皆さんは内向きな思考の持ち主ですか?それとも外向きな思考の持ち主ですか?

人間は誰しも、多かれ少なかれそのような傾向に分かれてきます。

よく子供でも、人見知りでおとなしい子もいれば、積極的で非常に動じないようなタイプの子もいます。

このように人それぞれに、性格のタイプがあるのです。

とはいえど、最近はどちらかと言うと外向きのタイプの人がもてはやされる傾向にあります。

子供でも、積極的に大人にも臆することなく話しかけるような子は、活発な子として好ましい印象を与えることができます。

それに対し、大人しくて新しい子供の友達グループに入ることができないようなタイプの子に関しては、親御さんは悩んだりもしますし「もうちょっと積極性があったら」ということは言われることもあります。

そして社会人となって働くようになれば、黙々と作業をすることを必要とするような仕事であれば良いのですが、そうでなければ積極的に意見を言うなど外向きな思考の人が求められる傾向にあります。

では内向きな人が悪いのかと言うと決してそうではないのですが、やはり傾向としては外向きな人が求められるところがあります。

では、内向きな人の特徴などについていろいろと見ていきましょう。

内向き思考な人の6個の特徴

何かとおとなしくネガティブなイメージが持たれやすい内向きな思考の人ですが、その傾向は決して悪いものではありません。

ですが、やはり内向きばかりでは、良い方向性に進みにくいことも事実です。

では、内向き志向の人がどのような傾向にあるのかというようなところを、一つ一つ見ていきましょう。

人がたくさんいる場所が嫌い

内向きな人は、基本的に人がたくさんいるところを好まないところがあります。

やはりそのようなタイプの人は、一人で本を読んだりすることを好みます。

人と接するのが全く嫌いというわけではなくても、一対一のような濃密な付き合いの方を望む傾向にあります。

グループで雑談をしていると、ニコニコと微笑んで頷いてはいるけれど、なかなか話に入れないようなタイプの人もいるのではないのでしょうか?

そのような人は内向きな性格である可能性が高いです。

休日に一人でのんびりしたいという風に考える人は、大抵は内向きな性格である傾向が高いのが特徴です。

家にこもって過ごすのが快適


そのような人は、どちらかというと人と接することによりエネルギーをチャージするのではなく、一人ゆっくりと家にこもることでエネルギーをチャージするタイプです。

外向きな人は、休日にも積極的に出かけて行って、人と接することを楽しむ傾向にあるのに対し、内向きな人は、そのようなことをするのは、よほど気力がある時ぐらいで後は家でゆっくりとこもって読書を見たりDVDを見るというような事でエネルギーをチャージするところがあります。

特に人と接するところで過ごすことにより、どっと疲れが増すというのもこの内向きな思考の人の特徴です。

人と面と向かって話すのが苦手

そのような傾向の人は、基本的に人と向かって話す事を苦手としています。

やはり内向きな人は、非常に慎重によく考えるところがあります。

ですので、会話のテンポに、その思考がうまくついていけないところがあるのです。

子供がインターホン越しに、同級生の子と話すのを見たことがあるので、それで確信したのですが、うちの子がどちらかと言うと内向きなタイプ思考の人です。

そしてこの子の同級生が外向きタイプ思考の人だったのですが、うちの子が1つ答えたことに対して、2、3ぐらい話し始め、そして言いくるめられてしまうというところがありました。

やはりそのように、内向きな人は面と向かって話すと、考えることに時間を費やすところがあり、考えている間に外向き志向の人にどんどんと言いくるめられてしまうというところもよくあります。

