年齢を重ねる毎に「どんな髪型が似合うのか分からない」と悩む女性は多いですよね。

特に60代ともなると、様々な悩みが出てきて、それを解決するためにはどんな髪型にするのが良いのか迷ってしまいます。

この記事では、そんな悩める60代の女性におすすめしたいヘアスタイルや、悩みの解決方法をご紹介していきます。

60代の髪型6選

60の髪型は様々な髪の悩みを解決しつつ、デザイン性を持たせる必要があります。

ただ短いだけ、ただ楽なだけ、よりも悩みをカバーしながら若々しく見えるデザインを探しましょう。

1.ショート


年齢とともにお顔はたるみがちになってしまうものです。

それをカバーするためにもショートヘアにして視線を上に揚げさせる事でリフトアップ効果が期待できます。

髪のボリュームが減った、面倒なヘアセットをしたくない、などの希望にも添っているためショートヘアにする60代の女性はとても多いのです。

トップを目立たせないテクニック

ショートヘアにすると、それだけ髪の重量が減りボリュームを出しやすくなるものです。

特にトップのボリュームが気になる人はショートヘアにする事でフンワリとしたエアリーなニュアンスを演出する事ができます。

また、毛量が減ってしまった事に悩んでいる場合も、ショートヘアにしてボリューム感をアップさせる事で悩みの解決に繋がります。

2.ベリーショート

せっかく60代になったのだから、60代だからこそ似合いやすいヘアスタイルを選んでみるのもおすすめです。

その代表的な例がベリーショートなのです。

ベリーショートと言うと「顔が大きく見える」「美人じゃないと似合わない」等と、憧れはするものの挑戦するのはハードルが高いと考えている人が多いのではないでしょうか?60代だからこそ、顔移りが明るく見えて若々しくパワー溢れる印象にしてくれるベリーショートがよく似合うのです。

前髪を短くしてまだまだ元気におしゃれしよう!

ついつい前髪は長めに残して、顔を隠してしまいがちですが、長めの前髪は顔に影を落としてしまい暗く不健康な印象や老けてしまった印象を与えてしまいます。

ベリーショートにするなら、それに合わせて前髪もスッキリと短くカットしてしまいましょう。

印象がガラっと変わって元気でおしゃれな印象に仕上がりますよ。

3.マッシュ

短めにしたいけれど、短すぎるヘアスタイルにする勇気がない…という方は、まずマッシュから初めてみてはどうでしょうか?マッシュというとキノコのような重々しい個性的なヘアスタイルを連想してしまいますが、それは若者向けのマッシュヘアです。

60代のマッシュヘアはある程度の軽さを残してキノコに成り過ぎないようひし形をイメージしてヘアスタイルにメリハリを付けるのが基本中の基本。

スッキリして上品な仕上がりになりますよ。

ヘアケアが簡単でかつおしゃれ!

マッシュは、ショートヘアの中でも特にヘアケアが簡単で、担当してくれる美容師さんの腕によっては手櫛で仕上げる事ができるようにする事も可能です。

さらに、ヘアケアが簡単なのにも関わらず、おしゃれで上品な印象に仕上げてくれるので良い事づくめの髪型だと言えます。

あまり大きく冒険はしたくないな、と思う人は是非マッシュにして「丁度良いスッキリ感」を味わってみて下さい。

4.パーマ

60代の最も大きな悩みはトップのボリュームだと言えるでしょう。

ボリュームの悩っみを解決するにはパーマの存在が欠かせません。

「上手くセットできないから」「派手な印象になりそう」と考えている方も少なくないでしょうが、現在のパーマは再現性がとても上がっています。

手入れも簡単で、理想のパーマを当てる技術も進化しているので、悩みを解決するためにもパーマを当てる事をおすすめします。

おすすめのパーマの方法

60代の方に最もおすすめしたいパーマ方法、それは「ポイントパーマ」です。

60代の女性のヘアスタイルのオーダーを聞いていると、ソバージュなようなフルウェーブを希望しない限り、全体にパーマを当てる必要は無い場合が多いのです。

ボリュームが欲しい所、髪の流れを作りたい所、ボリュームを押さえたい所、そんな悩みを抱えた部分に数本のパーマを当てる事で、毎日のヘアセットが決まりやすく、扱いやすいものになります。

