取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、頭の中が真っ白になって、つい現実から目を背けようとしたり、現状から逃げてしまいたいと思ったりすることがあるでしょう。

取り返しのつかない失敗が自分にとって大きなものほど、現実と向き合うことが怖くなります。

けれども現実と向き合わなければ、その後の人生が台無しになってしまうかもしれません。

そんなことにならないためにも、取り返しのつかない失敗をしてしまった時にはどうすればいいのか、予め対処法をきちんと知っておきましょう!

取り返しのつかない失敗をしてしまった時の6個の対処法

「大事な会議の日に寝坊をしてしまった。」「取引先の社長を怒らせてしまった。」「1200万もする機材を壊してしまった。」など、取り返しのつかない失敗をしてしまった経験があなたにはありますか?

主に仕事で取り返しのつかない失敗や大失態を犯してしまう人が多いですが、人によっては「婚約者の両親に失言をしてしまい、結婚に反対されてしまった。」や、「大事な親友を裏切る行為をしてしまい、縁を切られてしまった。」など、プライベートでも取り返しのつかないことをしてしまったということもあるでしょう。

そんな取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、そこで人生が全て台無しになってしまったような気になって、落ち込んでしまう人が多いです。

しかし、失敗して何もかもダメになったと諦めてしまう前に、素早く立ち上がり、気持ちを切り替えて行動することによって、汚名返上のチャンスを得られるかもしれません。

なるべく早いうちに失敗した分を取り戻すためにも、取り返しのつかない失敗をしてしまった時にやるべき対処法をしっかりと身につけておきましょう。

迷惑をかけた人に誠意をもって直接謝る


取り返しのつかない失敗をしてしまった時、まず何をおいても第一にやるべきことは、自分が失敗したことで迷惑をかけた人に謝罪をすることです。

それも軽く謝るのではなく、誠心誠意相手に対して「迷惑をかけてしまって本当に申し訳ない」と心からの謝罪をすることが大切です。

仕事であれプライベートであれ、自分が取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、必ずといっていいほどにそのことで迷惑を被った人の存在があるはずです。

重要な会議に遅刻したのなら、自分の同僚や上司だけでなく、遅刻をして場を乱したことから、会議に参加していた全員に迷惑をかけたことになります。

また、とても大事なものを失くしてしまい、大がかりな捜索を行った時には、捜索に付き合わせてしまった人たちに迷惑をかけたことになります。

迷惑をかけられた側は、どんなに表面上は笑顔で「気にしていない」と言ったとしても、内心ではやはり迷惑かけられたことを不愉快に感じていることが多いです。

また、本心から気にしていないとしても、相手に迷惑をかけたことは事実ですので、やはりしっかりと誠意をもって直接謝罪しましょう。

メールや電話での謝罪は絶対にせず、直接相手の顔を見て謝罪します。

相手が怒っているのなら、相手の理解をちゃんと得られるまでしっかりと時間をかけて謝罪をしていきましょう。

二度と同じ失敗をしない

取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、まず誠意をもって迷惑をかけた相手に直接謝罪をします。

相手がどんなに怒っており、こちらへの信用を失くしてしまったとしても、誠意をもって謝罪をし続けることで、いずれは許してくれることもあるでしょう。

しかし、その許しは単に「真剣に謝ったからもう許してあげよう。」と、気が済んだからではありません。

「これだけ必死に謝罪をしているのだから、もう二度と同じミスはしないだろう。」という、こちらへの期待感も込められています。

すなわち、もう二度と同じ失敗は許されないということですので、一度でも取り返しのつかない失敗をしてしまった人は、その後は二度と、もう決して同じ失敗をしてはいけません。

