あなたはよく「覇気がない」と言われますか?

覇気がないと言われると、あまり良い感じはしませんよね。

覇気がない人というのは、行動や態度に特徴があります。

せっかくなら覇気がないと言われるより、「ハキハキしているね!覇気があるね!」と言われたいものですよね。

ではこれから、覇気がない人の特徴と、覇気がある人との違いをお伝えしていきます。

そして覇気がないと言われる方のために、どのようなことを意識すれば覇気のある人間になれるのかを挙げていきましょう。

「覇気がない」と言われてしまうあなたに

では、周りの人から覇気がないと言われるあなたに、まずは覇気がある人とはどのような特徴があるのかを挙げていきましょう。

覇気って何?

「覇気がある、無い」と言われても、まずはそもそも覇気とはどういう意味なのでしょうか。

その言葉の意味からお伝えしていきます。

積極的に取り組む姿勢

覇気の意味の一つに、物事に対して積極的に行動し、取り組むという姿勢ということがあります。

「もっとこうしたほうがいいのではないか?」「あれは気になる!何だろう?」と思うことありますよね。

そのような思ったことや疑問に対し、すぐに行動して結果を出そうとする気持ちを言います。

行動することで何かが生まれるということを知っているのでしょう。

このような方は失敗を恐れずに行動するために、職場でも結果を出す方が多いでしょう。

必然的に周りから信用をされる人間になります。

「するべきこと」がそこにあり、後回しにしないですぐに取り組む姿勢が「覇気」なのです。

強い野心や野望

また、覇気という言葉にはエネルギーの根源となる野心や野望があると言う意味もあります。

「絶対にあの大会で優勝する!」「あの人には負けたくない!」という強い気持ちのことです。

達成すべき目標がある方に使われる言葉となっています。

「いつか必ずトップになってやる!」という、将来的な野望もあるでしょう。

この気持ちが強い方は、負けず嫌いであるために自然と練習や勉強に取り組むようになります。

ですので、「覇気がある」と言われる方には、ストイックだったり熱い人という特徴があります。

常にライバルがいて、他人と自分を意識している方に見られる特徴です。

地位や名誉を残す方は、このような方が多く見られます。

溢れ出る意気込み

そして、目の前のことに対して「絶対に成功させる」という意気込みのことも表す言葉となっています。

仕事を任されたときや、初めて経験することってありますよね。

それに対して「望まれる結果を出すまで頑張る」という気持ちや心構えのことを言います。

上手くいかなかったとしても、それを糧にして結果に結びつけるプラスの考え方を持っていると言えるでしょう。

自分に自信がある方に見られる特徴となっております。

まずはやってみるという精神を持っているのでしょう。

覇気がない人の印象

では反対に覇気がない人のことを挙げていきます。

周りにはどのような印象を与えているでしょうか。

あなたはこのように見られていると思って、意識してみましょう。

元気がなく気だるい様子


覇気がない人は、元気が無くていつも気だるそうにしている印象があります。

ため息が多かったり、声が小さかったりしてはいませんか。

周りにいる方はあなたのことを「疲れているな」「何かあったのかな?」と心配してしまうでしょう。

とりあえずそっとしておいたほうがいいかなと思って、あまり関わらないようにと思わせてしまいます。

まるで何かに生命を吸い取られているようなイメージとなっているでしょう。

雰囲気も暗くて接しづらいと思われています。

物事に無関心で情熱がない

覇気がない方は、皆に「無関心だな」と思われています。

どんなことにも興味を示さず、何に情熱を示すのかが分からないという印象を与えています。

興味を示さないと、会話するにもどんな話をして良いのか分かりません。

楽しいはずの話を持ちかけても、薄い返事しか来ないんだろうなと予測されてしまいます。

コミュニケーションが取りづらいと思われてしまうでしょう。

よって、ありきたりで無難な会話しかしないような状態になってしまうのです。

濃厚な人間関係とは無縁となってしまうでしょう。