ただし、ポイントパーマを大々的に打ち出している美容室は少数派なので、担当の美容師さんにオーダーを伝えてポイントでパーマを当てる事ができるかどうか、確認してみましょう。

アップをする人にもパーマがおすすめ

60代女性の中には、習い事などで着物を着る機会が多いという人も少なくありません。

そんな人にもパーマはおすすめです。

地毛にパーマがかかっている事で、髪が柔らかく扱いやすくなるため、綺麗にアップしやすくなります。

また、ボリューム感が潰れにくくなるので、セットした時の華やかさがずっと続くようになりますよ。

5.ボブ


昔から変わらず同じ髪型を続けているという人に多いのが、ピシっと揃ったワンレングスボブです。

60代になっても、若い頃と変わらないボブを続ける事で「急に老けたな」という印象を与えないようにする事もできますよね。

その他にも、軽めのボブやレイヤーボブなど、ボブにも様々な種類があり「元気な印象にしたい」「上品な印象にしたい」など求めるイメージによって僅かな差をつける事で、希望するイメージに近付ける事ができます。

ボブ=オカッパという訳ではないので、希望するイメージも含めてしっかりと担当美容師さんと相談する必要があります。

パーマボブにしてもよし!若見えと小顔効果でかわいく!

とことん、手入れの楽なヘアスタイルを求めるのであれば、ボブのヘアスタイルにパーマを当てるのもおすすめです。

若い人が好むような毛先中心のパーマにしてしまうとトップのボリュームの少なさなどが際だってしまうので、ある程度全体的に強めのパーマを当てる必要があります。

60代だからこそ、ヘアブラシやクルクルドライヤーを上手に使えるように連取して「素敵なヘアスタイルを作るためのパーマ」を当てるのもおすすめですよ。

パーマで根本からしっかりボリュームアップする事でリフトアップ効果や小顔効果も期待できるでしょう。

6.ミディアムヘア

ショートヘアに抵抗があるという方はミディアムヘアでも良いでしょう。

しかし、60代には60代のミディアムヘアがあるという事を忘れてはいけません。

流行のAライン等を取り入れてしまうと、トップのボリュームを完全に押さえつけてしまう所か、若作りしているように見えて髪型と顔立ちのバランスが悪くなってしまいます。

しっかりと段を入れてダイアモンド型のシルエットやひし形のシルエットを意識したミディアムヘアにしましょう。

ウェーブでボリューム出しや癖毛の場合に活かせる

パーマでしっかりとしたボリュームを出したい人にも、ミディアムヘアはおすすめです。

細かいフルウェーブのパーマを当てるならばミディアム位の長さは最低限として欲しいものですね。

更に、くせ毛を活かしてボリュームアップしたい方にも、ミディアムヘアが最適です。

オシャレしたい時にはブローやセットをして、普段の作業時はひとまとめにくくっておくなど、オンオフを切り替えて、その時々に合ったヘアスタイルに纏める事ができる事もミディアムヘアの魅力です。

60代でもまだまだ女性らしくいられる!

人生の酸いも甘いも経験してきた60代ともなると、「もうオシャレにこだわっている年齢でも無いわよね」と機能性にばかり重視してしまう方が少なくありませんが、全くもってそんな事はないのです。

60代には60代にしか出来ないオシャレがあり、素敵さがあり、可愛さがあります。

60代である事をネガティブに捉えずに、60代だからこそできるオシャレなヘアスタイルを謳歌して、若い方から憧れられるような60代女性になってみてはどうでしょうか?

60代だからとあきらめなくていい!

60代ともなると、髪のボリュームや白髪、お顔回りもシミやシワが気になったり、たるみが気になる人も多いでしょう。

しかし、それら全てをひっくるめて60代女性の魅力なのです。

ヘアスタイルをマッチさせてあげる事で、それらのネガティブポイントはチャームポイントに変わり、見違える程若々しくオシャレになる方も多いのです。

60代だからと諦めてしまうのではなく、「60代の私を活かせるヘアスタイルはないかしら?」という気持ちで自分に似合う髪型を探してみましょう。

まだまだ女性として輝ける!