もしまた同じ失敗を繰り返せば、今度こそ相手はあなたを決して許してはくれないでしょう。

会社であればクビになり、友達であれば絶縁されてしまっても仕方がありません。

相手はただでさえ取り返しのつかない失敗をした自分に対して、一度は寛容な心で許してくれたのです。

その信頼を再度裏切れば、その先はもうないと思い、自分自身をしっかりと戒めましょう。

心身のダメージを出来るだけ改善出来るよう努力する

たった一度でも取り返しのつかない失敗をしてしまうと、誰でも「なんてことをしてしまったのだろう・・!!」と大きなショックを受けて、気力を喪失してしまいます。

責任感の強い人や、完璧主義の人などは尚更その傾向が強いため、一度の大きな失敗で、自分の人生が全て台無しになってしまったかのような気になってしまいます。

そしてそれが原因となって、仕事をするのが怖くなったり、人と関わるのが怖くなったりして、社会へ出られなくなり、心の病にかかってしまう人もいます。

「その程度のことで」と思うかもしれませんが、本人にとって取り返しのつかない失敗とは、それだけの精神的なダメージを負ってしまうものです。

そのため、取り返しのつかない失敗をしたことが原因で、心身に大きなダメージを負ってしまった人は、出来るだけ早くそれを改善出来るように努めましょう。

気が済むまで落ち込み反省をした後は、自分で元気になれるように行動しなければなりません。

自分だけでは立ち直れないというのなら、家族や友人、病院などを頼って気持ちを持ち直すように努めましょう。

焦りすぎない

取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、誰でも焦ります。

それこそ名監督でも名選手でも、会社の社長でも超一流のシェフでも、同じように皆焦ってしまうでしょう。

しかしそこであまり焦りすぎてしまうと、さらに状況の悪化を招いてしまいます。

経験豊富な人や一流と言われるような人たちは、自分が取り返しのつかない失敗をして焦ってしまった時でも、素早く気持ちを切り替えて、まず自分が何をすればいいのかを考えてから即座に行動に移します。

だからこそ失敗がそれ以上大事になることはなく、最低限のところで抑えて、素早く挽回に努めることが出来るのでしょう。

大きな失敗をしたことがない人や、日頃は失敗の少ない人ほど、取り返しのつかない失敗をした時には焦ってパニックになってしまいやすいですが、まずは深呼吸をして気持ちを落ち着けて、自分がこれから何をすべきかを最優先で考えましょう。

やってしまった失敗は消せない

取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、頭の中が真っ白になって、次いでパニックに陥ってしまいやすいです。

焦れば焦るほどどうしていいのか分からずに、人によっては焦りの余り現実逃避をしようとしたり、失敗を何とか隠そう、誤魔化そうとしたりするかもしれません。

しかし、そうした行動は無意味ですし、また無駄な時間になってしまいますので、素早く汚名返上に努めるためにも、まずは現状を受け入れて、自らの気持ちを落ち着けるようにしましょう。

目の前の失敗をしっかりと見つめて、「やってしまった失敗は消せない」「起きたことはもう取り返しがつかない」という事実を自分の中に受け入れます。

それから深呼吸をして、「失敗は消せないけれど、どうすればこの失敗の被害を最小限に留めることが出来るのか」をきちんと考えましょう。

ここで焦ってまた余計な行動を起こせば、状況が悪化してしまうかもしれません。

そうならないためにも、現状を受け入れたら、自分がこれからすべき行動を冷静に考え、それから行動に移すようにしましょう。

失敗を覆せるレベルの努力をして結果を残す

たった一度でも取り返しのつかない大きな失敗をすれば、当然周囲からの自分への評価はがくんと落ちてしまいます。

しかし、それは仕方のないことです。

取り返しのつかない失敗とは、それだけ重大で大きなものですので、取り返しのつかない失敗をしたせいで、長いこと不名誉が自分について回ることも少なくはないでしょう。

「何千万円もする機材を壊したやつ」や「社長を怒らせた人」など、自分の失敗した内容があだ名のようになってしまうこともあります。

そうした不名誉なレッテルは屈辱的ですし、噂される度に気持ちが落ち込んでしまうこともあります。

けれど、そこで落ち込んだままでは、いつまで経っても、汚名を返上することは出来ません。

大失敗をして周りの信頼を失ったのなら、その信頼を取り戻すだけのレベルの努力を重ね、今度は名誉ある結果を残しましょう。

取り返しのつかない失敗をした事実は消せなくても、そこにさらに大きな功績を残したという事実を上書きすれば、周囲からの信用回復を図ることが出来ます。

さらには、「過去に大失敗をしたけど、その後でしっかりと汚名返上した出来るやつ」と失敗する以前以上に評価が上がることもありますので、取り返しのつかない失敗をした時には、その失敗を覆せるレベルの努力をして、大きな結果を残せるように頑張りましょう。

相当な努力が必要

些細な失敗ならばともかく、取り返しのつかないような大きな失敗をしてしまうと、その汚名を返上するためには相当な努力が必要です。

例えば取引先の社長を怒らせてしまい、自分の会社とはもう取引をしないと言われてしまったら、会社全体の損害となってしまい、周囲からは責められ、信用もなくなってしまうでしょう。