やる気を感じられない

そして、覇気がないと感じられてしまう人は、いわゆるやる気を感じられないとも思われています。

何をしているときでも、楽しそうでもなければ力も入っていないという印象を与えているでしょう。

物事を頼んでも、本当に頼んで大丈夫だったかなと不安にさせることになります。

「ちゃんとやってくれるのだろうか?」と、後悔すらしてしまいかねません。

いずれは「言ってもしょうがないさ」と諦められてしまうことにもなってしまうのです。

やる気が無い人と一緒にいると、それだけでイライラしてしまう方もいるくらいです。

一緒に何かをしたいという人は、まずいなくなってしまうのではないでしょうか。

覇気がないと思われてしまう人の16個の特徴と原因


では、実際に覇気がないと言われてしまう人には、どのような特徴があるでしょうか。

その行動や外見などを挙げていきましょう。

また、その原因に当たるものも一緒にお伝えしていきます。

表情が乏しい

覇気がないと言われる人には、表情が変わらずに乏しい方が多くいます。

いわゆる感情が表に出ないということと言えるでしょう。

喜怒哀楽という人間の代表的な感情があります。

その感情は表情に出ると言っても良いでしょう。

良いことがあったら自然と笑顔になり、嫌なことがあったら悲しい表情や怒り顔になるのが人間に自然の表情というものです。

良い話や感動的な話を聞けば、思わず泣いてしまう時もありますよね。

しかしそのような表現が顔に出ないということは、覇気がないと思われてしまうでしょう。

何も感じていないと思われても仕方ありません。

また、実は冷たい人間なのかなというイメージにもなります。

よって何事にも冷めていると思われ、覇気がないと言われてしまうのです。

姿勢が悪い

また、姿勢が悪い人も覇気がないと言われてしまいます。

特に猫背の方などはよく言われてしまうでしょう。

体を丸めている姿勢は自信の無さが感じられます。

背筋を伸ばしている方は堂々としている印象ですが、丸まっていると気が弱そうと思われてしまうでしょう。

歩いている方たちを見ていると、その違いはあからさまとなっています。

椅子に座るときも、背もたれに凭れすぎというような姿勢はやる気を感じられません。

頼れない存在に見えてしまうのです。

さらに言えば、態度や性格が悪そうなんて思われることもあるでしょう。

姿勢が悪いと、実際に肩こりや腰痛、疲れやすいという症状が出てきてしまいます。

よって、覇気がないと言われてしまうのです。

声が小さい

声が小さい方も、皆に覇気がないと言われてしまうでしょう。

聞き取れないような声では、生命力が弱いと思われて頼りにもされません。

返事をしたのかどうかも分かられていない状態です。

話をしていても、「え、何?もう一回」と、聞き直されてしまうことも多いでしょう。

本意でないことや自信がないことに関しては、声が小さくなってしまう心理があります。

普段から気を使いすぎてはいないでしょうか。

また、何か悩みがあるのかなとも連想させてしまうのです。

覇気を感じられないと思われても不思議ではありません。

顔色が悪い

顔色が悪い人は、まずは気を感じられることは無いでしょう。

明らかに元気がないという印象ですので、まずは体調を心配されるでしょう。

ちょっと熱があったり、昨日は飲みすぎて二日酔いという時は顔色が悪くなりますよね。

元気のない表情がまたその顔色の悪さを強調してしまいます。

たまにそういう時もあるというくらいなら、そこまで問題はありません。

しかし、普段からそのような顔色をしていたら、「あの人は覇気がないね」と言われても拒否はできないでしょう。

普段から不摂生な生活をしていると、顔色が良くなることもありません。

ガリガリに痩せている

覇気がないと言われる方には、体型からも思われている時があります。

あまりに痩せすぎていてガリガリですと、活力が無さそうと思われてしまうでしょう。

女性はダイエットに意識を持っている方も多いですよね。

しかし、あまりにやせ過ぎてしまい細すぎるフォルムになってしまいますと、周りからも心配されてしまうことになります。

痩せているというより、痩せこけていると見えています。

