CoCoSiA(ココシア)

別れ話をLINEでするのはアリ?ナ...(続き4)

確かにストーカー行為については褒められたことではないかもしれないけれど、このような気質を持っている人は一定数います。

このようにストーカー行為をしてしまう人は、LINEなどの本人かどうか確認できない方法だと、これは本当の彼女ではないのかもしれないと思ってしまうところがあります。

そして納得が出来ないけれど、なんか冷たくされているというようなところを感じられると、それが怒りになってしまうところがあります。

この怒りを行動に移す事でストーカー化してしまうことがあります。

ストーカー化で怖いところは、この怒りが爆発し傷害事件を起こしたりするようなところがある点です。

このようなことを防ぐためには、なるべく会って別れ話をするのが一番です。

もしどうしても怖い相手だということであれば、できれば血縁関係の男性に付き添ってもらうと良いでしょう。

もしくは、喫茶店など多くの人がいて人目があるところがベストです。

そして帰るときも人目が多い所を選ぶところが一番です。

例えば喫茶店を建てた後に、人通りが少ないところとなると、その人通りが少なくなったところで暴力行為に及ばれることがあります。

ただどうしてもそのようなリスクが強いということであれば、会う方法以外で、尚且つLINEではない方法で別れ話をする方が良いでしょう。

電話で話す

もし会うのがどうしても怖いとか、どうしても会いたくないっていうことであれば、電話で話すのもベストな方法です。

電話であれば声で誰かが分かるところがありますので、別れ話をしたのか本当に彼女自身なのかというような疑念を抱かれないところがあります。

そして会うことは叶わないかもしれないけれど、相手の言い分も聞くことが出来るという点から電話というのは非常にお勧めであるところがあります。

もし彼がどうしても暴力的で怖いということであれば、会うことは避けて電話にすることもよいでしょう。

仮に自宅を訪ねてきたとしても、いざとなったら警察に来てもらうということもできます。

だからこそ会って話すのはどうしても怖い相手だということであれば、電話で話して別れてしまうという手もあります。

さらには遠距離すぎてなかなか会う機会がないということであっても、電話であれば電話代のテレビ電話等で済むところがありますので、会うことがどうしても難しい場合には電話での別れ話というのもベストなところがあります。

手紙を送る

確かに会うことが難しかったら電話で別れ話をするのがベストであるというようなことも納得ができるところがあります。

ただ中には恫喝をするようなタイプがいて、どうしても怖いということもあるでしょう。

話すのも嫌だというような相手の場合は、手紙が大変有効です。

確かに一方的になってしまうところはありますが、中には話し合いでどうにか分かり合えるというような相手ではないということもあります。

色々と芸能ニュースなどを見ているとDVをするようなタイプの人は、話し合いで分かるようなタイプではないケースが多いです。

さらにはこのDVをするようなタイプの人は、ハネムーン期があると言うように非常に優しくなる時期があるのです。

この時に対面で話したり、電話で話すことによって心が揺らいでしまうということもあるでしょう。

このような時はもう会うことなく、ともすれば相手の言い分を聞くことなく別れてしまった方が結果的にいいということもあります。

そこで白羽の矢が立つのが手紙を送ることです。

手紙は一方的にはなりますが、筆跡で他の人が書いたかというのが分かるところがありますので、彼女が本当に書いたのだということが分かるところがあります。

そのような点で会うことも怖く電話も抵抗があるということであれば手紙を送るという手があります。

自然消滅を狙う

確かに良い方法とは言い難いところがあるのかもしれませんが、このように別れ話をすることによって刺激をしてしまうということで、何か恐ろしいことが起こるかもと恐れを抱いてしまうこともあるのかもしれません。

そんな時は、この際自然消滅を狙って刺激を与えないまま、別れを実行してしまうというのもありです。

先ほども触れたように話し合ったりして、どうにかなる相手ではない人というのも一定数います。

中にはこのように接触を断つことによって、周りに危害を加えるということを脅してくるような人がいるのも確かです。

このようなタイプの人であればもう刺激を与えることなく、気がついたら連絡がなくなっていたというような感じにするのが望ましいです。

そこまでのタイプの人だったら、引っ越しなどを済ませて環境を大きく変えた上で落ち着いたら連絡すると言って、それっきり連絡をしないというような感じにするしかありません。

自然消滅であれば確かに相手を刺激しないところがありますし、このような相手の人だったらもしかしたら他の人にターゲットを絞るという可能性もあります。

正々堂々と別れ話をするのが一番であるとわかっていても、中にはそれが通用しない相手もいます。

このような時に自分の身を守るためには自然消滅にするしかないというようなこともあるでしょう。

正々堂々と別れ話をするというのは確かに潔くてけじめがある一面がありますが、中にはそのような正当方法が通じないような人もいます。

向こうが言いだすのを待つ

中にはどうにもしつこい相手というのもいて、何をしても絶対に聞かないようなタイプの人もいます。

このような人だと別れ話をしても、非常にも縺れるところがあり、どうにもならないところがあります。

このような場合はどちらかと言うと、もう相手の方に冷めてもらうしかないところがあります。

こんな人とは付き合えないと思ってもらうことによって、別れがスムーズに行くところがあります。

ですのでこの人はありえないというような行動をすることによって、相手が覚めるのを待ってしまうというのも一つの手です。

例えば会いに行く時もおしゃれをせずにすっぴんで会いに行くとか、LINEでの返事にしても絵文字がないような感じで、本当にこの人は自分のことが好きなんだろうかとか、こんな人は嫌だと思わせるような行動をわざとするというようなことで、向こうから切り出してもらうのを待つという方法もあります。

このような方法だと相手の方も遺恨を残すことなく、ともすれば自分から振ってやったのだというような既成事実ができますので、向こうも安心して次に行くことができますし、こちらとしても別れ話をして、すがられる負担が増すようなこともなく、すんなりと別れることができます。