部下や友達が良くないことをした時に、それを注意するという意味合いで「〇〇をたしなめる」と使うことがあります。

あまり普段使いをされることがない言葉なので、「たしなめる」という言葉の詳しい意味や使い方をよく知らないという人もいるでしょう。

うっかり誤った使い方をしてしまわないためにも、「たしなめる」の意味や正しい使い方についてマスターしておきましょう!

わかりにくい言葉「たしなめる」

「たしなめる」という言葉を、普段から耳にする機会はそう多くはないでしょう。

「たしなめる」のように、いかにも音の響きが畏まった言葉は、あまり日常使いには向いていないからです。

代わりに、その言葉に近い意味のもっと馴染みやすい言葉が使われることが多いです。

「普段使いされていないのなら、わざわざ知っておく必要はないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、普段使いこそされないものの、「たしなめる」という言葉そのものは、文章としてはよく見かけることがあります。

よく目にするということは、何かの折にふれて自分でもその言葉を使うときが来るかもしれません。

そのときになって正しい使い方を知らなければ、「いい歳をして、知らないの?」と恥をかいてしまうことになります。

そうならないためにも、この機会に「たしなめる」の正しい意味や使い方について学んでおきましょう。

普段使いされないからこそいまいち分かりにくい「たしなめる」について、詳しくご紹介していきます。

「たしなめる」の意味


「たしなめる」という言葉には、非礼や不作法を軽く叱ることや、苦しめる、悩ますといった意味があります。

私たちが「たしなめる」を使うときには、主に誰かの良くない部分に対して注意するという意味で使うことが多いです。

そのため、「たしなめる」を「注意する」という意味で認識している人も多いかもしれません。

しかし、「たしなめる」という言葉自体には、誰かを苦しめたり悩ませたりするという意味もありますので、前者の意味しか知らないと、同じ「たしなめる」でも人によって意味の解釈が異なってしまいます。

あなたが誰かに苦しめられているときに、それを「たしなめられている」と言葉で訴えても、それを聞いた人が「注意」の意味で捉えてしまうと、あなたを助けてはくれないでしょう。

それどころか、一緒になってその人にも辛く当たられてしまうかもしれません。

言葉は意味をはき違えてしまうと人間関係に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

悪意はなくとも対人関係を壊してしまうこともありますので、言葉の意味はきちんと理解しておくことが大切です。

良くない部分を注意すること

「たしなめる」には、相手の良くない部分を注意すること、という意味があります。

例えば友達が街を歩きながらゴミのポイ捨てをしたら、良識ある人ならばそれを注意するでしょう。

「ゴミのポイ捨ては良くないよ。ちゃんとゴミ箱に捨てよう。」と友達を注意する行為を、「友達の行動をたしなめる」などと使うことがあります。

誰しも良くない部分は持っていますので、それを目の当たりにしたときには注意をすることもあります。

ただし「たしなめる」には、「年下や目下の立場の人を注意する」という意味がありますので、友達を注意するならばまだしも、上司や先輩に対して注意をする場合には、「たしなめる」ではなく「いさめる」という言葉を用いる必要があります。

非礼や無作法を軽く叱ること

「たしなめる」には、非礼や不作法を軽く叱ること、という意味もあります。

礼儀知らずの人や、作法を軽視する人に対しては、誰でも見ていて不快感を覚えますよね。

誰も見ていないところでならばまだしも、人目につくところで非礼や不作法を働く人に対しては、我慢ならずに一言注意したくなることがあるでしょう。

そうした非礼や不作法を働く人を軽く叱ったり、注意したりすることも「たしなめる」と表現します。

例えば電車のような公共交通機関で、周りの迷惑を考えずに騒いでいる若者を大人が軽く注意したり、ライターをいじろうとしている子どもに「危ない」と注意するために親が叱ったりと、たしなめるシチュエーションは日常のどこにでもあります。

