恋愛や仕事、人間関係などなど何か失敗をしてしまった時に、その失敗体験をいつまでも引きずってしまうという事はありませんか?

過去の事をいつまでも引きずるのはやめようと思っていてもついつい考えてしまう人も少なくありません。

そんな引きずりすぎてしまう人の特徴と、引きずりすぎてしまわない様にする方法をご紹介していきます。

「あの時ああしていれば…」といつまでも引きずっていることありませんか?

何かを失敗してしまった時に「時間を巻き戻したい」と思った事のある人は少なくないでしょう。

あの時ああしていれば…と失敗する選択を後悔してしまった事のある人はこんな事を考えている事が少なくありません。

時間を巻き戻したい


SFなどでよくあるタイムトラベルができれば、失敗をしてしまう前に戻って失敗を回避する事ができるのに…と考える人も居る事でしょう。

しかし、それは非現実的過ぎて考えるだけ無駄な現実逃避に過ぎません。

失敗した現実から目を逸らす

時間を巻き戻したい、あの時違う選択をしていれば…というのは、絶対に起こし得ない事です。

それを考える事で失敗してしまった現実から目を背けようとしている要素がかなり大きいと言えます。

また失敗してしまうかもしれない

失敗を引きずる人の中には、今後また同じ失敗をしてしまうかもしれない、と異常に怖がる引きずり方をしてしまう人も居ます。

このタイプの人は元々繊細だったり傷付きやすい人が多いと言えますね。

失敗がトラウマになっている

同じ失敗というのは基本的には繰り返しにくいものです。

人間は経験から学ぶ生き物なので、一度失敗すると同じ失敗を繰り返さないように工夫する学習能力を持っています。

それでも「また失敗してしまうかも」と考える人は、今回の失敗で何らかのトラウマを作ってしまい自分に自信が持てなくなっている状態なのかもしれません。

失敗した原因を探る

一見すると、再び同じ失敗を繰り返さないために失敗した原因を探るのは良い事ですが必要以上に失敗した原因を探る人が居ます。

このタイプの人は、何か自分以外の要因であwる失敗原因を探している事が少なくありません。

失敗を他人のせいにしたい

自分以外の失敗原因を見つける事で「今回の失敗は自分のせいじゃなかった」と他人に失敗を押し付けようとしている傾向にあると言えます。

他人に言及しなくとも「他人のせいだ」と思い込む事で自分の中で失敗してしまった事を消化しようとしているという見方もできますね。

責任転嫁すると同じ失敗を繰り返す

他人に責任を押し付けて責任転嫁すると、自分の失敗として学ぶ所が無く同じ失敗を繰り返してしまうリスクが大きくなってしまいます。

同じ失敗を繰り返す人の多くは失敗を自分のミスとして真摯に受け止められない人が多いと言えますね。

恋愛や人間関係を引きずりすぎてしまう人の共通点12個とは


恋愛や人間関係における失敗をひきずりすぎてしまう人にはこんな共通点がありました。

思い当たる節が無いかチェックしてみましょう。

自分に自信がない

自分に自信がない人というのは恋愛や人間関係の失敗を引きずりすぎてしまう傾向にあります。

失敗してしまうのは仕方ないにしても、自分に自信が無いあまり全ての原因を自分のせいだと思い込んで必要以上に自分を責めてしまうのです。

「自分が悪かった」という曖昧な原因だけでは失敗した原因を学習する事ができず、無駄に自分を責め続けるだけになってしまいます。

相手の非を自分の非にしてしまう

例えば相手の浮気が原因で恋人と別れる事になってしまった事を引きずってしまい、相手に浮気をさせた自分の魅力の無さが原因だった、と自分を責めて「相手は悪くない」「自分が悪かった」と失敗を引きずる人は意外と少なくありません。

冷静になれば、どう考えてもどんな不満があったとしても、それを誠実に恋人に伝えずに浮気に走った方に原因があるのにも関わらず未練を持ち過ぎるあまり自分を悪役に仕立て上げてしまうのです。

