信頼していた人に知らん顔されたというそこのあなた!相手はその事実を知っているはずなのに、あなただけが犯人扱いされているようなことってありませんか?「あなただって知ってるじゃない!」ってすぐにでもツッコミを入れたくなってしまいますよね。

しかし、これまではまるで“味方”のようにふるまってくれていたというのに、どうして急に知らん顔をしてきたというのでしょうか。

あなたの周りには、ひとりだけではなくかなりの人数の“知らん顔をする人”というのがいるのではありませんか?本当に事実を知っているのに知らん顔をされてしまうとショックですよね。

とはいえ、この記事を読もうとしてくれている方の中には「知らん顔をしてしまった」と罪悪感を感じている人もいるかもしれません。

つまり、ただなんとなく知らん顔をしているのではなく、きちんと理由があって知らん顔をしているだけなんです。

では、いったいどのような理由があるというのでしょうか?そんなことが気になっているあなたのために、この記事では“知らん顔をする人”について特集しています。

“知らん顔をする人”に対してどのように接していけばいいのかもお伝えしています。

この記事を読んで、あなたはもう“知らん顔をする人”に対して悩みを抱えることもなくなるはずです。

本当は知っているのに知らん顔する人も多いですよね

あなたの周りには、本当は事実を知っているというのに意見を求められたりしたときにあたかも「そんなことなんて知らない」と思わせるような意見を話している人っていませんか?

責められているときにも「自分はそんなこと知らなかったんです~」なんていって、すべてあなたのせいにされたような経験をしたことがある人もいるかもしれないですね。

そのように本当は知っているのに、知らん顔をする人ってとても多いんです。

そんな冷たい人がまさか自分の身近にいたとは思ってもみなかったでしょうし、なかにはあなた自身が誰かに対して知らん顔をしてしまった経験もあるのでははないでしょうか。

どのような理由があるにせよ、そのように一度でも知らん顔をしてしまうとそれまでに築いてきた関係を崩してしまうキッカケになることもあります。

だって、信じていたのに、ピンチなときに助けてくれる仲間だと思っていたのに知らないふりをされることで「見捨てられた」とか「裏切られた」なんて気持ちを感じてしまうからなんですよね。

もう知らん顔をする人には愛想をつかしてきた!とか、もう信じることができない!…と完全に知らん顔をしてきた人に対して、“悪いイメージ”をもってしまった人もいるのではありませんか。

でも、知らん顔をしている人にもそのような知らないふりをしてしまったのには、それなりの理由があるのかもしれません。

知らん顔をする人は事情がある

どのような理由があるにせよ、これまでに見方だと思っていた人に知らないふりをされてしまうと許すことができないですよね。

「今まで私に見せてきたあなたの姿はうそだったのか?」「自分だけ良ければそれでいいのか?」などなど、知らん顔をしてくる相手に対してどんどんいやな気持が芽生えてきてしまうかと思います。

しかし、知らん顔をしてしまった人も好きでそのような態度をとってしまったのではないかもしれません。

ずばり、知らん顔をしてしまった人にはそれなりの事情があるといわれています。

どのような事情でも許すことができないかもしれませんが、まずは知らん顔をしてしまった人たちの言い分を見ていきましょう。

いったいどのような事情があって、あなたのことを知らん顔をしたというのでしょうか?

一番は巻き込まれたくないという気持ちが強い

知らん顔をしたことがある人であれば、だれもが一番に感じるのが「その問題に巻き込まれたくない」というものです。

相手が知らん顔をした話って、ほかのものに比べると問題が大きかったり、そこに関与しているとわかると仕事をクビになるとかあまり良い結果をもたらさないものだったのではないでしょうか?だからこそ、あなたは相手に知らん顔をされたくはなかったのですよね。

そのように、「その事実を知っている」ということを知られることによって、悪いイメージを持たれてしまうことが分かっているとどうしても“知らないふりをしよう”と考えるようになります。

なぜならば、ただ知っているというだけでその問題の当事者として列挙されてしまうかもしれないからです。

ただ少しだけ知っているだけなのに、問題に巻き込まれるなんてごめんなんです。

嫌なんです。

その状況を避けるために、最初から知らん顔をしている人もいます。

面倒ごとが嫌い!

