皆さんは、日々生きていく中で心がけていることはありますか?

「明けない夜はない」「明日は必ずやってくる」などとあるように、毎日は当たり前のようにやってきます。

しかし、それは決して当たり前ではないのです。

人生は一度きり、つまり、日々には限りがあるのです。

日々をいかに有意義なものにするか、それによって、人生をより良いものにできるかが変わってくるのではないでしょうか?

それには、今この瞬間をいかに大切にするかが鍵となってきます。

あっという間に過ぎ行く「瞬間」を1つ1つ大切に生きることによって、あなたの人生の輝きは何倍にも何十倍にも増していくことでしょう。

今回は、「今この瞬間を大切に生きるための25個の考え方」と題しまして、皆さんとともに、この瞬間をより良いものとしていきたいと思います。

それでは、しばしお付き合いください。

あなたは今幸せですか?

唐突ですが、「あなたは今幸せですか?」と聞かれた時、あなたは何と答えますか?

幸せと一言で言っても、その内容は人それぞれであって、数も無限に存在しています。

心から「幸せ!」と言える人もいれば、「そこそこ幸せ」、「言うほど幸せではない」など、様々な意見があるでしょう。

「人生、楽あれば苦あり」とあるように、楽しいことばかりではありません。

思わず逃げ出したくなるような、辛い出来事に直面してしまうこともあるでしょう。

逃げ出したいと思う気持ちは否定できませんし、理解できます。

しかし、そこで逃げてしまうと「逃げる癖」がついてしまいます。

嫌なことがあるたびに逃げてしまい、幸せの範囲が狭くなってしまうでしょう。

では、幸せになるためにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、下記のポイントにてご紹介します。

幸せになる鍵は今を大切に生きること

「幸せになる鍵は今を大切に生きること」、これに尽きます。

なぜなら、今を大切に生きられない人は、未来を生きることはできないからです。

今は未来につながるものです。

だからこそ、今を大切に生きなければいけないのです。

その時が良ければそれで良いと言うのも一理はあるでしょうが、それがいつまでも続くわけではありません。

安定な幸せを得るためには、今を安定させる必要があります。

そのためにも、後先を考えることも大切となってきます。

誰しも、未来がどうなるかは予想ができませんが、だからこそ、今を大切に生きることで未来につなげることが必要となってくると言えますね。

それらを積み重ねていくことで「未来」をより良いものに変化させていくことができ、未来にも希望を持てるようになるのではないでしょうか?

