なんだかいつも見ていてつまらないというか、面白くない!この人って生きていて楽しいのかなと思ってしまう人って会社の中に一人ぐらいいらっしゃいますよね。

そう、ユーモアセンスがないというか、なんだか負のオーラを持ってしまっている方のことです。

あの人にはなりたくないと思う方も多いでしょうが、実はそう意識していると言うことは少なからずあなたにもそのような人の習慣などが身についてしまっている危険性が高いのです。

なぜかと言いますと、引き寄せの法則というものがあり、これはスピリチュアルでも精神世界の話でもないのです。

物理学や粒子力学の世界であって、現実的に証明されてしまっているのです。

つまり、面白みがない人が近くにいると言うことは、あなたが引き寄せてしまった可能性も否定できないのです。

実は知らないだけで、自分自身にそのような人の特徴があるかもしれないのです。

意外と、自分自身をしっかりと見つめ直せない人は多いのです。

どこかで勝手にアイデンティティーが確立されたと思い込んでしまっているので、自分はどんな人間なのか意識していない人が多いのです。

同時に相手に対しても興味を持っていない人が多いのです。

それゆえに、面白みのない人が近くに表われたと言うことは、あなたにとって何かを意味していることだと言うことです。

そこで、今回こちらの記事では、面白みに欠ける人の特徴とその改善方法をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、

面白味に欠けるとは?