問題に巻き込まれるということは、その問題などが解決するまではいつまでもその問題に付き合っていかなければいけません。

そのような“面倒なこと”が苦手だからこそ、知らん顔をしている人もいます。

あなたは、友達とその友達のケンカになんて巻き込まれたくないですよね。

めんどうですよね。

そのような感覚と同じように、あなたの前で知らんぷりをしたのは「ここで知っていると伝えることで、面倒なことに巻き込まれるような気がする」と危険を察知したのです。

知らん顔してきた相手がその問題に根っから関係していないのであればいいのですが、なかには確実なる犯人だというのに知らん顔をして悪い部分をなすりつけてくる人がいます。

面倒とはいえ、自分でまいた種なのですから自分で拾ってほしいですよね。

つまり、面倒だと思う人の中には、自分のせいだとバレて責められることを避けたいがために知らん顔をしているということになります。

知らん顔をする人の8個の特徴!こんなことを考えていた?


あなたの周りには、どれくらいの“知らん顔をする人”がいますか?知らん顔をされるとイラッとしてしまうけれども、もしかしたらあなたもこれまでの人生の中で誰かに対して知らん顔をしてきた経験があるかもしれないですよね。

その気持ちを覚えているでしょうか?いや、覚えてないですよね。

だからこそいらいらとしてしまうのです。

また、これまでに誰にも知らん顔をせずに誠実に人と付き合ってきた人にとっては、知らん顔をする人が一体何を考えてどうしてそのような行動をしてしまったのかなんて想像もつかないことでしょう。

ということで、ここでは知らん顔をする人の特徴をお伝えしていきます。

どうしてそのような特徴があるのか、またどんなことを考えて知らん顔をしていたのか、彼らの秘密に迫っていきましょう!

1.隠したい

知らん顔をしている人は、自分がその事実を知っていることを誰にも知られたくありません。

とはいっても、あなたは自分がその事柄について知っていることは知っているとわかっているので、あなたには罪悪感を少しでも感じています。

しかし、どうして隠したいと感じるのでしょうか?

その事について触れたくない

ずばり、そのも物事について触れてほしくはないのです。

だって、その物事を知っていると周りの人にわかってしまうだけでただ知っているというだけで、自分までも悪者扱いされたり、邪見に扱われたりするかもしれないと察しているんですね。

また、その事実について深いところまで知っているけれども話したくないとか、誰にも教えることのできない秘密を知っているとか、なかにはその話に触れられることでこれまでに隠していた秘密ごとがばれる恐れがあると思い、隠すために知らん顔をしています。

隠すということは、どのような場合でも“やましいこと”がどこかに潜んでいるということなんです。

知っているけど言ったら面倒になりそうという気持ちから

また、なかにはその問題について知ってはいるものの、その話について知っているとか話をしただけで面倒な問題に巻き込まれそうな気がして知らん顔をしてしまう人もいます。

さきほども記載したように、友達とその友達がケンカをしていたとして、どちらかが悪いかという情報を知っていたら、その情報をその二人に話しますか?もしも話したのであれば、味方じゃないとかそうじゃないとかそんな点で面倒になりそうですよね。

すぐにその場から離れることができたかもしれないのに、その話を知っていると伝えるだけで帰ることができなくなってしまうかもしれないのです。

本当に面倒ですよね。

2.関係ないとしらをきる

関係が歩かないかは別として、知らん顔をする人というのは“シラ”を切ります。

それもこれまでの温厚な態度はどこにいってしまったの!?と思われるような、そんな態度をすることも。

また、相手が「あなたは知ってるよね!そんな知らん顔をしないで!」といっても、絶対に受け入れることはありません。

なぜそんなにガンコなの!?とツッコミをいれたくなるくらいまでに、シラを切るのです。

切り続けるんです。

そんな相手と一緒にいると「知らん顔を続けるやつを信じてもバカらしい」と感じるようになるでしょう。

本当は関係がある

しかし、シラを切り続ける人というのは高確率で“本当は関係がある”ことがほとんどです。

その事実を少しでも知られる証拠となるような態度をとらないようにしているんです。

本当は関係があります。

だからこそ、あなたの前で関係を切っているんです。

ぜひ、知らん顔をする人はとことん信じるに値しない人だということを理解なさってくださいね。

その人のせいであなたの人生がめちゃくちゃになる可能性も少なくはあるということなのですから。

3.嘘をついている


嘘をつくということは、その嘘をついた事柄について知られたくないことがあるということですね。

自分の本当の姿を見せたくないとか、なかには悪いことをしていてそのことを周りの人に知られないためにあたかもその問題にはかかわっていないかのようにふるまう人がいます。

一度でも嘘をつくと、その先にはそのたったひとつの嘘を守るためにどんどん新しい嘘をついていかなければなりません。

そこまでしてでも、知られたくない事実があるんですよね。

とはいえ、うそをついている人ってなんとなくわかっちゃいますよね。

それでも「うそをついているでしょ」なんて伝えても、シラを切り続けるはずです。

それこそ“嘘を上書き保存している状態”になります.

