「人に優しい対応ができる人間でいたい。」常日頃から、そう考える人は多いのではないでしょうか?

しかし、最初は気持ちの余裕があったり、気遣いもあり、優しくすることができるのですが、時間が経つにつれて、慣れも生じてきて、人に優しい対応が出来なくなってきている人もいるはずです。

きっと誰しもが、優しい人間でありたいと思っているはず。

しかし、優しい人間でいることはとても難しいと感じている人もたくさんいるでしょう。

人間はどうしても感情に左右されてしまう生き物。

辛いこと、悲しいこと、腹が立つことがあったら、そちらの感情に引っ張られてしまいます。

また、慣れ親しんだ人にはどうしてもワガママになってしまったり、思いやりの気持ちが薄れてしまいがちになります。

しかし、世の中にはどんな時でも、人に優しい対応ができる神様のような人がいます。

いつでも、人に優しい対応が出来る人は、何が違うのか。

どんな心得を持って、人と接しているのか詳しくお伝えしていきたいと思います。

優しい対応ができる人には自然と人が寄ってくる!

人に優しい対応ができる人は、人に好かれるため、自然と人が周りに寄ってきます。

老若男女問わずに人気者で、悪口を言う人は1人もいない完璧な人間。

一緒にいて居心地がいいので、誰しもが仲良くなりたいと思うことでしょう。

誰しもが、人気者になりたいという願望は持っているはず。

しかし、人に優しい対応をするというのは簡単そうに見えて、なかなか難しいものです。

人に優しくするためには、相手がどのようなことを望んでいるか理解する必要もありますし、また、自分に心の余裕がないとなかなか優しい対応もできないものです。

とはいえ、わざとらしく優しさを見せたとしても、「下心があるのでは?」と疑われてしまうもの。

優しい対応が出来る人というのは、下心もなく、人に優しく接することができる根っからの「優しい人」だといえます。

優しい対応をするための9個の心得教えます

他人に対して優しい対応がしたいと思うのは、至極当然な感覚。

しかし、心の余裕がなかったり、つい感情的になってしまったり、自分のことしか考えられなかったりすると、どうしても他人に対して優しくすることができなくなってしまうことも…。

ましてや、相手にきついことを言ってしまったり、怒ってしまったりして、人間関係を悪くしてしまい、その対応に後悔してしまう人も多いのではないでしょうか?

他人に優しい対応をするためには、心得が必要です。

では、どんな心得が必要なのか、具体的にお伝えしていきましょう。

自分がされて嬉しかったことを忘れない


あなたは今までされて嬉しかった優しさはありますか?

