普段の自分の行動を振り返ってみた時に、後からなぜこのような行動をとってしまったのかと後悔してしまった経験がありませんか?

冷静な状態で後から考えてみると、なぜそのような行動をとったのか自分自身でも不思議に感じることはよくあります。

それらは大抵、自分自身が冷静な状態でいられなかったがために取ってしまった行動であることが多いです。

感情的になったり、激しく動揺していたりする時には冷静な状態が保てずに、冷静な判断のもと考えを行うことができなくなるからです。

しかし、人間にとって感情が切っても切り離せない存在であり、自分の感情を押し殺したりすることは難しいことです。

いつも感情的になってしまったり、自分の感情を押し殺せないことに対して悩んでいる人は多いはずです。

そこで、今回は冷静さをテーマにして、冷静さを保つための方法や、冷静さを保てない状況などをご紹介していきたいと思います。

どうすれば冷静でいられるのか、どのような工夫が自分にとって必要なのか、今回ごしょ迂回する内容を参考にして考えてみましょう。

感情的になって失敗することはありませんか?

感情的になってしまった場面を冷静に振り返った時に、多くの方が感情的になってしまったことが理由で何かしらの失敗をしてしまった経験があるはずです。

例えば、よくある話として感情的になってしまい、つい相手に対してひどい言動を行ってしまったというケースです。

普通の状態であれば絶対に言わないようなことを感情的になってしまったがゆえに、つい口走ってしまったという状態です。

カップルの喧嘩や、友達の間などでよくある話ですが、これらも大抵の場合冷静さを失ってしまったことが起因の問題だといえます。

冷静さを失わずに、いつも状態でいられたのであれば、防げる問題だといえますよね。

しかし、冷静さを失ってしまうということは人間ならば誰しもが一度くらいは経験したことがあることですし、それを防ぐのは難しいことです。

普段から意識していたり、注意していないとつい冷静さを失ってしまうということは必ずあります。

だからこそ、そうならないように何かしらの工夫を取り入れることが求められるはずです。

そこで、その方法をご紹介する前に、まずはどのような時に冷静さを保てなくなってしまうのかということについて触れていきたいと思います。

どんな時に冷静さを保てなくなる?

