CoCoSiA(ココシア)

きちんとした人の17個の特徴とそのように見られるポイント


きちんとした人と言うと、どのような人を想像しますか?

やはり何かにつけてルーズな人よりかは、きちんとした人の方が好印象でしょう。

ですので、少しでもきちんとした人を目指していきたいですよね。

そこで今回は、きちんとした人の特徴と、そのように見られるポイントをご紹介していきます。

ぜひ実践してみてくださいね!

️きちんとしている人って魅力的

やはりきちんとしている人というのは、人からして魅力的に見えます。

中には堅苦しいというような人もいるかもしれませんが、それでも圧倒的にきちんとしている方の人が人気を博しているところがよくあるのです。

特に日本では、きちんとしている人が好きです。

このようなところはあげてみると、社会で成功出来たり、結婚生活で良い生活ができるという点においても、きちんとしている人の方がそうなりやすいところがあります。

だからこそ、きちんとした人を目指していくということで幸せを掴みとっていきましょう。

「きちんとしなさい!」と叱られた経験ありませんか?

子供の時によく「きちんとしなさい!」という風にしかれたことはありませんか?

なぜきちんとしないといけないのかと言うと、やはり外で振る舞う印象としては、きちんとしている方がより良いところがあるからです。

それで外で恥をかかないようにという親心から、そのような事で怒られることがあるのです。

このように「きちんとしなさい!」と叱られて、その当時は鬱陶しい親だという風に思っていても、大きくなるとそれが実感できるところがあります。

”きちんと感”は周りの人たちから好印象!

やはりきちんと感は、周りの人から好印象を与えるところがあります。

周りの人の印象としては、きちんと感があるほうの印象は圧倒的に良いケースが多いです。

だからこそ、きちんとしていきたいと思うものですね。

やはりきちんとしている人というのは、皆から好かれます。

堅苦しいという人もいても、そのような人は少数派であるということから、社会人としてやっていくためには、きちんとしている方が圧倒的に良いところがありますので、きちんとした人を目指すほうが、社会的に成功しやすい所があります。

では、きちんとというだけでは抽象的ですので、もっと色々ときちんとしているところについて、具体的なところを見ていきましょう。

️きちんとしている人の17個の特徴

きちんとしている人の特徴は、主に具体的な例を挙げると17個あります。

やはり音の特徴を見てもきちんとしている人が、必ず獲得しているであろう特徴の一つです適当な人であれば、この一つ一つの習慣づけが大変なところもあるかもしれません。

著者も、どちらかというとそこまできちんとしている方ではなく、適当な一面もあるという風に認めていますので、このようにきちんとするということをやっていきたいなと思います。

ではこのきちんと知る人の特徴を17個答えて決めていきましょう。

1.言葉遣いが丁寧


基本的にきちんとしている人は、言葉遣いが丁寧です。

敬語はもちろんですが、丁寧語、謙遜語、尊敬語などもうまく使い分けているというところがあります。

きちんと使っているからこそ、周りの方に良い印象を与えられるところがあります。

そしてよくありがちな「マジ」とか「ガチ」という言葉もあまり使わないところがあります。

この言葉はどちらかというと若い方がよく使うところがありますが、ともすれば30倍代半ばの芸能人の方でも使っている場面をよく見ますので、広く浸透している言葉のひとつです。

具体例を挙げると「マジですごいと思います!」とか「ガチで頑張らさせて頂きます!」ということを言っても、言葉遣いが丁寧に聞こえないところがあります。

特に非常に若い方だともうこの言葉が浸透しすぎて、中には丁寧に言えば何とかなると思ってしまうところもあるでしょう。

このように公式なところであまり使わない言葉というのもありますので、それも同時に覚えておきましょう。

2.動作がきれい

基本的にきちんとしている人は、動作が綺麗なところがあります。

物を拾う時のしぐさも大変きれいなところがあるのです。

例えば普通でしたらただ、かがんで取るというところもあるでしょう。

ですがより丁寧な印象を要するには、ちゃんとしゃがんだ上で物を拾うというような形を徹底しています。

このようにすることで操作がより綺麗なところがあります。

そしてくしゃみの時も反射的に出てしまうというところもあり、ついうっかりということもあるかもしれませんが、できれば人がいるところから顔をそらし、口を覆ってからくしゃみをするようにしましょう。

礼儀作法的な話は別として、衛生的には昨今は手で押さえるのではなく、腕のほうに口をむけてくしゃみをすることによって手に唾がつくことを防ぐことができると言われています。

そして、くしゃみをうっかりしてしまったとしたら「失礼しました」ということも礼儀です。

このように動作をきちんとしている人は、感じがよく見られるところはあります。

3.自己管理ができる

そして自己管理もきちんとしている人の条件の一つです。