CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

周りに目を向けられるようになる5個の方法。相手を思いやる気持ちを持つには?


私たちが生活している中で、沢山の人たちと交流を持つ事になります。

それは良い悪いでは無く、そういうものなのです。

そこに良いも悪いもありません。

そういうものなのです。

自分の周りに人が居る事が嫌だ・誰ともかかわりたくない。

そんな事を願った所で、どうにもならない部分も多々あるのです。

自分の力ではどうにもする事ができないのであれば、かかわりを持った人に出来るだけ気持ちを傾ける事が大切です。

言い方を変えるのであれば、目を向けるという事でしょうか。

目を向ける事によって、相手が困っているときに気が付く事ができるようになるでしょう。

何をして欲しいのかを考える事が出来るようになります。

更に言えば、今何を自分がすべきなのかのヒントを得る事ができるようになるのです。

だからこそ、人間関係をより良いものにする為には、周りに目を向ける事が何よりも重要となります。

今まで一人で気ままに生ききた人からすると、いきなり周りに目を向けろと言われてもどうすればいいか分からないという事もあるでしょう。

出来ない事をやろうとするとストレスになてしまいます。

だからこそ、ついイライラとしてしまう場合もあるかもしれません。

けれど、そこでイライラせずにただまっすぐに相手に向き合う事によって見えてくる事があるはずです。

周りに目を向けると言われると難しく感じてしまう人も、単純に周りの人に興味を持って行動する事が必要だという事に気が付く事ができれば、世界は変わって見えてくるかもしれません。

今自分が出来ていなかったとしても、ここから興味を持つようにするだけでも、その人の性格は見違えるように変わる事でしょう。

周りに目を向けるとは?

人間関係を円滑に進める為に必要な事は、周りに目を向ける事です。

それによって周りの人の事を良く知る事ができるようになります。

相手の事を知らなければ、相手の求めている事を達成する事も出来ないでしょう。

何をして欲しいかが分からければ行動のしようがないのです。

だからこそ、まず相手に興味を持って目を向ける事が何よりも重要な事となります。

いきなり相手に目を向けようっと思っても、何から始めたらいいか分からないものです。

ですが、相手に興味を持って行動するという事を考えて行動する事によって目を向けるという意味も自分の中で深く理解する事ができるようになるはずです。

だからこそ、まずはその気持ちを忘れずに行動する事が何よりも重要となります。

今まで人の事を考えてこなかった人はいきなりの変化に戸惑ってしまうかもしれません。

けれど、人間はいつでも変わる事が出来るはずです。

だからこそ、自分が出来る事を一つづつ意識して行動していく事をお勧めします。

それが必ず自分の為となってくれる事でしょう。

状況を読む

まずは今このときの状況を冷静に判断する事が重要です。

一つの事だけに目を向けていると、本当に大切な事がなんなのかという事に気が付く事が難しくなってしまいます。

本当はこちらが悪いのにも関わらず、一つの情報だけで物事を判断してしまう事によって物事を正しく判断する事ができなくなってしまう場合もあります。

それこそが、物事を正しく見る為には必要な事なのです。

状況を読む事によって、正しい判断をする材料を沢山増やす事が出来るようになるはずです。

それが結果的に私たちの生活を支えてくれる出来事となってくれる事でしょう。

今まで自分の事しか見てこなかった人は、いちど立ち止まって周りの人の事を考えたり状況を冷静に判断してみてください。

それによって気がつく事ができる場面も増えてくる事でしょう。

いきなり状況を読もうと思ってもそう簡単にできるようになるものではありません。

大切な事は慣れる事です。

慣れる事によって、最初はただしく判断する事ができなかった事も自然と判断する事ができるようになっていきます。

そういう時にはこうした方が良いなどと言った通例を学ぶ事も出来るようになるはずです。

自分で出来る事を考えるさいにも、まずは状況を把握する事ができていなければどうする事も出来ません。

だからこそまずは状況を把握するように努めて行きましょう。

今するべきことは何か


今置かれている状況によって、今自分がするべきこ事が変わってきます。

その事を考えずに自分の好き勝手な行動をしているようでは相手の事を見る事など出来ません。

ページトップ