すぐに答えられる人は、優しい人だという証。

逆にすぐに答えが出てこない人は、感謝の気持ちが薄れている証拠だと言えます。

優しい対応ができる人というのは、自分がされて嬉しかったことを忘れない人です。

大概の人が優しい対応をされても、つい感謝の気持ちを忘れがち。

しかし、優しい対応ができる人は、感謝の気持ちを感じる気持ちが強いため、優しい対応がされたことを覚えていることができますし、他人にも同じことをしようと思えます。

自分の事を大切にする

相手に優しい対応をできる人というのは、まず自分のことを大切にできる人です。

自分のことを第一に考え、自分を無下に扱ったり、価値が下がるようなことをしません。

自分というものをしっかり持っているからこそ、他人に対しても優しくすることができるといえるでしょう。

自分事を大切にするというのは、自分に対してプライドをきちんともっています。

自分はこうあるべきという姿をきちんと持っているため、自分の理想の姿と異なるような場合は、断ることもできますし、改善しようと努力することもできます。

相手に見返りを求めない

相手に優しい対応をしたからと、その見返りを求める人が多くいます。

特に身近な家族や友達、恋人に対して、「あの時こうしてあげたのだから…。」と恩着せがましいことを言う人がいますが、感謝の気持ちを感じるかどうかは相手次第。

また、それをお返しするのも相手次第です。

相手に見返りを求めているうちは、あなたの優しさは偽物。

また、見返りを求めた対応というのは、相手にも自然と伝わるものです。

(何か裏があるのでは?)と疑われるうちは、あなたの優しさは周囲に認められていない状態だといえるでしょう。

損得を考えない

そもそも、損得を考えているうちは、優しさは本物ではありません。

「この人に親切なことをしたら、いつか見返りがありそうだ。」というあざとい考えはいつかばれてしまいます。

下心ほど、他人に伝わりやすいものはないでしょう。

優しい対応をするときは、損得を考えないことが大切。

決して、見返りがなかったとしても、あなたの評価は確実に上がりますし、良い人という印象を与えることができます。

見返りがなかったと言ってすぐに態度を急変させてしまうようであれば、まだまだ器の小さい存在だといえるでしょう。

平常心を保つ

人に、優しい対応をするためには、平常心を保つことが大切です。

生きていれば楽しい事ばかりではありません。

辛いこと、悲しいこと、腹が立つこともあるはずです。

そして、感情に心が支配されてしまい、周囲に当たってしまったり、思ってもないことを口にしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

親切な対応が出来る人は、心が安定しているため、何かあっても平常心を保つことができます。

感情に支配されず、落ち着いて物事を俯瞰的に見ることができるため、周りの人に迷惑をかけるようなことはしません。

感情に操られてしまうのは、大人としてはやってはいけないこと。

本来であれば、嫌なことがあっても自分の中できちんと対処して、表には見せないものです。

しかし、大概の人が感情に押し殺されてしまい、自分の中で処理しきれずにいるのです、

自然と触れ合う

平常心を保つためには、心の余裕を持つことが大切。

人はどうしても、慌ただしい毎日を送りがち。

時間に余裕がないと、心の余裕もなくなり、人に優しく出来なくなります。

心の余裕を持つためには、リラックスする時間を作ることがおすすめ。

都会の喧噪から離れ、自然と触れあうことで、心を落ちつかせることをおすすめします。

自然と触れあうことで、非日常感を味わうことができますし、嫌なことを忘れることもできます。

また、自分の悩みなどちっぽけだなと感じることが出来たり、気持ちを切り替えることにも繋がるでしょう。

他人を自分の事のように考える

優しい対応をするためには、他人を自分の事のように考えることが大切。

この人はこんなことをされたら嬉しいのではないだろうか?

逆にこんなことをされたら嫌だと思うのではないだろうか?と自分のことのように真剣に考えてみてください。

そうすると、他人に対する接し方というのが自ずと見えてくるものです。

人の感受性というのは千差万別ではありますが、ある程度、言動や行動を観察していると、そのパターンが見えてくるものです。

他人に褒められると嬉しいと感じる人や、話を聞いてもらって同調してもらうと安心する人、意見交換をしたいと考えている人など、言動や行動でその人の趣味趣向を見極め、どんな対応をすべきかというのを考えてみましょう。

