床ドンとは、寝ている女性の上から覆いかぶさり、床にドンと手を置く仕草のことです。

ドキドキする仕草でもあり、時に若干引いてしまう仕草です。

男性からすると、少しハードルの高い仕草かもしれません。

お付き合いする前だと、引かれてしまうかもしれません。

今回は床ドンとは?そして女性が憧れるようなシーンを紹介します。

床ドンとは?

床ドンとは、ベッドや畳、フローリングなど床に寝ている女性の上に覆いかぶさり、床にドンと手を置く仕草のことです。

壁ドンと同じように、少女漫画や恋愛ドラマで見る憧れのシーンから派生して生まれた言葉だと言われています。

生まれはネット上でできた言葉です。

男性が可愛いと思う女性に言い寄るためにわざと床ドンすることもあれば、お互いコケたりかばい合ったりする形でしてしまう床ドンもあります。

どういったシーンでも床ドンすることでお互いを意識するようになり、ぐっと距離感が近くなるきっかけとなります。

恋人同士であっても、今までよりもずっと仲良くなれます。

もしかしたら、びっくりした女性が男性と距離を置いてしまうリスクも床ドンにはあります。

色々な要素がある床ドンですが、私たちをドキドキさせる点ではすごく素敵です。

床ドンの意味とは

床ドンの意味とは、床に相手を押し付けて相手との距離感をぐっと近くするといった意味があります。

女性向けの恋愛小説、恋愛漫画、ドラマなどを中心にヒロインがヒーローから迫られるドキドキのシーンとして使われます。

他にも床を強く打つ動作といった意味でも使われています。

恋愛要素も持つ床ドン、具体的にはどういった動作で行われるのでしょうか。

されたことがある人も、ない人も、想像するだけでもドキドキするシーンです。

床に覆いかぶさってドンと手をつく


床ドンとは、床に覆いかぶさってドンと手をつく仕草です。

床ドンした側もされた側も距離感がほとんどなくて、すごくドキドキする瞬間です。

床ドンが起きるシーンとしては、彼氏彼女の部屋でまったり過ごしたいたとき急にといったシーンや、お互い微妙な関係の二人がすごくいい雰囲気になったシーンなどがあります。

ときにはアクシデントで床ドンが起きるときもあります。

すごく一瞬の動作ではありますが、恋愛の要素だとマックスにドキドキするシーンだと言えます。

一般的には女性がされる側

床ドンは一般的には女性がされる側であることが多いです。

彼氏彼女、夫婦のいずれも女性の方が普段はパワーを持っていることもあります。

しかし、力関係だとどうしても男性に敵わないことがあります。

ドラマや少女漫画のラブシーンは主に男性がリードすることが多く、リアルの彼氏彼女や夫婦であってもそれは同じように思います。

中にはそうではないケースもありますが、男性がリードすることが多いです。

床ドンも自然と男性からということが多く、この女性を自分のモノにしたい欲求が理性を超えてしまった瞬間や、すごく距離感を近くしたいときに発作的にしてしまうのだと思います。

