真面目な人ってよく言いますが、真面目とはいったんどんな人をさすのでしょうか。

辞書で意味を調べてみると…
嘘や冗談がないこと
誠実であること
真剣であること
真心がこもっていること
などが出てきます。

良いイメージばかりですね。

しかし実際真面目な人と言う意味合いには全てが良い意味で使われているわけではないようです。

馬鹿真面目とか、真面目すぎるとか聞いたことありますよね?
これらはあまり良い意味あいではないのがわかりますよね。

では真面目な人の特徴や世間からのイメージなどを良い方も悪い方も見ていきましょう。

真面目な人の11個の特徴

これからあげる11個の特徴はプラスなイメージの特徴と、マイナスイメージの特徴です。

どちらも納得できるイメージばかりですよ。

早速見ていきましょう。

プラスな特徴


褒め言葉としてもよく使われます。

仕事や会社などでは真面目な人と言われる方が評価が高いことが想像できますよね。

社会的には真面目ということは基本的には良いイメージに取ってもらえることが多いのではないでしょうか?
信用できる人と言う意味でも、真面目な人の方が不真面目な人よりも、はるかに良いことはいうまでもありませんよね。

ではこれらプラスの特徴を詳しく見ていきましょう

よく気がつく

物事を真剣に見たり考えているので、よく気がつくことができます。

人が聞き流してしまうような点にも疑問に感じたりと、問題点などを早期に見つけて解決に繋げることができたりします。

この様なプラスの特徴は仕事などでチームで行う場合に一人いると大変助かりすよね。

適当に仕事をしている人では決して思いつかなかったことを見つけてくれますので、上司からの信頼は厚いことでしょう。

また気がきく人は周りからも重宝されますし、お誘いも多いのではないしょうか。

気の利く人と言うのは男女ともにモテやすく、人としてみんなから好かれることが多いです。

気の利く人になりたいと言う人も多いのではないでしょうか。

お節介と気がきく人は全くの別物なので、気をつけていただきたいポイントなのですが、気の利く人とは相手の望んでいることを察して行動できたり、相手がよくなるように手助けできることを言います。

自分の判断で良いと思ってやっても、ただのお節介になりかねないので気をつけてくださいね。

計画を立て行動するので間違いが少ない


真面目な人は慎重にものとごとを進めようとするので計画を立てて順番に取り組むことができます。

そのため間違いを、最小限にとどめることができる上に、時間にも余裕を持って行動することができます。

この時間の余裕は人間的余裕にも繋がりますので、どしっと構えた印象にもなりますし、頼れる大人の印象にもなりますね。

歳を重ねるごとにこういったタイプの人は男女ともに頼られる存在になりますし、また自分自身も着実にスキルアップが見込めるでしょう。

計画を立てて行動できる人は周りからの信頼度が良い上に、自分自身の人生も向上していけるすばらいい特徴です。

面倒見が良い

真面目な人はその時その時を真剣にみているため、状況に合わせた行動ができます。

そのため今やるべきことを理解し、手助けすることで、結果的に面倒見の良い人になります。

また真面目な人には周りを見ている人が多いので、様々な事に気付き、また本人も気になるのでつい世話を焼いてしまう人も多いのかもしれません。

面倒見が良い人は年下によく慕われますし、いざと言う時には周りが助けてくれたりもしますので、回り回って得する人徳になることがあるようです。

また面倒見が良い女性は職場で慕われるだけでなく、彼氏や旦那さま、また子供の世話もよくできますので、素敵な女性として友達や姑さんなど周りからも高評価を得ることができそうです。

手抜き・やっつけ仕事がない

何事にも真剣に嘘なく取り組もうとするので、手を抜きませんし、抜くことができないのかもしれません。

そのためやっつけ仕事がなく、平均以上の仕上がりになりますので人からも信頼されることが多いでしょう。

また仕事をきちんとする人は上司からやお客様からの信頼を受けやすく、昇進などのいい話が上がってくることもありそうです。

真面目な人はこの手抜きができないという点を周りが見ていてくれればよい効果を期待できますし、周りに気づかれないところで頑張っている場合は少し損な役回りになりがちです。

しかし、どちらの場合でも、手抜きをしないと言うことは自分自身は気持ちの良いことですから、悪い要素ではありません。

道徳的

真面目な人の根本は素直で、嘘やごまかしを嫌いますので、行動にも人の良さが現れます。

人が嫌がることをせず、平和にその場をまとめようと努めるので、自然と道徳的な行動をとることになりがちです。

そんな常識的な人格は周りの人からは安心感があり信頼されることでしょう。

また真面目な人は非道徳的なことを苦手としますので、陰口やズルをするのを嫌います。

それは言うまでもなく人として良いことですので、ぜひ真面目な道徳観を持ち続けていただきたいですね。

しかし度を越すと融通の利かない堅物になってしまいますので、仲の良い友人でない限りは細かな道徳観を押し付けないように気をつけてくださいね。

マイナスな特徴

プラスイメージの特徴がたくさんたりましたが、逆に真面目というイメージにはマイナスに特徴もあります。

ではそちらのイメージもみていきましょう。

考えすぎる

真面目な人はことが起こる前からうだうだ考えすぎる心配症なところがあるようです。

また何か起こったあとでも反省しすぎなくらい、あぁすればよかった、いや、こうするべきだったとか…とにかく考えすぎる傾向があるようです。

このような考えすぎる人は周りから見れば「なるようになるよ!うだうだ考えても仕方ない」と言いたくなるような、少々めんどくさい人になってしまいます。

しかしならが意外と多いこのタイプ、要は取り越し苦労をするタイプなのですがA型のお友達に多く見られる傾向です。

少し考え方を変えて、「考えても最後はなるようにしかならない。後悔しないようにするだけ」と思たら楽になりますよ。

抱えすぎ

真面目な人ほど、何事にも真剣にとりくみます。

自分のできる限りのことを、精一杯頑張ろうとするために、気がつけばたくさんの物事を抱え込んでしまっていたりします。

また自分でやれることを人に頼むことなどは良しとしないので、必然的に一人で抱え込んで無理してしまいがちです。

結果的に自分のキャパオーバーになりいっぱいいっぱいで焦ったり、疲れたりしていることが多いようです。

なんでも引き受けてしまわずに、少しの余力を作っておくことが、本当の意味で全力を出せる状態だということを理解しておきましょう。

良いパフォーマンスをするためには断る勇気も大切だと覚えておいてくださいね。

完璧主義

真面目な人はベストを尽くそうと思うので完璧を求めがちです。

自分だけに完璧を求めるのであればまだいいのですが、飲食店でのスタッフの対応や、他人の礼儀作法など、全てにおいて完璧を求めると言うより、アラが気になってしまう傾向があるようです。

これは時に周りからすればプレッシャーを与えてしまうこともありますし、また完璧を求めるのに、理想通りに物事が運ばない時などに、周りや自分に、苛立ちを感じることもありますので、周辺が気を使うことにもなりかねません。

顔に出さずにいれる人はいいですが、あなた自身が気になることで疲れてしまうこともあるかもしれません。

正義感が強すぎ

また真面目すぎるあまりに正義感が強く、曲がったことを許せないことが多多あるようです。

正義感が強いのはいいですが、周囲の意見にあなただけが合わせられないといったことになると、周りからは堅くてめんどくさいやつと思われてしまいますよ。