CoCoSiA(ココシア)

鋭い眼光の人の8個の特徴と性格(続き3)

そのため、年齢とわずに鋭い眼光をしている人は多くの経験を積んできたと言えるのです。

なぜなら、あらゆる物事に関して深く考えることができるからです。

とにかくこの先生きていくうえではあらゆる経験が必要になってくるのです・。

2、3歩先の事を考えている


いつも先のことを考えて行動しているからあらゆることが起きても冷静に対応することができるのです。

なぜなら、それだけ経験を積んでいるからです。

経験が多いとあらゆることでも冷静に対応することができるのです。

要は、普通の人にとっては経験したことがなく、頭に血が上らない状況でも、経験を積んでいる人からすれば、あれこれと考えられるのです。

なぜなら、常に先のことを考えているからです。

いつも過去のことばかり考えている人は、何かが起きてもうまく対応することができないのです。

つまり、過去を見るのではなく、先を見るようにすることが大切なのです。

しかし、今まで過去を見てきた人にとってこれは難しいかもしれませんが、そう考えると先へは進めません。

鋭い眼光を持っている人で先のことを考えて行動している人を見つけたら、一緒に行動するようにして、その人の行動や言動などの習慣をあなたに刷り込ませるようにしましょう。

そうすることで、あなたも2、3歩先を考えて行動することができますよ。

過去を見ても考えても変えることはできません。

故に先を未来を見ることが大切なのです。

鋭い眼光はもしかしたら未来が見えているからそうなっているのかもしれませんね。

いつも何かと戦っている

鋭い眼光なのは常に戦闘態勢にいるという表れなのかもしれません。

なぜなら、そうでないと気を貼っていられないのです。

よくよく考えてください。

昔流行った、ドラゴンボールや北斗の拳などの格闘漫画はみんな戦闘に入る時は鋭い眼光になりますよね。

つまり、それだけ気が張っているのです。

そんなの漫画やアニメだからできるのだと言う人もいるかもしれませんが、そんなことはございません。

なぜなら、ヒーローが悪党を倒す、盗撮や時代劇でもいざという時は鋭い眼光になりますよね。

そうなのです。

何かと戦う時は鋭い眼光になってしまうのです。

ただ、普段から鋭い眼光になっている人は、もしかしたら敵ではなく、己と戦っている可能性が高いのです。

ライバルは他人ではなく、己と思い込んでいる人の多くいます。

はっきり言えば、他人よりも自分を超える方が大変と言われています。

自分を超えることは限界への挑戦と言えます。

つまり、いつも限界に挑戦していると言うことになります。

ある意味、自分に対してストイックになってしまっている人などはこのタイプなのかもしれませんね。

ぜひ、自分を鍛えたいと言う方はこのような人の近くに行きましょう。

あまり他人に頼らない

鋭い眼光なのは自分で物事を解決する自信の表れでもあります。

そのためにあまり他人を頼ろうとしません。

なぜなら、自分で解決できる自信があるからです。

要は、自信をつけていくたびに眼光が鋭くなっていったと言うのが正解なのです。

このような人で厄介な人の場合は、自分一人よがりになってしまう危険性があります。

要は、自信があるのはいいのですが、その自信が勘違いした感じでついていると意味がありません。

また、何もせずに自信をつけていく方も結構多くいらっしゃいます。

つまり、似非の自信をつけていく方が多いのです。

それでは意味のない自信になってしまいます。

真の自信をついた人の眼光の鋭さは半端ありません。

ある意味、相手を威圧する力がありますし、相手を納得させてしまう力もあるのです。

他人を頼らない人を見かけてもその人の眼光をよく見てみましょう。

鋭くなかったらただの一人よがりです。

逆に鋭かったら、自信をつけてきた人です。

このような人にはついていってもいいのです。