また男性でも、腕が細かったり胸板がとにかく薄い状態ですと、すぐ脱スタミナ切れするのではないかと不安を読んでしまうでしょう。

立っているのがやっとでは?という印象を与えてしまうのです。

睡眠不足

ではここからは、覇気がないと言われてしまう人の、その原因を挙げていきます。

まずは睡眠不足ということが挙げられるでしょう。

睡眠時間が足りない方は普段から頭がぼーっとしてしまいます。

思考能力も薄れ、昼間からあくびも止まりませんよね。

目も半開きのような状態で、惰性で動いている印象すら与えてしまいます。

小さなミスを何度も繰り返してしまうようになるでしょう。

脳の働きが弱くなるために、そのような状態になることは当たり前です。

自分では大丈夫と思っていても、睡眠不足からくる障害は周りの方には見えてしまうものです。

体調不良

体調不良の方もまた、覇気を感じられないと言われてしまいます。

たまにそういう時もあるというのならまだしも、いつものように体調が思わしくないとなれば、それが行動は表情に出てしまうでしょう。

よく熱が出てしまう方や、頭痛や腹痛などが発作的に起こる方もいます。

そのような方は、自分でも悩んでいることでしょう。

その悩んでいることが表情や動きに出てしまっているのです。

動きも活力が無く、覇気とは無縁の状態になってしまうでしょう。

万全でない時の方が多いとなれば、明らかに他の方との違いが出てしまうことは否めません。

パソコン業務が多かったり、スマホの見過ぎで目が慢性的に疲れている方もいるでしょう。

肩こりにも繋がりますし、そのような方も覇気がないと思われてしまうのです。

興味関心が薄い

覇気がない原因として、物事への興味が薄い方が挙げられます。

人は何かしらに強い興味があったり、こだわりを持っている方も多いでしょう。

しかしそのようなものがなければ、行動力も出ませんし覇気も感じられません。

周りから話をされても「そうなんだ。

ふーん」くらいにしか思っていません。

そして特にその話を広げることも無いでしょう。

また、他人の話をされても「自分には関係ないし」と、心の中で一掃してしまっているのです。

得にこれといった趣味もなければ、熱く語るようなこともありませんよね。

結果的にあまり会話も続かなくなってしまいます。

その姿が覇気がないと言われるゆえんとなってしまうのです。

自信がない

自信が無い方もまた、覇気がない人の原因となってしまうでしょう。

何事にも消極的になってしまい、なかなか前に出ることがありません。

「どうせ自分なんか…」「やっても上手くいかないよ…」と、最初からあきらめムードになってしまっている状態です。

ダメ元!という精神でとりあえずやってみるという考えが無く、結果的に何もしようとしません。

上手くいかないならしないほうが良いと、マイナスの合理性を持っているのではないでしょうか。

ネガティブな言葉が多く発せられており、覇気のなさを感じさせているのです。

何かにつけて言い訳をしてしまう特徴があります。

努力が見えない

上記の自信がないことにも繋がりますが、何事にも努力をしようとしない姿も覇気がないという言葉に繋がります。

ちょっと難しいようなことでも、頑張れば何とかなるものです。

ちょっとでも辛いことには向かっていくことは無く、楽な方ばかりを選んでいるでしょう。

人は困難を乗り越えてきた人に、心の強さや信頼感を感じているものです。

しかしその困難を避けて努力を怠れば、強さも何もありません。

努力をしようとしない人が覇気がないと言われることは、当たり前のことなのです。

結局は何事にも結果を出すことができず、自分に自信をもtことができないのですから。

意見がない

会話をしているときに、相手の意見にばかりあわせていることはありませんか。

「そうだね…」「それイイね、自分もそう思う」など、同意しかないような言葉だけでは、相手には楽しくないと感じさせてしまいます。

やはり自分の意見を言えるようでないと、「普段から何も考えていないんだな」と思わせてしまうことになるでしょう。

「自分はこういう方が良いと思う」「新しくできた店に行ってみたいと思っているんだよね」など、積極性のある意見がないと、つまらない人に見えてしまいます。

