世の中には沢山の人がいます。

その人たちはそれぞれ違った性格を持って生活しているのでしょう。

違っているからこそ良いという考え方もあります。

皆が皆同じ性格をしていては、新しいアイディアは浮かびません。

違う考え方をする事が出来るからこそ、違った視点からものごとを考える事が出来るのです。

だからこそ、それによって色々なものを見つける事が出来るのです。

様々な性格の人がいるなかで、自分に合う性格の人もいればそうではない人もいるでしょう。

その中で、自分と合わない人とどううまくやっていくかを考えて生活していく事が大切ですよね。

自分の事だけではなく、相手の事を考えて生活する事こそが大切なポイントなのでしょう。

自分と性格の合う・合わないは人によって違ってくると思います。

自分にとってはとても素敵な人だと思う人も、他の人から見れば付き合いにくい性格に見える場合もあります。

物事の感じ方は人それぞれです。

だからこそ、自分の考えが全てではないことを意識する事も大切なポイントです。

例えは、つんつんしている人はどうでしょうか。

きっと一緒にいる人は嫌な思いをする事もあるでしょう。

一緒に過ごす事が嫌だと感じる事だってあるはずです。

けれど、自分が嫌だと思ったからと言ってその人との関係を切る事が出来るかと聞かれればそんな事はありません。

自分の意思だけでは切る事が出来ないからこそ、人間関係は難しいのです。

どうせ切る事の出来ない関係なのであれば、どうすれば上手くやっていくいく事が出来るのかを考える事も大切な事なのではないでしょうか。

そこで今回はつんつんしている人との付き合い方についてご紹介させていただきます。

つんつんしている人とは、付き合いにくいという人が多いものです。

けれど、うまい付き合い方を考えていく事が出来れば、それだけでも自分の人間関係を良いものにしていく事が出来るようになる事でしょう。

そのヒントを得る為にも、是非参考にしてみてください。

つんつんした性格の人の7個の特徴

まずはつんつんしている人の性格の特徴についてご紹介させていただきます。

つんつんしている人と仲良くやっていく為には、まず相手の特徴を知る事が大切です。

特徴を知る事によって、どんな対応をすればいいかに気が付く事が出来るようになるでしょう。

その為にも、まずは相手の事を良く知り考える事が何よりも大切なポイントです。

1.細かなことが気になる


つんつんした性格の人の場合、周りの人に対する警戒心を強く持っている傾向にあります。

だからこそ、小さな事に対しても気が付き意見を言いたくなってしまうのです。

細かな所が気になるからこそ、それを相手に指摘する事によって揉め事の原因になってしまう事もあります。

自分としても、細かいことをいちいち指摘される事に対していい気分になる人は少ないと思います。

それが続けば嫌な気持ちになり嫌いになる事だって十分考えられます。

だからこそ、細かなところが気になる人はなかなか他人と分かり合う事が出来ないのかもしれません。

相手の事を理解する事が出来ていないからこそ、指摘されたことについていちいち本気になりイライラしてしまうのかもしれません。

元々つんつんしている人は細かい事が気になりやすい人だという事が分かっていれば、そこにいちいち腹も立たないのではないでしょうか。

そればかりか『また言っているな』と受け流す事が出来るようにもなるのです。

細かい事が気になる人の発言を全て受け止めていたらこちらも疲れてしまいますよね。

人それぞれ言われたくない事もあります。

それでもなお、大人の対応をする事が出来るようになればそれだけ平和な時間を維持する事が出来るようになるはずです。

2.笑顔になることが少ない

つんつんしているという事は、それだけ常に心がイライラしているのでしょう。

イライラした気持ちが心の中に充満していると、表情も自然とこわばってしまうものです。

本当は楽しい出来事であるはずの事も、つい仏頂面で対応してしまうのです。

せっかく楽しい時間を過ごしているのにも関わらず、相手が仏頂面をしていたらどうでしょうか。

こちらまでなんだか嫌な気持ちになってきてしまう人が多いでしょう。

空気が悪くなってしまい、結果的に周りの人を巻き込む事となってしまいます。

笑顔が少ない人と一緒にいたいと思う人は、そういませんよね。

そんな人とはなるべく関わりたくないと思ってしまうかもしれません。

