周りに何事においても徹底していらっしゃる方が1人か2人くらいはいるのではないでしょうか。

しかし、実際に徹底している人はどんな人と聞かれると、実は人それぞれで答えが違うのです。

なぜなら、各現場において徹底している人は違うのです。

そのため、ある意味絶対的な定義がありません。

また、見る人によっては頭が固い人のイメージを持ってしまっていたりします。

なぜなら、徹底しすぎてついていけないということもあるからです。

そこで、今回こちらの記事では、徹底している人の特徴などをまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、あなたも徹底している人を目指しましょう。

徹底している人ってかっこいい!

徹底している人はなんでもしっかりこなすのでカッコいい印象があります。

しかし、見る人によっては頭が固い人のようにも見えてしまうのです。

なぜなら、徹底しすぎているために、なんでも完璧という感じに相手に押し付けてくる方もいらっしゃるからです。

要は自分自身に厳しいタイプなのか、もしくは相手に対して厳しいタイプなのかによって、だいぶ印象が変わってきます。

特にきめ細かい性格の人などは、頭が固いイメージにつながってしまう可能性があります。

つまり、そう考えると、相手に押し付けないで自分自身に厳しくしていれば、頭が固い人のイメージがつかないのです。

徹底している人でかっこいい人は、相手に対して押し付けてこない人のことを言う場合が多いです。

最近多いのが、自分は徹底しているが、部下がいい加減で完璧に仕事をしているように見えなくて、上司からの評価が下がっていると気にされている方が多いのですが、それは部下が悪いのではなく、あなた自身の意識の問題かもしれません。

部下がいい加減に仕事をするのであれば、あなたがしっかりすればいいだけです。

無意識のうちにあなたが部下に影響を受けてしまっている可能性があります。

徹底している人は出世しやすい


では、なぜ徹底している人はかっこいいのかと言いますと、それは徹底している人は出世している人が多いからです。

要はしっかり仕事をこなすので、上司からの評価も高くつくので、出世しやすいのです。

よく言われるのが、上司におべっかを使う人ほど、出世しやすいと言う都市伝説的な言い伝えがありますが、これは仕事ができない人がする手法です。

仕事ができる人はそんなことを気にせずに仕事に取り組んで出世します。

出世したいのは、働く人すべてに共通するものではありますが、出世できる人と、できない人の差はここにあるのです。

徹底しているのでミスが少ないのと、仮にミスを犯してもすぐに修正できるスキルを持っているのです。

また、仕事に対しても取り組み姿勢が普通の人よりも強いので、達成した時の大きさなどが普通の人と全く違うのです。

上司の期待以上の成果を出してくるのも、徹底した人の特徴でもあります。

出世するかどうかに上司の評価は直結しますが、それよりも徹底しているかどうかが重要になってくるのかもしれませんよ。

ぜひ、徹底しましょう。

すぐに成長をすることができる

徹底しているので、他の人よりも成長が早いのです。

なぜかと言いますと、仕事に注いでいる能力などに差があるからです。

よく、仕事に慣れてしまうとさぼると言うことをされる方もいらっしゃいますが、徹底している人はさぼることをしません。

むしろ、どんな仕事に対しても最大限の力を注ぐので、その分、成長も早くできるのです。

要は、普通の人よりも、多くの経験値を取ることができるので、成長が早いのです。

これが如実に表されているのが、都市と地方の関係です。

格差があると言われていますが、これは単に給料の問題ではないのです。

なぜなら、同じ系列の会社で働いていても、地方と都市とでは仕事に対する取組み姿勢に差が出てしまうのです。

地方の人が普通にしていることでも、都市では3分の1ぐらいの仕事量の可能性もあるのです。

そう、実は地方と都市では給料だけでなく、仕事に対する取組み姿勢でも差が出てしまっているのです。

それが、給料に直結していると言っても過言ではないのです。

給料が安いのは地方だからというわけではありません。

その土地においての仕事に対する取組み姿勢が給料に反映されているのです。

こういうと、地方には徹底している人が少ないのかと思われてしまいますが、そんなことはございません。

地方でも徹底している人はいらっしゃいます。

新しいことを吸収するスピードも速い

徹底している人は変化することなどに関しても、そんなに躊躇しません。

なぜなら、新しいことを吸収するスピードが普通の人に比べれば早いのです。

そのために次から次へと新しい情報をゲットしては活かそうと考えるのです。

ほとんどの人は、新しいことを始めたり、変化させることに関しては戸惑いを見せるのですが、徹底している人は新しい情報をゲットする度に素早く調べて進め方を考えるのです。