最初は面倒くさいと感じるかもしれませんが、慣れてくると瞬時にどんな人か見抜けるようになっていきます。

相手を見極めることというのが、その人にあった優しい対応をするコツにもつながるはず。

人を見極める術というのは鍛えて損がないといえるでしょう。

無理に好かれようとしない

人に優しい対応ができる人は、決して無理に好かれようとしません。

むしろ、自分のことを嫌いな人は仕方がないと割り切れる人だといえます。

人には好き嫌いがあるため、万人に好かれることなど不可能です。

しかし、人によっては周囲からの評価を気にしすぎてしまうばかりに、相手に無理に合わせたり、気を使いすぎてしまう傾向があります。

優しい人になりたいのであれば、無理に好かれようとしないことが大切。

自分と合わない人には嫌われても仕方ないと思うこと。

また、人に対して執着心を持たないことが、優しい対応ができるコツだといえるでしょう。

言葉選びを大切にする

発言というのは、人に与える印象が異なるため、言葉選びというのは慎重になるべきです。

同じ言葉でも、料理が「おいしい。」と「うまい。」では、「うまい。」のほうが下品に聞こえてしまいます。

優しい人だと思われるためには、上品な言葉を使うことが大切。

上品な言葉に、嫌悪感を感じる人は皆無ですし、相手に対して悪い印象も与えません。

そのため、言葉選びは大切にするべきだといえるでしょう。

また、人に対して優しい対応ができる人は、人を傷つけるような言葉は絶対に使いません。

人を見下すような言葉や卑下するような言葉、馬鹿にするような言葉は、人を傷つける戸分かっているため、口に出さないように心がけているのです。

相手の次の行動を予想しておく

優しい対応をするためには、相手の次の行動を予想することも大切です。

次の行動を予想することで、こちらも瞬時に次の対応ができるからです。

このような言葉をかけたら、こういう返答が返ってくるだろう。

次の行動はこんな感じかな?とある程度予想したうえで、自分の行動パターンを考えておくこと。

そうすると、事前と親切な対応ができるようになります。

逆になにも予想せずに接すると、その場しのぎの対応となってしまったり、緊張してしまっておかしな対応をしてしまうことも…。

人と接するうえでは、相手の次の行動を予想しておくというのは必要不可欠なことだと言えるでしょう。

小さなことにも一生懸命にやる

人はどうしても小さいことや簡単なことに対して手を抜きがち。

しかし、優しい対応が出来る人は小さいことにも一生懸命やる傾向にあります。

「小さいことだからいいや。」と手を抜いてしまうと、自分はバレていないと思っても、周囲からはバレてしまいます。

逆に、人に優しい対応が出来る人は、小さいことにも一生懸命やるため、「いつも頑張っている良い子。」という印象を周囲に持たれます。

全てのことを一生懸命にこなすことは難しいかもしれませんが、周囲からの目線は意識しておくことが大切。

明らかに手を抜いている姿ややる気がない姿を見られた日には、あなたの評価は下がる一方ですよ。

優しい対応ができる人の特徴とは?