自分らしさの無い人には、覇気を感じさせることはできないのです。

受け身で消極的

いつも自分から行動はせず、言われてやっと動く人は覇気が生まれないでしょう。

常に受け身の方は、行動も消極的になってしまいます。

グループの行動でも、仕切ることはおろか、計画を立てるときも他の方の意見に合わせるだけでしょう。

人の言うことは聞くのですが、自分からの発信がない状態になります。

結果として、いつも誰かの敷いてくれたレールの上にしかいません。

人と違うことを言ってしまうことが、悪いと思っているのでしょう。

発信力のある積極性がなければ、覇気が出てくることは無いのです。

スローペース

どんな時にでもスローペースで行動する方も、覇気のなさに繋がってしまいます。

基本的に動きが遅いとなれば、覇気がないのは一目瞭然でしょう。

また、思ったことに手を付けるときに、「明日からでいいか」と後回しにしてしまう癖もあるでしょう。

全体的に事をこなすことが遅く、どんなことも人よりも時間をかけてしまいます。

ご飯を食べることや後片付けをすることに、人の何倍もの時間をかけてしまっているのでしょう。

話し方も遅くなっていることなど、スローペースな方は楽観的であり関心事が無いイメージがあります。

よって覇気がないと言われてしまうのです。

夢や目標がない

夢や目標が無いと、覇気は出にくいです。

夢や目標があるからこそ、それに向かって力が出るのです。

「将来は自分の店を持ちたい!」「来年までにはアメリカ旅行のお金を貯める!」という目標があれば、その為に努力や勉強を惜しみません。

逆に動き始めていないと焦ってしまうので、情熱的になってしまいます。

しかし、そのような目標や夢が無いのであれば、行動のきっかけもない状態となるでしょう。

意味のある行動が自分にはないということですので、特に情熱的な印象が無いのです。

それでは覇気がないと言われてしまいます。

「まあ、無難でそこそこの人生で良い」と思っているのではないでしょうか。

ドライな性格

ドライな性格の方は、あまり人と接することをそこまで望んでいないでしょう。

決して人が嫌いということではないのですが、自分が望まない時には正直にその輪から離れてしまいます。

基本的に相手に慣れるまでには時間もかかってしまうでしょう。

それまでは会話も淡泊で、表情も変えないで接しています。

よって情や熱を感じさせることが無く、冷めている印象があり覇気がないと言われてしまうのでしょう。

嫌なものは嫌!と自分の気持ちに正直に動いてしまう性格とも言えます。

不安や悩みがある

人は誰でも一つや二つは不安や悩みを持っているものです。

人間関係やら将来の不安など、人それぞれ考えこんでしまうことはあります。

しかし、それらが克服できたり我慢できる程度なら問題はありません。

しかしそうでは無く、悩みの度合が強かったり多かったりすると、それが表情や行動に出てきてしまいます。

気分が晴れないので、どうしても行動が積極的になれずにいるでしょう。

表情もどこか寂し気になってしまいますし、暗い雰囲気が漂ってしまいます。

自分に自信がなくなってしまっている状態になってしまうのです。

もし悩みがあっても、それを皆に堂々と相談するくらいの勢いがあれば、まだ覇気も感じます。

しかしそれすらもせずに一人で悩んでいては、どうしても覇気がないと言われてしまうでしょう。

覇気がないあなたがすぐできる覇気を出す方法10個

覇気がないと言われてしまうことに嫌気がさしてしまったとき、自分で改善できる方法があります。

今からでも実行できることばかりです。

それはどのようなことがあるのか挙げていきますので、ぜひ実践してみてください

姿勢を良くする

姿勢が悪いことで覇気がないと言われてしまうのであれば、まずは姿勢を正していきましょう。

いつでも胸を張っていれば、心もそれについてきて強みが出てくることでしょう。

周りから見ても、堂々としていると感じられます。

普段歩いているときや、椅子に座っているときに意識することが大事です。

最初は疲れてしまいますが、慣れてくれば自然と良い姿勢が保たれるはずです。