その汚名を返上しようと思ったら、自分でせっせと営業努力を重ねて新しい取引先を確保するか、怒らせた社長の機嫌を何とか取り戻し、再び取引関係を結んでもらうかといった、失敗と同じだけの良い結果を出す必要があります。

そのためにはこれまでのように、与えられた仕事をコツコツとこなすだけではなく、自分の仕事に常に付加価値を見出して行動していくことが求められます。

大きな失敗をしておきながら、これまで通りに仕事をしているだけでは、いつまで経っても周囲の信頼を回復出来なかったり、不名誉な噂をされてしまったりするだけでしょう。

しかし、そんな周囲の見方を変えさせるためにも、これまで以上に必死になって仕事をし、自分なりに大きな結果を出せるように努力していきましょう。

時間やお金を無駄遣いしない

取り返しのつかないような大きな失敗をしてしまったら、なるべく早く失敗した分を取り返すためにも、時間やお金を極力無駄遣いしないように努めましょう。

失敗したことが大きいほど、取り返すのにも時間がかかってしまいます。

だからと言ってのんびりと時間をかけることなく、「出来るだけ早く取り返すぞ!」と気合を入れて可能な限り時短しながら努力をすれば、それだけ早く失敗を取り戻すことも出来るでしょう。

また、時間やお金を無駄遣いすることなく、せっせと努力していれば、その姿勢を見た周囲からも、「きちんと反省して頑張っているんだな」と評価を得られる可能性があります。

失った分をストイックに取り返すつもりで

たった一度でも取り返しのつかない失敗をしてしまうと、その失敗を取り戻すためには時間も労力もかなり使うことになります。

失敗さえしなければ、わざわざ取り戻すような時間を確保する必要はなかったわけですので、どんなに急いだところで失敗した時点でタイムロスは確定でしょう。

ただでさえ時間がかかってしまうことが分かっているのなら、少しでも時間をかけずに失敗した分を取り戻すためにも、出来る限りストイックに仕事に取り組みましょう。

真面目にコツコツ仕事をやるのはもちろんですが、一つひとつの仕事に付加価値を付け加えたり、他にも出来る仕事があるか探したりして、積極的に仕事をしていきましょう。

一度でも大きな失敗をすると、同じような失敗をするのが怖くなり、仕事に対して消極的になってしまう人も多いです。

しかしそれでは失敗した分が取り戻せなくなってしまいますので、さらなる失敗を恐れることなく、自分からしっかりと取り組んでいきましょう。

取り返しのつかない失敗は誰にでも1度はある

些細な失敗は誰でもするものですし、取り返しがつかないような大きな失敗も、意外と経験している人はたくさんいます。

接客業で客を怒らせて本社にクレームを入れられ、その結果降格処分になってしまったり、言及されてしまったりする人もいるでしょう。

また、会社の高価な機材を壊してしまい、上司に大目玉を食らってしまう人や、睡眠不足がたたって大事な会議の最中に居眠りをしてしまい、周りから怒られてしまう人もいるでしょう。

自分の身近にはいなくても、別の場所では今まさに取り返しのつかない失敗をしてしまい、周囲の信頼を失ったり、上司に怒鳴られてしまったりしている人がいるかもしれません。

大きな失敗をした時には、それが自分だけのことのように思えますが、実際にはあなた以外にも取り返しのつかない失敗をして落ち込んでしまう人は少なくないでしょう。

失敗を重ねて人は成長していく

人は失敗を重ねることで日々成長しています。

夜更かしして寝坊してしまい、学校や会社に遅刻してしまった人は、「夜更かしすると翌日に響く」ことを学んで、次からは同じ失敗をしないようにと気をつけるでしょう。

また、仕事で使う大事な書類を家に忘れてしまった人は、次からは家を出る前に必ず持ち物を確認するようになるでしょう。

これらのように、人は失敗をすることで、「これをするとこうなる」と学びます。

そしてその経験を活かすことで、次からは同じ失敗を回避出来るようになります。

取り返しのつかないような大きな失敗の時でも同じことが言えるでしょう。

失敗してしまったことは大きくても、事が重大であればあるほどに、もう二度と同じ失敗はしないようにと誰もが十分に気を付けます。

そして失敗した後の対応についても一度経験をしておくことで、大きなトラブルが起きた時に落ち着いて対処出来るようになるでしょう。

やっても仕方がない失敗とは?