そのような場面ではなくても、あまり話が話に弾みにくいというのも内向き志向の人の特徴です。

メールや投稿は得意

それに対して、内向き思考のしてはメールや文字による投稿を得意としていることが多いです。

それはなぜかと言うと、考えながら文章を書くことができるからです。

文章は後で読み直すこともできます。

そして、もし間違いがあったら修正することもできます。

そして考えに考えて投稿するので、そのような人はあまり文章による失言が多くないのが特徴です。

このようにして、ゆっくりと考えに考えた言葉を発するのは、内向き志向の人が得意としていることです。

ですので、内向き志向の人と話がうまくいかないということであれば、いっそのことメールやLINEなどに切り替えてみましょう。

「この人はこんなことを考えていたのか」と驚くほどに、非常に饒舌に文章を送ってくれることでしょう。

人間不信

たまたま何か過去に不幸なことがあったから、そのようになってしまうということもありえます。

ただそもそも内向的な性格であるということであれば、そもそも人に打ち解けるというのが、あまり得意ではないところがあります。

ですので、始めはうまく話すことができず「この人は本当に楽しんでくれているのだろうか」と思うようなところもあるかもしれません。

ですが、一度心を開いたら深く信頼を寄せてくれるのが、このような内向き志向の人の特徴です。

打ち解けるまでに時間がかかる

先ほども触れたように、基本的に内向き志向の人は、全く人に打ち解けないというわけではありません。

ですが、ただ単に打ち解けるのに時間がかかるだけです。

ですので、始めは少々とっつきにくいような印象を抱く可能性があります。

もしかしたら、表情を表すのは苦手ということであれば、本当に楽しんでいるのかというぐらいに喜怒哀楽がはっきりしないようなタイプの方もいるかもしれません。

もし内向的な思考を持つタイプの人だということがわかったら、この人は自分のことが嫌いなのではないかと思うことなく、継続的にアプローチをしてみましょう。

先ほども触れたように、「この人は信じられる」と思ったら必ず打ち解け、さらに絶対の信頼を寄せてくれるぐらいに信頼関係を築くことができるようになります。

友達が少ない

基本的に一人で過ごすことを好む傾向にある人ですので、そんなに友達は多くありません。

ただ意地悪だとか、性格が悪いから友達ができないというわけではなく、そもそも出会いの場をそんなに多く求めていないので、友達が少ないというのもありますし、人と出会っても信頼関係を築くので、少々時間がかかるところがあります。

ですので、必然的に友達の数は少ないというのが特徴です。

ですが一人友達ができると、その友達に深く信頼関係を築く事が出来るのが特徴です。

もしご自身のお子さんが、内向的であまり友達ができないということであれば、友達がなかなか多くはできないことを悩んだり責めることはよくありません。

狭く深く付き合うタイプということを理解しましょう。

思い込みが激しい

内向きな人は特に、自分の中で色々と考えに考えて答えを出すところがあります。

ですので、基本的に外やからあれこれと言っても、あまり効果がないことがあります。

もちろん外向きな人であっても、悩むことはあるでしょう。

ですが、そのような人は臆することなく相談をしアドバイスをもらい、とりあえず実行してみるというようなところもあります。

ですが、内向的な人は基本的に信頼関係を築くのに時間がかかるところがあり、もしそのような関係を築くのが難しいということになると、どうにかして自分一人で答えを出そうとします。

当然自分一人でしか考えていないので、思考が凝り固まってしまうところがあります。

そこで思い込みが激しくなってしまうところがあるのです。

外からのアドバイスを聞き入れない

内向きな人は、人からエネルギーをもらうタイプではないので、外野がいくら言ってもなかなかアドバイスを聞き入れてもらえないところがあります。

ですので、思い込みが激しく周りは「こうしたらいいよ」ということを言っていても、なかなかアドバイスを聞き入れないところがあります。

うちの子供がそのような傾向にあるのですが、その時はぼんやりとしているように見えて、本当に話を聞いているのかと思ってしまうところがあります。

ですが、意外と本人の中では色々と思考を巡らせているようです。

そして結果的には、なんだかんだで解決に至っている所があります。

色々とアドバイスをすることはあるけれど、なかなか素直に聞き入れてくれないなと思うところはやはりありますね。

自分で納得がいかないことはしたくない様子が非常によく分かります。

そのようなところでは思い込みが激しいというのはあるでしょう。

臆病で自分に自信がない


内向きな思考の人ですので、なかなか臆病で自分に自信が持てないというところがあります。

そのような人は、基本的に慎重なところがありますので、新しいことに踏み出すというのに大きな勇気が必要になるので、外向きな人であれば「とりあえずやってみる」というような気楽な考えをすることができます。