床ドンの特徴

床ドンには色々な特徴があり、お互いすごく近くに感じるため、とてもドキドキします。

普段一緒にいる恋人同士でも、床ドンしているときの距離感はすごく近いです。

床ドンされた女性側だと、普段男性の見ることのない一面を見て、思わずドキドキします。

床ドンされた瞬間の男性の真剣な眼差しや、自分をじっと見つめる表情からも逃げられなくて、ぎゅっとハートを持っていかれたような気持ちになります。

床ドンされた後、なんとなく流れる緊張感にもドキドキするのかもしれません。

私たちが床ドンにドキドキする理由やその特徴を紹介します。

顔が近い

床ドンされた瞬間、お互いの顔はすごく近いです。

距離で言うと30センチもないです。

立っている状態で見つめ合うよりも、床ドンされたときのお互いの距離感はあってないようなものです。

顔が近いことで、すぐにキスに流れるかもしれませんし、お互いの気持ちを確かめ合うかもしれません。

普段一緒にいる彼氏彼女であっても、キスシーン以外でそんなに顔を近づけることはないと思います。

床ドンすることで、お互いの真剣な眼差しをぐっと近くに見ることができます。

顔の近さはごまかしも効かないので、お互いの気持ちを確かめ合ううえでも床ドンはすごく意味があると思います。

覆いかぶさられるからドキッとする

床ドンは覆いかぶされることにドキッとします。

床ドンで覆いかぶされると、女性側はほとんど逃げ場がありません。

左右には男性の腕があり、力でそうそうはねのけることはむずかしいです。

ストレートに上にいる男性をはねのけるのはもっとむずかしいです。

逃げ場がなくて、目の前にいる男性がすごく真剣な眼差しだとすごくドキドキします。

壁ドンよりも、抱きしめるよりも、床ドンはよほどの勇気がないとできないことを女性側もなんとなく察知します。

男性はもしかしたら自分が思っている以上に自分を好きでいてくれているのかもしれないとドキドキすることもあり、さらにドキドキするのだと思います。

普段見慣れない下向きの顔にドキッとする

床ドンは普段見慣れない男性の下向きの顔にドキッとします。

私たちが彼氏や気になる男性の見ている表情は隣にいるときの横顔や、真正面で笑っている顔、眠そうな顔、怒っている顔などはわりとよく見ると思います。

下向きの顔はそうそう見れないので、すごくドキッとします。

普段見ない角度、そしていつもと少し違う雰囲気といったギャップは私たち女性のハートをわしづかみにするのだと思います。

誰でもいいわけではなくて、彼氏や気になっている男性であることがポイントなのだと思います。

女性にも床ドンのような強引に迫られたい気持ちがあってもなかなか言いだせないので、男性からリードされると思わずドキドキするのだと思います。

下向きの顔をじっと見つめてみて、同じように男性のハートも自分のモノにしてしまいましょう。

抵抗できないから余計にドキドキする

床ドンは女性から抵抗できないから余計にドキドキします。

床ドンされた側から何かしらの打開策があればさほどのドキドキもしないのかもしれませんが、抵抗できないのでその後の流れは男性に身を委ねることになります。

目の前で起きた出来事にドキドキし、さらにその後の流れもまったく読めないことにもドキドキします。

女性が好きな少女漫画や恋愛ドラマがすごくドキドキするシーンで次回に続くとなっていると、すごくモヤモヤした気持ちとドキドキする気持ちが入り混じると思います。

そういったときの気持ちに似ています。

床ドンされた瞬間は男性のことをじっと見つめて、その場の雰囲気を台無しにしないようにしましょう。

床ドンされたことがすごく嫌でない限り、ドキドキする雰囲気を楽しんでください。

床ドン後の展開を気にしてしまう

