もうこれで失敗は怖くない!

恥ずかしい失敗をしたときの効果的な対処法をお教えいたします!

恥ずかしい失敗をしたときの8個の対処法!開き直ることも大切です

誰にでも失敗というものはあります。

しかし失敗するというのは嫌なものです。

特に恥ずかしい失敗をしてしまった時というのは何とも言えない気分になります。

そんな恥ずかしい失敗の対処法ですが、失敗を防ぐ努力をしたとしても100%失敗が起こらないとは限りません。

失敗をしてしまった時にどう対処するかが大切なのです。

その時の基本となる考え方は「開き直る」ということになります。

人間、いかに開き直って生きることが大切かを、恥ずかしい失敗は教えてくれます。

1.開き直る

開き直ると簡単に言いますが、なかなか実際に開き直って生きることは難しいです。

家族や友達、恋人、同僚などの人間関係の中で人間は生きているので、自分のやりたいように気ままに自由奔放に振る舞える人などごく少数しかいないのが現実でしょう。

そういったしがらみの中にいるから、失敗をすることが恥ずかしい、恥だと感じてしまうのだと思います。

そこをもう一度考え直して「開き直る」ことができるかどうかだと思います。

この時に考えるべきことは人の目など気にすることなどないということでしょう。

どうしても人の目が気になって開き直ることができないという人は多いと思いますが、人からどう思われようと関係ありません。

これはあなたの問題でありあなたの人生なのですから。

そう考えることで始めて力みがなくなって開き直ることができるのです。

人生の中で他の人よりもそういった意識をもって生活することができれば余裕をもって世の中が見えるようになってくると思います。

要は客観的に世の中を見ることができるということです。

視野が狭く近視眼になっている人が多い中で、全体を客観的、俯瞰的に見ることができる人間が抜け出すのです。

開き直ることも時には重要

毎回同じ失敗を繰り返しているのに反省もせず、改善しようともせずただ開き直っているというのはいけませんが、時には開き直りの精神でやることも重要なのです。

開き直ることの意図というのは、失敗を恐れるあまり行動が萎縮して小さくならないようにするためです。

失敗を恐れてばかりでは無難な言動しかできませんし、クリエイティブな発想がなくなってしまいます。

開き直ることでリラックスして伸び伸びとやるということが重要なのです。

2.堂々とした態度を取る

これだけたくさんの人間がいる世界で、誰が正しくて誰が間違っているかを全部わかるはずがありません。

ですから、私たちが人間を判断する基準というのは、その人が醸し出してる雰囲気みたいなもので判断していることが意外と多いのです。

ものすごく自信ありげで堂々としている人を見ると、それだけでこの人はできる人なのではないかという印象を抱きます。

逆に目線が定まらず、おどおどした人を見るとどこか頼りない感じがして弱い人間という印象を受けます。

ですからできる限り堂々とした態度を常にとっておくほうがいいのです。

それによって周りから軽くみられることはなくなると思いますし、一目置かれる存在になることができると思います。

失敗をしても堂々としていれば恥ずかしくない!