そのために、躊躇することはないのです。

ある意味、即断即決できる人の考え方に似ていますね。

ただ、相手に押し付けるようなタイプの人は、逆に新しい情報をゲットすることを躊躇します。

なぜなら、今の自分に満足しているので、新しい情報をゲットしようとしないのです。

ある意味、成長が止まってしまっている人のことを言いますが、意外と日本人は勘違いしているので、徹底している人をこのようなタイプと思ってしまっている節があります。

徹底している人は、実は結構柔軟な人が多いのです。

その辺りを勘違いしないようにしましょう。

まずは、あなたも新しいことを吸収してみるようにしましょう。

ここの抵抗がなくなれば、スピードはすぐに解決できますよ。

どんな事でも徹底して取り組む

徹底している人が尊敬に値するのはどんなことに関しても、力を抜くことなく徹底して取り組むことです。

昔あった大ヒットドラマの踊る大捜査線と言う刑事ドラマがあったのですが、主人公を見ると一見はいい加減に見えますが、「事件に小さいも大きいもない」という言葉の通りに、どんな事件事故に対しても一生懸命に取り組む姿勢を見せています。

このドラマの言葉にもあるように、徹底している人は「取り組むことに関して小さいも大きいもない」と思っているのです。

そのため、一見すると小さいように見えることでも力を抜くことなく、徹底的に取り組むのです。

ある意味、仕事ができるできないよりも、ここを気にされる上司は意外と多くいらっしゃいます。

つまり、このようなタイプは長期的に活躍できるというふうに見えるからです。

仕事さえできればいいと思っている人は多くいらっしゃいますが、実はこのような取り組み姿勢で高く評価されている人ほど、万能なタイプなのです。

なぜなら、苦手はことを振られても、調べるなどして徹底して取り組むからです。

完璧を目指すタイプの人なら、きっと手を出さないでしょうね。

そう考えると、徹底している人と完璧な人は、実は全くの別タイプなのです。

徹底している人の10個の特徴!こんなことをしています!

それではここからは徹底している人の特徴を説明していきたいと思います。

お待ちかねにしていた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

大きくピックアップして10個の特徴がございますので、まずはあなたにとって身近な特徴から覚えていくようにしましょう。

どれも簡単なことばかりなので、難しく考える必要はありませんよ。

おそらくもしかしたらすでに実践されていることもあるかもしれませんよ。

なら、なぜ徹底しているように思えないのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは今まで意識していなかったからです。