「あの人はいつもなんであんなに人に優しくできるのだろうか?」周囲に優しい対応が出来る人がいたときに、誰しもが疑問に抱くことだと思います。

優しい対応ができる人というのは、性格的にも温厚で器が大きく、他人のことを思いやることができる存在。

だからこそ、ぶれずに人に優しい対応ができるといえるでしょう。

自分も人に優しい対応がとれる人間になりたい。

そう思う人はたくさんいるはず。

人に優しい対応ができる人間になるためには、優しい対応ができる人の特徴を知る必要があります♪

では、具体的にどんな特徴があるのかお伝えしていきたいと思います。

大人だけじゃなく子供や動物にも好かれる


人に優しい対応はできる人というのは、老若男女問わずに好かれます。

よく知らない人に道を聞かれたりするのも、人に優しい対応ができる人の特徴。

優しいオーラーが溢れているからこそ、人から話しかけられやすいといえるでしょう。

困っている人がいたら、躊躇なく手助けができるため、知り合ったばかりの人にも好かれやすい傾向にあります。

また、人間だけではなく動物にも好かれるのが、優しい人の特徴。

犬や猫などがなつきやすい傾向にあります。

犬や猫というのは、危険を察知することができる生き物。

自分に対して危険ではないと察知した人に懐く傾向にあります。

知らない人にも笑顔で挨拶ができる

老若男女に好かれる人というのは、知らない人にも笑顔で挨拶ができます。

ほとんどの人が知らない人に対して、挨拶どころか、目線も合わせなかったり、知らんぷりする傾向にあります。

しかし、人に優しい対応はできる人は、知らない人であってもきちんとした対応をとることができます。

本来、挨拶というのはコミュニケーションをとる上で必要なもの。

しかし、最近の人はほとんどの人が、挨拶すらまともにできず、人とのコミュニケーションを遮断している傾向にあります。

これでは、人に対して優しい対応ができるわけがありません。

優しい対応をしたいと思うのであれば、まずは挨拶から初めて見るのが大切ではないでしょうか。

周りに感謝して生きている

人に優しくできる人は、周りに感謝して生きています。

常日頃、感謝を感じて生きていたいものですが、どうしても人は他人からの親切に慣れてしまう傾向にあります。

結果、親切を「当たり前」と捉えてしまい、感謝を感じることができなくなって行きます。

特に、家族や友達、恋人など、身近な人に親切に対しては、感謝の気持ちが薄れてしまうもの。

結果、「どうしてもここまでやってあげているのに!」という気持ちが相手に生まれてしまい、関係性が悪くなってしまうことも…。

優しい対応ができる人は、感謝の気持ちを忘れることはありません。

そのため、どんな小さなことでも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることができます。

しかし、大抵の人が感謝の気持ちを伝えることすら忘れがち。

それでは、人に優しい対応ができないのは当たり前です。

人に優しい対応をしたいのであれば、周りに感謝して生きることが大切でしょう。

自分より人のことを大切にする

人に優しくできる人というのは、自分のことも大切にできますが、時と場合によっては自分よい人のことを大切にすることができます。

大概の人が、どんな場面であっても自分のことを第一優先に考えてしまうもの。

自分のことを差し置いて、人を優先するというのはなかなかできることではありません。

人によって態度を変えない

また、人に優しい対応ができる人は、人によって態度を変えるようなことはしません。

「この人に優しくしたら見返りがあるのでは?」という下心で、人と付き合うようなことはしませんし、見返りを求めるようなことも一切なく、純粋な気持ちで相手に優しくできる人なのです。

大抵の人は、権力者に対しては、気を遣って気に入られようとするもの。

逆に自分より立場が弱い人に対しては強気な態度に出たり、偉そうな態度をとるものです。

人間の本能として、強い人には従うという心理が生まれてしまうからです。

しかし、人に優しい対応ができる人は、人によって対応を変える事はなく、自分の素の姿で誰にでも接します。

だからこそ、周囲から好感が持たれますし、信頼されるといえるでしょう。

自分の意見を周りに押し付けない

人は自分の意見を周りに押しつけてしまいがち。

自分の意見に固執してしまい、人の意見を尊重することを忘れてしまいがちになります。

しかし、頑なに自分の意見を押しつけたり、人の考えを聞かない状態であれば、人に嫌悪感を与えてしまうのは当たり前です。

人に優しい対応ができる人というのは、自分の意見を押しつけるようなことはしません。

きちんと他人の意見を聞くことができ、相手の意見を尊重した上で自分の意見を伝えることができます。

自分の意見に固執しすぎても、良い人間関係は生み出しません。

それであれば、他人の意見も受け入れることができる広い心を持って、人と接するべきだといえるでしょう。

理不尽なことで怒らない

人に優しい対応ができる人は、理不尽なことで怒るようなことはしません。

人はイライラしたり、ムシャクシャしたときに、他人に八つ当たりをしてしまったり、ちょっとしたことで怒ってしまいがち。

相手は「理不尽なことで怒られた…。」と感じてしまいます。

しかし、人に優しい対応はできる人は、自分の感情をコントロールすることができるため、他人に八つ当たりしたり怒ったりして、イライラを解消しようとはしません。

そんなことをしてもイライラが伝染するだけで、根本的な解決にならないことを分かっているからです。

自分は気持ちがすっきりするかもしれませんが、他の人を嫌な気持ちにさせてしまってはいけません。

自分の感情は自分でコントロールできるのが大人です。

人に八つ当たりしがちな人は、イライラしたり、ムシャクシャしたときの自分の言動や行動を見直すようにしましょう。

気遣いができる

人に優しい対応ができる人は、他人に対して気遣いができる人が多く、人が困っている時や落ち込んでいる時に、優しく声をかけることができます。

大概の人が、他人への気遣いを疎かにしがち。

ちょっとした変化に気づいたとしても、「ま、いっか。」と見過ごしてしまいがちなのではないでしょうか?

しかし、あなたが困っているときは落ち込んでいる時に、声をかけてくれたり、手をさしのべてくれる人がいたら、とても嬉しいですし、気持ちが救われるのではないでしょうか?