年々、高齢化は進み、最近では「60代?まだまだ若いわよ」なんて言われる事もあるのではないでしょうか?ついつい自分の事となると控え目になってしまうのは日本人の国民性でもありますが、現代の60代女性はまだまだ女性として輝ける年代なのです。

オシャレを楽しむ60代女性に憧れる若者も案外少ないないですよ。

おしゃれを頑張る人の方が若々しい

60代女性の中には、年相応に見えない若々しい人や、逆に60代以上に見えてしまう人も居ます。

その差はどこにあるのでしょうか?その差の一つに美意識があります。

「若々しくいたい」「おしゃれを楽しみたい」という気持ちから、新しい物を取り入れたり自分のケアを入念に行うことで女性はいつまでも若々しく美しいままでいられるのです。

おしゃれでかわいい髪型にするには?

60代でもおしゃれでかわいい髪型にするには、さまざまな方法があります。

自分にぴったりの方法を選んで、是非おしゃれでかわいい髪型を楽しみましょう。

美容室でも髪を切ってくれる!

60代女性の中には、理髪店で髪をカットしていたり、自分でカットしているという人も少なくありません。

しかし、大半の60代女性は美容室を利用しています。

「私なんかがオシャレな美容室に行っても良いのかしら?」と二の足を踏んでしまう人も多いようですが、少子高齢化が進む中60代女性は美容室にとってもメインターゲットの一部なのです。

思い切って足を運んでみたら、歓迎してくれますよ。

自分よりも若い美容師さんとのコミュニケーションに最初は戸惑うかもしれませんが、ここは頭を柔らかくして若いセンスやトレンドを自分のヘアスタイルに取り入れてみてはどうでしょうか?

対応してくれる美容室の探し方

基本的に来店を断られることは無いと思いますが、美容室も数が多すぎて「どこに行けば良いのか分からない」という60代女性も多いのが現状です。

新規で来店する美容室を探す際には、お友だちやお子さんが通われてる美容室を紹介してもらうのがおすすめですよ。

美容室というのは、紹介客をとても大切にしてくれる傾向があります。

さらに、お友だちやお子さんが気に入って来店しているということは、全く何も知らない他店よりかは信頼できる美容室ということです。

お友だちやお子さんが素敵な髪型をしているなと思った時には「どこの美容室に行ってるの?」と思い切って聞いてみましょう。

分からない事は素直に聞くのが一番

美容室に行くと、大抵担当してくれる美容師さんは息子や娘、中には孫と同じ位の若者である事も少なくありませんよね。

そんな若い子に物を聞くのは何だか恥ずかしいと思い、意見に耳を傾けないという経験をした事がありませんか?いくら自分よりも年下でも相手はプロとしてヘアスタイルについて学んでいるのです。

素直にアドバイスを聞いて自分の悩みを相談する事で、今まで思いもよらなかったヘアスタイルを提案してもらえるかもしれませんよ。

ポイントウィッグを検討する手も

最近では女性の薄毛の悩みが増えてきていて、髪の毛一本一本の張りが失われてボリュームダウンしてしまう場合の他に、髪の毛の本数自体が減ってボリュームダウンしてしまう場合があります。

髪の量が減ってしまうと、ボリュームアップさせるのにも限界がありますし、透けて地肌が見えてしまうとフォローのしようがありませんよね。

そんな時には思い切ってポイントウィッグの導入を検討してみるのも一つの方法です。

簡単に装着できるポイントウィッグを使えば、毎日ボリューム感のあるヘアスタイルを楽しむことができますよ。

プロに相談するのが一番

ポイントウィッグといっても、素材やカラーの他、大きさや長さ・パーマの当たり具合など様々なものがあり、素人が自分の髪型に馴染むものを選びとるのは不可能だといっても過言ではありません。