ですが、内向的な人は考えに考えてやっと行動を起こすというタイプです。

子育てをしていると、内向的な子供を育てていると、なかなか自分で踏み出すというような経験があまり多くなく、成功体験があまり積めないのではないかと思うようなところがあります。

基本的にそのような経緯を経て、自分に自信が持てないというところがあるのかもしれません。

繊細で傷つきやすい

内向きな人は繊細で傷つきやすい傾向にあります。

ですので、新しいことにを始めたり、新しい人と付き合うことで傷つくことを恐れている所があります。

ですのであまり変化を好まないところがあるのも特徴です。

向上心が無い

内向きな人は、ともすれば向上心がないように見えるところがあります。

ですが、生物学的には非常に理にかなっているところがあるのです。

今どちらかと言うと、外向きな人の方が好まれるところがあります。

なぜ外向きな性格が良いのかと言うと、やはり過去の生物学の役割としてはハンティングをするというような時に、この外向き思考が役に立つのです。

新しい世界に飛び込んで行き、新しい餌場を探していくというようなところが、そのような特徴がある人の得意とするところでした。

現在では、ビジネスの場においては、新しいことを発見していき、新しい商品を開発して利益を上げるところが求められます。

それに対して内向きな人は、生物学的に自分の巣を守るということに存在意義があったと言われています。

ですので、基本的に内向的な人は、変化をすることを好まず安定的に過ごすということに喜びを見出すところがあります。

ですので、現在の状況としては、向上心がないように見られ、ビジネスパーソンとしてはあまり好まれないところがあります。

「どうせ自分なんて」と考える

もちろん向上心があるというのも素晴らしいことです。

その一方で、限りある状況の中で、満足して暮らしていくという選択肢も非常に良い選択肢であるとも言えるでしょう。

ですが最近は、どうしてもそのような安定的に小さく暮らすというよりかは向上心を持って押し進んでいくというほうが好まれる傾向にあります。

ですので、どちらかと言うと内向きな子供は「もっと積極的になりなさい」などと言われて育ったところがあります。

ですので、内向きな自分に自信が持てないところがあります。

そこで「どうせ自分なんて」と考えてしまうというようなところがあり、周囲も外向きな性格になってほしいと思っていろいろと言っていても、それが逆効果になってしまうところがあります。

内向き思考では人生を楽しめない!

もちろん内向きな性格が全て悪いというわけではありません。

先ほども触れたように、生物学上、巣を守るということで非常に重要だったのです。

もちろん性差が全てではありませんが、どちらかと言うと男子は腕白で活発な子供が多いのに対して、女の子はおとなしい子が多いと思いませんか?
それはやはり男の子が狩りに行くという生物学的な役割があり、女の子は巣を守るというような生物学的な役割があるからとも言われています。