バレたくない

誰だって知られたくない事実なんてものを抱えなければ、うそをつく必要なんてなくなりますよね。

しかし、彼らはうそをついているんです。

知られたくないんです。

その問題についてあなたにバレたくないんです。

だって、知られてしまったら責められることは確実だと本人が一番にわかっているから。

その理由としては相手が自分自身を守るためにそのようにしているのかもしれないですし、あなたとの関係をこのまま良好なものとして保ちたいからそのように考えているのかもしれません。

まぁ嘘をつく時点で、その関係は終わっているのですが。

4.言い訳を考えている

なかには、「やばい!ばれている!どんなふうに言い訳をしようかな」なんて、知らん顔をすることによって言い訳を考えている人もいます。

あまりにも冷静に知らん顔をしているので、知らないふりをされた側としては許せないのですが、問い詰められている本人の頭の中は大パニック状態になっています。

どのように説明すればわかってくれるのか?どうすればマイナスに思われないのか?嘘ってばれないか?これ以上問い詰められることはない言い方はなにか?…などなどいろいろなことを考えています。

だからこそ、知らん顔をする人には“考える時間”を与えないようにしましょう。

すぐに返答を求めること。

すると、そのように言い訳を考える時間がないのではちゃめちゃな回答をしてくることが多いです。

そのような場合、確実に“知らん顔をしている”ということになります。

言い訳を言って逃れようとする

あなたは言い訳をしたことはありますか?言い訳というのは、しないほうが一番良いのですが、自分自身の状況を知ってもらうためにもすることはあるでしょう。

ずばり、知らん顔をしていた人は、知らないふりをした言い訳をあなたに伝えることで「悪気はなかった」「本当は悪いことはしていない」なんてことをあなたに認めさせようとしています。

言い訳というのは真実であることもありますが、ほとんどの場合でそれこそすべてが嘘だということになります。

言い訳をするのであれば、最初から知らないふりをするのではなく、どうしてそのようなことをしたのかその理由を伝えてくればいいと思いませんか?その時点で、なにかやましいことをしていたという事実は確実です。

5.黙る

知らん顔をしている人って、あなたがその人に気になることを伝えるとなぜか特定の話題にだけ“黙り込む”ということはありませんか?それは伝えられない気持ちや問題があるからです。

聞こえないふりをして、相手がその問題について問い詰めてきたことに危険を察知しています。

しかし、知りたい話題だからこそあなたも相手に対して話しているはずです。

黙り込む時点で怪しいと思うのではありませんか?また、黙っている間に言い訳を考えていることも。

何も言わないことも多い

黙り込む人は何も言いません。

かたくなに口を開こうとしません。

テレビを見ているときやスマホを見ているときに重大な話を持ち掛けるのはやめましょう。

なぜならば、そちらに集中していたことであなたの話をきいていなかったと言い訳をすることができます。

そして黙っている間にあなたに怪しまれないようにどのような言い訳をしようかじっくりと考えているんです。

黙り込む時点でアウト、確実にその人はやましい何かを持っているということになることを忘れずに。

しつこいくらいに何度も伝えたり、必ず静寂な場所で相手に話を持ち掛けるようにしましょう。

相手に考えさせるスキを与えるような状況にしないことです。

6.関わりたくない

あなたは、ある特定の人だけに知らないふりをされているなんて言うことはありませんか?それって、少し悲しいですが相手があなたとかかわりたくないと感じているのかもしれません。

小さい子供は気に食わないことがあると、その相手の話を無視したりするものです。

あなたもそのようなことをしてきたのではありませんか?しかし、それって大人になるにつれて“仮面”を身に着けてでも嫌いな人と会話をしていくものです。

そうしないと社会生活を営むのが難しいからですね。

しかし、知らん顔をしてきた人は、そんな周りの目なんておかまいなしに「いやなものはいや」というポリシーを持っているのでしょう。

少しでも返事をしてしまえば、あなたとかかわりを持たなければならない、そのような状況は絶対に避けたい…そんな気持ちからあなたに対して知らないふりをしたのかもしれません。

嫌いな人と接しているときは知らん顔をすることが多い!