そもそも面白味にかけると言うのは、どういうことなのかと言いますと、単につまらない人だけをさす言葉ではありません。

要は、上司にとってみれば可愛がりのない人間もそれに値するのです。

スタッフ一人一人の持つ個性によって会社の雰囲気は変わります。

そのために、面白みのない人間はたとえ仕事ができても避けたいと思うのです。

実際には、ギャグや冗談を飛ばしても反応がなかったり、冷たい視線を持っていると言うことです。

そのために、一緒にしても楽しいと思えないのです。

まあ、人ぞれぞれ個性はありますが、あまりにも淡々としていると、実は会社にとっては頭を悩ます存在になってしまっている可能性があるのです。

しかし、何もこれが面白みがないからいけないと言うわけではないのです。

場所によっては面白みのない人だけが集まっている会社もあるので…。

類は友を呼ぶがしっかり成立している場合もあるのです。

しかし、そんなんではない状況の会社に面白みのない人間がいることは、体に癌細胞ができたのと同じような感じなのです。

しかし、そんな人がきてしまったと言うのは、残念と言って良いのかわかりませんが、スタッフの誰かが引き寄せたのです。

つまり、何か意味があるのです。

その意味を見つけるのは結構難しいことなので、今すぐ見つけなくてもいいのですが…ただ、中には面白みがないことに気づかずに雇われて働いている人もいらっしゃるのです。

そこで、まずは雇う側も雇われ側の人にもためになる、面白みに欠ける人の実例をご紹介します。

このような実例の方が近くにいらっしゃいましたら、もしかしたら面白みに欠ける人なのかもしれませんよ。

まずは影響を受けないようにするのと、あとになってなぜこの人がここに来たのか考えるようにしましょう。

もしかしたら、ネガティブな存在かもしれませんが、何か大きなことをしてくれる存在かもしれませんよ。

出会いは偶然では必然なのです。

つまり、その方がここに来た意味が必ずあるのです。

このようなことを言いますと、スピリチュアルみたいな感じだと敬遠される方はいらっしゃいますが、そんなことはございません。

しっかりと科学的に証明されているので、何か意味があるのです。

ここはまず、実例をしっかり学んだうえで、考えるようにしましょう。

その人自体に味がない

面白みがないので、外から見ると機械的に見えてしまうのです。

つまり、人間性がわからないと言った感じになるのです。

どこでどんな場面で笑ったり、喜んだり、怒ったり、悲しんだりするのか、予想がつかないのです。

思わず生きているといった感じに見えてしまうことが多々あるのです。

そのために、接し方や絡み方がわからないので、周囲の人たちはどうしたらいいのか戸惑ってしまうのです。

要はどういう人間なのか探るのですが、探ってもなかなか出てこないタイプです。

主に、淡々仕事をこなせばいいと思っているのです。

また、必要以上に社内では絡まないと決め込んでいる可能性があります。

友達が少ないタイプかもしくは、友達がある一定の層に偏っている人の可能性が高いです。

どっちにしろ絡みづらいのですが、頑張って探っていけば大きなチャンスにつながる可能性もありますので、あまり表面だけで判断しないようにしましょう。

人間の深みがない

ある意味感情表現が下手な人のことを見ると、人間としてどうなのかと思う人はいらっしゃいます。

例えば、みんなが笑っているものを見ても、無表情の人などもいらっしゃいますが、本当にこの人は、感情を持っているのかと疑ってしまうのです。

また、そのような態度を見ると、この人にとっては何が楽しいのかなど考えにくくなってしまうので、人間として深く探っていくことができない人間でもあります。

つまり、薄っぺらいと言えば、薄っぺらい人間ではあるのですが、ある意味、中身がない人間と言っても過言ではありません。

感情表現がないだけならまだいいのですが、何を言っても「はい」しか言わない人間だった場合も一緒にいて楽しいとは思えないのです。

昔はイエスマンなら生き残れたと言われましたが、今ではイエスマンでは生き残れないと言われているほど、ご自身が何を考えているのかを重要視している会社も多くいらっしゃいます。

ある意味、相手から深く探られないということは、あなたに対して相手が興味を失っていると考えていいと思います。

人間は、相手に対してこの人何?と思わせてしまうことが、実は重要と言われています。

つまり、機械的な人間でいても、いいことはないのです。

深みをもって相手に探られるようにしましょう。

人間は深みがあれば、懐も温かくなれると言われていますので、ぜひ、深みのある人間を目指しましょう。

そうすることで、面白みもつきますよ。

接していていても普通

誰と接していてもいつも同じ表情の方っていらっしゃいませんか?おそらく考えるだけで何人か思いつくと思います。

そう、このような方々は面白みがないと言っても過言ではないのです。

ある意味、十人十色や人それぞれと言う言葉が身に染みていないと言っても過言ではありません。

どの相手に対しても同じに見ているために、誰と接しても同じ感じになってしまっているのです。

ある意味、自分だけで考えるのであれば問題はありませんが、付き合いで紹介を受けた人の前とかでそのような態度を取っているとこの人大丈夫かと思われるかもしれませんね。

しかし、そうなってしまっては意味がありません。

接し方は人それぞれで考えるのもありです。

ただ、どんな人の前でも、常にマイペースという方もいらっしゃいます。

この違いは何かと言いますと、面白みのない人は、どんな人に対してもそっけない態度で接してしまうのです。

つまり、相手から見ると、ちょっと不快に見えてしまうのです。

人間は意外と相手の反応を気にしてしまうのです。

つまり、そっけない態度をしていることもバレバレなのです。

また、外面は内面から作られるともいわれているので、あなたの考えも相手にばれてしまっている危険性は非常に高いのです。

接するのが嫌ではないが楽しいこともない

いわゆる対人恐怖所と言われるように、相手と接することに関して苦手としている方は意外といますが、いざ、そのような方を見て、そう指摘すると、今では差別ような感じになってしまうのです。

対人恐怖症がすべてをそのようにしているわけではありません。

では、どうなのかと言いますと、接するのが嫌だと感じている人もいらっしゃいますが、実は、生きていて楽しいと感じることができないからそうなってしまっている人もいらっしゃるのです。