逆の立場だったどうだろう?ということを考えることで、他人に対しての思いやりが生まれるようになってきます。

辛そうな人がいたら、必ず声をかけてあげること。

それだけで救われる人がたくさんいるのです。

人の変化に気付く

人は、他人の変化に気付くのが苦手。

しかし、優しい人は、人の変化に敏感に気づきます。

「ネイル可愛いね。」「髪型変えた?」「今日の洋服似合っているね。」と声をかけられて、嬉しくない人はいません。

人の変化に気付き、自然とほめることができるのが優しい人の特徴だと言えるでしょう。

人の変化に気付くのは、観察力が高いのもありますが、自分にもきちんと気を使っている人だからだと言えます。

外見にもきちんと気を使っているからこそ、他人の変化に気付きやすいと言えます。

また、自分自身におしゃれにこだわりがあるからこそ、他人の変化にも気づきやすいともいえるでしょう。

困っている人を放っておけない

困っている人がいたときに、あなたはどのような態度をとるでしょうか?

残念ながら、すぐに助けようとする人はおらず、知らんぷりをする人がほとんど。

しかし、人に優しい対応ができる人は、困っている人がいたら、すぐに手助けをして、放っておくようなことはしません。

困っている時というのは、なかなか人に相談しづらく、どうしても自分の中で悩んでしまいがち。

結果、自分1人では解決できない問題を抱えている人は、精神的に病んでしまうことも…。

困っているなと感じたら声をかけてあげること。

その声がけが、人助けに繋がることもあるのです。

悩みを無理に聞き出そうとしない

よく悩みを無理に聞き出して、その悩みに答えるというお節介なタイプの人がいます。

人は、悩み相談をする相手というのは選んでいますし、悩みというのは無理に聞き出すものではありません。

悩みを無理に聞き出して、解決してあげようという恩着せがましい対応というのは、迷惑行為そのもの。

人の悩みに乗ってあげたから、感謝の気持ちを感じてもらえているだろうと思っているかもしれませんが、その考えは自己満足でしかありません。

相手からしてみると、「なんてお節介な人なのだろう。」という印象とともに、「他人のデリケートなところにズカズカと入り込んでくる無神経な人だ。」という印象を抱かれてしまうので要注意だといえるでしょう。

とはいえ、他人から悩み相談をされたら、きちんと親身になって相談に乗ってあげることが大切。

信頼しているからこそ、悩み相談をしてくれています。

悪口には乗らない

世の中には、人の悪口をいうことが大好きで、人の悪口を言うことで安心したり、周囲に同調してもらい自分の味方を探している人がいます。

悪口に乗ってしまうと、自分の味方だと判断されたり、また「あの人があんなことを言っていた。」とあらぬ噂を立てられてしまうことも。

面倒くさい人間関係に巻き込まれないためにも、悪口には乗らないことが大切です。

優しい対応ができる人というのは、悪口を聞いたとしても受け流すことができますし、悪口を言う人を相手にしない能力を持っています。

結果、面倒くさい人間関係に巻き込まれないため、心穏やかにいられるのです。

いつも笑顔でいる

いつも笑顔でいる人というのは、人に対して良い印象を与えます。

ムスッとしている人よりも、笑顔でいる人のほうが、話しかけやすいですし、仲良くなりたいと思うものです。

笑顔というのは、「優しい人」だと周囲の人に思ってもらえる力があるのです。

あなたの周りでも、いつも友達に囲まれている人気者がいるはずです。

そういう人は必ず、笑顔が素敵で、いつもニコニコしている人なのではないでしょうか?