決して安い物ではないため、ポイントウィッグを購入する時には、美容師さんかウィッグメーカーのアドバイザーに相談するのが良いでしょう。

美容師さんに相談するとメンテナンスもして貰えるのでお手入れがしやすくなりますよ。

白髪が目立ちにくくなるメリットも

実はウィッグはボリューム感を増やすだけでなく、つむじの白髪を目立ちにくくさせる効果があります。

一番最初に生え際が目立ってくるつむじをウィッグで隠す事で白髪隠しに一役買ってくれることでしょう。

個性が光るメッシュでデザインを楽しむ

美容師さんにメッシュを勧められる「こんなおばさんがそんな派手にしてもね」なんて断ってしまう60代女性もいますが、そんな勿体ない事を言わずに挑戦してみるのもオシャレを楽しむ秘訣です。

案外「50代を越えてからメッシュをするようになったの」なんて言われるマダムも少なくありません。

まずは派手になりにくいローライトという黒いメッシュから挑戦してみるのも良いですね。

顔痩せ効果や髪型に立体感を出す効果が期待できます。

中には、赤や青、緑などのカラーメッシュを楽しむご婦人も居ます。

ヘアカラーは白髪染め一択じゃない

60代ともなると「ヘアカラー=白髪染め」と決めつけて考えてしまいがちですよね。

しかし、若い人と同じように、様々なカラーやメッシュなどのヘアカラーを楽しむ事ができます。

自分自身が「ヘアカラー=白髪染め」と決めつけてしまっていては、美容師さん側も「この人は白髪染めをしたいんだな」と思って、新しい提案をしてはくれません。

まずは、どんな無茶な理想でも良いので希望を伝える事でプロに新し提案をしてもらうのがおすすめです。

雑誌やメディアなどで勉強する

若い人達がファッション誌やヘアスタイル雑誌を読んで、髪型を選んでいるのと同じように、60代の方も雑誌でオシャレな髪型やかわいい髪型を探してみるのもおすすめです。

書店を探してみれば「ミセス向けヘアスタイル」なんて銘打った雑誌が案外並んでいるものです。

その他、週刊誌や生活情報誌なんかでも髪型の特集を組んでいる事が多いですし、テレビなどのメディアでは60代女性トレンドなんかを特集していることもあります。

様々な情報を上手くキャッチしていきましょう。

自分好みの髪型を勉強できる

雑誌やメディアなどで髪型について勉強することの一番のメリットは「私、こんな髪型が好きだわ」と思えることなのです。

似合う、似合わないは別にして、自分がどんなものを好むのかという事が分かっていないとオーダーされる美容師さんも悩んでしまいます。

逆に、自分の好みをしっかりと理解していて伝えることができれば、プロの手によって好きなヘアスタイルを自分の似合うヘアスタイルに近付けることもできるのです。

自分の好みや挑戦してみたいもの、憧れ等を知るためにも勉強するという事は大切です。

家族にアドバイスを求める

最も長く一緒に過ごしている家族というのは、自分の事を様々な角度から見ているものです。

自分から「私ってどんな髪型が似合うと思う?」と訪ねてみれば、案外思いもよらないアドバイスをしてくれる可能性があります。

娘や女の子のお孫さんがいる場合は、女同士としてアドバイスを貰うのも良いですね。

案外、お孫さんからも「◯◯ちゃんのお婆ちゃんみたいな髪型が良いと思う」なんて具体的なアドバイスを貰えるかもしれません。

あくまで素人のアドバイスという事を忘れずに

家族のアドバイスはあくまで素人のアドバイスです。

折角アドバイスをしてもらったのですが「絶対にこれにしよう」と決めてしまうのは危険です。

家族からのアドバイスの内容も美容師に丸ごと相談して、自分の頭の形や髪型に合ったヘアスタイルを決めるのが良いですね。

おしゃれな髪型を楽しむ為に!60代におすすめのヘアケア方法

おしゃれな髪型を楽しむためには、素材も大切です。

60代の髪を上手にケアする方法をご紹介していきます。

ボリュームアップシャンプーを使う

まずは、毎日使うシャンプーやトリートメントから改善しましょう。

白髪染めを頻繁に行う場合には、サロンで販売されているようなプロフェッショナル製品を使うのがおすすめです。