冷静さを失ってしまう状況は非常に多岐にわたって存在するといえます。

なぜならば、人によって冷静さを失ってしまう基準自体が異なりますので、ほかの人とまったく同じ状況で冷静さを失うのかと問われるとそうではないからです。

例えば、ちょっとしたことで冷静さを失う人もいれば、大きなことが起きない限りは冷静でいられるという人もいるからです。

しかし、根本的な理由だけを考えてみると、冷静さを失ってしまう理由はある程度共通していることが多いです。

なぜならば、大多数の方が同じような理由で冷静さを失ってしまっているからです。

出来事の大小は人によって基準が異なりますが、理由は同じなので、まずはその理由を把握するところから始める必要があります。

そして、自分にとってどのようなレベルまで行くと冷静さを失ってしまうのか把握し、そのうえで冷静さを保つための方法を取り入れることが重要です。

自分がどのようなことに対して敏感に反応しているのか、自分に足りないものはどういうものなのか、ということをまずは正しく把握してみましょう。

ショックなことがあったとき


まずはじめにご紹介する冷静さを保てなくなる状況として「ショックなことがあったとき」が挙げられます。

冷静さを保てなくなる状況や理由として一番多いのがショックなことがあった時であるといえます。

誰しもが一度くらいは経験したことがあると思いますが、ショックな出来事が起きてしまった時は冷静な状態でいられなくなることが多いです。

ショックな出来事が頭の中を駆け巡ってしまい、そのほかのことを考える余裕などがなくなってしまうことがあるはずです。

いつもの自分であれば迷うことなく正しい選択をするのに、ショックな出来事が邪魔をしてしまい、つい間違った選択をすることもあります。

それはショックな出来事が起因で、冷静な状態でいられなくなってしまうことが理由であるといえます。

なので、ショックなことがあった時は冷静さを保てなくなる可能性が高いと考えることができます。

嫌なことがあったとき

次にご紹介する冷静さを保てなくなる状況として「嫌なことがあったとき」が挙げられます。

なぜ嫌なことがあったときに冷静さを保てなくなるのかと言うと、嫌なことがあるとどうしてもそのことばかり考えてしまいがちになるからです。

元々人間は良いことよりも悪いことの方が記憶に残りやすく、どうしてもそのことが気になってしまいがちな傾向にあります。

実際にトラウマという言葉を考えてみてもわかるように、嬉しいことよりも嫌な出来事をより深く記憶に刻んでいることの方が圧倒的に多いですよね。

それぐらい嫌なことというのは自分自身の意識の中に入り込みやすいといえ、それが理由になり冷静さを保つなくなってしまうことはよくあるはずです。

例えば、嫌な出来事が起こってしまうとどうしてもそのことばかりを考えてしまい、その他のことを考える余裕がなくなってしまいます。

冷静な判断をすることができなくなってしまう場合もありますし、パニックに陥ってしまうこともあります。

なので、嫌なことがあった時はどうしても感情的になってしまうやすくなり、冷静さを失ってしまう状況に該当すると考えられます。

失敗をしてしまったとき

次にご紹介する冷静さを保てなくなる状況として「失敗をしてしまったとき」が挙げられます。

なぜ失敗をしてしまった時に冷静さを保てなくなるのかと言うと、失敗をするということは恥ずかしいことであると認識している人が多いからです。

これまでの人生の中で何かしらの失敗をしてしまって落ち込んだ経験がある人は多いはずです。

失敗をしてしまうと、なぜ失敗してしまったのか、自分の能力が低いのか、などと自分自身を責めてしまいやすくなります。

いわゆるネガティブな感情に心が支配されやすくなってしまうのですが、これこそが冷静さを保てなくなる考え方につながります。

ネガティブな感情に心が違いされてしまうと、失敗するということを恥ずかしいことやいけないことだと認識してしまいがちになります。

そして、最終的に自分自身を責めてしまい、マイナスな考え方が身につき冷静さを失ってしまいがちになります。

よく失敗をしてしまい、感情的になって荒れたり、落ち込んでいつもの判断に自信を持てなくなっている人を見かけます。

このことから、失敗をするということは、冷静さが保てなくなる状況の一つであり、多くの人に該当した状況であると判断することができます。

マイナス思考の形によく見られる例ですが、大切なのは失敗するということを悪いことだと考えないようにすることです。

確かに成功した方が良いことかもしれませんが、失敗することによって得られることもありますし、それが自分の成長に欠かせない材料になる可能性もあります。

同じ失敗を繰り返さないように工夫をすること、そして良いきっかけになったということを考え、なるべくポジティブな考え方を身につけるようにしましょう。

怒っているとき


次にご紹介する冷静さを保てなくなる状況として「怒っているとき」が挙げられます。

なぜ怒っているときは冷静さを保てなくなるのかと言うと、怒っているときは怒りの感情に支配されてしまい正常な判断を下すことができなくなってしまうからです。

相手の言動や相手の行動によって自分の気分を害された経験がある方は多いはずです。

そして実際に相手に対して怒りの感情をぶつけたことがある方も多いと思いますが、その時は冷静な考え方ができなくなっているはずです。