そんな事を繰り返していく内に自己肯定感が薄くなってしまい自分に自信が持てなくなっていってしまいます。

一途

一途な人は相手の事を想うあまり恋愛や人間関係で失敗した時に引きずりすぎてしまう傾向にあります。

一途で引きずりすぎてしまう人の多くは、依存しやすい性格である事が多いですね。

相手の存在によって自分が成立しているのだと勘違いしてしまっているために、相手との関係が悪くなってしまうと、自分一人でどうしていけば良いのか分からなくなってしまいずっと相手の事をひきずってしまうのです。

逆恨みしやすい

一途な人ほど、相手への想いが強い人はいないでしょう。

その分、相手の非を認めてしまうと悪い意味でひきずってしまう場合も少なくありません。

一途な人は単純な性格の人が多く好意だった気持ちが反転して一気に憎悪に変わってしまう事もあります。

相手に対して嫌悪感を見せつつも執着してしまうという人はこのタイプである可能性が高いです。

完璧主義

完璧主義な人は、恋愛や人間関係について失敗してしまったという事実に対して引きずってしまう事が多いです。

相手への執着はないのですが「失敗してしまった」という事に対して完璧にこなせなかった汚点のように感じてしまいがちです。

完璧主義な人ほど、失敗に対してトラウマを感じてしまう傾向にあります。

相手への想いは引きずらない

完璧主義で引きずりやすい人というのは、失敗してしまった事柄に対して気持ちを引きずってしまっているので相手へ想いや執着は殆どありません。

寧ろ、相手から関係の修復を求められても「また失敗してしまうかもしれない」という事柄に捉われて関係修復を拒む人も多いと言えます。

過去が美化されている

どんなに最悪な終わり方をして関係が途切れてしまったとしても、過去を振り返った時に良い思い出ばかりを思い出す人というのも引きずりやすい人であると言えますね。

過去を自分の脳内で美化する事によって、自分の心の傷を癒そうとしているのでしょうが返って相手の事を吹っ切るチャンスを逃してしまっているとも言えます。

悲劇のヒロインになる

過去を美化して引きずってしまう人の多くは、被害者意識が高く自分を悲劇のヒロインのように思って「相手の事を引きずってしまう自分」を演じている人が少なくありません。

このタイプの人はきっかけがなければいつまでも引きずり続ける傾向にあるので注意が必要ですね。

逆に、新しい恋や出会いがあれば、簡単に切り替える事ができるのもこのタイプの人の特徴と言えます。

繊細

繊細で相手の気持ちに敏感な人は、必要以上に相手の気持ちを汲んでしまったり相手の感情に感情移入してしまう事で自分が傷付き恋愛や人間関係に失敗した時に引きずってしまう傾向にあります。

「もっと他に方法は無かったのか?」「もっと相手を傷付けないやり方があったのではないか?」と相手を思い遣ってしまう余りに、自責の念に捉われていつまでも引きずってしまいがちです。

誰も傷付かない方法を探してしまう

繊細な人の多くは、心優しく他人を思い遣れる人です。

その為に、恋愛人間関係に対しても争いを好まずに皆が平和でいられる方法を模索してしまいます。

しかし、全てが全てそんなに上手くいくとは限りませんし、自分でもそれを理解しています。

特に恋愛や人間関係において「別れ」という選択をする時には、全員が幸せになる選択など無い事が殆どです。

自分の思いと現状が一致しないジレンマから、失敗をずっと引きずってしまうパターンが多いと言えますね。

プライドが高い

プライドが高い人も恋愛や人間関係での失敗に対して引きずってしまう人が少なくありません。

プライドが高い人に関しては、完璧主義の人と同じく「自分が失敗した」という事にショックを受けて引きずってしまう事が多いですね。

しかし、完璧主義の人と違い相手に対しても執着している事が多く簡単にプライドが高い人は簡単に吹っ切る事が出来ない人が多い傾向にあります。

素直になれない

プライドが高く失敗を引きずってしまう人の多くは、素直になれない事が原因で失敗してしまった場合が少なくありません。

自分が素直になる事で失敗を回避できたかもしれないと考えるからこそ、心の中にずっとしこりとして残り続けるのです。

依存症

他人に依存しなければ生きていけないという依存症の人は、失敗を引きずる所か病的な執着を見せる事も少なくありません。

相手の存在と自分の存在を2人で1人などと思い込んでいたり、相手が自分を支配していてくれないと何を行動すれば良いのか分からないなど「自分にとって相手が絶対不可欠」と思っているからこそ、いつまでも引きずり執着してしまいます。