誰にでも嫌いだな、苦手だなと感じる人はいるでしょう。

多くの場合そのような気持ちはかくして、いやでも相手とお付き合いをするものです。

しかし、それができない人もいます。

そんな人は、嫌いな人と接する時だけ知らん顔をしてることがあるんです。

そのため、自分には知らん顔をするのに周りの友達にはふつうに話している…なんて冷たい人間なんだと感じることもあるでしょう。

久しぶりに会った友達に声をかけたのに、明らかに相手に聞こえる声の大きさで話しかけたのに無視をされたことはありませんか?それはあなたとそこまでかかわりたくないので聞こえないふりをしていただけなのかもしれません。

7.適当に流したいと思っている

あなたと会話をするのは全く嫌ではない、でも“触れてほしくない話題”だとか“つまらない話題”になってしまったので適当に流すために知らないふりをしていたこともあるでしょう。

あなたも誰かと会話をしているときに「そんな話題を話したくない!」なんて感じたり、「それってめんどうくさい話なんだよな」なんて感じる話題を出されたときがあるのではありませんか?そんなとき、その話題が深いものにならないようになるべく“浅く”その会話を切り上げようとするはずです。

そのように真摯に会話に向き合う人もいれば、なかには適当に流すために知らないふりをする人もいるんです。

直ぐに話題を切り替える

その話題で話したくないと感じている人は、すぐに話題を切り替えるのでわかりやすいはず。

あなたも、あまり話したくない話題をだされるとどうしても話したくないから、さりげなくほかの話題にうつることができるようなものを選ぶのではありませんか?もしも、このようにされてしまったときは、相手がコンプレックスを感じている話題ではなかったか思い返してみるといいかもしれません。

あなたがショックな思いをする前に、相手があなたからひどい仕打ちをされたと感じていることもあるのですから。

8.本当に知らない

知らないふりをするだけ、知らん顔をされると人によっては「知っているはずなのに、どうしてうそをついているんだ!」とすぐに感じてしまうかもしれません。

たしかにそのように知っているのに知らないふりをしている人もいますが、なかには本当にその事実を知らない人もいます。

少しでも相手に対して疑いの気持ちを抱いていると、知らん顔をされるだけで「うそをついているに違いない」と感じてしまいますよね。

しかし、あなたはどこかで勘違いしているのです。

本当に相手はあなたの思っているようなことを知っているのでしょうか?嘘をついているというのでしょうか?

実は何も知らなかったというパターンも

まずは相手が本当にその問題にかかわっていないのか証拠などを探してみましょう。

本当にその問題を知らないというのであれば、証拠なんて出てこないはずです。

つまり、あなたが疑っているだけで本当に何もないし、何も知らないというパターンもなくはないのです。

何も知らないのに、何も悪いことをしていないのに「君はかかわっている!」とか「君は悪い!」なんて言われたら、胸糞わるいですよね。

相手の立場になり、あなただけの私見で判断しないように客観的な証拠を見てから最終的な判断をするようにしてください。

知らん顔をする人の3個の対処法!知らん顔をされたらこうしよう!

これまでに知らん顔をする人がいったいどのような気持ちを持っているのか、そしてどうしてそのような態度をとってしまうのか、知らん顔をする人たちの深層心理についてご紹介してきました。

どのような理由があるにせよ、心のどこかで信じていた相手から裏切られたような気持になってしまいますよね。

また、知らん顔をすることで、問題から逃げようとしている人がいたのであれば、問い詰めたくもなるものです。

そんなとき、いったいあなたはどのような行動をとっていけばいいというのでしょうか?ここでは、あらゆる理由においてあなたと共有している情報を知らないフリした“知らん顔”をした人にどのような対処をしていけばいいのかをお伝えしていきます。

知らん顔をされて受け身として、ただイライラするのではなく、ぜひ以下の項目を実施することで知らん顔をしていることを証明し、あなたの心の中にあるモヤモヤを取り除いていってください!

証拠を集める

知らん顔をしている人でも確実にあなたも知っている情報を“知っている”とわかるときがありますよね。

しかし、知らん顔をされてまったその瞬間にはその人がその問題について知っていることを証明することができず、何も言い返すことができない、問い詰めることができないということもあるでしょう。

そのような相手が知らん顔をしていたことを証明するために、相手が明らかに知らないふりをしていたという“事実”や“真実”を示す証拠を集めていきましょう。

とはいっても、知らん顔をしている人というのは、あなたが少しでも知らないふりをしていた情報を集めていることを察するともっと情報がわからないように細工をすることがあります。