取り返しのつかないような失敗は、出来ることなら誰もがしたくないと思うことでしょう。

しかし、失敗の大きさに差はあれ、時と場合によっては避けられない失敗というものも存在します。

その失敗の多くは、自分の経験不足だったり知識、技術不足だったりすることが原因であり、また新しいことにチャレンジする際にも失敗が起きやすくなってしまいます。

どんなに慎重に一歩一歩進めていっても、知らずに間違いを犯して失敗してしまうことはありますし、それが対人関係であれば、尚更失敗しやすい状況となってしまうでしょう。

このように、失敗によっては避けられないものや、やっても仕方がないものがあります。

もちろん一度失敗したら、次からは同じ失敗はしないように努めるのが基本ですが、具体的にはどのような失敗がやっても仕方がないのでしょうか?

経験不足で失敗を予見できなかった

どんな物事でも、経験していないことをいきなり上手くやれる人というのはそう多くはありません。

人並み以上のセンスや才能がある人は、初めてやることに対しても、卒なくこなせるかもしれません。

しかし、「どうやれば最も効率的なのか」「どうやれば最短で最上級の成果を得られるのか」は、実際にやってみなければ予想を立てることは出来ません。

また、初めてやることに対しては、誰でも最初は失敗するものですので、一度目の失敗で怒られるようなことはあまりないでしょう。

経験がなければ、経験不足で失敗を予見できなかったとしても致し方のないことです。

二度目の失敗をしないようにさえ注意すれば、一度の失敗だけで後は物事を上手くやれるという人は多いでしょう。

やってはいけない失敗とは?

どんな失敗でも、やってしまったらその事実は消せませんし、取り返しもつきません。

また、失敗によっては経験不足などで、失敗せざるを得ない状況というのもあるでしょう。

しかし、世の中には「絶対にやってはいけない」とされる失敗もあります。

これも取り返しのつかない失敗の部類に入りますので、極力失敗しないように注意しなければならないでしょう。

どのような失敗が、やってはいけない失敗なのでしょうか?

人に迷惑をかける失敗

失敗の多くは、自分だけでなく周りの人たちにも迷惑をかけてしまいます。

例えば会議に遅刻してしまうと、自分が遅刻したことで会議が円滑に進まなかったり、その場の空気が悪くなってしまったりします。

するとその場にいる人たち全員に迷惑をかけてしまうことになるため、全員からの印象が悪くなり、評価も下がってしまうでしょう。

小さな失敗であっても、少なからず誰かに迷惑をかけてしまうことがありますので、取り返しのつかないような大きな失敗をしてしまえば、迷惑をかけてしまう相手も大勢いるでしょう。

人に迷惑をかけてしまったら、即座に誠意をもって謝罪をする必要がありますが、精一杯の謝罪をしても中には許してもらえないこともありますので、出来る限り人に迷惑をかける失敗はしないように気をつけましょう。

事前に予見できた失敗

経験不足により、事前に予見できないミスの場合には、失敗してしまってもそこまで怒られることはないでしょう。

しかし、事前に予見できたことで失敗してしまった場合には、「何故予見できた時に対策をしなかったのか」と高確率で怒られてしまいます。

例えば翌日に大事な仕事の打ち合わせを控えていたら、前の晩に遅くまで飲んでいたり、夜更かしをしたりすれば翌日の打ち合わせに響いてしまうことは容易に予見できます。

それなのに前日の夜遅くまで飲酒をしてしまい、翌朝二日酔いで体調が最悪だったり、寝坊して打ち合わせに遅刻してしまったりした時には、「遅くまで飲んでいれば翌日に支障が出るのは分かり切っていただろう!」と自らの考えの甘さを厳しく叱責されてしまうでしょう。

事前に予見できた失敗の場合は、予見できたのにその対策をしなかったということで、許されないことが多いです。

そのため、やってはいけない失敗に含まれるでしょう。

取り返しのつかない失敗とはどういうもの?

一口に失敗といっても、その大きさや規模は失敗の内容により違います。

例えばちょっとしたデータ入力のミスや、書類の誤字脱字といった失敗であれば、確認の際に発見しやすく、誰かに迷惑をかける前に修正を図ることができるでしょう。

とはいえ、データの誤りがあるままで提出してしまうと、後で訂正に手間暇がかかってしまいますし、それが会社の経営に直接関わるような内容であれば、些細なミスが大事になってしまうこともあります。

そのため、どんなに小さな失敗でも、規模が小さいからといって放置しておくことは出来ませんし、失敗した時にはきちんと反省して、二度と同じ失敗は繰り返さないように注意する必要があります。

しかし、失敗の規模によっては、もう二度と取り返しがつかないようなものもあります。

どういった失敗が取り返しのつかない失敗なのでしょうか?