人間は中身が大切だとは言われますが、どんなに中身が素晴らしい人であったとしても、その中身を知ろうと思って貰う事が出来なければ意味がありません。

周りを寄せつけず、世界を敵に回しているような姿で過ごしているような人に対しては、親しくなりたいと思う事はないのではないでしょうか。

そんな事実を知る事も大切なポイントです。

心がつんつんしているからこそ、笑顔が少ないことも当然と言えば当然です。

問題なのはそこに自分が気が付いていないという事かもしれません。

自分は普通にしているつもりなのに周りの人とうまくやっていく事が出来ない。

なんとなく嫌われているような気がする。

そんな気持ちを持っている人は、もしかしたたら知らず知らずのうちに、つんつんとした態度をとってしまっているのかもしれません。

いつも機嫌が悪そうに見える

つんつんしている印象になるという事は、常に心の中にとげを出して生活しているのでしょう。

そんな心を持って生活していると、自分では普通にしているつもりでも周りから見ると機嫌が悪そうに見える場合もあります。

なんとなく話しかけにくい。

かかわりを持たない方が良いのかもしれない。

そんな風に思われてしまうことも多いでしょう。

それは自分にとってもデメリットのはずです。

自分に自覚が無い場合でも、周りの人に嫌な思いをさせてしまっている事は良くあることかもしれません。

その中にはつんつんしている人の行動も含まれているのでしょう。

いつも機嫌が悪そうにしている人を見れば、こちらまで嫌な気分になってしまうという人も多いと思います。

自分の行動によって周りの人との関係を悪いものにしている可能性もあります。

周りにいる人は、つんつんしている人が不機嫌そうにしていたとしてもあまり気にしない事です。

きっとそこには大きな意味はないからです。

自分の中で処理する事が出来ない気持ちをただただ周りにぶつけてしまって、感情が顔にも出てしまっているのだと思います。

3.自分に甘く他人に厳しい

つんつんしている人は、他人に厳しい傾向にあります。

厳しいからこそ、つんつんしているような印象を多く持たれてしまうのかもしれません。

本来、他人に厳しい事は悪いことではないはずです。

それだけ物事に足して真摯に向き合っていると言えるからです。

では、なぜ周りの人から煙たがられてしまうのか。

それは他人には厳しいものの自分には甘くなってしまう場合が多いからです。

他人に厳しいにも関わらず、自分の事を棚に上げた発言が多いからこそ周りの人から批判される原因となってしまいます。

他人に厳しい人もの中には自分にも厳しい人もいます。

そのような人の場合には、何か言われた人も素直に納得する事も出来るでしょう。

それだけ一生懸命やっているのだとかじる事が出来るようになるはずです。

にも拘わらず、他人に厳しいのにも拘わらず自分に厳しい人の場合には周りの人が嫌になったとしても不思議ではないでしょう。

4.プライドが高い


プライドの高さは自分らしく生きていく為に必要な事でもあります。

そのプライドが自分を支えているという人もいるでしょう。

けれど、何事も過ぎてはいけませんよね。

プライドの高さも高すぎれば自分自身が生きにくい環境を作り出してしまう結果となってしまいます。

プライドが高い人の場合、なにか困ったことがあったとしても他人を頼る事が苦手なのでしょう。

その為いろいろな事を一人でこなさなければならないのです。

ですが、人間一人に出来ることには限界があります。

その為、結果的に自分を苦しめる事になってしまうのです。

また、何か新しい事に挑戦する際もプライドが高いことによって失敗を恐れ挑戦する事が出来ないという事もあるかもしれません。

失敗を経験として捉えるにも、柔軟な心が必要なのです。

それをする事が出来ないうちは、いくら新しいチャンスが出てきたとしても、それを自分のものにする事は出来ないはずです。

プライドが全くない人はきっといないでしょう。

皆何かしらのプライドを持って生きています。

ですが、それをあえてあからさまにアピールするような人は周りから良くは思われないでしょう。

本当に人間として出来ている人は、自分のプライドをうちに秘め周りの人と対話しながら生きていく事が出来る人なのではないでしょうか。

5.周囲の人と交流しようとしない

生きていれば、必ず誰かと交流しなければならない機会に遭遇する事でしょう。

