CoCoSiA(ココシア)

極めたいことをとことん極めるための6個のポイント


何か1つでも自分で極めていることがあると、それが自信に繋がります。

向上心を持ったり、自分を成長させたりするためにも、自分なりに何かを極めることは大切です。

しかし、極めたいものがあったとしても、それをとことん極めるためにはどうすればいいのか、方法がよく分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は、極めたいことをとことん極めるためのポイントについて詳しくご紹介します!

極めたいことをとことん極めるための6個のポイント

誰でも極めたいことがあれば、夢中になってそれに取り組みます。

けれども、いくら夢中になれることだとしても、やり方が上手くなければ途中で行き詰ってしまったり、挫折してしまったりすることがあります。

せっかく自分が極めたいと思うことに出会えても、途中で上手くいかなくなってしまうと、諦めざるを得なくなってしまうかもしれません。

そんなことにならないためにも、極めたいことを効率的に、またとことん極めることが出来るように、自分なりに極めやすい方法を身に付けたり、とことん極めるためにはどんなことが必要かを把握しておいたりしましょう。

極めたいことをとことん極めるためのポイントを以下にご紹介していきます。

目標選定は慎重に

自分が好きなことだからと言って、何でもかんでも無鉄砲にやろうとすると、思いがけないトラブルが起きたり、時間や予算などの問題があったりして、とことん極めるまでに至れない場合があります。

そのため、何かを極めようと思ったときには、まずはそれに対して具体的な目標を設定しましょう。

「何のために、何をどこまで極めるのか」という具体的な目標を定めることが出来れば、それに向けてブレることなく努力することが出来ますし、また最短距離で目標を達成させることも可能でしょう。

目標を定めるときには、目標選定を慎重に行うようにしましょう。

あまりに目標が高すぎると、それに到達する前に諦めてしまいますし、また目標が低すぎると、あっという間に達成させてしまって遣り甲斐がいまいち感じられないこともあります。

多少の努力を必要とし、また達成した暁には十分な達成感を得られるような目標選定を目指して、慎重に考えましょう。

途中で諦めたくならないようなものにする

目標を設定するときには、誰でもついつい目標を高いものにしてしまいがちです。

「家を買う」や「新車を買う」など、短期間で達成させるのが難しいものは目標ではなく、「目的」として定めた方が良いでしょう。

目的が家を買うことであれば、その目的を叶えるための目標として、「毎月いくらずつ貯金をする」や「節約に努める」などの目標設定を行うようにしましょう。

大きすぎるものを目標にしても直ぐには叶えられないため、途中で諦めてしまったり、心が折れてしまったりする可能性があります。

自分で自分があまり忍耐強くなく、物事を諦めてしまいやすい性格だという自覚がある人は、尚更目標は途中で諦めることのないような、適度な高さのものにしておきましょう。

価値の高い目標を選ぶ

せっかく目標を設定するのなら、いつでも出来るようなことではなく、価値の高い目標を選ぶようにしましょう。

どんなものに価値の高さを置くのかは人それぞれですが、目標を達成した時に、自分が得られるものが少なからずあるものを目標として選ぶのがおすすめです。

例えば「日商簿記2級以上の資格をとる」という目標を立ててそれを達成させた場合に、その資格を活かして企業や官公庁などで働くことが可能になるでしょう。

また、「半年以内に体重を5kg落とす」という目標を立てて、毎日努力を重ねて減量に成功すれば、痩せて健康的になっただけでなく、今までよりもオシャレを楽しめたり、自分に自信をつけたりすることが出来るでしょう。

価値の高い目標とは、自分にとって明確なメリットがあるものですので、何か極めようと思う人は、目標選定を価値の高いものにすることを意識しましょう。

ストイックに追い求める強い精神を鍛える

1つのことを極めようと思ったら、自分が極めたいと思うものに対して、ストイックに行動し続けることが求められます。

極めたいものをストイックに追い求めるためには、誘惑に負けず、横道に逸れない強い精神力が必要です。

その精神を鍛えるためには、とにかく日頃から意識して、自分で「これはこうするべき」と思うことを、行動としてとことん貫く癖を身に付けましょう。

例えば「今日は甘いものは我慢するぞ」と1日の最初に目標を立てたのなら、その日を終えるまではどんなことがあっても、決して甘いものを食べないようにしましょう。

人からお菓子の差し入れをもらっても、その場で食べることなく、持って帰って後日食べるようにします。

また、小腹が空いて何か甘いものが食べたくなったときでも、グッと堪えて食べないようにしましょう。

人は何かを我慢することで、忍耐力を身に付けることが出来ます。

そして忍耐力が精神面の成長や強さへと繋がっていきますので、ストイックに追い求める強い精神を鍛えるためにも、日頃から自分の好きなものを我慢するなどして、精神面を磨きましょう。

強い気持ちがなければ何事も極められない

何かを成し遂げようとするときには、ちょっとやそっとのことでは諦めない強い気持ちを持つことが大切です。

強い気持ちがなければ、何かを成すことも、極めることも不可能でしょう。

簡単な目標ならば、たいして苦労せずに達成することが出来ますが、そんな簡単な目標を叶えたところで、大きな充実感を得ることはできませんし、また物足りなさを感じてしまうでしょう。

かといって、目標が高く、大きくなるほど達成させることは難しくなりますので、それを達成させるためにも強い気持ちを持つことが大切になります。

誘惑に負けたり、他人の言葉に振り回されたりしないように、常に自分の気持ちをブレずに強く持つように努力しましょう。

好きこそものの上手なれ!とことん好きになろう


「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、自分が好きなものだからこそ、積極的にそれに取り組むことによって、より上手になることが出来ます。

自分が好きなことに対しては、誰でも抵抗なく自ら取り組もうとしますし、時間を忘れて好きなことに夢中になれるでしょう。

また、毎日のように好きなことをしていれば、それに触れている時間が長いほど必然的に上手くなったり、理解できるようになったりします。

科学の分野で新たな発見をする研究者たちは、元々科学を研究したり、追究したりするのが好きな人たちばかりです。