とは言えど、やはり男女差は関係なく、昨今は男女問わず社会に進出し、家事育児も男女で折半するという考え方が主流になっています。

ですので、巣を守ると言う内向き志向というのは、現代においては度が過ぎると人生が楽しめないということになってしまいます。

内向き思考にはデメリットがいっぱい

先ほども触れたように、内向き思考というのは、巣を守るという本能から決して悪いものではないのです。

確かに狩りをする人になれば、餌をたくさん取れる人になるかもしれません。

でも皆が皆そのような外向きな性格になることによって、そのような種族が全滅するような可能性もあるのです。

ですので狩りに行きたいグループと巣を守りたいグループで別れるというのは生物学上、非常に合理的です。

ただ先ほども触れたように、昨今はそのような狩りをしたり、巣を守る必要ではなくなってきたので、今の世の中では内向的な人の方が割りを食うところがあります。

ですので、デメリットがあるのです。

では、内向き志向のデメリットについてみていきましょう。

狭い考えに偏っていつまでも成長できない

基本的にそのような内向きな傾向にある人は、狭い考えに偏ってしまうところがあります。

もちろん無理に外に出過ぎて、ぐったりとするということでは本末転倒です。

ですがずっとこのままで良いというわけではありません。

気力がある時には、思い切って外に出てみるということも必要です。

それはなぜかと言うと、やはり色々な考えに触れるというのは、人と人との触れ合いによって生み出されるものだからです。

そして女性であれば、内向きな人は専業主婦になるようなケースもありますが、そのような方でも、子供の学校の役員などで様々の保護者の方と触れ合うこともあります。

このように内向きな人であっても、色々な人と触れ合って成長していくというのは、どんな年になっても必要になってきます。

周囲の人が近寄りがたくなる

基本的に外向きな人ばかりではなく、おとなしいような人もたくさんいます。

ですが、その一方でそのような人は近寄りがたいような印象を与えてしまうところもあります。

確かにグループが出来上がっている中で、一人で入っていくというのは勇気がいるでしょう。

ですが、そこでグループに入らずにポツンと一人でいるということになると、話しかけにくいような印象を与えてしまい、そのままになってしまうケースがあります。

もちろん無理に話しかけて失言をしたり、失敗をするということであれば、そこまで無理をする必要はありません。

ですが折を見て、職場だったり保護者の集まりのようなところで、打ち解けていくことは必要になってきます。

内向き思考で考えられるメリットとは?

先ほども触れたように、内向き思考というのは、必ずしもデメリットばかりではありません。

昨今では、そのような外向き志向の子供が好まれる傾向にあり、内向きな自分はダメなのではないかと思ったり、我が子が内向きな性格であることに悩みを抱いているような保護者の方も多いです。

ですが、先ほども触れたように、外向き志向な人がいるのに対し、内向き志向な人もまた必要な人達なのです。

もちろん狩りをしなくなったり巣を守らなくなった現在においても、そのような内向き志向の人というのはあるところで非常に大きな役割を果たすところがあります。

具体例を挙げると、シャーロックホームズをご存じの方も多いと思います。

非常に頭が良いのですが、彼は人と接するのがうまくありません。

話をしていても失言をしてしまって怒らせたりして、周囲を怒らせてしまうようなところもあるという主人公です。

このようなことから、決して外向きなタイプの人間ではありません。

ですが彼は、ずば抜けた推理力で色々な人を助けます。

もちろん診断はないし、架空の人物ですので確かではありませんが、シャーロックホームズはアスペルガー症候群のような特性を持っていると言われています。

そのような話は、シャーロックホームズばかりではありません。

ともすれば少々アスペルガーのような特徴は見受けられるような内向的な主人公が、ずば抜けた頭脳で色々な人を助けるというような答えはよく見聞きする事です。

このように内向きな人間であっても、活躍をすることがあります。

もちろんそこまではいかなくても、内向き志向な人には色々とメリットがあります。

ではそのメリットについて見ていきましょう。

趣味などにのめり込み上達しやすい

基本的に、趣味などで一人でのめり込むようなことに関しては、非常に上達が早いところがあります。

例えばクラスにもいませんでしたか?
なかなか周囲に溶け込めず、自由帳に絵を書いていたら、その絵のうまさからクラスメイトがどんどんと集まってきて、段々と人気者になっていった人もいたのではないでしょうか?