床ドンされた後の展開はすごく気になります。

床ドンされた側の女性は抵抗ができないため、その後の展開を男性にお任せすることになります。

自分ではどうすることもできないため、今後どうなるのだろうとドキドキします。

床ドンされた後、イチャイチャしてそのまま一線を超えることもあれば、床ドンの後、なんとも言えない雰囲気になって気まずくなることもあります。

女性が床ドンされた男性のことを好きで、男性と恋人同士になりたいと思っているのであれば、自分の気持ちに素直になったほうがいいです。

下手に嫌なフリをすると、男性からリードされることがなくなってしまうかもしれないです。

床ドンした男性はすごく遊び人の男性なのか、それとも普段はすごく誠実で勇気を出して床ドンしたのか、その場のシーンや男性の性格によってもその後の展開は変わります。

床ドンされた後の展開を楽しみつつ、女性からリードするのもアリだと思います。

されてみたい床ドンのシュチュエーション

女性にはされてみたい床ドンのシチュエーションがあります。

人それぞれ良いなと思うラブシーンはあります。

少女漫画や恋愛ドラマ、時に活字の恋愛小説を読んでいて、主人公を自分に置き換えているのかもしれません。

好きな人と両思いになるシーンを妄想しながら、色々なラブシーンも妄想しているのかもしれません。

されてみたい床ドンのシチュエーションを想像しながら幸せな気持ちになり、さらにどうすれば床ドンされるのかも研究してもらえたらうれしいです。

ゴロゴロしているときに急に床ドン


ゴロゴロしているときに急に床ドンされるのは、憧れのシーンである女性もいます。

二人でゴロゴロできる関係ということは、彼氏彼女や気を許した友達同士である関係であることがほとんどです。

なんとなくマンネリになっていたり、微妙な雰囲気を崩したりしたいときに床ドンはすごくいいスパイスになります。

今までのゆるゆるした関係から、急にドキドキするような距離感の関係に変わります。

ゴロゴロしているときに急に床ドンされたら、男性のことが好きならそのままキスに持って行けるように女性から軽くリードしてもいいです。

ゴロゴロしながらマンネリしてきたなと思っていたら、二人の関係をどう思っているのか床ドンされたタイミングで聞いてみてもいいです。

ゴロゴロしているときに急に床ドンされるように、さりげなく女性から甘えてみてはどうでしょうか。

男性のスイッチを上手に押してください。

寝てしまいそうになって彼氏が不機嫌になって床ドン

寝てしまいそうになって彼氏が不機嫌になって床ドンされるのは、素敵なラブシーンとも言えます。

すごくリラックスしていてつい寝てしまいそうになった瞬間彼氏から床ドンされたら、思わずドキッとするかもしれません。

気持ちよく寝そうになっていたのに床ドンされて嫌な気持ちになるかもしれません。

彼氏が床ドンした態度の裏には、自分のことをもっと構ってほしいといった気持ちが表れていることを理解してあげてください。

彼氏との時間を大切にして、ときには女性からリードしてイチャイチャするときがあってもいいと思います。

起き上がろうとしたときに急に床ドン

起き上がろうとしたときに急に床ドンされるのは、思わずドキッとする瞬間でもあります。

女性は何か家事や仕事に取り掛かろうと起き上がろうとしたのだと思います。

男性はもっと恋人としての時間を大切にしたくて、思わず急に床ドンしたのだと思います。

いじらしくて素直な男性の気持ちにキュンとすると共に、すごく愛されている女性としての喜びを感じるタイミングでもあります。

起き上がろうとしたときに急に床ドンされたら、とくに嫌だったりすごく急いだりしているわけでない限り、もう少し甘い時間を過ごしてもいいと思います。