その際、その機会は上手にこなす事が出来るかどうかによって自分の人間関係を上手く過ごしていく事が出来るかどうかが変わってきます。

周囲の人と自ら関わろうとせず、コミュニケーションを取らない選択をする場合には、それによって出てくるデメリットも自分で受け止めなければならなくなります。

周囲と交流をしないようにした所で、全く取らないことはできないのではないでしょうか。

きっと自分の中で勝手に遮断してしまっているだけで、その時点で既に交流は生まれているのです。

だからこそ、結果的にその行動は周りの人からみるとつんつんしている行動に見えてしまっているのでしょう。

自分では一人で生きていく事が出来ていると思っていても、実際には多くの人に支えられて生きている事を忘れてはいけません。

だからこそあえてコミュニケーションを放棄するということは、周りの人を困らせてしまう行為になってしまうのです。

その事に気が付かず、自分の殻に閉じこもっている姿はまさに子供のする事です。

つんつんしている態度をしたところで、自分が周りの人に支えられて生きている事実に変わりはありません。

だからこそ、その事実をもっと真摯に受け止め大人の対応を取る事が重要と言えるでしょう。

自分の世界に閉じこもりがち

本来であれば、自分の周り人いる人たちとは上手くやっていきたいものです。

周りの人との関係を上手に作っていく事によって、人間関係を円滑に過ごす事ができるようになるのです。

だからこそ、周りの人とできるだけ上手に付き合っていきたいと思う人も多いと思います。

ですが、つんつんしている人の場合には、その考えがあまりないのかもしれません。

自分の今現在の状況だけを見て過ごしている場合があります。

今の行動は未来に繋がっています。

だからこそ、今の関係を大事にする事が出来ない人は未来を大事にする事が出来ていないという事になるのです。

自分の世界に閉じこもる事は簡単な事ですが、それでは何も得る事は出来ません。

世間に敵意を向けている所で、プラスになることは少ないと思います。

その基本的な事に気が付く事が出来るかどうかが大切なポイントなのです。

6.友達が少ない

あなたが友達を作る際、一体どんな人と友達になりたいと思うでしょうか。

一緒にいて楽しいしい人や安心感を得る事が出来る。

そんな人と一緒にいたいと思うはずです。

そんな人であれば友人になりたいという気持ちをもったとしても不思議ではありません。

逆に、つんつんしている人と友達になりたいと思う人はそういるものではありません

例えつんつんしていたとしても、本当の人間としての良さを理解してくれるような人に出会う事が出来るのであれば、友情を理解する事も出来るはずです。

けれどそうではない場合、第一印象が大切なポイントとなります。

だからこそ、周りの人に対してつんつんしている態度を取っている人は周りの人から距離を置かれてしまいます。

それが結果的に、友達が少ないことに繋がってしまうのでしょう。

友達が少ない事が悪いのではありません。

例え少ない友人だったとしても、本当に信頼しあう事が出来る人と仲良くする事が出来るのであればそれでいいと思います。

けれど、そうではなく自らの行動によって周りから人がいなくなっている状況なのであればそれは問題であり、反省すべきなのだと思います。

自分のつんつんしている態度が、結局周りから人を遠ざけてしまっているのです。

自分が選んだ道とはいえ、その状況は決していいものだとは言えませんよね。

いつか困ったことに巻き込まれてしまう可能性もあります。

だからこそ、自分と友人との関係をしっかりと見直していく気持ちを持っておきましょう。

周囲の人が近寄りたがらない

よほど大事な人ではない限り、わざわざつんつんしている人と関わりたいと思う人は少ないと思います。

それは自分が嫌な思いをする可能性が高いからです。

友情は我慢して作るものではないからこそ、態度が悪い人はどんどん自分の周りから人がいなくなってしまいます。

人が自分の周りからいなくなって初めてその問題に気が付いたとしても、それはもう遅いのかもしれません。

だからこそ、自分の行動を客観的にみる事も大切なポイントです。

大きな理由があり、つんつんしているのであれば仕方がないこともありますが、そうではない場合には自分の安易な行動によって周りの人を困らせてしまっている可能性もあります。