要は、楽しいと言うことを感じることが少ないからマイナスな感じのエネルギーに支配されてしまっているのです。

そのために、そんなマイナスエネルギーに支配されて人と接してしまうと相手にもそれがわかってしまうので、相手からあまりいい印象を持たれることがないのです。

つまり、自分自身の生き方によって損をしている人がいると言うことです。

つまり、自ら意図的に、接し方をそっけないようにしているのではなく、生き方からそうなってしまっている人もいらっしゃるのです。

そのために、接し方であーだこーだ言われてしまう人が多くいらっしゃるのです。

とはいえ、接し方に関しても絶対的な定義はないので、どうこう言われても困る場合がございます。

興味を持たれない


相手から興味を持たれない人は結構多くいらっしゃいますが、実は、それはあなたが相手に対してそう映っていると言うことなのです。

要は、面白みがないので、深く探ろうとも思えないし、おそらく探ってもいい情報は出てこないだろうと言う感じになってしまっているのです。

ある意味、面接試験などで一番印象に残らないタイプなので、なかなか内定を勝ち取ることが難しいタイプと言えます。

どんな場合においても相手から興味を持たれないと意味がないのです。

特に就職試験などでは、面接をされる方が現場で働いている方が多いので、一緒に働いてみたいと思わせないとなかなか次の面接に進めないと言うことが多いのです。

なぜ、興味を持たれないのかと言いますと、薄っぺらいからということもありますが、人間味がないとなると相手から興味を持たれることは難しくなってしまいます。

人間とは字のごとく支え合って生きていく動物なのです。

興味のない人に支えたいと思えないし、支えてもらおうとも思えないのです。

つまり、相手から興味を持たれないのは、人間としての尊厳が成り立っていないと言うことになってしまうかもしれませんよ。

できる限り相手に興味を持っていただくようにしましょう。

印象に残らない

興味を持ってもらえない原因の1つに印象に残らないと言ったことも考えられるのです。

それはどういうことかと言いますと、薄っぺらいから印象に残らないと言うこともありますが、要は機械的だから人間としての感じで印象に生き残らないのです。

人間味のある人であればこんなことやあんなことで喜んでしまうと言った感じに相手に印象が残るのですが、機械的ではそんなことはございません。

また、印象はあくまでイメージに近いものなので、イメージが想像できない人間といわれてしまったら嫌ですよね。

そうなってしまっては意味がありません。

良く悪くも相手に印象を残せてこそ、人間として面白みがあるのです。

ほとんどの人は相手に対して良いイメージを残そうと考えて行動していますが、果たしてそれが正解かどうかは怪しい部分ではあります。

良いイメージを残すことばかり考えて、本当の自分を相手に見せれていないと言った感じになってしまっている可能性もあるのです。

あなたの特徴が相手にとってたとえ悪い印象でもあっても、それは相手がそう見ているだけなので、実はそんなに気にする必要ないのです。

相手の考え方なので、それよりかは自分を良く思わせようとするのは、相手の権利を侵しているような感じになってしまいますよ。

面白味に欠ける人の7個の特徴

それではここからは面白みに欠ける人の特徴をご紹介したいと思います。

大きくピックアップして7個の特徴があります。

あまり意識したことがないからかもしれませんが、ほとんどの人が一度は経験をしたことがある特徴なのかもしれません。

そのため、読みながらあるあると思うことがあるかもしれませんよ。

また、面白み、面白みと言いますが、実際面白みは人それぞれで着眼点が違います。

それゆえに、自分にとっては面白みがあるものであっても、相手にとってみればそうでない可能性もあるのです。

なぜなら、十人十色という言葉があるように、人ぞれぞれで違いがあるからです。

ぜひ、まずは統計的において多いと思われている面白みのない人の特徴を覚えましょう。

1.話に入っていけない

まずもって、面白みのない人はその集団になじむことができない人と言った感じになっています。

なぜそうなのかと言いますと、話に入ることができないから集団になじむことができないのです。

そのために、面白みのない人と言った感じのレッテルを貼られてしまうのです。

実際は、面白みのある人であっても話に入ることができないでいると、そのような感じに見られてしまう危険性が高いのです。

なぜ入っていけないのかと言いますと、その集団の人たちのベクトルとご自身のベクトルがずれているからです。

また、流行ものに疎かったりすると、話に入っていけない可能性もありますよ。

つまり、いかに情報に敏感になっているかが、面白みを左右するのです。

周りの話に入っていけないから聞いているだけ

結局、情報を敏感になっていなくて、話についていけない状態だとどうなってしまうのかと言いますと、ただ、周囲の話を聞くだけになってしまうのです。

要はうんうんとうなずいているような状態なのです。

その状態で済まされるならなんともないのですが、時折、どう思う?などと聞かれると、答えることができなかったりするので、大変な目にあってしまうのです。

要はこの状態が長く続くと、ご自身の意見を持つことができなくなってしまうのです。

そうなると、相手との議論ができなくなってしまうのです。

コミュニケーション障がいに陥る人は、実はこの手のタイプの人が多いのです。

まずは、情報に敏感になって話について行けるようにしましょう。

話しに入れるかどうかはあなたがどれだけの情報を持っているかが鍵になってしまうので、ぜひ、多くの情報を持つようにしましょう。

2.趣味がない

面白みのない人はただ漠然と生きているか、ぼーっと生きているかのような感じの生活をしています。

それはなぜかと言いますと、趣味を持っていないからです。

趣味を持っていないので、休みの時間などは何もせずにぼーっとしてしまうのです。

このような人は、時間の価値をわかっていない人と言っても過言ではありません。