今この瞬間を大切に生きるための25個の考え方とは

それでは、今この瞬間を大切に生きるためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

そのためには、まずは考え方から見直す必要があります。

考え方1つで、その後の価値観や行動は大きく変化していくでしょう。

こちらでは、25個の方法をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.自分の心に忠実に生きる


1個目は、「自分の心に忠実に生きる」です。

自分の心ほど、正直なものはありません。

しかし、自分の心のままに生きていけることばかりではありません。

例えば、人に合わせなければならない、自分の我が通らないことが往々にしてあります。

どちらも仕方ないと言ってしまえばそうですが、それに慣れてしまって、自分の心をないがしろにしてしまうことが問題となります。

結局、最後に決断を下すのは自分自身です。

その時、自分の心に嘘をついたままでは、納得する決断を下すことはできないでしょう。

自分の心に響かないのであれば、「違う選択肢を選ぶ」こともまた決断なのです。

2.人の意見に左右されない

2個目は、「人の意見に左右されない」です。

人の意見は、時として自分を惑わせます。

まっとうな意見だからこそ納得することもあれば、突飛な意見だからこそ反発したり、なぜか納得してしまうこともあるでしょう。

それはそれで良いのです。

ただ、あまりに人の意見に左右されてばかりいると、主体性がなくなってしまいます。

水の流れに流されるように、自分で判断する能力が衰えてしまい、自分で考える機会をなくしてしまうでしょう。

「人は人、自分は自分」です。

人の意見を聞いたり、参考にするのは良いですが、まずは自分で考え、自分の意見を持つことを忘れないようにしましょう。

3.心を強くする

3個目は、「心を強くする」です。

心は、強い面もあれば、弱い面もあります。

同じことでも、ある人にとっては大したことはなくても、ある人にとっては大きな衝撃とともにショックを受けることもあります。

また、外見は強そうに見えても、内面は脆(もろ)い人もいれば、逆に、大人しそうに見えても、内面は芯が強く、たくましい人もいます。

心は目に見えないものだけに、その強さの度合は傍から見ただけでは全てを理解することはできません。

心を強くするには、まずは「自分の弱さを知る」ことから始まります。

そのうえで、弱さの原因や苦手なことに真正面から向き合うこと、あらゆる可能性を視野に入れて「物事に動じない心を育てていく」ことが肝要と言えるでしょう。

4.人の嫌なところより良いところを見る

4個目は、「人の嫌なところより良いところを見る」です。

人は、人の嫌なところに目がいってしまうものです。

嫌なところに目がいけばいくほど、どんどんその人のことを嫌いになってしまうでしょう。

とは言え、それは仲の良い人も例外ではありません。

どんなに仲の良い人であっても、ふとした瞬間に「嫌なところ」を目の当たりにすることで、それまでは思っていなかった感情が芽生えることがあるでしょう。

しかし、それは多かれ少なかれ相手があなたに感じることでもあるわけです。

完璧な人がいないように、人は欠点があってこそ、愛嬌や親近感が芽生えるのです。

良いところだけをクローズアップしてみれば、相手がどんどん魅力的に思え、嫌なところは覆い隠されるでしょう。

5.陰口、悪口を言う人間は相手が羨ましい場合がほとんどだと思う

5個目は、「陰口、悪口を言う人間は相手が羨ましい場合がほとんどだと思う」です。

言われる側としてみたら、たまったものではないことは確かです。

理由はどうあれ、人の陰口や悪口を言う行為は、最低極まりないことです。

しかし、陰口や悪口を言うのは、その対象となる相手への嫉妬や羨望(せんぼう)があるからと言う説もあります。

自分にはないものを持っている、いつも人の中心にいて目立っているなど、羨ましいと思う理由があるからこそ、その反動で陰口や悪口を言ってしまうようです。

つまり、対象に「関心がある」からこそ、陰口や悪口を言ってしまうと言えるでしょう。

ただ、対象を羨ましいと思う自覚がない、あるいは、羨ましいと思うことが悔しいと言った気持ちの表れかもしれません。

6.今あるもの、ことに感謝する

6個目は、「今あるもの、ことに感謝する」です。

今、あなたの周りにあるもの、こと、それは当たり前のように存在している、ように思うでしょう。

そのことに何の疑問も持たず、あって当然、むしろ「もっとこうだったら良いのに」などと不満を感じている人もいるかもしれません。

このように、何かを求めることが悪いわけではありません。

ただ、感謝することを忘れてしまっていることが問題なのです。

全てのものやことは、あらゆる人たちの支えがあってのこと、自分の周りにあるものやことは、周りの人たちの支えによるものと心得、改めて「ありがとう」の気持ちを持ちましょう。

7.すべてをプラスに変換する

7個目は、「すべてをプラスに変換する」です。

人生には、プラスだけでなく、マイナスが存在します。

マイナスな事態が発生した時、人はマイナス思考に陥ることが少なくありません。

一度マイナス思考に陥ると、それは悪循環となって、あなたを蝕(むしば)んでいくでしょう。

それだけでなく、さらなる「悪いこと」までも引き寄せてしまうことになります。

どんなことにも良し悪しがあるように、マイナスなことの中にもプラスのことがあります。

それを見出せるかどうかで、あなたの意識や心持ち、状況が大きく変わるはずです。

8.本当に必要なものに囲まれる

8個目は、「本当に必要なものに囲まれる」です。

「あれもこれも、自分にとっては必要!」と言った意見が聞こえてきそうですが、少しだけ聴いてください。

ミニマリストとまではいかないまでも、余計なものを置かないことは、自分の意識に影響を与えます。

某人気ドラマでの台詞を借りるなら、「なくても困らないもの」を挙げてみてください。

収納のプロが紹介していました方法を紹介すると、以下の流れとなります。

特にこれと言った理由はないけれど、何となく置いてあるものはありませんか?