更に、その中でもボリュームアップ効果のあるものや、育毛効果のある製品を選ぶと良いでしょう。

ただし、物によってはカラーの色味を落としやすいものがあるため、美容師さんに相談するのが良いと思います。

育毛トニックもおすすめ

お風呂上がりには育毛トニックでケアするのもおすすめです。

育毛トニックの多くは、髪の毛が生える成分ではなく、髪の毛が健康に生えるための頭皮作りに必要な栄養分が入っているため、栄養不足の頭皮にはとても効果的です。

お顔に化粧水や美容液を塗る感覚で、頭皮にも育毛トニックを使ってみてはいかがでしょうか?

ヘッドスパをする

頭皮の新陳代謝を良くする事で、健康な髪が生えやすい状態にする他、お顔のリフトアップ効果も期待できます。

定期的にサロンで人の手によるマッサージを受けるのが理想的ですが、その他にもお風呂に入ったタイミングなどで、頭皮をしっかりと動かすようにマッサージしてあげるのがおすすめです。

マッサージブラシを使うのも有り

最近ではシリコン製のマッサージ専用ブラシも販売されています。

また、美容家電でも電動頭皮マッサージ機があったりと、ヘッドスパの需要はかなり増えてきています。

身体の中でも最も血液が集まり、普段動かす事の無い部分なので、どんな人でも案外頭皮は凝り固まっているものです。

上手にほぐして、頭皮を健康な状態に保ちましょう。

クリーム系スタイリング剤で潤いキープ

60代女性の大きな悩みとして髪のパサつきがあります。

加齢によって水分の保持が難しくなる他、頻繁な白髪染めで髪のダメージは蓄積してしまいます。

そこでおすすめなのは、クリーム系のスタイリング剤です。

ヘアセットの仕上げとしてクリーム系スタイリング剤を使う事で、潤いをキープして艶やかなヘアスタイルにする事ができます。

良いドライヤーを選ぶ

日本の家電はさまざまな機能や種類がありますよね。

軽さや風量、イオンなどの付属の機能もありますが家庭用のドライヤーはどんなものを使っていますか?実は、このドライヤーの性能によっても、髪のコンディションは大きく変わってきます。

特に、イオンや遠赤外線機能付きのドライヤーなら、髪を乾かしながらケアする事ができるのでおすすめしたいのですが、本体が重くなりがちなので店頭で手に取ってみて選ぶのが良いと思います。

60代女性の有名人

おしゃれだったりかわいい60代女性を紹介していきます。

一般人と芸能人では、もちろん大きな壁はありますが、同じ人間で同じ年代なのです。

ここで紹介する60代芸能人のように輝いてみてはどうでしょうか?ヘアスタイルも是非参考にしてみて下さい。

夏木マリ

夏木マリさんは女優に歌手にと多彩な活動を行っており、モード感の強いファッションやヘアスタイルで若い人から年配の方まで幅広い年齢層のファンがいることでも有名です。

夏木マリさんは1952年生まれですが、常にトレンドに敏感に反応しつつも、自分のイメージにあった「カッコいい女性像」を上手にチョイスしていることが若い人達の支持を集めているようです。

また、外見と中身の印象が一致していることも重要なポイントではないでしょうか?

若い文化やトレンドをしっかりと取り入れつつも大人の貫禄を見せ、竹を割ったような物言いからは知性も品格も感じられるので、どれだけ若者向けのファッションやヘアスタイルを取り入れていても夏木マリさんを「若作り」なんていう人はいませんよね。

オシャレを楽しむためには、外見以外の部分で調整していく事も大事なのかもしれません。

秋吉久美子

1954年生まれの秋吉久美子さんは、日本の代表的な女優で全盛期には「シラケ女優」としてふてぶてしい態度が逆に当時の若者達から「世間に媚びないカッコいい女性」として人気を博していました。

シャープでインテリ風な容姿から分かるように実は最終学歴が早稲田大学大学院卒業だったという高学歴女優でもあります。

今現在でも涼やかな風貌とどこかを感じさせるセクシーな口元が特徴的ですよね。

秋吉久美子さんはロングヘアや、ミディアム、ショートと様々なヘアスタイルを取り入れていますが、なんといっても軽やかで若々しいロングヘアのイメージが強いのではないでしょうか?