よくよく考えてください。

お金は時間をかければ稼ぐことはできますが、時間はどんなにお金をはたいても戻っては来ませんし、手にすることもできないのです。

つまり、ぼーっとすごすだけで、どれだけ時間を無駄に使っていることか認識していないと意味がないのです。

まず、そこを改正するには趣味を持つことが大切なのです。

趣味はあなたを大きく変えてくれるきっかけになりますよ。

趣味がある人とない人では面白味が違う

趣味がある人ない人では、実は全く違う人種になってしまうのです。

なぜなら、趣味を持っている人は、休みの日と仕事の日のメリハリをしっかりつけているからです。

休みの日にしっかり趣味に打ち込むために、仕事をしっかり終わらせるようにします。

逆に、趣味がない人は、休みの日と仕事の日のメリハリがしっかりつけることができていないので、何においても中途半端だし、口に出すことがネガティブな場合が多いのです。

趣味は人間に大きな影響を与えるのです。

歴史に名を残している多くの人物は、趣味から発展して大きくなった例がほとんどです。

そう考えると、趣味から大きなチャンスに発展する可能性があると言えます。

趣味を持っていないだけで、実は大きな損害を被ってしまっている可能性が高いのです。

なんでもいいので趣味を持ちましょう。

3.楽しみがない

面白みがない人は見ていても楽しいと言った感じの雰囲気を感じないのです。

なぜかと言いますと、生きていて楽しいと思ったことがないのです。

要は日々の生活の中で楽しいと思えることを見つけることがへたくそなのです。

たいていこのようなタイプは、楽しいことなんてないと思い込んでしまっているのです。

しかし、よくよく考えてください。

楽しいことがないと思っているのはあなたであって、世の中に楽しいことがないと言うことはないのです。

あなた自身が考え方を少し変えるだけで、もしくは、ものの見方を少し変えるだけで、楽しいことを見つけることができるのです。

楽しみがないと言うのは、あなたの勘違いであって、世の中は楽しいことばかりです。

自分の楽しみがないから活き活きしていない

楽しいことを見つけられないので、イキイキした感じがしなくて、面白みのない人という感じに見られてしまうのです。

楽しいことを1つ見つけるだけで人間ははにかんで楽しくなりますよ。

要は、人相でこの人は楽しく生きているのかどうかわかってしまうのです。

外面は内面からできていると言われているように、楽しく生きていないだけで、外面にそのことがしっかりと映し出されてしまいますよ。

仮に一緒に何かを進める場合に、イキイキしている人と、暗い感じの人だとどちらと組みたいですか?と聞かれた場合は、確実に前者の方が多いと思います。

つまり、イキイキしているだけで儲けものなのです。

ぜひ、楽しいことを見つけてイキイキ生きましょう。

4.話が続かない

面白みのない人は、話を止めてしまうことを得意としています。

つまり、周囲で盛り上がっている話題を変えて、話が続かないようにしてしまうのです。

そのために、一緒にいたくないと思い込んでしまう可能性もあるのです。

なぜかと、会話は続いてこそ楽しいからです。

商店街が古びてもどんなことが起きてもスナックだけが生き残るのはそのためです。

スナックの場合、終わりまで話が続くことが普通なのです。

また、そこでコミュニティーが形成できるので、いつまで残り続けることができるのです。

つまり、話が続かないと言うことはコミュニティーに所属するのが難しくなってしまうと言うことです。

では、どうすれば話を止めることなくできるのかと言いますと、まずは話を聞くことです。

一緒にいても気まずい雰囲気になってしまう

話しが続かないと損をしてしまうのは、あなただけではないのです。

一緒にいる方も損をしてしまう危険性が非常に高いのです。

なぜなら、一緒にいるだけで同じ人間に見られてしまう危険性が非常に高いのです。

皮肉なことに、特に日本人はそのような感じで相手を見てしまうのです。

その会社の人間や、そのグループの人間など、そのように見てしまうのです。

要は、個人として見る人が少ないのです。

そのため、話が続かない人の近くにいると、それだけで話が続かない人のような感じに見られてしまうと言う二次被害を食らってしまう危険性が高いのです。

相手にまで迷惑をかけるのは嫌ですよね。

そうならないためにもしっかり相手の話を聞くようにしましょう。

5.考えない

面白みのない人は機械的な人間だという感じに見えてしまうのです。

なぜなら、あまり考えているように見えないからです。

要は、自分の意見を持っていないので、他人任せな感じに見えてしまうのです。

考えていないと、相手にもそのようなことが察知されて、この人は一体どんな人なの?という感じに見られてしまうのです。

人間はこの地球上で唯一、意志を持って生まれた動物です。

考えないことは、人間として活動していないことと一緒です。

つまり、しっかりあなたの考えを持たないとこの世界で生きていくには難しいのです。

空気を読んだり、相手からの目を気にしてなかなか自分の意見を言えないような感じに見てしまっている人はいらっしゃいますが、そんなことはございません。

ぜひ、自分の考えを持って言うようにしましょう。

何事も考えないからその場任せ

何も考えないでいるとその場任せになってしまう傾向が非常に高いのです。

つまり、集団においてあまり人員に満たされない可能性が高いのです。

要は、集団においては一人一人の意見を大切にして、参考にまとめたいと思うのですが、考えを持っていなくて、長いものに巻かれろと言うようなスタイルでは、集団では生き残ることができませんよ。

よく、空気を読めとは言いますが、空気を読むために何も言わないと言うのは実は良くないのです。

しっかりあなたの意見を言えるようにしましょう。

他人やその場の雰囲気に任せていても意味がありませんよ。

人間なのですから、しっかり考えるようにしましょう。

意思を持って生まれた動物なのですから!

