CoCoSiA(ココシア)

忖度する人の25個の特徴


皆さんは、忖度(そんたく)という言葉の意味をご存知ですか?

某人気医療ドラマで使われていたので、知っている方もいるかもしれません。

意味を知っている人の多くは、あまり良い印象を持っていない人もいるかもしれません。

そう思わせてしまうほどに、忖度というものは誤解を招いてしまうものであるということは否定できません。

しかし、決して悪い意味ばかりではありません。

今回は、「忖度する人の25個の特徴」と題しまして、忖度について深掘りして見ていきましょう。

正しい意味を理解して、忖度を上手に使い分けていきましょう。

それでは、今回もお付き合いください。

この記事の目次

忖度とは?

忖度とは、「他人の気持ちを推し量ること」「推し量ることで、相手に配慮すること」などを表します。

相手が言わんとすることを察し、その人の意向に沿うようにすると言うものです。

つまり、相手に対する「思いやり」の気持ちを表すものとなります。

それには、相手のことをよく理解している必要があります。

そうでなければ、相手の意向に沿うどころか、見当違いなことをしてしまっては元も子もありません。

また、相手を傷つけないために忖度という選択をする人もいます。

自分の考えや気持ちは二の次で、「相手がこう言うから」「自分にも非があるから」などと相手に対する遠慮や負い目からくるものもあるようです。

あるいは、「思いやり」という本来の主旨を忘れて、「自分のため」に忖度を選択する人もいます。

誰のため、何のための忖度なのかを今一度振り返ってみるべきなのかもしれません。

忖度する人の25個の特徴

では、忖度する人には、どのような特徴があるのでしょうか?

相手の気持ちを推し量ることができると言うだけに、見習うべき特徴があるのかもしれません。

逆に、自分本位になってしまっている忖度には注意が必要となります。

全てを見習わなければならないということではありませんので、気楽に見ていただければ幸いです。

こちらでは、25個の特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.仲間意識が高い


1個目は、「仲間意識が高い」です。

他人の気持ちを推し量る、すなわち、相手の心情を察しようとすることは、その相手を「仲間」と認識しているからこそに他なりません。

相手と志を共にすると言いますか、相手と同じ方向に向かっている意識の高さがうかがえます。

もちろん、時としては意見が対立してしまうこともあるかもしれませんが、それもまた相手との仲間関係を維持したい気持ちの表れとも言えそうです。

一度仲間と認識した相手とは、そう簡単に袂を分かつことはないでしょう。

だからこそ、相手に忖度する気持ちが芽生えるのかもしれません。

誰かのためにする忖度は、自分のためにするそれよりも違ってくるでしょう。

2.ある一定の人から高い評価を得ている

2個目は、「ある一定の人から高い評価を得ている」です。

高い評価もさることながら、「ある一定の人」と言うのがポイントになってきます。

その「ある一定の人」に尊敬の念を抱き、忖度していると考えられます。

自分を高く評価してくれる相手の期待に応(こた)えたい、そう思うのも自然な流れなのかもしれませんね。

評価されることでさらに努力をする、そして評価が増す、と言った流れが成り立つでしょう。

3. なんとしてでも結果を出したい


3個目は、「なんとしてでも結果を出したい」です。

何かをするにあたって、「結果を出したい」と思うのは当然と言えば当然のことです。

結果を出せば、自分の評価が上がる、ステータスアップができるなど、自分にとって良いことに違いありません。

また、結果を出すことで、使命感を果たせたり、やりきった感を得ることもでき、それによって大きな功績が得られるのも魅力と言えるでしょう。

忖度をすることによって、結果を出すにあたっての勢いを上げたり、結果への後押しとなるのであれば、忖度を選ぶことも道理なのかもしれません。

とは言え、結果に固執するあまり、それまでの工程ややり方に問題があると、後々あなたの品性が問われるかもしれません。

4.上下関係を大事にしている

4個目は、「上下関係を大事にしている」です。

上下関係、つまり、先輩と後輩、上司と部下と言った「縦社会」を重んじているようです。