毎日一緒にいられるわけではないので、二人きりの時間をとことん楽しみましょう。

同棲しているカップルや夫婦でも、起き上がろうとしたときに急に床ドンされることで恋愛初期のドキドキする気持ちを思いだせるかもしれません。

恋愛のよきスパイスとなります。

朝起こしてもらうときに床ドンで起こしてもらう

朝起こしてもらうときに床ドンで起こしてもらえたら、最高だと思います。

朝起こしてもらえる時点で彼氏から愛されていることが分かりますし、朝が苦手な彼女のことを思いやり、敢えてドキドキさせるような床ドンを選んでいるところがツボです。

休日だったら、朝起こしてもらったハズが二人でそのままイチャイチャしてしまうのかもしれません。

仕事や学校のある日は、そのままスッと気分を切り替えてそれぞれの場所へ出かけるところが気持ちよくていいです。

朝起こしてもらうときに床ドンで起こされることに憧れている女性は、素直に彼氏にお願いしてみてください。

なかなかレアな願望なので、雰囲気で察してもらうのはむずかしいかもしれません。

どうしても彼氏から朝起こしてもらうのが難しいカップルは、女性から朝起こすときに床ドンすることを試してもいいかもしれません。

いつもの休日の朝が甘い休日の朝にあっという間に変わります。

じゃれあっていてバランスが崩れて床ドン

じゃれあっていてバランスが崩れて床ドン、まるで少女漫画のワンシーンのように自然体で憧れるシーンでもあります。

お互い恋人の時間を満喫していてじゃれあっていて、気が付いたら床ドンの体勢になっていることはあります。

すごくまったりした時間から、思わずドキドキする時間に変わるタイミングでもあります。

そのままもとの雰囲気に戻りたければ、女性から笑ってごまかしながらリードしてもいいです。

もう少し深い関係を望むのであれば、思い切って男性にリードを委ねるのもアリかと思います。

じゃれあっていてバランスが崩れて床ドンになったときは、何も言わずに可愛い彼女を演じてください。

そして、二人の距離感を縮めてください。

不意に床ドンされてお互い恥ずかしくなる

不意に床ドンされてお互い恥ずかしくなることもあります。

憧れるワンシーンです。

男性は女性との距離感をぐっと縮めたくて、思い切って床ドンをしたのだと思います。

ただ、それ以上リードする勇気がなくて、床ドンからの沈黙が長くなってしまうこともあります。

お互いどうしようか迷っていて微妙な沈黙が長くなり、思わず隠しきれなかった恥ずかしさがオープンになることもあります。

その後の二人の関係を悪化させないためには、お互いの気持ちを素直に打ち明ける機会を作ることをお勧めします。

彼氏彼女であるなら、二人の関係をどうしたいのか話し合ってみてください。

少し微妙な関係なら、お互いの気持ちを素直に打ち明けてみてください。

恋愛初期の頃のドキドキする気持ちはそんなにしょっちゅう味わえるものでもないです。

楽しんでください。

床ドンの話題になって床ドンされたとき

床ドンの話題になって床ドンされたときも、すごくドキドキする理想のようなラブシーンだと言えます。

床ドンの話題になるということは、心のどこかに相手の人と良い雰囲気になりたい願望があることが多いです。

それとなく相手を言葉でリードするために、わざと床ドンの話題を選ぶのだと思います。

自然と床ドンになったのであれば、そのあとの流れはその場の雰囲気にお任せで大丈夫です。

少し恥ずかしげに、可愛い女性をアピールしてください。

その気がない男性の前で床ドンの話題を選ぶと、誤解されてしまうこともあります。

気になる男性や彼氏の前限定で、床ドンや色々な恋愛の話題を楽しんでください。

他にもドキッとする行動がある!

