CoCoSiA(ココシア)

復讐してやる…!ダメ男に復讐する7個の方法


親切にしてもらったら親切に返さないといけないと思ってしまうのが人間の心情の一つです。

もちろんこのような良い事に関して、そのように思うのは良いことなのですが、残念ながら「復讐をしたい」という感じで、悪い意味で仕返しをしてやりたいと思ってしまうことも人間です。

特に恋愛関係は、人と深い関係になることから、裏切られてしまった時に抱く憎しみというのは通常の比ではないです。

女性の方は「ダメ男に何とかして復讐してやりたい」と思ってしまうこともあるかもしれません。

復讐と言うと穏やかな気持ちにはなれないものです。

酷く裏切られたりいじめられた経験がない人は「人を憎んで仕返しを実行に移すのは良いことではないよ。」と言われるかもしれません。

確かにそうである部分はあるけれど、人間ですので割り切れないところがありますよね。

では、復讐などについていろいろと見ていきましょう。

恋愛において復讐してやる!と思ったことはありますか?

皆さんは恋愛において、復讐をしてやりたいと思ってしまったことはありますか?

こっぴどい振られ方をしたとか、色々なことから憎しみを抱いてしまっていうことはよくあることです。

特に恋愛関係ですので、憎しみは強くなってしまう傾向にあります。

では、人はどんな時に復讐してやると思ってしまうのでしょうか?

復讐をしてやりたいと思ってしまうシチュエーションについて色々と見ていきましょう。

彼氏にひどいことをされた


やはり人間は過ちをせずに生きていくということはできません。ですので時に人を深く傷つけてしまうということもあるでしょう。

ただやられる側はたまったものではありません。

彼氏にひどいことをされたということであれば、それに対する憎しみを抱いてしまうことはよくあることです。

やはりひどいことをされたらどうにかしてそれを思い知らせてやりたいと思ってしまうものです。

ひどい振られ方をした

特にひどい振られ方をしたということになると、今まで恋愛関係で密時を過ごしてきて、急にということになるとひどい憎しみに変わることはあります。

ひどい振られ方ではなかったとしても、その思いを強く抱いていたということになれば、その憎しみはひとしおです。

著者は趣味で色々と掲示板を見るのですが、やはり婚活をしてうまくいっているときは非常に幸せそうで「彼がとっても好き」という感じでしたが、急に手のひらを返されたようにふられて、ひどく憎しみを抱いているような書き込みを見ることがあります。

やはり好きという気持ちが大きいほどに手のひらを返され振られた時の憎しみは強いのです。

ただでさえそうなのに、酷い振られ方をしらということであれば、その憎しみはより深いものになってしまいます。

浮気や不倫をされた

やはり浮気や不倫というのは、恋愛関係や結婚生活においてひどい裏切りの一つです。

日本は一夫多妻制で、特別な事情がない限りはそのような恋愛的なパートナーは一人であるのが一般的です。

ですが知らない間に、そういう関係を持っていたということになると、ひどい憎しみを感じるものです。

世の中には、そのようなひどい浮気や不倫をされたことに対しての復讐についても、掲示板について書かれていることがあります。

中には「ここまでするか」というような復讐まであり、それほどに裏切られるということは強い憎しみを抱くことなのだなと感じさせられますね。

自分が一方的だった

憎しみを抱くきっかけというのは、何もそのような振られたとか浮気や不倫をされたというような決定的なことがあったとというだけではありません。

確かに「愛されるより愛したい」という言葉があるように、好きという感情を持ってアタックしていくことに喜びを感じるところがあります。

ですが女性の場合は、特に男性に追いかけられたいと思うものです。

だけど女性だけの方が一方的に好きだっただけだということを知った時は、かなりショック受けるでしょう。

自分が好きで尽くしているというような感じに思っていても、やはり何かと見返りを求めてしまうものです。

もちろんそれは金品等と言う見えるものだけではありません。

「ありがとう」という言葉だったり笑顔だったりというようなことも、大まかに言うと見返りの一つでしょう。

それも全く無くということになると、憎しみを感じてしまうものです。

好きだと思っていたのは自分だけだった

好きだと思って付き合っていたら、どうも好きだと思っていたのは自分だけだったという時のショックは非常に大きいところがあります。

困った時に手のひらを返されたりというようなことがあると、非常にショックを受けてしまうものです。

もちろんこの一方的に好きだったというのは、その人だけが被害者というわけではないケースもあります。

例えばストーカーの方を例に挙げると、一方的に好意を寄せて一方的につきまとっているということもあります。

ただ中にはこのストーカーという方はもやることが非常に過激になっていくところもありますね。

それは好きだと思っていたのは自分だけだったということに気づいた時、それが大きな憎しみになってしまうからなのです。

付き合う年数が長くなるほど冷たくなっていった

確かに付き合う年月が長くなると、だんだんとマンネリとしてしまうところはあります。