ある大御所の落語家の独演会があり、話もクライマックスに来ていよいよオチを言って終わりという直前に少し言葉を噛んでしまいました。

観客は一瞬、「間違えた」と思ったのですが、その落語家は間違ったそぶりなど微塵も見せずに堂々と舞台を降りていきました。

また、巨匠と呼ばれるピアニストがコンサートでミスタッチをしてもあまりにも堂々としているものだから、ミスも含めてその人の味と見られて称賛されていることもあります。

要は何が言いたいかというと、失敗をしても堂々としているべきだということです。

私たちも普段何かしら小さな失敗をすることがあると思います。

そういった時にいかに冷静に、堂々としていられるかどうかで決まるのです。

3.迅速に修正をする

一番いけないのがミスをほったらかしにして傷口を大きくしてしまい、大事になるということです。

できる限り失敗したときには迅速に対応、修正することが何より大切です。

すぐに失敗を修正できたら何の問題も起こりませんし、恥をかくこともありません。

うやむやにしてしまうからおかしなことに発展してしまうのです。

直ぐに修正できるものは修正をする

失敗にもいろんな失敗があります。

小さなものから大きなものまで。

ちょっと対処ができないような大きな失敗をしてしまった時には、一度落ち着いて客観的に解決策を考えたほうが賢明だと思います。

しかし、直ぐに修正できるような小さな失敗というのは、できるだけスピーディーに処理をするべきです。

修正するスピードが早ければ周囲に気づかれる可能性も減りますし、誰もあなたを咎めることはないでしょう。

小さなミスを犯したときにはいかに早くリカバリーできるかにかかっているのです。

4.知らぬフリをする


長い人生を渡り歩いていくためには、時は賢く立ち回ったほうが自分にも周りにとっても良いということは多々あります。

例えば大勢に影響がないような取るに足らないミスがあったとしても、そこを大げさに取り上げるよりも、ここは知らぬふりをしておいたほうがいいという場合もあります。

小さなこと一つ一つを拾い上げてそれを真面目に深刻に考えるということをしているとメンタル的にもたないと思います。

ですから小さなミスに関してはスルー、知らぬフリをするというのが一番いいのです。

恥ずかしい失敗をしていないと考える

とり方によっては自分の恥ずべき失敗だと思われるケースでも、自分には非はなく自分は失敗などしていないと考えるのです。

そうすることによって動揺することもありませんし、周りも自分の振る舞いは失敗ではないと考えてくれると思います。

明らかな自分の失敗は仕方がありませんが、どっちか微妙なケースは全て自分に非がないものとしてカウントしましょう。

できる限り自分は失敗していないと考えるのが賢明だと思います。

責任感の強い人は全てを背負いこんでしまう傾向にありますが、こういう人は疲れてしまって途中で挫折してしまう人も少なくありません。

自分の失敗と捉えないことが無責任ということではなくて、長く自分を保って社会で活躍していくために必要な術であると考えます。

5.言い訳をしない

恥ずかしい失敗とはどういう失敗でしょうか?

失敗というのは誰にでも起こることですから仕方がないと言えばそうなります。

問題は失敗が起こった後の対応のまずさにあるんだろうと思います。

一番カッコ悪い、恥ずかしいのは失敗の後に言い訳をするということです。

確かに自分の非を認めたくない気持ちは誰にでもあるでしょう。

自分以外に責任転嫁して自分の失敗としたくないのでしょうが、その行為が一番恥ずかしいという認識を持っておくべきです。

明らかに自分の失敗のくせに、それを認めず長々と言い訳をすることほどみっともないことはありません。

言い訳をしまうことは余計に恥ずかしさを出してしまう

「恥の上塗り」という言葉がありますが、失敗に対して言い訳をすることはまさに恥の上塗りと言える行為だと思います。

誰がどう考えても明らかに自分の失敗なのに言い訳をするのは失敗の上に失敗を重ねているのと同じです。

言い訳をすること自体が恥ずかしいことであるということを肝に銘じておく必要があると思います。

6.誰かに助けを求める

失敗をした時にはどう反応し、どう対処するかが大切であるということは上述の通りですが、失敗をしてしまった時にいかに開き直れるかということがまず基本にあって、自分でその失敗を抱え込まないというのも方策の一つです。

