CoCoSiA(ココシア)

パラパラとは何?流行した理由と有名...(続き2)

パラパラは、ダンスの一種だとお伝えしましたね。

同じようなダンスを繰り返す・・・とはいっても、リズム感がないと自覚している方にとっては、どんなに簡単なダンスでもなかなか覚えることが出来ないもの。

しかし、パラパラは音感がなくてもリズム感がなくても誰でも簡単に踊ることが出来るダンスになります。

踊り方の特徴

パラパラがどんな踊りなのかますます気になってしまいますよね!ずばり、パラパラは上半身と下半身それぞれ別のダンスをするものを指しています。

上半身と下半身が別々と聞くと難しそうな感じがしますが、そんなに難しくはありません。

上半身と下半身の動きは分かれていますが、それぞれ一定のリズムで単純な踊りを繰り返すので一度その世界に入ることが出来れば、最後まで踊り続けることが出来るものになっています。

上半身では、だいたい2拍~8拍のリズムで腕や手を中心として踊ります。

また、このような上半身のダンスのことをパラパラでは”パーツ”と呼んでいます。

上半身を動かしたまま下半身を動かすなんて、難しいように感じられますよね。

パラパラにおける下半身の動きは、左右異動を繰り返す”2ステップ”とよばれるものなので、ただ左右に異動していればいいだけになるんです。

上半身の動きがどんなに複雑になったとしても下半身は2ステップで左右をいったりきたりしていればいいだけなので、簡単に踊れてしまいます。もちろんジャンプなんかもありません。

パラパラを踊る場所とは?

これまでにパラパラとは基本的にどのようなものを示しているのか、そしてどのような踊りの特徴を持っているのかについてお伝えしました。

1980年代にパラパラが発祥し、そして当時のパラパラを踊っていた人達というのはいったいどこでパラパラを踊っていたのでしょうか?

現代社会でダンスを極めている若者たちというのは、ダンスフロアを貸しきってダンス練習をしていたり、または学生さんであれば学校の体育館だとか、大きな公園など(代々木公園など)で踊っていることが多いですよね。

パラパラという単純な踊りをするダンスであっても、若者たちは現代の若者のようにひとりでパラパラをするということはほぼありえませんでした。

ディスコやクラブ


パラパラ世代の人達は、ディスコやクラブでパラパラを踊っている人が多かったんです!もちろん別の場所で踊ることもありましたが、主にディスコやクラブで踊られていました。

ディスコやクラブというのは、まさに高度経済成長期に急成長した施設ですね。

現代でもまだありますが、その当時に比べると規模も数もとても減ってしまっています。

そのため、あまりディスコやクラブを想像できないという方もいるのではないでしょうか。

ディスコやクラブというのは、普通の声では会話が出来ないくらいに大きな音楽が流れており(しかもかなりウーハー・重低音がきいたもの)、来た人はお酒を飲んだり、踊ったりしてその場所を過ごします。

そのように四六時中音楽が流れているのですから、四六時中パラパラを踊っていた人もいます。

隣には見知らぬ人がいてもお互いに思いっきりパラパラを踊る・・・そんな空間でした。

現代では、少しでも見知らぬ人がいると避けてしまう人が増えてしまったので想像しがたいかもしれないですね。

そこで運命の人との出会いを果たした人、パラパラを通じて恋愛結婚をした人も少なくありません。

集団で踊ることが多い

パラパラって他のダンスに比べて”孤独なダンス”のような気がしてしまいませんか?

それは、単純な動きを繰り返しますし、人によっては無表情のままで踊り続けるからなんですよね。

しかし、そんな孤独なダンスではありません。

ディスコやクラブでは必然的に多くの人が集まるので集団でパラパラを踊ることになります。

では、それ以外の人はどうなのでしょうか?

その他の場所で踊っていた人達も、独りで踊るというよりは大人数で踊っていました。

大人数で踊るからこそ楽しくて、周りに人がいるからこそ踊りがいがあるものなんです。

その点では、他のジャンルのダンスと変わりありませんね。

パラパラの歴史


パラパラとはどんなダンスで、どんな時代に発祥したのか分かりましたか?

1980年代というと、とても遠いような気がしてしまいますが長い歴史の中から見るとまだまだ最近なんですよね。

要するにパラパラというダンスは、できてまだ間もないダンスということ。

1980年代から1990年代初期のパラパラブームに比べれば、現代人には注目されなくなってしまったパラパラですが、そのダンスにはちゃんとした歴史があるんです。

ダンスに歴史がある!?なんて驚いてしまうかもしれないですね。

ここでは、パラパラが発祥してからどの時期にブームになったのか、そしてその時代にはどの層を中心にして踊られていたのかをお伝えしていきます。

偉人についての歴史を知ったときもそうですが、その人の歴史をしることによって「相手のことをもっと知りたい」という気持ちが芽生えたり、愛着がわいたりするもの。

まだパラパラに対して良い印象を持てていない人ほど、パラパラの歴史を学んでみましょう!

1980年代発祥

さきほどもお伝えしましたが、パラパラは1980年代に発祥した比較的新しいダンスになります。

そのため、今のうちに歴史を学んでおけば、何も難しいことはないんですよね。

では、1980年代にどのように発祥したのでしょうか?

発祥の由来

ダンスの発祥というと、何か儀式を行うために作られたものなのかな・・・なんて思ったりしませんか?