6.行動力がない

面白みのない人はとにかく行動力に欠ける部分があります。

なぜなら、行動することに関してコンプレックスを持っている可能性があるのです。

要は、行動できないのは、失敗したらどうしようという感じに考えてしまっているので、先へ進めないのです。

行動力があるかないかで人間は大きく差がついてしまうのです。

しかし、最近は責任などを盾にして先へ進ませないようにする人の方が行動力があるように思われています。

つまり、今の日本の経済が衰退しているのは、国がどうのこうのではなく、行動力が衰退しているからです。

行動経済学というのものがあるように、行動力と経済力は比例するのです。

行動力がない人は指示待ちのような感じなので、部下に持つと、上司もあまり刺激がないので、面白みがないと思ってあまりかわいがることをしません。

失敗しても行動する人の方が、上司はかわいがるのですが、今の上司も失敗を気にする上に、フォローできるほどの器もない方が多いので、イエスマンを欲しがる傾向になっています。

ただ、それでは意味がありません。

しっかり行動できる人間になりましょう。

自分の考えで行動できることほど、素晴らしい才能はございませんよ。

行動しないことで経験ができない

行動する人としない人では経験に差が出てしまいます。

実はこの経験の差が後々になって大きく響いてしまうのです。

なぜなら、経験値が多い人ほど、世界を広く見ているのです。

また、どんなことに関しても柔軟に対応しています。

逆に経験値が低い人は視野が狭いので何事においても疑心暗鬼になってしまっているのです。

わかっている人は多いかもしれませんが、人間は自分の経験でしか物事を見ません。

つまり、自分が経験していないことに関しては興味を持たないか、もしくはマイナスなイメージを持ってしまうのです。

よくいらっしゃるのがわかってはいるけど、実践までしないと言うタイプです。

失敗した時のことしか考えていないからそうなってしまうのです。

しかし、これでは先ヘは進めません。

ぜひ、なんでも行動しましょう。

失敗も経験の1つです。

7.人に流されやすい

自分の意志ではなく、相手の意見を参考にするタイプが多くいらっしゃますが、よく言えば協調性がある。

悪く言えば、自分の意見を持っていない。

そのようなタイプになりますが、ほとんどは後者のタイプが多いのではないでしょうか。

これは、小さいころから変なことを言うなと教わってきたからそうなってしまっているのです。

要は、自分の意見が少数派だった場合は、なかなか意見が言いづらい状況になってしまいます。

仮に意見を言うと省かれてしまう危険性もあり、そのことを考えると相手の意見に合わせた方がいいと言うことになってしまうのです。

主体性がなく自分の意見を言わない

相手の意見に流されているので、主体性がないような感じに見えてしまいます。

大体この手の方は、とにかく支持を受けて動くような感じの仕事をしてしまっている傾向が強いのです。

ただ、あなたの人生なのですよ。

あなたが考えなくて意味がありますか?あなたの考えで生きてこそ、あなたの人生です。

ぜひ、主体性を持ちましょう。

いますぐできる!面白味を出す改善策!

それではここからは今からできる面白みを出すための改善策をお教えします。

あなたにとって身近なことから覚えていって、少しでも面白みを出すようにしましょう。

いろいろなことに挑戦する

嫌だと思うことでも、興味がないことでも、とにかく何でも挑戦することが大切です。

好奇心旺盛とは言いますが、最近の人たちは、興味がないを言い訳にして先へ進もうとしません。

なんでもそうですが、経験をすることで深みがでるのです。

また、興味がないの先にチャンスがあるとも言われています。

興味のあるないで判断するのは良くないですよ。

考えて行動する

何度も申していますが、あなたの考えで行動することが自分の成長へつながります。

人間は意思を持っているのです。

ぜひ、自分の考えを行動に移すようにしましょう。

話の幅を広げる

話を幅を広げることで、実は話を止めることを防ぐことができます。

話の幅が広がらないから話が続かないと言った感じもあるのです。

そのためにも新聞や本を読んで知識を深めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

面白みがあってこそ、人間の味も出るのです。

ぜひ、経験を積み、視野を広げて、面白みのある人間を目指しましょう。