知らず知らずのうちに嫌われる道を進んでしまっている可能性だってあるのです。

そうならないようにする為にも、自分の行動には責任を持ちましょう。

7.自分ではつんつんした性格を直したいと思っている

つんつんした性格の人の場合、自分の好きなように好き勝手生きているように見える事でしょう。

ですが、その中には自分の性格を直したいと思っている人もいます。

今の性格が必ずしも良いものではないという事をわかっているのです。

周りの人から見てもつんつんしている性格は、なかなか付き合いにくいものです。

そのせいで周りの人が離れていく事もあるでしょう。

それは自分が一番強く感じる事なのではないでしょうか。

自分の周りから人がいなくなっていく。

周りの人から嫌われてしまっている。

そんな状況を感じ取る事によって、自分の性格を直したいと思うのです。

よほど意思の強い人ではない限り、周りの人から嫌われてる状況をよしとする事などできないでしょう。

出来る事なら周りの人とうまくやっていきたい・好かれたいと思うはずです。

そもそもの原因がつんつんしている人なのですから、仕方がない部分もあるものの人はつい自分の事は棚に上げがちです。

その結果、このような状況になってしまっているのかもしれません。

直したくても直せない

つんつんしている性格は、そう簡単に直せるものではありません。

自分の中でどうにかして直そうと心がけていたとしても、つい気を抜くとつんつんしてしまうのです。

それだけ一度しみついた性格を直す事は難しいことなのかもしれません。

他人から見ればわざとやっているように見える事も、自分ではそうするしかないなんて事もあるのです。

直したいと言う希望があるのであれば、その気持ちを全面に出す事が大切です。

例え結果が伴っていなかったとしても、そうしてた気持ちがあると言うだけでも周りの人からの印象は変わるかもしれません。

きっと努力をしているんだなという事を感じ取って貰う事だけでも自分の気持ちが伝わるというものです。

人の気持ちなど、そんな小さなことで変わっていくのです。

だからこそ、周りの人ともっとうまくやっていきたいという気持ちがあるのであれば、その気持ちを大切にしていってください。

つんつんした性格の人との付き合い方

ここからはつんつんしている人との付き合い方についてご紹介させていただきます。

自分としては別に付き合いたくないと思ってる人も、付き合わざるを得ない事もあるでしょう。

自分では決める事が出来ない人間関係も大人になると沢山出てくるのです。

だからこそ、その中でいかに苦手な人とも楽しく付き合っていく事が出来るかどうかを意識して考えていく事が大切です。

それをする事が出来るようになれば、自分の中の負担も少なくなるというものでしょう。

向こうから話しかけてくるまでは放っておく

つんつんしている人と付き合うには、向こうから話しかけてくるまで待つことがいいでしょう。

変にこちらから話しかけてしまうと、相手の感情を逆なでする結果になる場合もあります。

そのせいで余計に不機嫌になる事もあるでしょう。

せっかく話かけているのに、そんな対応をしたら嫌な気持ちになるはずです。

だからこそ、自分の気持ちを守る為にもあえて無駄に傷つく方法を選ぶ必要はないのではないでしょうか。

向こうから話しかけてくるという事は、それだけ何らかの意味があるのでしょう。

機嫌が良いだけかもしれませんが、とりあえず話す意思はあるという事です。

だからこそ、その意思を尊重するのです。

相手に合わせる事によって、結果的に自分を守る事にもつながるでしょう。

なぜつんつんした性格になるの?

つんつんした性格の人は、そもそもなぜそんな性格になってしまうのでしょうか。

その疑問を解決する事によって、その人の人となりを理解する事が出来るようになるかもしれません。

そうする事によって、見えてくるものもあるはずです。

もし、自分がつんつんした性格ではないと思っている人も実際には周りの人からそう思われている可能性もあります。

自分の事は意外と分からないものなのですから。

だからこそ、周りの人から見た自分を冷静に判断する事が出来るようにする為にもつんつんした性格になってしまう原因を知り、それが自分に合っているのかどうかを考えてみてください。

そうする事によって、その問題点について早めに気が付く事が出来るようになる事でしょう。

そもそもつんつんした性格とは?

『つんつんした性格』と聞いていったいどんな性格を思い浮かべるでしょうか。

多くの人が、きっと付き合いにくいようなとっつきにくい性格を連想するはずです。

そのイメージは間違ってはいないと思います。

そのイメージがある事によってより一層周りの人が離れていく事になるでしょう。

つんつんした性格を持っている場合、そのせいで周りの人とうまくかかわる事が出来ないのはよくある話です。

自ら周りに敵を作ってしまうからこそ、理解して貰う事が難しくなってしまうなんて事もあるものですから。

自分の性格を客観的にみる事は難しい面も多々ある事でしょう。

しかしながら、その性格を改めて考え受け止める事が出来るようになれば、自分自身の足りない部分や何を変えていけば良いかという面が見えてくる事でしょう。

だからこそ、自分の性格を改めて見直すという意味でもきちんとした行動を取らなければいけないのではないでしょうか。

つんつんした性格になる原因とは?