上記で、姿勢が悪いと体調にも悪影響があると言いました。

そのような体調不良もまた改善されて行くことになるでしょう。

それによって、気分も良くなり行動力も出てきます。

自分を変えるには、まずは自分の見た目や意識を変えていくことが重要です。

生活習慣を正す

そして毎日の生活で覇気を出す方法として、生活習慣の見直しがあります。

それが乱れることで、覇気はなくなってしまうでしょう。

「朝は何時に起きる」「毎日部屋の掃除をする」というように、自分でルールを作ることになります。

自由すぎる生活は、全てがなあなあになってしまうでしょう。

人間は楽な方向があれば、どうしてもそちらを選びたくなるものです。

しかしそれは、自分自身を甘くしているにすぎません。

自分ルールを作ることでメリハリが出てくるでしょう。

そして、毎日が同じルーティンで動くことになりますよね。

すると、睡眠不足の解消もでき、体調もその生活に合わせられて健康的な時間を過ごすことができます。

覇気がないという原因を無くすことができるでしょう。

食生活を見直す

覇気があると言われることには、食生活は重要な項目となっております。

食べ過ぎや飲みすぎは控えましょう。

栄養バランスを意識しながら、しっかりとした食事をとらないと健康は保たれません。

外食が多かったりインスタントの食事ばかりであれば、改善が必要です。

できる限り決まった時間に食事をとるようにしましょう。

完食や夜中のつまみ食いなども見直す意識も必要です。

また、過剰にダイエットを意識することも控えておきましょう。

体重だけを気にしてなんでも食べることを拒否しては、健康を損なってしまう可能性があります。

不摂生を直し健康的な食事をすることで、体もエネルギッシュになり覇気のある印象を与えることができます。

メイクを変える

メイクを変えることも、覇気があることに繋がっていきます。

特に女性の方には必見となることでしょう。

上記でも姿勢を正すとありますが、メイクもまた外見の一つになります。

外見を意識的に変えることは、自分を変えるということになるでしょう。

可愛い服を着ることで、可愛らしい振る舞いをするようになるという事ってありますよね。

和服を着たら、日本人らしいしとやかな気持ちを持つようになります。

今まではあまりメイクをしなかったり、薄いメイクしかしなかったのであれば、ちょっと変えてみる価値はあります。

大人な雰囲気にしてみたり、少しワイルドな雰囲気を出してみても良いでしょう。

気分も変わって、今までと違う意識が生まれて覇気が出てきます。

自分自身を錯覚させることも、気持ちの持ち方を変える方法の一つなのです。

笑顔を見せる

笑顔は何よりも力があります。

笑顔というだけで、人は接しやすくなり愛されやすいキャラに見られるでしょう。

人に好かれるということは、自分への力にもなります。

何より自分の気持ちが良くなって、楽しさを感じ余裕すら出てくるかもしれません。

笑顔でいることが幸せそうな雰囲気になり、また周りにいる人も幸せな気持ちにさせることになります。

充実した人生を送っているのだろうと連想させることができるでしょう。

自然と人が寄ってきて、またその寄ってきた人からパワーをもらえるのです。

そんな力がある人を、覇気がないとは誰も思わないでしょう。

コミュニケーションをとる

笑顔と同様に、コミュニケーションをとることもまた人との接点を増やすことになります。

まず、話すという行動で声を出すことになりますよね。

筋肉の緊張もほぐれ、リラックスできる状態になります。

笑顔も出ますし、話題によって感情をコントロールするようにもなるでしょう。

そしてコミュニケーションをとることで、様々な話題に触れることもできます。

色んな話題の中で、興味が出てくるものが現れてくるでしょう。

それについてもっと知りたくなったり、経験したいと思うようになるのではないでしょうか。

覇気がない人は興味を持たないのではなく、興味のあることを見つけられないとも言えます。

人との会話をすることで、新しい世界のことが知れて自分の好きなことも見つかります。

それによって行動力も出てくるでしょう。