結局は自分が大事

依存症の人の多くは、相手の存在に執着している訳ではなく「依存できる人」に執着している事が少なくありません。

自分の不安を取り除くために他人と行動を共にしたいと考える人が多く、相手本人よりも自分が大事だという考えが根底にある事が多いですね。

しかし、それを「相手のために」「相手を想って」と相手への感情だとすり替えて勘違いしている人が多い傾向にあります。

感情を出すのが下手

感情を出すのが下手な人は、上手に発散できなかったり周りの人から「あまり落ち込んでいないんだね」などと言われてしまい感情に無理矢理蓋をしてしまう事から、フとした時に失敗した事を思い出したりしやすい傾向にあります。

思い切り泣いて怒って愚痴を言ったりすれば発散して切り替えられるのでしょうが、それができない為に静かに心の中に残りやすいのです。

引きずってる事に気付いて貰えない

感情を出すのが下手な人は、自分自身で引きずってしまっている事を自覚していても他人に気付いて貰えない事が少なくありません。

わざわざ自分から引きずっている事を言うタイプでもないので、孤独感を感じやすい傾向にあります。

何でも相手に合わせてしまう

何でも相手に合わせてしまうタイプの人は、相手に対して依存気味の場合が多いと言えます。

常に相手主体で行動していたからこそ、関係に失敗してしまった際に失う物が大きく相手への気持ちをずっと引きずる人が多いと言えますね。

尽くしたがり

相手に合わせてしまうタイプの人は必要以上に相手に尽くしたがる人も多いのが特徴です。

尽くす事こそが愛情であると疑わずに、尽くしている事で愛情表現をしていると勘違いしているため、自分が受ける愛情に無頓着になってしまい唐突わ別れを告げられる事も多いでしょう。

自分にとって尽くす事で円満だと思っていた関係を急に終わらせられる事を受け入れる事が出来ずに引きずってしまうパターンっも多いようですね。

相手のSNSを覗いてしまう

最近では関係が途切れた後でも、SNSで簡単に相手の近況を知る事ができます。

恋愛や人間関係の失敗を引きずってしまう人の多くは相手のSNSを覗いてしまう事があるようです。

相手の近況を知る事で、余計に相手への執着が増し引きずってしまうのですが、SNSを使う事を止められないという人は多いようです。

まだ修復のチャンスがあるかもと思う

相手のSNSを覗く人の多くは、相手の気持ちの変化を知りたいと思っているようです。

相手のSNSでの投稿に自分に未練を感じているような内容の物は無いか?新しい出会いなどが無いか?と、自分の付け入る隙を探しているという人も多いですね。

客観的に物事を見れない

視野が極端に狭く、物事を客観的に見る事のできない人も恋愛や人間関係の失敗を引きずりやすい傾向にあります。

一人の人物に対して固執してしまい、自分や自分の周りをしっかりと見れていない事からずるずると引きずってしまうのでしょう。

周りの声に耳を貸さない

客観的に物事を見れずに引きずってしまう人というのは、視野が狭く端的な考え方しかできない事から周りの耳に声を貸さず意固地になって自分の思い込んだ事に固執してしまう傾向があります。

周りが「他にも出会いがあるよ」などとフォローしてくれても「出会いなんてない」「私はあの人じゃないといけない」等と思い込んでしまうのです。

深く考え込みやすい

物事に対して普段から深く考え込みやすい人も恋愛や人間関係の失敗を引きずりやすい人だと言えますね。

特に傷心して傷付いている訳ではなく、失敗に対しての改善策を様々な角度から検証している結果その事ばかり考えてしまっているという人が多い傾向にあります。

引きずってしまう人はどんな心理なの?

