも新しい事や楽しい事を運んできてくれそうな印象です。

ノリがよさそう

派手な人は今を最高潮に楽しんでいる印象があるため、周りの人から見てもノリの良さそうな人だなと感じられるようです。

そのため、近寄りがたくても本当は派手な人と話して見たかったと思っている人も少なくないのです。

派手だと思われることは悪いことじゃない!

派手なのは、自分自身の個性であるといえます。

しっかりとTPOだけを守れば派手な自分でいる事は悪い事ではありません。

個性が重視される世の中なので、派手な自分を個性として受け止めてなりたい自分で過ごすのが良いですね。