掴みどころのない彼女を象徴するようなゆるふわなロングヘアは、ある意味で若者文化を上手に取り入れた60代ヘアのお手本とも言えます。

高畑淳子

フルウェーブのパーマヘアーが印象的な高畑淳子さんは1954年生まれです。

女優として数々の功績を残してきただけに、未だファンである60代女性も多いのではないでしょうか?

高畑淳子さんのイメージとして強く印象に残るフルウェーブのパーマヘアーは手入れが簡単でブローのアシストもしてくれる他、段々とボリューム感を失ってきた60代女性のヘアスタイルをボリューミーに仕上げてくれる理想的なヘアスタイルでもあります。

「年相応なのに、元気で上品に見える」そんなヘアスタイルを探している方は、高畑淳子さんのヘアスタイルを参考にするのがおすすめです。

大地真央

元宝塚歌劇団月組トップスターの大地真央さんも、1956年生まれで実は60代なのです。

いつまで立っても変わらない麗しい容姿からは想像もつきませんよね。

美魔女とも名高い女優です。

宝塚時代から同年代で憧れ続けているという60代女性も居るのではないでしょうか?

若々しくトレンドにも敏感な大地真央さんは、自分の魅力を最大限に活かすヘアスタイルを取り入れるのが上手ですよね。

思い切って真似をしてみる事で、今まで知らなかった自分の魅力が花開くかもしれません。

由美かおる

昭和の大女優、由美かおるさんは1950年生まれです。

今の若い人でも「名前だけは知っている」と言う人が多いほど、大活躍していましたよね。

多くの人は時代劇で活躍していたというイメージを持っているのではないでしょうか?パッチリとした目元を強調する短めの前髪がトレードマークですが、このヘアスタイルは60代女性にはとてもおすすめなのです。

前髪を短くすることで視線が上にいきリフトアップ効果も期待できますし、暗くなりがちな目元に光が当たってアクティブな印象を与えることもできます。

由美かおるさんのヘアスタイルは60代女性が真似すべき髪型といっても良いかもしれません。

大竹しのぶ

明石家さんまさんの元妻であることでも有名な人気女優の大竹しのぶさんは、今なお活躍し続けていますよね。

そんな彼女は1957年生まれの60代です。

穏やかで可愛らしい顔立ちとは裏腹に情熱を秘めた演技をしている時には、まるで別人のようですよね。

そんな大竹しのぶさんと言えば、少年のようなベリーショートのヘアスタイルが印象的ではないでしょうか?

全体的に短くしたベリーショートのヘアスタイルは可愛らしい顔立ちの大竹しのぶさんの魅力を「可愛いだけじゃない」と言わんばかりに引き締めており、若々しい印象も与えてくれています。

ここまで短くするのは勇気がいるかもしれませんが、実はボリュームも出しやすく影を作りにくい、60代女性の希望に合った髪型であると言えるのです。

渡辺えり

女優の渡辺えりさんは1955年生まれです。

女優の他にも脚本家や作家、作詞も手がけるマルチな才能を持っていてワイドショーのコメンテイターとして活躍することもありますね。

恰幅の良い体格に、アップスタイルが印象的です。

顔周りがふっくらとしていると、ついつい隠したくなってしまいがちですが、実は渡辺えりさんのようにすっきりとアップスタイルに纏めてしまった方が、明るくて若々しい印象を演出できます。

髪が長めの人には上品で洗練された渡辺えりさんのアップを是非参考にして欲しいものです。

まとめ

いかがでしょうか?60代だからといってオシャレを諦める必要は全くないのです。

むしろ60代の今だからこそ、似合うヘアスタイルというものが存在するのです。

是非、自分の魅力を引き出せるオシャレな髪型を取り入れてみて下さいね。