例えば、怒りの感情が強くなり、相手にひどい言動を行ってしまったり、想像以上に手を出してしまったりすることなどが該当しています。

冷静な考え方や、冷静な判断ができる人ならばこのような状況を招くことはないかもしれません。

しかし、怒りの感情に支配されているときは、冷静に物事を考えたり、判断したりすることができにくくなり、つい暴力的になってしまいます。

これもすべて冷静さを失ってしまっていることが理由だといえますので、怒っているときは冷静さを保てなくなると判断することができます。

冷静さを保てなくなってミスをした人が多い

冷静さを保てなくなってしまった結果、冷静な判断することができるにミスに直結してしまったという人は非常に多いです。

それぐらい冷静さを失ってしまうということは自分自身にとってリスキーなことであると考えられます。

仕事をしている人であればなおさらですし、プライベートの面においても冷静さを失ってしまうということは大きな損害を生み出す可能性があることです。

だからこそなるべく早い段階で冷静さを保てるような方法を身に着けることが重要です。

冷静さを保つことができれば、ミスを防ぎ、正しい選択を行うことも出来ますし、自分にとって良い状況を招くための工夫を意識して行うこともできるようになります。

つまり、冷静でいられるためには、どのような工夫や努力が自分にとって必要なのかということを正しく把握することが重要であるといえます。

人は感情的になることが多い

そもそも私たち人間にとって感情という存在は切っても切り離せない存在です。

感情をなくすことなど簡単にはできませんし、感情があるからこそ良い判断をすることができる場合もあります。

しかしながら、だからといって自分の中には沸き起こってくる全ての感情をそのまま表現することが正しいのかと言われるとそうではありません。

時には我慢をすることも必要ですし、自分の感情を押し殺して冷静に物事を進めていくような冷静さも求められます。

特に社会人の方はこのようなスキルを必ず求められるので、時と場合によっては感情を押し殺す工夫を行う必要性があります。

しかし、常にどんな状況でも冷静にいられるようにするにはある程度の工夫が必要ですし、自分なりの方法を見つけることが重要です。

それを理解していないと、ただ感情を我慢して押し殺すのでは限界があります。

いつも感情的になってしまったり、自分の感情を押し殺すのが苦手だと感じている人は、どうすれば冷静さを保てるのか、その方法を身に着けることから始めましょう。

冷静さを保つための7個の方法

冷静さを保つことは非常に重要なことであり、冷静さを保つための方法を身につけることも重要だとご紹介しました。

では、冷静さを保つためにはどのような方法があるのかと言うと、実は非常に様々な方法が存在しています。

全ての方法を取り入れる必要性はなく、自分にとって取り入れやすい方法だと思うものがあればそれをまずは実践してみることがおすすめです。

いつも感情的になってしまいがちな人はこれからご紹介する方法の中で取り入れやすいものを、まずは確実に取り入れることから始めてみてください。

それを継続することで、必ず自分自身の考え方や行動などが変化していくようになるはずです。

普段行っていないことを取り入れるのは大変なことかもしれませんが、自分を変える一番の早道なので、継続しやすい方法を選択して取り入れてみましょう。

1.10秒数える

まずはじめにご紹介する冷静さを保つための方法として「10秒数える」という方法が挙げられます。

もしもショックな出来事があったり、嫌なことがあり冷静でいられなくなってしまうのであれば10秒数字を数えるようにしてください。

そうすることによって冷静でいられる可能性を高めることができるようになります。

なぜ数字を数えるだけで冷静になることができるのかと言うと、数字を数えることに意識を集中させることによってブレーキを踏むことができるようになるからです。

もしも数字を数えなかった場合、おそらく意識はショックな出来事や嫌な出来事に向いてしまい、冷静でいられなくなってしまいます。

しかし、数字を数えることに意識を向けることで、その10秒の間に様々なことに意識を向けることができるようになります。

そうすることで冷静でいられる可能性を高めることができ、間違った選択や行動などを取らないようにすることができます。

感情的になったら一旦落ち着く

10秒数えることによって自分自身が冷静でいられる可能性を高めることができるとお伝えしました。

しかし、ただ数字を数えて時を過ごすだけでは効果は半減してしまいます。

数字を数えている間、ちょっとした工夫を取り入れることによってさらに冷静でいられる可能性を高めることができるはずです。

具体的にどのような工夫を行えば良いのかと言うと、数字を数えている間自分自身の状況を把握する工夫を取り入れることをお勧めします。

例えば、つい感情的になってしまいそうになれば数字を数えだし、数字を数えている間に今の自分自身の状況を冷静に分析してみることです。

今現在の自分の状況を把握するために自分自身に対して質問を心の中で投げかけてみてください。

今の状況はどういう状況であり、自分自身がどういう立ち位置にいるのか、今何が起こっているのかということを冷静に考えてみましょう。

そうすることによって、冷静に物事を考えることができるようになり、正常な判断を行える可能性を高められます。

それでも冷静でいられなかったのであれば、いったんその場を離れて少し頭を冷やして考えてみることも重要です。