それは内向き志向の人が、その趣味にのめり込むことで、それを極めて上達しやすい所があるからです。

このように得意なことや趣味等で、周囲をあっと言わせるほどの上達を見せるような人も結構います。

哲学や文学向き

またそのような人は、自分の中で色々と思考を巡らせているところがあります。

外向きな人が、人と接してエネルギーをチャージしている間に、内向的な人はひとり黙々と思考を巡らせているのです。

ですので必然的に、哲学や文学に向いているところがあります。

内向き思考になる原因とは

では内向き思考になってしまうような原因とは、どのようなものがあるのでしょうか?早速そのような原因として、考えられるものについて見ていきましょう。

持って生まれた性格

基本的に、人間は外向き思考か、内向き思考かというのは、生まれついてのものであるケースが多いです。

ですので同じ親から生まれても、外向き思考の子供がいたりする一方で、兄弟を内向きの子供がいるというような話もよく聞くことです。

それは男女と同じように、本当に生まれつきであるケースが多いです。

それはやはり生物学的なところに関係するところがあるので、どちらが良くてどちらが悪いというものではありません。

先ほどから何度も触れているように、外向き思考の人は基本的に狩りに向いているところがあり、どんどんと新しいテリトリーを増やそうとするところがあります。

今現在においては、色々な人と積極的に付き合い、新しいことに関しても、とりあえずやってみるということでいろいろと踏み出している所があります。

このような人は、現在はビジネスパーソンとしても大変好まれるところがあります。

それはやはり、スピード化社会の現代においては、そのように新しいことをどんどんとチャレンジして、新たなことを生み出してくれる人というのが好まれるところがあるからかもしれません。

それに対し内向きな人は、どちらかと言うと巣を守るところがあります。

新しいとこに踏み出そうとしないのは、種を守るためというところもあります。

皆が皆外向き思考になって、どんどんとテリトリーを広げようと、新しいところに飛び込んでいくと、思いがけない外敵がいた時に全滅してしまう可能性があります。

内向的と外向的という話とは、また離れてきますが、アリの世界でも意外とそのようなことはあります。

アリというと働き者のイメージがあり、皆が働いているというようなイメージがありますね。

その一方で働きアリというイメージが強いけれど、意外にも2割ぐらいはサボっているアリがいるのです。

それはなぜかと言うと、皆が皆働いて疲れていると、もしその働きアリたちが疲れて働きを止めた時に全滅してしまうからです。

もし疲れて働くのをやめるアリがいたら、今までサボっていたアリが働き始めるという原理です。

このように、色々な動物の世界でも働く人働かない人というのもいます。

人間も同じく、巣を守りおとなしくしている人と色々なテリトリーを広げる人に別れるというのは種を守るためというのもあるのです。

親の教育の影響

子供は非常に柔軟なところがあります。

ですので親御さんの教育の影響で、どのようにでも変わることがあります。

例えば何でも親御さんがネガティブ思考で、色々なチャレンジを止めようとしたり、失敗をしつこく叱責すると、だんだんと怒られるのが嫌だと思ったりビクビクしてしまったりして、新しいことにチャレンジできなくなってしまいます。

ですので昔はかなり明るく外交的だけれど、成長したらすっかりと内向きになってしまったというような話も聞くことはよくあります。

もちろん親御さんだけの影響というわけでもありませんが、教育の影響というのは非常に大きいところがあります。

何かトラウマになる出来事があった

やはりトラウマがあることによって、元々どちらかと言うと外向きだったのに、内向的になってしまうということはあります。

自身の上の子がちょうどそのようなタイプでした。

この子は幼少期は非常に動じないところがあり、誰に対しても積極的に話しかけたりするので「危ない人について行ってしまうのではないか」というほどに警戒心の薄い子供でした。