人間の性格が作られる要因は様々なものがあります。

もちろん、もともと生まれ持った性格もあるでしょう。

だからこそ、同じ親から生まれ同じ環境で過ごしたとしても全く違った性格の二人になるのです。

ですが、だからと言って生まれ持った性格が全てではありません。

その後、自分の性格を作り出していくのはその後得た経験とも言われています。

多くの経験をする事によって、段々と自分の性格が作り出されていくのです。

それがあるからこそ、人の性格は色々なものに変化していくのでしょう。

沢山の人と付き合っていく中で、なかにはなんでこんなに性格が悪い人がいるんだと驚くような人に出会う事もあるかもしれません。

その人たちのせいで嫌な思いをする事だってあるでしょう。

けれど、本人としても自分のせいだけではないからこそどうにもできなかったなんて事もあるのです。

物事は、一方向からしか見ていないと正しい判断が出来なくなってしまうものです。

だからこそ、正しい判断をする為にも、自分の周りにいる人々の状況を冷静に判断できるようにしていきましょう。

親の教育の影響

人が人を育てる事はとても難しいものです。

自分では正しい事を教えているつもりでもそれが間違っている場合もあるのですから。

また、それによって子供の性格を変えてしまう場合もあります。

勿論、親としても子供にはまっすぐに育て欲しいと思っているでしょう。

だからこそ、自分がやっている事が正しいと思って行動している人が多いと思います。

けれど人間は間違える生き物です。

わざとではない行為が、結果的に子供にとって良くない影響を与えてしまっているという事もあるのです。

親から子供への影響は様々な場面で現れていきます。

親の常識がそのまま子供の常識になることが多いと思います。

そのせいで歪んだ考え方が伝わってしまう場合もあります。

最近では毒親と呼ばれるような人も多く、親だからと言って必ずしも正しい人ばかりではないとい事実に社会が気が付き初めています。

つんつんしている人は、周りから距離を取られがちです。

それははたから見れば自分のせいのように見える事でしょう。

ですが実際には、そう育てられてしまった被害者という考え方もあります。

自分の感情だけで物事を決めるのではなく、冷静に物事を見定める事が大切です。

周囲の人間関係の影響

周囲の人の影響は大きいものです。

自分が正しいと思ってしている行動も、それが周りの人から批判され続ければ段々と自信はなくなっていくものです。

その自信がなくなる事によって、周りの人の意見に合わせていくようになっていく事もあります。

それが結果的に自分の性格を変える要因となる場合もあります。

社会に出ればいろいろな人に出会う事でしょう。

優しそうに見える人でも、実際には一癖も二癖もあるような人だっている事でしょう。

その人と付き合っていく中で、自分の性格が変わっていく事もあるのです。

だからこそ、付き合う人間を選ぶこともまた大切なポイントです。

もし、その人の事を好きではないと言う気持ちがあるのであれば関わらない道を選ぶこともできます。

自分を守る為にも、付き合う人間は冷静に考えていきましょう。

自分でつんつんしているという自覚はある

つんつんしている性格の人は、周りの人とうまくやっていく事が出来ない傾向にありす。

それは自分でも十分理解しているはずです。

自分の行動のせいで周りの人から嫌われてしまっている。

その事実に気が付いている人もいるのです。

だからこそ、そういう人はつんつんしている事が良くない事だと言うこも分かっています。

けれど、わかっているからと言って直す事が出来るかどうかはまた違った話です。

自分で分かっている事も、なかなか改善する事が出来ない事もあるのです。

周りの人からすれば、つんつんしている自覚があるのであれば直して欲しいと思うでしょう。

それは全く持ってその通りの話です。

ですが自分でもわかっているけれど直す事が出来ないからこそ、つんつんしている人の問題はなかなか解決する事が出来ないのかもしれません。

その気持ちを少し理解してあげる事も、つんつんしている人と付き合っていくには大切なことなのではないでしょうか。

笑顔を引き出してあげよう

あなたのまわりにつんつんしている人はいるでしょうか。

つんつんしている人が周りにいると、なんだか嫌な気持ちになるものです。

その人のせいで空気が悪くなるなんて感じる事だってあるかもしれません。

だからこそ、そんな人とは付き合いたくないと思うでしょう。

けれど、人間は自分の好き嫌いだけで付き合っていく事が出来るわけではありません。

時には自分の気持ちとは関係のない部分でかかわりを持たなければならない事もあるのです。

そんな時には、その人の事を嫌になるのではなく、いっそのこと笑顔を引き出してあげようと意識してみてください。

最初から嫌いになってしまうと、もうそこで二人の関係は終了してしまいます。

そこから良くなる事などないはずです。

けれどそうではなく、好きになろうと努力する事によって見えてくる事もあるはずです。

最初は嫌な人の印象しかなかった人も中身を知る事によってその人の事を好きになる事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、周りの人を柔軟に受け入れる気持ちを持つ事も大切です。

最近どうしてもつんつんしている人と関わる機会が多くなり、憂鬱に感じていた人は思い切ってその関係を楽しんでみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、今まで見えてこなかったものが見えてくるようになるかもしれません。

そんな風に苦手な人とのかかわりも、上手にこなしていく事が出来るようになればそれだけ人間関係のスキルを上げる事が出来るようになるという事です。

是非実際の生活に活用してみてください。