そうすることにより、一時的な感情で判断をしたりすることはほとんどなくなるはずです。

2.行動に移さない

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「行動に移さない」という方法が挙げられます。

なぜ行動に移さないことで冷静さを保つことができるのかと言うと、行動しないことによって一時的な感情で行動することを防ぐことができるからです。

冷静な判断ができない状態であったり、興奮状態に陥ってしまうとどうしても普段は行わないようなことも平然と行ってしまいがちです。

そのまま行動に移せば、必ず後で後悔してしまったり、どうしてこんな行動をしてしまったのだろうと思うようになるはずです。

だからこそ、冷静でいられない状況の時には、あえて行動に移さないように意識を向けることが大切です。

行動に移してしまえば、そのまま感情に流されて、考えもしない行動を行ってしまうようになるので、いったんクールダウンするまでは行動を控えるようにしましょう。

3.考え直す

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「考え直す」という方法が挙げられます。

なぜ考え直すことが冷静さを保つための方法につながるのかと言うと、考え直すことによって本当にその考え方が正しいのかどうかブレーキを踏むことができるからです。

ショックな出来事があったり嫌な事が起こったりする際には、考え方が過剰になってしまいがちになります。

例えば、嫌な出来事が起こった時まるでこの世の終わりのような感覚が襲ってくるようなこともあります。

そして、腹が立つ出来事などがあると、相手のことを完膚なきまでに叩きのめしたいとまで思うことがあります。

どれも普通の状態では考えないようなことですが、冷静でいられなくなった場合には考えてしまいがちなことです。

そのまま思いとどまることなく、そのまま行動してしまえば必ず後から後悔してしまうような出来事が起こります。

しかし、一度考え直すことによって多いとどまることができますので、冷静でいられる可能性が高くなります。

一度立ち止まってみることが必要

考え直すということは言葉にするのは簡単ですが、冷静でいられない時には非常に難しい選択でもあります。

しかしながら、冷静でいられるためには非常に重要な方法になります。

考え直すことによって改めて考え直している間、クールダウンをすることができるようにもなり、熱を下げる効果も期待することができます。

そして、クールダウンすることによって間違った考え方だったということに気が付けるようにもなるはずです。

間違った考え方をしていたということに気がつけると、その後の行動などは冷静な判断で行えるようになりますので、一時的な感情による行動は防ぐことができます。

なので、冷静でいられない状況が生まれた際には、まずはクールダウンをすること、そして一度立ち止まって自分が行おうとしていることは本当に正しいのか考えてみてください。

そうすることで間違った行動を防ぎ、正しい選択を得られるようになります。

何に対して冷静さを失っているのかを考える

冷静さを保つためには考え直すことが重要だとお伝えしましたが、考え直す際にはちょっとした工夫を取り入れてみることも大切です。

例えば、なぜ今自分自身が冷静でいられなくなっているのかということを考えてみてください。

自分が冷静でいられなくなった理由を考えることによって、自分が何に対して納得できていないのかということを見つけることができます。

そして自分が納得できていないことを冷静に考えてみた時に、論理的に物事を見ることができるようになります。

そうすることができれば、意味のない行動を取ったりすることはなくなり、問題を解決するためにはどうすればいいのかということを考えることができます。

根本的な原因を突き詰めて考え、その問題に対してどう向き合うべきなのか常に考えるようにしてみてください。

4.客観的に見るとどう思うのか考える

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「客観的に見るとどう思うのか考える」という方法が挙げられます。

そもそも客観的とはどういう意味なのかと言うと、簡単に言えば自分自身の事を第三者として捉え見ることを意味しています。

つまり、今巻き起こっている一連の流れであったり、自分の行動などを第三者の目線で考えてみるということです。

では、なぜ客観的に物事を見ると冷静さを保つことができるのかと言うと、客観的に物事を見ることができれば冷静に物事を分析できるようになるからです。

例えば、自分自身にとって非常に腹立たしい出来事が起こったとします。

当然そのようなことが起きれば怒りの感情に駆られてしまいがちになりますが、もしも全く同じことが第三者の身に起きた場合を考えてみてください。

自分自身ではなく第三者の身に起こった場合、当然ながら自分自身の身に巻き起こったときと比較すると、それほどまでに怒りを感じないはずです。

当たり前のことかもしれませんが、結局他人からの目線で考えてみると、自分が行おうとしている行動はそのように見えてしまうのです。

つまり、客観的に物事を見ることで、周りからどういう風に見られているのかということを理解でき、それが正しいのか間違っているのかを判断することができるようになります。