優しく説教や注意をすること

「たしなめる」は、優しく説教や注意をすること、という意味があります。

基本的には「優しく」「軽く」注意をしますので、大声で怒鳴ったり、厳しく叱りつけたりするときには「たしなめる」と使うことはありません。

厳しく誰かを叱りつけるような場合には、「叱責する」や「糾弾する」などのもっと注意として強い意味を持つ言葉を用います。

「たしなめる」を用いる際には、「ダメだよ」と優しい口調で注意をしたり、「それは良くないよ」と注意しつつも語感はきつくない言葉で注意したりすることが多いです。

子どもに対して、大人が笑顔で注意を促すような場合には、この「たしなめる」という表現がピッタリと当てはまるでしょう。

優しく説教をすることからも、「たしなめる」には、相手に何がどう悪いのかを諭すという意味合いも含まれていると考えられます。

いずれにせよ、「たしなめる」は大人が子どもに、また教師が学生に対して使うイメージが強いかもしれませんね。

苦しめたり悩ませたりすること

相手を苦しめたり、悩ませたりするという意味で「たしなめる」と使う機会は、それほど多くはないでしょう。

だからこそ、「たしなめる」を単に「注意する」という意味でしか把握していない人も多いです。

説教や注意するという意味と比較すると、相手を苦しめたり悩ませたりするというのは、同じ言葉でもまったく意味が異なるように感じられます。

しかし、例えば説教する側が相手のためを思って叱ったとしても、叱られた相手が、何故自分が怒られたのか分からずに苦悩してしまったときには、「たしなめる」は相手を苦しめる、という意味で使われたことになります。

叱る側は思いやりを持って説教しているつもりでも、叱られた側がそれを理解できなければ、説教されることは当人にとっては単なる苦しみでしかありませんよね。

そうした意味として、時には「たしなめる」ことが苦しみや悩みに当てはまってしまうこともあるのです。

「たしなめる」の使い方


先にも少しご紹介しましたが、基本的に「たしなめる」は目下や年下の相手にのみ使用します。

目上や年上に対して「〇〇さんをたしなめる」と使ってしまうと失礼に当たり、反対に自分がその目上の相手にたしなめられてしまうことになりますので、使い方には注意しなければなりません。

もし目上の相手を注意することがあるとすれば、その場合には「いさめる」という言葉を用います。

「いさめる」の詳しい解説はここでは省きますが、目上と目下で言葉の使い方が異なるのだということはしっかりと理解しておきましょう。

「たしなめる」を使うときには、必ず相手が自分よりも目下や年下の立場であることを確認してから使います。

また、目下でなくとも、親しい友達に対しても用いることがあります。

後輩の不注意をたしなめる

仕事の打ち合わせの際に、後輩が必要な書類を忘れて打ち合わせに手間取ってしまったとき、先輩として後輩のうっかりミスを注意しなければなりませんよね。

仕事は社員1人ひとりの働きによって成り立っていますので、後輩のちょっとした不注意が、会社全体の評価に繋がってしまうこともあります。

そんな重要な場面では、先輩として後輩の不注意をたしなめなくてはなりません。

ただし怒鳴りつけるのではなく、冷静に不注意に対して気をつけるようにとお説教をする場合などに、「たしなめる」と表現することがあります。

後輩の側からすれば、ただ怒鳴られるよりもたしなめられた方がより心に響いて「注意しなくては」と気持ちを引き締められるでしょう。

友人の勝手な行動をたしなめる

「親しき中にも礼儀あり」ということわざがあります。

このことわざ通りに、いくら仲の良い友人だとしても、時には身勝手な行動を許せないと感じてしまうことがあるでしょう。

例えば約束の時間に友人が遅れてきて、理由を聞いたら単なる寝坊だった場合。

友人の寝坊のせいで観たい映画を1本遅らせなければならなくなってしまったのに、当の友人がヘラヘラと笑って平気で過ごしていたら、いくら友人とはいえ腹が立ってしまうでしょう。

また、一緒に行動しているときに、自分だけあちこちふらついて好きなことばかりしているのも、あまりにも協調性や思いやりがなく、「勝手だなぁ」と感じることもあるでしょう。