床ドン以外にもドキッとする行動はあります。

少女漫画や恋愛ドラマでヒロインがヒーローにされるラブシーンのことを、ネット上でうまく言いまわすことがあります。

そして、自然とできあがっていった言葉が床ドン以外にもあります。

どういったドキッとする行動があるのか知りつつ、気になっている男性や彼氏とさらにいい雰囲気になるための方法を研究してください。

いつも可愛らしく女性らしくいった見た目の要素とは別に、それなりの知識や教養を持っている女性はすごく強いです。

男性のハートをわしづかにして、ドキッとするような仕草ができる女性を目指してほしいです。

ドキッとする行動を想像しつつ、キュンキュンする時間も大切にしてください。

普段会うのはデートの時だけなら、付き合いたての新鮮な気持ちを思い出すことができてすごく幸せなことと、買い物の話をしておきました。

床ドンをされたドキドキのタイミングを楽しむとともに、周りの人との距離感も少しづつ近くしてほしいと願うこの頃です。

壁ドン

壁ドンは思わずドキッとする行動のひとつです。

壁にもたれかかった女性に対して、男性が壁に手をあてて覆いかぶさったり、抱きしめたりするシーンが壁ドンです。

お互いの距離感がぐっと近くなるので、ドキドキするシーンだと言えます。

気になる男性から壁ドンされたら、手をはねのけたり嫌がったりせず、男性のリードに身を委ねてみてください。

お互いの気持ちを確認できたり、すごくいい雰囲気になれたりする可能性があります。

彼氏から壁ドンされたら、その後のリードは男性にお任せしましょう。

下手に笑ったり、女性からリードしたりしようとすると、男性のプライドを傷つけてしまいます。

壁ドンに至るまでのやり取りもわりとドキドキするものが多く、お互いの気持ちを確認したうえでの壁ドンや、口論からの壁ドンなど色々あります。

憧れのような壁ドンを妄想しつつ、実際に自分が床ドンされるにはどうすればいいのかを考えてみてください。

壁に追い詰めてドンと手を突く

壁ドンの壁に追いつめてドンと手を突くシーンは名場面とも言えます。

壁に追い詰める時点で、女性を自分のモノにしたい男性の気持ちが表れています。

女性から嫌がられてしまうと今までの関係が崩れることもあり、男性からすると壁ドンはすごく勇気のいる行動だと言えます。

壁ドンからいい雰囲気になるためには、女性からリードしたり、笑ってごまかしたりといったことは避けた方がいいです。

せっかく仲良くなりかけていたのが台無しになります。

壁ドンされた瞬間はじっと男性のことを見つめてみて、そのままお互いの気持ちを確認し合うのが理想的です。

自分の気持ちに素直になり、壁ドンされたことへの嬉しさをストレートに伝えてください。

壁ドンをされた後は、とくに嫌な気持ちでもない限り彼のリードに身を委ねた方が無難です。

そして、いかにして彼氏彼女になるのかを調べて貰えたらうれしいです。

女性から壁ドンの流れで抱きつくのもアリですし、冗談めかしてそのままお弁当を食べたりしてもいいです。

恋愛のドキドキをとことん楽しんでください。

映画やドラマでも使われている

壁ドンは映画やドラマでも使われています。

壁ドンはドキッとする行動の中でも人気が高く、イケメン男性に壁ドンされたいと憧れる女性は多いです。

その女性の理想を叶えるべく、映画やドラマでも使われるようになりました。

壁ドンしながらお互いの気持ちを確かめ合ったり、何かの口論の末に壁ドンになったりと映画やドラマの中の名場面シーンで使われることが多いです。

自分もこんな壁ドンのシーンを味わいたいと想像しつつ、映画やドラマも楽しんでください。

そして、壁ドンに持って行くための流れを少し研究してみてください。

最初から自分にはハードルが高い、そんなに上手にはなれない、まだ危ないからダメといった言葉を並べると、誰だってハートがぺしゃんこになります。

女性が憧れるような壁ドンシーンを実現するためには、女性からの見えそうで見えないリードも必要です。

映画やドラマで使われている壁ドンも研究しつつ、気になる男性を眺めて貰えたらすごくうれしいです。

妄想をすればするほど日常が楽しくなりますし、自分が大人になったあとの恋愛模様などもなんとなく想像出来るような気もします。

顎クイ

顎クイは思わずドキッとしてしまう行動のひとつです。

顎クイをされることで、思わず目を閉じてこのままキスされるのではないかと思う人が多いです。

中には、彼は何か怒っていて顎クイしたのかもしれないと心配する人もいるかもしれません。

顎クイすることで、男性は女性との距離感を縮めたいと願っていることが多いです。

女性はとくに嫌ではない限り、男性が自然体でリードできるように配慮することが大切です。

顎クイされることを恥ずかしいと思わず、その場の甘ったるい雰囲気を楽しむこともすごく大切です。

本命の彼氏なら、このままキスしてほしいなと可愛く甘えてみてください。

顎クイされたことをごまかしてしまうと、今までのいい雰囲気が台無しになることもあります。

気になりそうで気にならないフリをしているのも賢い生き方だと言えます。

顎をクイッと持ち上げて目線を合わす