人間、意識するかしないかでだいぶ差が出てしまうのです。

なぜなら、我々の体や心を作っているのは細胞です。

細胞はあなたの意識によって毎日作り変えられているのです。

つまり、これから意識していて実践していくだけで、これまでとはだいぶ違った生き方になっていく可能性があるのです。

特徴を覚えていきながら、意識をしっかり持つことも忘れずに実践していくといいかもしれませんよ。

ぜひ、あなたにとってより良い人生をゲットするためにしっかり意識していきましょう。

1.メモを取る


昔は新卒社員に必ずと言っていいほどさせていたメモを取る行為ですが、最近は自主性を重んじるばかりに強制していません。

そのためか、最近はメモを取る行為をしない人が結構多くいらっしゃいます。

しかし、このメモを取るという行為ほど大切なことはございません。

業界によっては、首にノートをぶら下げてメモを取ることを忘れないようにしているところもあります。

つまり、それだけノートにメモを取ることは重要なのです。

これを新人のうちに行っていくことで、習慣されるので、徹底している人になるのです。

つまり、新人の時にメモを取ることを行いそれを続けることで、徹底した人になることができるのです。

継続は力なりという言葉がよくわかる事例です。

ぜひ、メモを取るようにしましょう。

アナログ作業は意外と大切ですよ。

どんな事でもメモを取り忘れないように心がけている

では、実際にメモを取るにもどのようにメモを取ればいいのかと言いますと、これが最近の効率化という言葉に惑わされてしまっている部分もあります。

要は、重要なことだけをメモすればいいという感じに考えていて一体どこが重要なのかわからないので、メモを取れないと言う方もいらっしゃいます。

実はこれが良くないのです。

まずはどんなことでもメモを取ることが大切です。

重要な部分を抜粋するのは、メモを取り終えてからでも構わないのです。

情報の整理というのは後からでも十分にできます。

重要な部分を抜き取ろうとして、メモをし忘れても意味がありません。

拾えるものは拾う!このような考え方が大切になってくるのです。

拾って重要な部分を見つけていくと徹底できますよ。

逆に拾えていないと言うのは、徹底していないと言うことです。

効率化という言葉に惑わされないようにしましょう。

些細な事でも忘れてしまわないように

どんな些細なことでも後々になって重要なことになっている可能性もあります。

なぜなら、些細だと思うのはその時だけで時が経てばそのことが変わってしまっている可能性もあるのです。

つまり、その場の判断で小さく見てしまわないようにするのです。

前にも述べていますが、起こることに小さいも大きいもないのです。

そう判断しているのは、何を隠そうあなた自身ですよ。

その場では些細だと思っても、しっかり書き残しておきましょう。

後になってどう化けるかわかりませんよ。

一昔前に、携帯電話が全く流行っていなかった時に、携帯電話のエンジニアをしていた人は、その時にテレビやビデオのエンジニアをしていた人にバカにされていたらしいのですが、今では立場が逆転したらしいです。

言わなくてもわかりますよね。

このように長期的スパンで考えるとどう化けるのかわからないのです。

ぜひ、メモできるものはメモしておきましょう。

2.仕事熱心

徹底している人は、仕事に対して大変熱心です。

おそらくどんな仕事に対しても妥協することなく取り組む姿勢を見せてきます。

そのために、一見すると暑苦しい感じがしますが、徹底している分、ついていく人が多いのです。

ある意味、巻き込み型のタイプと言えます。

そのために、周囲を巻き込んで仕事を行うのですが、その分相手に対して説得力のある人とも言えます。

なぜそうなのかと言いますと、それは徹底しているからです。

ただ、この時に、頭が固い人だったり、相手に対して押し付けてくるようなタイプの人だと巻き込むのが上手でないと言えます。

徹底していても柔軟な姿勢でいることが、大切ですし、他人を巻き込むことができるのです。

どんなものでも積極的に取り組む

仕事熱心な理由の1つに上がるのが、どんなものに対しても徹底して取り組むのです。

おそらく人には向き不向きがあり、なるべく不向きのことに関しては、積極的に取り組みたいと思う人は多いと思います。

なぜなら、不向きだからです。

不向きだとうまく行く自信がないので、取り組みたいと思えないのです。

しかし、徹底している人は、向き不向き関係なく、どんなことに関しても積極的に取り組みます。

ある意味、弱さを見せることが嫌いなタイプと言えます。

しかし、不向きなものを徹底してやるにはどうしたらいいのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような場合は、調べたり、向いている人を探して取り組むのです。

柔軟でないと対応できないのかもしれませんね。

新しいことにチャレンジをする

徹底している人は、新しいことにチャレンジすることを好んでいます。

なぜなら、新しいことに取り組んでこそ前進ある。

もしくは、変化することができると考えているからです。

徹底できないタイプは今の状態をキープしようと考えて新しいことにチャレンジすることを避けようとするのです。

おそらくほとんどの人は徹底しているからこそ、新しいことにチャレンジしないと思われていらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

徹底しているからこそ、新しいことにチャレンジしたがるのです。

新しいことにチャレンジすることを恐れないようにしましょう。