覇気のある人間に変わることができるのです。

目標をつくる

覇気があると言われたのであれば、目標を立てることも大事です。

急にそんな目標なんて…と思うかもしれません。

しかしまずは些細なことでもいいのです。

例えば「今年中に50万円貯める!」ということでも良いでしょう。

また、「一日1万歩は歩く!」ということでも、健康的で一石二鳥ですよね。

このように小さなことでも目標を立てることはとても有意義なのです。

最初はちょっと頑張ればできることを目標にしましょう。

それを達成することができれば、その快感を覚えて新たな目標を立てることになるでしょう。

それが繰り返されて、気づいたら大きな目標に向かっていくことにもなるのです。

「資格を取る!」「恋人を作る!」と発展していくことになるでしょう。

覇気のある人になっていきますね。

声を大きくトーンを上げる

声を出すということは実は大きな効果があります。

人は大きな声で話すことで、体の緊張をほぐしてパフォーマンスを上げることができるのです。

カラオケで思いっきり歌っていると、気分も良くなりスッキリするという経験はありませんか?

それは体の緊張が解かれた状態です。

その状態になれば、抑えられていた自分の力が解放されて、自ずと行動力にも繋がっていくでしょう。

重いものを見たときに、心で重そうだし持ちたくない…と思ってしまいます。

しかし、一声「よいしょ!」と言いながら持てば、結構持ててしまうものです。

そして大きな声でトーンが上がれば、周りからしても自信にみなぎっていると見られるようになるでしょう。

話も聞きやすいし、気持ちを伝えることができます。

それによって、自分自身の殻をひとつ破ることもできるのです。

悩みを解決させる

悩みはあなたの覇気を奪っています。

ですので、悩みがあるのであればまずはそれを解決させましょう。

解決すると言っても、そう簡単ではありません。

だから悩んでいるのですよね。

大事なことは、誰かに相談することです。

一人で抱え込んでいても、そう簡単に悩みは解決されるものではありません。

自分のことを解ってくれている人がいたら、それだけでも気持ちが楽になるでしょう。

そこに余裕も生まれ、解決に向かうための方法を考えられるようになります。

理解者に相談しているうちに、考えが変わっていくこともあります。

実は悩んでいたことが大したことなかったと気づくこともあるでしょう。

このように悩みが解決すれば、顔色も良くなって声も出ますし、体も軽くなって活動的な気分になれます。

自他ともに覇気が出ているように見えるでしょう。

好きなものを見つける

覇気がないと言われることを無くしたいのであれば、好きなことを見つけましょう。

好きなことが見つかれば、それはあなたの楽しみになります。

自分は何が好きなのか、自分に問いかけてみましょう。

色んなところに出向いてみて、とりあえず経験してみても良いですよね。

例えば「温泉に行きたい、旅行がしたい」ということもあれば、「新しい店を飲み歩き」ということもあるでしょう。

「素敵な異性と出会いたい」ということでも構わないのです。

好きなことが見つかれば、それがあなたへのご褒美となります。

そのために仕事や勉強も頑張れるでしょう。

「今日を頑張れば、明日は温泉でゆっくりできる!」というように。

その楽しみに向かう気持ちや実際に充実した時間を送ることで、覇気があるということになのでしょう。

まずは覇気がないと言われる原因を探り出そう

覇気がないと言われることが気になっているとき、まずはその原因を探し出すことが大切です。

自分に自信がないのか、好きなものがないのか…原因が分かれば、これから改善することができますよね。

覇気の意味を知り、覇気のある人の特徴が分かったら、自分との違いを感じることができるでしょう。

その違いや自分の弱点は、意識をすることで直していくことができます。

覇気がないと言われる原因を直していくことで、積極性や色んなことへの興味、野心を持つことができるでしょう。

まずはできることを今からやっていきましょう。

それがあなたの覇気になっていくのです。

そして「覇気があるね!」と言われるようになるのです。