CoCoSiA(ココシア)

別れ話をLINEでするのはアリ?ナシ?する側とされる側、両方の意見を紹介


皆さんは別れ話をする時ってどうしますか?

男女の付き合いというのは、そのまま結婚に至るということもあるかもしれませんが、残念ながら破局するということもあります。

別れ話の際に、LINEを使う事について、いろいろと賛否が分かれているところがあります。

では別れ話をLINEでするというようなことについては賛否について見ていきましょう。

この記事の目次

別れ話をLINEで…それってどうなの?

別れ話をする時に「大切なことだから、会って話した方が良い」という価値観が主流でしたが、それが電話になり、さらにはメールやLINEなどになってきたところがあります。

時代によって変わってくるところがありますので一概には言えません。

電話が普及して間がない頃は、電話と言うとあまり良いイメージがなく、ともすれば横着であると思われていたところがあります。

しかし最近は電話も主流になってきましたので、別れ話が電話であると言っても、そこまで悪い反応を起こさないという人もいます。

ただその一方で最近LINEが出回ってきたというところがあり、「LINEでの別れ話についてどうなの?」というような声があるのもまた事実です。

では別れ話をLINEでするのはアリなのかということについてや、そのことを理由についてを見ていきましょう。

別れ話をLINEでするのは賛否両論

LINEで別れ話をするというのは賛否両論が分かれています。

特に別れを告げられる側からしたら悲しい思いすることは必至ですので、それでLINEで別れ話をすることについて否定的であるという見方もあります。

しかし別れ話をする側の方としては、いろいろと見方があります。

ではLINEで別れ話をすることについての、賛否両論についてもいろいろと見ていきましょう。

する側される側両方の意見を見てみよう

先ほども触れたように別れ話をする側とされる側によって感じ方が違います。

それはなぜかと言うと、する側は必然的にその相手に冷めているので、その相手のことについてあまり思いやるというようなところがないケースも多いです。

ただ別れ話をされる側というのは覚悟をしていたということであればまだしも、そうでなければ青天の霹靂でショックであるということがあります。

そんな大事な話を、なぜ対面でしてくれなかったのだろうと思ってしまうというところもあり、いろいろと賛否両論が分かれるところがあります。

別れ話をLINEでするのはアリ?ナシ?


皆さんは別れ話をLINEでするのはありだと思いますか?

それともなしだと思いますか?

LINEでの別れ話については、いろいろと賛否両論が分かれていますので、色々な観点から見ていきましょう。

別れ話をLINEでするのはアリ派の意見

ではまず別れ話をLINEでするのが、あり派というのはどのような意見があるのでしょうか。

そのLINEで別れ話をするのがあり派の意見について見ていきましょう。

もうどうでもいいからLINEでいい

すっかりと相手に冷め切っていて、「もう、どうでもいいから」ということでLINEで済ませたいというところがあります。

つまり会う価値もないということです。

それほどに冷めてしまったということなのですね。

ただ冷めてしまったという一言で言っても理由は様々です。

それほどに酷い目に合わされたということであれば、納得のいく一面がありますが、ただの心変わりで、相手には全く非がないということであれば、その相手の方が気の毒な感じにも思えます。

ただLINEでの別れ話をありとしている人は、どちらかと言うと冷めていて別れ話をするというタイプの人に、このような意見が多い一面があります。

会って話すと情が湧きそうで怖い


やはりこのような別れ話というのは、相手を断ち切るということですので、ともすれば情がわきそうだから、なるべく会いたくないと思うのは自然なことです。

こちらはどちらかと言うと冷め切ってしまったというよりかは、情はあるけれどやはり別れた方がお互いのためだと思っている人に多いところがあります。

確かに男女の付き合いというのは楽しく良い関係というのもありますが、その一方で共依存のような関係になってしまったりというような感じで、どうにも健全に関係を築けないような関係性もあります。

そんな時に逆戻りしそうで怖いから会いたくないというのは、非常に納得のいく話です。

直接だとせがまれたり面倒くさくなりそう

こちらは冷め切ってしまっても、そうではなくても会って話すことによって「別れないでほしい」というようなことをせがまれるような感じで言われて、めんどくさくなりそうだから会いたくないというような感じもあります。

このような時は対面ではなく逢わずに済ませたいというのも納得のいくところがあります。

こちらもやはり別れる派の意見であったりするところがありますね。

やはり別れ話をするからには、もうすっぱりと別れて次に行きたいとか、もう彼から解放されたいと思っているような人が多いです。

そのような時にせがまれたりすると面倒くさいというような感じで労力を使いたくないというところがあるのは否定できません。

納得してくれないから一方的に終わらせる

別れ話に至った経緯がどのような感じなのかにもよりますが、相手はまだ自分のことは好きで一方で自分は冷めてしまったという時、別れ話をしてすんなりと納得をしてくれるかと言うとそうでもありません。

別れ話がすんなりと行くのは、お互いにされていたり納得がいくからこそ、そのように綺麗に分かれるところができるところがあります。