そのため、相手にあなたが証拠を集めているのがバレないように慎重に行動していきましょう。

証拠があると相手も白状する

では、なぜ証拠が必要なのでしょうか?証拠があれば、そこからその相手が情報を知っていた、悪いことをしていたという事実を証明することができます。

証拠がなければ、「何を空言をいっているのだ」とか「ウソばっかり言うな!」なんて言葉でなんとでもいうことができるのですが、証拠があれば、それを提示された相手はその事実を認めざるを得ないんです。

相手を白状させることができます。

必ず、相手がその情報を知っていること、その問題に関与しているという明らかなる情報をいくつか抑えていきましょう。

ひとつだけでは言い逃れさえてしまうこともあるので、必ず2つ以上の証拠を持っていたほうがいいでしょう。

問い詰める

証拠を集めることができたのであれば、その証拠をもって相手に知らん顔をしたことについて問い詰めてみましょう。

問い詰めるときには、あなた自身も心を鬼にして聞くようにして下さい。

せっかくの証拠を持っていたとしても、相手の話術に巧みにコントロールされてしまう恐れがあるからです。

「あなたが知らん顔をしていたのは、この証拠から明らかだ」「ちゃんと本当のことを話しなさい」と伝えましょう。

なかには、それでもシラを切る人がいるので、やはり“明らかにその人がその問題に関係していると証明することのできる証拠”を提示する必要があります。

こちらには確実な証拠があるのですから、どんなにひどいことを言われても、納得してしまいそうなことを言われても引かずに戦いましょう。

なによりも証拠が相手が知らん顔をしていることを示しているのですから。

期間を置く

知らん顔をしている人は、人にもよりますが“今この状況ではいうことができない”と、その周りの空気をよんで知らないふりをしていることもあります。

相手が知らん顔をしていたという証拠を集めてすぐに問い詰めるのもよいですが、少し期間をおいてみるのもよいかもしれません。

期間をおくとなると、あなたの心がモヤモヤしてどうしようもなく苛立ちを感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、そのように期間をおくことによって、新しい決定的な証拠をつかむことができる可能性もあるので、必ずしも悪い結果を招くということではありません。

今は言わないけれど後々で言うこともある?

決定的な証拠を集めることができる期間になるだけではなく、人によっては自ら自白してくることもあります。

そうはいっても、いちどでも知らん顔をしたということは「絶対に知られたくないこと」という可能性が高いので、このように今は言わなくてもあとになって、知らん顔をしていたことやウソをついていたこと、その当時の真実を話してくることは期待しないほうがいいでしょう。

「相手が白状してくれるのをまとう!」ではなく、待ちながら相手を問い詰めることのできる証拠をコツコツと集めておきましょう。

後になってまた同じ問題で知らん顔をされたときに「あの時から証拠を集めておけばよかった!」なんてことにならないように、“今この瞬間”を大切にしてみてくださいね。

しかし、なかには誠実にあなたに自分から本当のことを話してくれる人もいます。

そのようなタイプの人のほとんどは、自分が犯してしまった過ちを反省したり、罪悪感を感じていることが多いです。

その事実を知ってカッと怒りたくもなるでしょう。

あなたのその怒りの気持ちを伝えるのもいいですが、まずは話してくれたことにお礼でも伝えておくと、相手の本当の気持ちをさらに引き出すことができるはずです。

あなただって、少し悪いと思いながらもその事実を話した相手にスグに怒られてしまっては、本当の気持ちを話すことができなくなってしまうのではありませんか?なんだかもっと怒られたり、ひどい状況になってしまうことが考えられるからです。

慎重に相手の話を聞く姿勢を持ちましょう。

知らん顔をする人には上手く対応をするように!

今回は、“知らん顔”をする人について特集してきました。

知らん顔をする人はどのような特徴を持ち、どのような考えを持っているのか?また、そのような人が周りに出現した際には、どのように接していけばいいのか?などなど、あなたが気になっていたポイントについて解説してきました。

知らん顔をする人のことを思い出すと、いらだちとともに悲しい気持ちまでも浮かんでくることでしょう。

なぜならば、知らん顔をされることで裏切られた気持ちまでもあるからです。

とはいえ、知らん顔をする人にはうまく対応していくしかありません。

なぜならば、知らん顔をしている人というのは、この世界からいなくなることは決してないからなんです。

それに知らん顔をされることでいちいちイライラしたり、悲しんでいたりするのではあなたの心がもたないですよね。

ぜひとも、今回の記事でご紹介してきた“知らん顔をする人への対処方法”をどんどん使って行ってみてください☆そうすることで、知らん顔をする人とうまく付き合い、あなたのいらだちは少しでも軽減されていくはずです!