恋愛や人間関係の失敗を長く引きずってしまう人というのは様々な心理状態にあると言えるでしょう。

その心理状態について解説していきます。

言動を常に後悔している

恋愛や人間関係の失敗というのは、自分や相手の言動や行動を引き金にして起こってしまうものです。

そのきっかけとなった言動や行動を後悔し続けてしまうという人は少なくありません。

実際は、その言動は引き金であって、そこにたどり着くまでに色々と蓄積してしまった物が爆発したに過ぎない事の方が多いのでしょうが失敗を引きずってしまう人の多くは「あの一言さえ言わなければ」と考えてしまうようです。

短気な人が多い

言動を後悔してしまう人の多くは短期で、感情的になりやすい人です。

自分の感情を自分自身でコントロールする事ができずに、その時の衝動のままに後先考えない言動や行動をとってしまう為、自分の望まない結果を招いてしまい後悔する事が多いですね。

気持ちの切り替え方法が分からない

自分自身は引きずりたくない、気持ちを切り替えたいと思っているものの上手く気持ちを切り替える方法が分からずに結果として引きずり続けてしまうという心理状態の人も多いです。

気持ちの切り替え方法が分からない人の中には、周りのアドバイスも耳を入ってこなくて、「そんな気分になれない」からと行動に移せない人もいます。

他人任せ

気持ちの切り替え方法が分からない人には他人任せな人もいます。

自分自身の事なのにも関らず、誰かに何とかして欲しいと思っている事から気持ちの切り替えをするための行動を起こす事ができない場合があります。

気持ちを切り替えるためのアドバイスを受けても行動できないのは、誰かに無理矢理にでも引っ張り出して欲しいという他人任せな思考も影響しているかもしれません。

頭の中では引きずっても仕方ないと分かっている

恋愛や人間関係の失敗を引きずってしまう人の多くは、頭の中では引きずっていても仕方ないと分かっているのです。

しかし、ふとした瞬間や思い出深いものに触れた時に思い出しては落ち込んでしまうという人が多いです。

思い出を美化してしまっている人は特にこの傾向が強いのではないかと思います。

こんな自分が嫌い

恋愛や人間関係の失敗を引きずるというのは、自分がその場から動けていないという事です。

失敗は乗り越えなければ成長できません。

自分の時間がそこで止まり雁字搦めにされているのです。

そんな自分が嫌いで、早く吹っ切って前に進みたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

自分を責める事で更に引きずる

失敗を引きずってしまう自分を嫌いだと思うのは、ある意味普通の事かもしれませんが過剰に自分を責める事で更に引きずり続けてしまっている人もいます。

過剰な自責は結局悪循環を生むだけなのですが、人を恨むより自分を責める事で納得したいという心理が強く働いているのかもしれません。

現状を受け入れたくない

自分が大切に思っていた人を失ったという現実を受け入れたくないあまり、後悔したり思い返したりしてずっと相手の事を考えていたいという心理状態から失敗を引きずる人も少なくありません。

この心理状態は依存気質の人に多く、現状を受け入れたくない気持ちが膨らみすぎると爆発してしまい突拍子も無い考えや行動に行きついてしまう事もあるので注意が必要です。

悲劇のヒロインを演じたい

恋愛や人間関係に失敗した事柄よりも、被害者で可哀そうな自分に酔って悲劇のヒロインを演じていたいという人も中には存在します。

失敗を引きずっている事で、周りが心配してくれて構ってくれる事に味をしめて、いつまでも悲しんで落ち込んでいるフリを続けているのです。

納得できない

恋愛や人間関係に失敗した理由が納得できない為に、ずっとその失敗を蒸し返しては引きずってしまう人もいますね。

この心理状態は完璧主義やプライドの高い人に多い傾向があります。

自分の失敗を認める事が出来ずに何とか相手の非を探し出す事で、自分の中の落としどころを探しているとも言えます。

周りに影響されている

恋愛や人間関係での失敗について、人に相談したり愚痴を言ったりしている内に、自分の愚痴に同調してくれる人の言葉を鵜呑みにして「自分が過去を引きずっている」と思い込んでしまっている人も少なくありません。