失敗してしまった時には隠さず公に公言して、助けを求めればいいのです。

そうすると大抵の場合誰かが手を差し伸べてくれるでしょう。

誰かに助けを求めるということをしたことがない人は、そこまでのハードルが異常に高く、全てを自分の中に溜め込んでしまうことがよくあります。

それがストレス過多を起こしてうつ病に発展したりするのです。

身近な人に助けを求めることもできる

失敗したからといって深刻に考える必要など何もないのです。

一人で思い悩むくらいなら、まずは家族など身近な人に相談してみるのがいいと思います。

身近な人にアドバイスを求めることで一気に解決できることも多いです。

一人で抱え込んでしまうとどうしても視野が狭くなり、自分の凝り固まった考えに固執してしまうことになります。

そうすると簡単で単純だった問題が複雑になり、解決が難しくなっていくのです。

7.後で反省会をする

人間である以上失敗というものは避けては通れないものです。

ですが、同じ過ちを繰り返さないよう学習することはできるはずです。

失敗したなら、その都度反省会をして、二度と同じ過ちを繰り返さないような対策をとることが何よりも大事です。

失敗して痛い思い、恥ずかしい思いをすることで、二度とこんな目にあいたくないと感じたならば、同じ失敗を繰り返さないよに気をつけるはずです。

失敗の後の反省、これが非常に大事です。

これをちゃんとやっている人と、何もやっていない人とでは後々大きな差となって表れることでしょう。

何もやっていないと必ずまた同じ過ちを繰り返すのが人間です。

必ず繰り返します。

いや、自分はそんなまぬけではないから同じ失敗は繰り返さないと考えていても繰り返してしまうのが人間なのです。

人類の歴史を見れば一目瞭然で、悲惨な戦争を起こしても、数年後にはまた同じ歴史を繰り返す、それが人間なのです。

自分に対して自信を持ち自分を信頼することは非常に大切ですが、失敗をしてしまった時には一度立ち止まって冷静にその失敗を分析し、自分のメカニズムからいかにそれを二度と引き起こさないようにするかを考えるべきです。

どういう思いをしたのか

同じ過ちを繰り返さないためには、失敗した時の自分の感情を心に記憶しておく必要があります。

恥ずかしくて心が痛いような思い、こんな思いは二度としたくないと思ったはずです。

失敗したとき自分がどういう思いをしたのかというのを忘れてはいけません。

忘れてしまうならまた同じ過ちを何度も何度も繰り返すことになるでしょう。

悲しいかな人間とはそういう弱い生き物なのです。

強く頭に、心に感情を記憶しておかなくては、簡単に変わることなどできません。

文字で書くのは簡単ですが、人間が変わるのは簡単ではないのです。

本当に難しいことなのです。

ですから本当に変わるためには、痛み、悔しさ、恥ずかしさというものをちゃんと覚えておくしかありません。

自分は二度とこんな思いはしたくないと自分で自覚しておくのです。

今後気をつけるべきことは何か

失敗を後悔し、反省する。

これは必ずすべきことですが、それだけではいけません。

今後同じことを繰り返さないためにどうするかの改善策をちゃんと自分の中で持っておかないことにはいけません。

今までよりもさらにタスクのチェックを徹底するだとか、自分目線ではなく常に客観的に全体を見るといったことに気をつけたほうがよいでしょう。

仕事は大部分がチームで行うものなので、自己中心的なものの考え方だけではうまくはいかないというのは感覚的にわかってくるだろうと思います。

なるべくシンプルにかつ、具体的に今後の行動について決めごとをしておくのがよいと思います。

例えば、浪費癖があっていつも大事なお金を使い込んでしまう人がいたとします。

何も決めずに今度からはちゃんと節約しようとあいまいな目標を立てていたら、必ずまたお金を使い込んでしまうことは間違いありません。

例えば、具体的に給料の一部を残して他は全て定期預金に入れて使えなくするとか、身内に手渡してその中から小遣いとしてもらうようにしておくとか、より具体的に変える行動をとらなければ同じことを繰り返してしまうでしょう。

それくらい人間というものは弱いものなのです。

楽なほう楽なほうへと流されていくのです。

それを止めるためには分かりやすく具体的な解決策、行動を決めておくということです。

8.メモをしておく


人間というのは忘れる生き物です。

自分の身に起きた様々な出来事を忘れることで、また新たなことを自分の中で消化することができるのだろうと思います。

記憶はどんどんと新しいものへと書き変わっていくので、大切なことはメモをするなどして記録しておかなければ忘れ去ってしまいます。

自分がした失敗についてもそうです。

何もしていないと脳は失敗を忘れ去ろうとしてしまうので、メモをとることをお勧めします。

それによって後で読み返した時に記憶が蘇ってくるのです。

仕事ができる人というのは往々にしてメモをよくとります。

それは失敗も含め、大切なことを忘れずにおこうという気持ちがあるから、メモをとるという行為にいたっていることを意味しているのです。

全てをメモすることは記憶することを放棄するから良くないという人もいます。

確かにそれはあるかもしれませんが、やはりメモは積極的にとっていくべきです。

非常に大切なことはメモをとってもとらなくても憶えているものです。

それよりももっと小さなことというのは記憶から消えていきます。

実はその中に重要なヒントが隠されていることが多いのです。

アイデアの断片であったり、誰かのちょっとした発言だったりが成功につながることも多いのです。

メモをとっている時というのは、こんなことをメモしておいても意味があるのだろうかと思うものですが、後で読み返すとわかることであったり、他のメモと合わせることによって意味のでてくるものなどがあるのです。