そうしたものや、1年以上触れていないものとは「お別れ」することをお勧めします。

いきなり「お別れ」できなくても、ダンボールなどに一か所にまとめていれておいて、さらに1年触れなかった時こそダンボールごと「お別れ」しましょう。

そうして最後に残った「必要なもの」に囲まれることで、より充実した生活を送ることができるでしょう。

9.今生きていることに感謝する


9個目は、「今生きていることに感謝する」です。

生きていること、これもまた「当たり前」ではありません。

様々な「奇跡」に満ち溢れた「副産物」と言っても良いでしょう。

たとえ、毎日が同じルーティンの繰り返しであっても、ドタバタと忙しない毎日であったとしても、全ては「生きている」からこそ存在するのです。

命あるものには、寿命と言う名の限りがあります。

だからこそ、生きていることに感謝し、限りある人生を自分流に有意義に過ごせるようにするのでしょう。

感謝の気持ちが根底にあれば、人生を前向きに生きていくことにもつながるでしょう。

10.誰かと比べない

10個目は、「誰かと比べない」です。

人は、自分と誰かを比べることで、優越感に浸ったり、逆に劣等感に苛(さいな)まれることが多かれ少なかれあるものです。

前者の場合、そうすることで自分の自信を保ったり、相手を軽んじることがあります。

後者の場合、相手を越えてみせようと自分を鼓舞するきっかけになったり、ますます自信をなくすなどがあります。

いずれにしても、「自分は自分、人は人」「みんな違って、みんな良い」と切り替えることが大切です。

誰かと比べることで自己満足するにしても、自己嫌悪に陥るとしても、そこから自分を成長させることができないのであれば、自分にとって無益なものでしかありません。

誰かと比べないことで、自分の気持ちもきっと楽になって、より自分らしさを生かすことができるようになるでしょう。

11.ネガティブな思考になる映像はなるべく見ない

11個目は、「ネガティブな思考になる映像はなるべく見ない」です。

ネガティブな思考、それはまさに「底なし沼」のように、暗く澱(よど)んだものとなります。

一度ハマったが最後とまでは言いませんが、そこから急にポジティブな思考に変えるのは至難の業と言えるでしょう。

視覚に訴えてくる「映像」もまた厄介です。

一度見たものは、記憶となって、何かしらのきっかけで思い出すことになるでしょう。

そうした「諸悪の根源」となるものは、「見ない!」に越したことはありません。

完全に見ないのは無理であれば、「なるべく見ない」を死守しましょう。

12.人を蹴落とす人間とは距離を置く

12個目は、「人を蹴落とす人間とは距離を置く」です。

人を蹴落とす人、それは「自分さえ良ければそれで良い」と言う人です。

つまり、自分以外の人のことは「どうでも良い」わけです。

たとえ本人曰(いわ)く、「大義名分」な理由があったとしても、人を蹴落として良い理由にはなりません。

むしろ、そうした理由を持つ人は、目的の為なら何をしても良いと思っていることが多いです。

なので、人を蹴落とす人間とは距離を置いて、極力関わりを持たないようにしましょう。

13.悪いことをしたら謝る

13個目は、「悪いことをしたら謝る」です。

これは、人として当然のことです。

謝る、それは自分の非を認めると言うことです。

謝らなければならないことなら、最初からしなければ良いと言えばそれまでです。

しかし、人は生きている中で過ちを犯すいきものです。

その時、きちんと反省して二度と同じ過ちを繰り返さないようにするか否かで、その後が大きく変わってきます。

悪いことをしたら「すぐに」謝る、これを心がけましょう。

そして、ただ単に謝るだけでなく、いかに自分が悪いことをしたかと言うことをしっかりと自覚し、心から反省しましょう。

14.日々小さな目標を達成する

14個目は、「日々小さな目標を達成する」です。

目標は、ただ大きければ良いと言うものではありません。

「継続は力なり」とあるように、毎日努力し続けることが大切なのです。

すぐに達成できる小さな目標をこなしていき、それを習慣化することで、いつの間にか意識しなくてもできるようになるのです。

できることが増えていけば、自尊心が高まって、自分に自信が持てるようになり、自分の魅力も上がっていくでしょう。

まさに、「塵も積もれば山となる」ですね。

小さなことからコツコツと続ける、これが目標を達成するための原動力となるでしょう。