自分が本当は引きずっていないにも関わらず、周りの言葉に影響を受けて勘違いしている場合もあります。

引きずってしまうのを直すにはどうしたらいいのか

失敗を引きずりたいと思う人は少ないでしょうが、実際に自分で自分の気持ちを制御するのは中々難しいものです。

どうしても引きずってしまうという人は、こんな考え方を参考にしてみてはいかがでしょうか?

「もしかして」と希望を持つのを辞める

どんなに微かな希望も0%ではありません。

しかし、その僅か数%の希望を求めて引きずっている時間というのは前を向く為の障害に過ぎないのです。

「もしかしたら関係を修復できるかも」と思うのはやめて、「あの人とはきっと縁が無かったんだろうな」と運命のせいにしてしまうのも一つの方法です。

思い出す時間を作らない

引きずってしまう人の多くは、ふと時間ができた時や何もする事の無い時に相手の事を思い出して落ち込んでしまうものです。

楽しい事をしている時や友達といる時には、あまり考えいない事が多いですよね。

そんな風に、自分が没頭できる事を探したり忙しく仕事に励んだりする事で、思い出す時間すら作らないようにするのも良いでしょう。

気付いた時には、引きずっていてモヤモヤしていた時の気持ちは忘れていて、この失敗も冷静に考えることができるようになると思います。

思い出の物は捨てる

特に引きずりやすい人は思い出の物は全て処分した方が良いでしょう。

物を見て思い出す記憶というのは、大抵美化されている良い思い出が多いです。

美化された記憶を何度も振り返っていると、余計に引きずる事になるので思い切って全て処分してしまうのがおすすめです。

自分ではどうしても処分できないとう人は、友人などに協力をお願いすると思い切って捨てる事ができるのではないでしょうか。

人間関係を整理する

恋愛や人間関係を引きずりやすい人というのは、一人の人に固執していたり八方美人として周りの全ての人に良い顔をしようとしていたりと人間関係のバランスが悪い人が多い場合があります。

この人は自分にとってどんな存在なのか?としっかりと振り返ってみて人間関係を整理すると、周りの人と均等にバランスよく付き合う事ができるので、一人の人に固執する事がなくなり、失敗しても引きずる事が少なくなりますよ。

SNSを辞める

SNSは気軽に他人と繋がる事ができますが、その分人と自分の境界線を見失いがちです。

24時間いつでも相手の動向をチェックできるため、他人に固執する大きな原因となってしまいます。

いっその事SNSを辞めてしまう事で他人を気にしない生活をする事ができます。

過去を美化する癖をやめる

引きずる人の多くは、過去を美化してしまい現実と比べる事で「過去の方が良かった」と思う事から引きずってしまいます。

過去を美化して考えた時には、美化した記憶を言葉に出してみたり紙に書いたりしてもう一度客観的に受け止めてみましょう。

記憶だけだと美化されたままですが、一度客観的に受け止める事で「確かにアレは良かったけど、ここが最悪だった」など現実をきちんと受け入れる事ができます。

毎回これを繰り替えす事で、過去を美化する癖をやめていきましょう。

引きずっていることを全て吐き出す

まずは自分が過去を引きずってしまっているという事をしっかりと理解しましょう。

そのために、自分が引きずっている内容を全て吐き出すのはとても有効です。

言葉にしたり紙に書き出している内に「自分ってこんな事まで引きずっていたんだ」と客観的に自分を見る事ができます。

まずは、自分が引きずっている事を受け入れる事始めてみましょう。

引きずる人におすすめな気分の切り替え方法

気持ちを切り替えるには様々な事がありますが、その中でも引きずりやすい人におすすめな気分転換方法をご紹介していきます。

カラオケ

大きい声を出す事でストレスを発散しましょう。

失恋ソングを歌って、自分の気持ちと向き合うのも良し、気分が上がるハイテンションな歌を歌って落ち込んだ気持ちを盛り上げるのも良し、マイクを通して引きずっている内容を吐き出すと気分がスッキリとしますよ。