損失が大きすぎる

失敗したことによって、あまりに大きな損失を被ってしまった場合には、その失敗は取り返しのつかないものになります。

例えば研究所で勤めている人が、機械の管理を怠ったことが原因で機械を一台ダメにしてしまったら、その機械を直すために数百万円もの費用がかかってしまうことがあります。

それだけでも数百万円の赤字になるのに、もしその機械が修理不可能だった場合には、また新たに機械を一台購入することになり、数百万円どころか数千万円も費用がかかってしまうこともあります。

その場合、会社は本来不必要だった出費を強いられることになるため、たった一人が機械を一台壊したことが原因となり、研究施設の運営に赤字が発生してしまうかもしれません。

このようなたった一度の失敗でも、取り返しがつかないほどに大きな損失が生じてしまう時には、失敗した当人への責任もかなり大きなものになるでしょう。

時間をたくさん失った(時間はお金より大切な場合も)

時に時間は、お金よりも優先される場合があります。

お金は時間をいかに有効活用するかで生み出すことができ、また例えお金を失っても、時間をかけて失った分のお金を取り戻すこともできます。

しかしその一方で、失った時間というのはどうやっても取り戻すことは出来ません。

1時間を有効活用できれば、1時間の間に学んだり技術を身に付けたり、またお金を生み出したりすることが出来るでしょう。

しかし、同じ1時間でもぼーっとして何もせずに過ごしてしまうと、その間で得られるものは何1つないでしょう。

そして後になって時間を無駄に使っていたことに気付いても、過ぎた時間を取り戻すことは絶対に出来ないのです。

お金は自分の行動によっていくらでも動かすことができますが、時間は自分に都合よく動かすことは出来ません。

そのため、自分の失敗によって誰かの時間を奪ってしまった場合には、もうその時間は決して取り返すことが出来ないでしょう。

人間関係が崩壊した

何気ない一言で、友人との仲に亀裂が入ってしまったり、縁が切れてしまったりすることがあります。

そうした人間関係の崩壊は、誠心誠意相手に謝罪をすることで関係が修復出来ることもありますが、もし相手がたった一度の関係の悪化で完全にこちらとの縁を切ってしまったら、もう二度と以前のような親しい仲を取り戻すことは出来ないでしょう。

特に、相手にとってどうしても許すことの出来ない行為や、相手の尊厳を傷つけるようなことを言ってしまった場合には、こちらが思う以上に相手が怒りを覚えたりショックを受けたりして、関係修復が不可能になってしまう場合もあります。

相手との関係性や、相手の性格によっては、たった一度の人間関係の崩壊で、取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

周囲の人からの信頼を失ってしまった

信頼というのは、一度失ってしまうと取り戻すのにかなり時間がかかってしまいます。

たった一度の遅刻によって、「あの人は遅刻をするような人だ」と認識されてしまい、毎回予定を立てる時にはしつこく時間の確認をされたり、一度の遅刻の出来事をいつまでも噂されてしまったりすることがあるでしょう。

また、たった一度の失敗でも、まるでいつも自分が失敗しているかのように誤解されてしまうこともありますので、周囲の人からの信頼を失うことで、自分が立ち回り難くなり、居心地の悪い環境になってしまうことも多いです。

一度悪いイメージが定着すると、そのイメージを払拭するようなことを自分からしない限り、不名誉はいつまでも残ってしまいます。

そのため、汚名返上できなかったり、挽回する場面に恵まれなかったりすると、失った信頼は二度と取り戻せなくなってしまうでしょう。

まとめ

取り返しのつかない失敗をしてしまった時には、誰でも「やってしまった!!」と頭が真っ白になって、とにかく焦ってしまいます。

しかし、焦っていると余計に失敗を生みますし、また汚名返上するのにも時間がかかってしまいますので、とにかくもまずは気持ちを落ち着けるようにしましょう。

一度失敗してしまったことは取り返しがつきません。

その現実をまずは自分が受け入れて、その上で「これから自分が何をすべきか」を最優先に考えて、素早く行動に移しましょう。

人に迷惑をかけてしまったのなら誠意をもって謝罪をし、仕事で失敗したのであれば懸命に仕事に取り組んで、失敗した分を取り返すように努力しましょう。

どんなに取り返しのつかない失敗をしてしまったとしても、その後の自分の行動次第で、汚名返上も信頼を取り戻すことも可能になります。