自分だけの主観的な目線で物事を考えてしまうと視野が狭くなってしまうように、客観視することで広い視野で物事を見ることができます。

これが自分自身が冷静でいられる方法につながるので、冷静さを失ったときには、あえて物事を客観視するようにしてみましょう。

違う視点から見ることで違う考え方が生まれる

物事を客観視することによって冷静でいられる可能性を高めることができるとお伝えしましたが、それ以外にも客観視することによって得ることができるメリットはあります。

例えば、物事を客観視することによって違う視点で物事を見ることができ、違う考え方を見つけることができるようになります。

自分自身の主観では相手が一方的に悪いと思っていたとしても、客観視して考えてみた時に相手はそれほど悪くなかったように見えることもあります。

しかしながら、主観的な目線でしか物事を判断できないとどうしても相手が悪いようにしか思えなくなります。

客観視することによって、一方的な主観を取り除くことができるようになり、より一般的な目線で物事を測れるようになります。

これも冷静でいられるために必要な考え方ですし、クールダウンすることができる一つの要因にもなりえます。

なので、冷静でいられないときや、自分自身の主観でしか物事を判断していないと気が付いた場合は客観視の大切さを思い出してください。

5.耐え抜く

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「耐え抜く」という方法が挙げられます。

冷静でいられない時は言い換えてみれば自分自身が我慢できないような状況になっているとも言えます。

しかしながら、そこで我慢の限界を迎えてしまった場合さらに冷静でいられなくなる可能性が高くなり、思わぬ事態を招いてしまう可能性が高まります。

なので、一つの方法として今の状況を耐え抜くということも選択肢にあることを忘れないでください。

そのまま辛い状況を耐え抜くということは難しいことでもありますし、気が滅入ることでもあります。

しかし、時にはどうすることもできないような状況が生まれることもあります。

例えば、どんなに腹が立ったとしても仕事の面で上司に対して逆らうことができないような状況もあります。

このような場合に、相手に対して反抗的な行動を取ってしまうと、自分に大きな不利益が被る可能性もあります。

それならば、そのままうまくやり過ごしたり、耐え抜くことも賢い選択肢になりえる可能性が高いです。

なので、変なことを考えずに、今はそのまま耐え抜くということも冷静でいられるための選択肢であり、重要な方法になります。

6.違うことを考える

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「違うことを考える」という方法が挙げられます。

なぜ違うことを考えることが冷静さを保つための方法になるのかと言うと、違うことを考えることによって自分自身の気をそらすことができるようになるからです。

例えば、冷静でいられなくなるような出来事が起きてしまった場合、その出来事のことばかり考えているとさらに冷静でいられなくなる可能性が高いです。

しかし、あえてそのことを考えず、全く別の出来事のことを考えてみることによって意識を別のことにそらすことができます。

そうすれば、必要以上にその出来事に対して感情を沸かすこともなくなりますし、冷静な対応をすることができるようにもなります。

なので、目の前の出来事ばかりに注視せずに、あえて別のことを考えてみることも大切だということを忘れないでください。

7.その場から一旦離れる

次にご紹介する冷静さを保つための方法として「その場から一旦離れる」という方法が挙げられます。

冷静でいられなくなるような出来事が起きた際には、あえてその場から一旦離れてみるという選択肢も有効です。

なぜその場から離れることが有効なのかと言うと、自分が冷静でいられなくなっている状況を作り出している場にとどまると、そのまま感情がエスカレートする可能性があります。

例えば、相手と喧嘩して興奮状態になってしまった場合、そのままその場に止まってしまうと相手に対する怒りが爆発してしまいます。

しかしながら、その場から離れることによって冷静に物事を考えられるような状況を作り出すことができます。

一人でゆっくりと考えることができるような場所に身を移すことで、一連の流れをクールダウンした状態で客観的に考えることもできます。

そうすることで、一時的な感情で判断をすることなく、冷静な状態で問題解決に向けて行動することができるようになり、冷静でいられるようになるはずです。

どうしても我慢できないときや、冷静でいられなくなる時には、一旦その場から動き、冷静になるまで気分転換するようにしてみましょう。

冷静さを保って行動をするようにしよう!

今回は冷静さをテーマにして、冷静さを保つための方法や、冷静さを保てない状況などをご紹介してきました。

冷静でいられなくなるということは誰しもが必ず経験することであり、いつ自分の身に起こるかわからないことでもあります。

しかし、だからこそいつでも問題が発生しても良いように、普段から対処方法を考えておくことが重要です。

何も対処方法を考えていない場合、そのまま感情に身を任せて間違った行動を取ってしまうこともあります。

特に社会人の方は冷静でいられることが常に求められる立場であり、冷静な判断ができないと困った状況を招いてしまう可能性も高まります。

今回ご紹介した方法の中で、一番自分自身が行いやすい方法を選び、冷静でいられなくなった時には活用してみてください。

そうすることで、間違った行動や間違った選択を選ぶ可能性を下げることができるはずです。