飲み会

引きずってしまう人は1人になると余計なことを考えてしまう傾向があります。

なるべく誰かと一緒に過ごして、楽しい時間を過ごす事で引きずっている事を考えない時間を増やしましょう。

飲み会でお酒の力を借りて友達に思い切り愚痴を言えば、気分も切り替わってスッキリするのではないでしょうか。

遊園地

遊園地に行って、絶叫マシンに乗ったり、お化け屋敷に入ったりと様々な刺激を受ける事で気分がスッキリとして切り替える事ができると思います。

朝から夜まで思いっきり遊んで、体力を使い果たす事で余計な事を考える余裕もなくなります。

登山

引きずっている内容と正面から向き合いたいという人には、登山がおすすめです。

登山は自分と向き合うのには最適で、山道を登りながら引きずっている事を考えてみても良いでしょう。

自分を追い込みながら山頂まで登った時には、雄大な景色の前で「なんでこんなに引きずっていたんだろう?」と思える事もあるかもしれません。

動物カフェ

今流行りの動物カフェに行く事で、動物達に癒されて引きずって重くなってしまった心を癒してもらいましょう。

猫カフェや、うさぎカフェ、ふくろうカフェやはりねずみカフェなど、普段触れ合う事のできないような動物に触れ合う事で心を癒してもらう事で、スムーズに切り替える事ができると思います。

食べ放題

人はお腹が空いているとネガティブに物事を考えてしまうことも多く、何故かお腹がいっぱいの時にはあまり嫌な事を考えないものです。

体重の事も明日の事も何も考えずに食べ放題で身体も心も満たされるまで食べてみましょう。

そうする事で引きずっていた事を吹っ切る事もできると思います。

友人と旅行をしても良いし、一人旅をしてみても良いでしょう。

環境を変えると気持ちも変わるものです。

また、違う環境に行く事で新しい出会いもあり引きずっている事が忘れられる事もあります。

敢えて思い出の場所に旅に行って、現実を受け止めるのも良いかもしれませんね。

占いに行く

占いに行って、自分の恋愛運や人間関係の運勢を占ってもらいましょう。

当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、微かにでも先が見えると引きずるのをやめるきっかけになると思います。

占いの結果によっては、この失敗は運命だったと割り切るきっかけになるかもしれません。

占い師のアドバイスに従って行動する事で、引きずることをやめる為の行動が明確になるのもメリットの一つですね。

断捨離をする

自分の持ち物を必要最小限にする断捨離を行う事で、自分に不要な思い出の品を全て処分してしまいましょう。

断捨離は、本来自分に不必要なものを捨て去る事で欲を無くし自分の考え方を改めるための行動です。

一つ一つ不必要な物を捨てていく内に、引きずっている事も捨て去る事ができる事でしょう。

初めての体験をする

今まで「自分には出来ない」と思い込んでいた事に挑戦してみましょう。

一人旅や、街コンに参加してみる、海外に行ってみる、知らないバーに入ってみる等、何でも構いません。

自分では出来ないと思い込んでいた事を実行してみる事で、他人に依存しなくても自分が大丈夫なんだと自己肯定感を強める事ができ、引きずるのをやめるきっかけにもなるかもしれません。

特に依存気質な人におすすめな気分転換方法です。

引きずることは時間の無駄!引きずらない人になろう!

過去をいくら引きずっても現実は何も変わらないし、今の気分が落ちたり体調に影響してきたりしてパフォーマンスが低下するなど、メリットはあまりありません。

引きずる事で時間を無駄にしてしまうこともあります。

自分の気持ちをしっかりと自分自身でコントロールできるようにして、引きずらない人になりましょう。