どちらかと言うと、我々夫婦が内向きな思考だったので、新鮮でしたね。

ただ、やはり年齢を重ねるごとに、だんだんとおとなしくなってしまいました。

年長の頃には大分おとなしくなってしまったということはありますが、まだまだ色々と積極的に話す場面はありました。

ですが、どうも小学校に入ってから、荒れたクラスに配属されてしまったようで、すっかりと消極的な子供になってしまったというような感じです。

今小6ですが、話を聞くといじめっ子の男子がいたとかで、その子に自信をへし折られたということを申しておりました。

このようにトラウマから、一気に性格が変わってしまうということもあります。

内向き思考から脱出するためには

先ほども触れたように、種を守るために外向きな思考の人間ばかりである必要はないという話はしました。

ですが内向き思考でずっといるというのも、現在の世の中にはマッチしないところがあります。

ですので内向きな性格が悪いわけではありませんが、ある程度は内向的な性格を抜け出しておく必要もあります。

そのような傾向を大切にしつつ、いざという時は物怖じしないような状態を作っておくということは大切なのです。

ですので、無理のない範囲で、なるべくそのような内向的な思考から脱却する方法についてみていきましょう。

非日常を経験することが大事

基本的に、内向きな人は安定的なところを好み、変化を嫌うところがあります。

ですが安定的というのは良いところがある一方で、ともすれば脳に刺激のない状態になります。

よく認知症予防に、色々な人と付き合うというような感じで脳を活性化する必要があると言われています。

ですので、このような安定的していて変化のない生活というのは、良いとは限らないのです。

ですので時には、非日常を体験する必要があります。

そうすることによって、脳の活性化を促すことができます。

そしてずっととどまることが良いように思われるのですが、案外とどまり続けることは良くないということがあるのですが、もしそのようなことで一歩を踏み出せないまま過ごすと、それに気づくことができないまま一生を終えてしまう可能性があります。

一生を終える前に気付いたとしても、かなり年齢を重ねてから気づくようになると、なかなかやり直しをするのが難しくなるところがありますので、できれば若いうちにそのような非日常を複数体験することによって、新たな自分を発見するということも大切です。

目が覚めるような経験が価値観を変える

内向的な人は最も苦手とするような、目が覚めるような非日常ですが、これをするというのは容易ではありません。

よく聞く話では、事故などで死にかけて生還した時に人生観が大きく変わるというような発言を聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか?

もちろんそのような事故などの不幸なことで、価値観を変える必要はもちろんありません。

そのような死にかけないような体験をすることで、価値観を変えることにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

例えば普段の自分だったら決してしないような、バンジージャンプを経験してみるとか、日頃だったら行こうとは思わない発展途上国への旅行など、そのような経験からで良いのです。

とにかくそのような目の覚めるような体験というのを、自分なりに考えて実行してみるのはいかがでしょうか?

旅行や転職、コンテストに挑戦等

この目の覚めるような経験というのは、先ほども触れたようにそんな命をかけるようなものではなく、旅行でもいいですし何かコンテストなどに挑戦してみるのもいいでしょう。

とにかく先ほども触れたように、普段の自分なら積極的にやりたがらないようなことにチャレンジしてみるのが良いのではないのでしょうか?

もちろん人によるので一概には言えませんが、漠然と職場に不満があるということであれば、転職を視野に入れても良いでしょう。

ただ仕事に関しては、必ず転職先の仕事が今の仕事先より良いとは限りませんので、もし今の仕事はで満足をしているということであれば、無理に転職をする必要はありません。

ですが、少し不満を抱いているとか、どうしても行ってみたい夢があるということであれば、時にはそのような夢を優先してみるのも良いのではないのでしょうか?

親友を作る

もちろん友達というのは、作ろうと頑張ってもなかなか難しいところがあります。

多くの人は「気が付いたら友達ができていて、さらに付き合い進めていたら親友になった」ということを言っている所があります。

ですので簡単ではないのかもしれないけれど、その一方で出会いがなければ友達になることもできませんし、親友もできません。

宝くじと同じ原理で、確かに買ったからといって当たるとは限らないけど、買わないと絶対に当たらないというのがありましたよね。

それは友達に関しても同じです。

何でも語り合える人の存在は大きい

もし親友ができたら、基本的に何でも語り合える存在になる可能性が高いです。

もし親友を作りたいということであれば、できれば趣味の友達から作っていくと親友になる可能性が高いです。

基本的に好きなことが同じということが友達になるきっかけになることがありますので、そこから親友探しをするというのはいかがでしょうか?

まとめ

内向き志向と言うと、なんだか良くないようなイメージもありますが、ともすればそのような思考の人は、自分の中で突き抜けた何かがあるというのも特徴のひとつです。

ですので悪いことばかりではないけれど、もしそのような内向き思考がネガティブな方向性にいっているのであれば、その性格から抜け出すように努力してみるのも良いでしょう。