笑顔でいるだけで、可愛らしく見えるため、同性からも異性からも好かれる人が多いと言えるでしょう。

怒りを表情に出さない

逆に、怒りをすぐ表情に出してしまう人がいます。

声に出さなくても、不満を感じているのが伝わってきて、周囲に気を使わせてしまうタイプです。

怒りを表情に出してしまうと、その場の空気を壊してしまいますし、周囲が気を使ってしまうことも…。

また、「すぐに機嫌が悪くなる人」という印象を与えてしまうため、周囲も一歩引いたお付き合いしかしてくれません。

受け流し方が上手い

コミュニケーションというのは難しいもので、同意を求められたり、意見を求められたりすると、回答したくない時であっても回答せざるを得ない時があるでしょう。

また、嫌みを言われたり、敵意むき出しな言葉を向けられるとついつい、感情が表に出てしまう人も多いはず。

しかし、人に優しい対応できる人は受け流し方が上手い人が多いといえます。

相手が敵意むき出しだったり、嫌みな態度をとってきたとしても、相手にせず受け流すことができます。

相手にしても仕方ないということを分かっていますし、自分に嫌悪感を抱く人には嫌われても仕方ないと割り切れる強い心を持っているからです。

大概の人が、他人の発言をストレートに受け取ってしまいがち。

しかし、人の発言ほど適当なものはありません。

思いやりのない言葉に、自分の感情を左右される時間ほど無駄なものはありません。

心ない言葉を言われたときは、気にせず、受け流す強い心が必要だといえるでしょう。

心に余裕がある

心に余裕がある人は、やはり周囲に優しくできます。

心に余裕を持つためには、時間的な余裕、金銭的な余裕、気持ち的な余裕を持つことが大切。

どれか欠けていると、どうしても気持ちに余裕が生まれづらくなってしまいます。

まず、心に余裕がある人は、仕事でもプライベートでも、時間ギリギリな対応をせず、余裕をもって準備をします。

そのため、慌てて対応することもありません。

仕事でも前もって仕事をすることで、他の人の手伝いができるほどの余裕を持てますし、ギリギリで仕事をしないのでミスも少なくなるため、信頼されやすくなります。

金銭的余裕というのは、優しい人には、仕事を任せても不安がないため、責任ある仕事を任せられる機会も増えます。

また、優しさというのは自分がしっかりしていないと、滲み出ないもの。

優しい対応ができる人は自分軸がしっかりしているため、仕事に対して目標や目的がしっかりしており、キャリアというのを真剣に考えております。

そのため、出世もするタイプが多く、金銭的余裕が生まれてくるといえるでしょう。

また、気持ち的余裕というのは、優しい人であればあるほど、良い人に巡り合う可能性が高いと言えます。

家族、友達、恋人など素敵な人に囲まれているからこそ、幸福感を感じて日々過ごしているケースが高く、気持ちにも余裕が生まれてきます。

逆に心に余裕がない人は、どうしても他人を妬んでしまったり、ひがんでしまいがち。

結果、悪口を言って人を貶めようとしたり、嫌がらせをしようとしたりしますが、周囲の人が付いて来ず、さらに惨めな思いをしてしまう人も少なくありません。

間違いをしっかり指摘してくれる

優しいというのは、「叱らない。」ということではありません。

悪いことをしていると思ったら、親身になって叱ることができるのも優しさです。

叱るというのは勇気がいることです。

伝えたら嫌われてしまうのではないかとか、言い方に気を付けないと傷つけてしまうのではないかと不安を感じてしまうもの。

だからこそ、勇気を出して間違いをしっかり指摘してくれるというのは、本当の優しさだといえるでしょう。

本来、赤の他人であれば「放っておけばいい。」という気持ちが生まれがち。

親身になって叱ってくれるという存在は貴重な存在だといえるでしょう。

優しい対応ができる人は周囲を幸せにする!

優しい対応ができる人というのは、周囲を幸せにできるため、自然と人が寄ってくる人気者です。

この人と一緒にいたいと思ってもらえるからこそ、友達が多く、また信頼してくれる人が多いといえるでしょう。

周囲に優しい対応をしていた人は、何かあったときに周囲が必ず助けてくれます。

「あのときにお世話になったから。」といざという時に助けてくれる心強い味方がたくさんいるのです。

また、周囲の人達も魅力的な人が多く、お互いに助け合い、切磋琢磨し、刺激し合うことができます。

そのため人間的な魅力もさらに磨かれていき、より素敵な人へと成長していくのです。

人に優しい対応ができるようになると、あなたの評価も変わりますし、あなたの周りにいる人も魅力的な人達が増えてきます。

人に与えた親切心というのは、自分に良い形となって戻ってくるといえるでしょう。

とはいえ、打算的な優しさというのは人にバレてしまいます。

人に優しい対応をするためには、表向きの優しさだけではなく、人間力を鍛え、自然と優しい対応ができるようにならなくてはいけません。

あなたが、より成長できるように、まずは人間力を鍛え、優しい気持ちで人と接することができるようになりましょう。

そうすることで、あなたの人生はより充実したものへと変化していくはずです♪