顎をクイッと持ち上げて目線を合わす、すごく自然体で今まで意識していなかった男性のことであっても気になる存在になりそうな仕草です。

顎をクイッと持ち上げるだけでもすごく勇気が必要なのに、さらに目線を合わせるなんてよほど自分に自信がなければむずかしい案件です。

すごくいい雰囲気になって、顎をクイッと持ち上げられることがあれば、そのまま男性の流れに身を委ねてください。

キスは男性からリードしたいと思われることがあれば、人の目を気にすることもあります。

今の幸せな気持ちを大切にしつつ、顎をクイッと持ち上げ、気になる女性にアタックしてみてください。

上手くいくとは限りませんが、今までの二人の関係はすごく深みのあるものになると思います。

顎をクイッと持ち上げる仕草は、お互いに気を許していないとできません。

二人きりのタイミングを狙って、さりげなく目線を合わせてみてください。

仕草は小さいが、結構ドキッとする

顎クイは仕草は小さいものの、かなりドキッとする仕草です。

顎クイをすることで直接女性の肌に触れていますし、顔がすごく近くなるのでお互いのことを好きならかなりドキドキします。

今まで何とも思っていなくても、顎クイからの流れで気になる存在になることもあります。

顎クイされてみたいと憧れるなら、少し可愛らしいリップや口紅を塗ったり、二人きりのときにいつもより素直に甘えたり、色々なテクニックを使ってみてください。

彼氏と二人きりになったとき、目があったタイミングで可愛く上目遣いになるのもいいと思います。

男性から思わずキスしたくなるような雰囲気を上手に作ってください。

肩ズン

肩ズンも少しギャップがあってドキドキするシーンです。

男性のゴツゴツした肩が女性の肩にもたれかかり、思わずズシンとした重みを感じることから肩ズンと呼ばれるようになりました。

リアルなシーンで想像してもらうともっとわかりやすいと思うので紹介します。

普段は周りの人をリードし、恋愛でも彼女をリードするような彼氏であっても、疲れるときがあります。

思わず彼女の肩にもたれかかったことを肩ズンといいます。

彼女からすると、普段彼氏がとても頑張っていることが分かりますし、自分だけに甘えてくれている特別感をすごくうれしく感じるタイミングでもあります。

肩ズンされたときは重たいとすぐにはねのけず、リラックスしている彼を受け入れてあげるほうがいいと思います。

二人の間に甘い雰囲気が流れ、お互いのことをもっと好きになると思います。

肩ズンされたタイミングで、二人でそのままベッドやソファで寝てしまうのもアリです。

毎日疲れているのですから、二人きりのときくらい思い切りリラックスしても大丈夫です。

彼が彼女の方にもたれかかる

肩ズンは彼が彼女の方にもたれかかることが多いです。

彼女が彼の方にもたれかかることはよくありますが、彼が彼女の方にもたれかかることはそうそうありません。

よほど疲れているときか、すごく甘えたいときくらいです。

彼氏は彼女をリードしないといけないといった潜在意識すら忘れてしまうほど疲れているタイミングで彼女と会っていたら、思わず甘えたいと思うのは自然なことです。

彼氏はこうあるべき、彼女はこうあるべきといった固定概念はすべて捨て去ってみてくだしあ。

そして、肩ズンされた時間を思い切り楽しんでください。

弱気になっている時や甘えてくるのが可愛くてドキッとする

肩ズンされることで、弱気になっている時や誰かに甘えたい時だというのはすごく分かります。

普段頑張っている彼が突然甘えてくると、女性としては思わず守ってあげたいと思うスイッチが入ります。

母性本能もあると思います。

彼氏と喧嘩をしていたり、たとえギクシャクしていたりしても、肩ズンをされた瞬間は彼氏のことを大切にしてあげてください。

彼女の方から態度を変えることで、彼氏の方も態度を変えてくると思います。

思わず可愛いなと思った彼氏の行動や表情を覚えておき、普段とのギャップも楽しんでみてください。

ただ、強引に結婚へ持って行くのはあまりおすすめしません。

男性が結婚を意識し始めるタイミングは女性よりも遅いため、気になる男性とは勢いで行動するよりも、打算的に行動するのがベストです。

今の彼氏を大切にしつつ、親の前では婚活を頑張っている子どもを演じるのもアリだと思います。

全てを包み隠さず話す必要はなく、人それぞれ一人に慣れる時間が大切です。

そういったことをすべて踏まえたうえで、弱気になっている時や甘えてくる時も真正面から受け止めることが大切です。

床ドンでドキドキしたい!

床ドンでドキドキしたいと願うのは、多くの女性の共通の願いでもあります。

大勢の人から注目され、いつもキレイでいたいと思うのは誰だって同じです。

床ドンでドキドキするようなシーンを想像してもらえたら嬉しいです。

男性から自然と床ドンしたいと思われるじょうな女性になるべく、年齢にか関係なくマリンスポーツを楽しむ人も多いです。

床ドンでドキドキする駆け引きや面白さを楽しみつつ、ドキドキしてほしいような相手が見つかったえることを願います。

床ドンは色々あるドキッとする仕草の中でも、ダントツにドキドキする要素が多いです。