そんなときには、「いくら友人でも勝手過ぎる行動は控えて欲しい」と友人をたしなめることがあります。

無礼な言葉遣いをたしなめる

言葉遣いが人に与える印象は小さくありません。

どんなに外見が上品でも、口から出てくる言葉が下品なら、その人に対する周囲の評価は下がってしまいます。

ましてやそれが自分の身内や友人だった場合には、「この人のためにも何とか直してもらわなくては」と、ついお節介な気持ちが生まれてしまうことでしょう。

また、会社の部下が知らずに無礼な言葉遣いをしていたなら、やはり部下の今後のことを考えて、今から言葉遣いを注意しておこうと考えるでしょう。

そのような場合に、「その言葉遣いだと人に誤解を与えるから、直した方がいいよ」と軽く相手をたしなめることがあります。

たしなめられた側も、相手が上司であれば大人しく従いますし、また身内から言われればムッとするかもしれませんが、自分のことを思いやっているのだと分かれば、素直に直す気になってくれる人もいるでしょう。

子どものいたずらをたしなめる

子どもの頃には、大人が思いもかけないようないたずらを思いつくものです。

遊びのつもりで石を友達に投げたり、人の家の庭に勝手に入って、そこの花壇を荒らしてしまったり。

子どもだからこそ、やって良いことと悪いことの区別がつきにくく、だからこそ子どもたちの悪いいたずらをしようとする時には、大人が責任を持ってそれを注意しなければなりません。

けれど、子どもはまだ心が繊細ですので、大声で怒鳴ったり、暴力を振るったりしては効果がありません。

どうしていたずらをしたらいけないのかを、冷静に淡々と伝えなければなりません。

そんなときには、怒るのではなくたしなめることが最適なのです。

部下が犯したミスをたしなめる

仕事をしていれば、誰でもミスをすることはあるでしょう。

今では立派な立場にある人も、新入社員の頃にはミスばかりしていた、なんてことも珍しくはありません。

ですが、だからといって自分の部下のミスを笑って許すわけにいきませんよね。

小さなミスであれば、最初は笑って許しても、それが何度も続くと流石に部下を叱らなくてはならないでしょう。

また、犯したミスが大きなものなら、今後の仕事への影響を考えて、しっかりと説教をしなければなりません。

そのような時にも、頭ごなしに怒鳴りつけるのではなく、淡々とミスをたしなめることが大切です。

冷静に部下のミスについて追及することで、次は同じようなミスを防ぐこともできます。

感情的になって怒鳴ってしまうと、根本的なミスの解決にならないばかりか、それが原因で部下との関係が悪化してしまうこともありますので、怒鳴るのではなくたしなめるのが良いでしょう。

「たしなめる」の語源

そもそも、「たしなめる」の語源はどこからきているのでしょうか?

今では当たり前に使っている人もいますが、言葉の語源を知っておくと、さらに言葉に対する理解が深まり、また正しい使い方ができるようになります。

この機会に、「たしなめる」の語源についてもしっかりと理解を深めておきましょう。

「たしなむ」→「たしなめる」

「たしなめる」は、「たしなむ」という言葉が元になっています。

四段活用動詞である「たしなむ」には、「気をつけて身をつつしむ」という意味があります。

この言葉の派生で「たしなめる」が生まれたとされています。

「たしなむ」が、自分自身に使う言葉であるのに対し、「たしなめる」は他人に対して使う言葉です。

そのため、自分に対しては「最近はミスが多いため、たしなむ必要がある。」と表現しますが、一方で他人にそれを求める場合には、「あの人は最近ミスが多いから、たしなめる必要がある」と表現します。

語源を知っておくことも大切ですが、それゆえに自分に対して使う場合と、相手に対して使う場合との言葉の違いに気をつけましょう。

「たしなむ」の意味

「たしなむ」には、いくつかの意味があります。

「芸事などを身に付けること」「好んで親しむこと」「自分の行いに気を付けて身をつつしむこと」「普段から心がけておくこと」「きちんとした身なりをすること」などです。

よく「お酒をたしなむ」と表現することがありますが、これは「好んで親しむ」の意味として使われることが多い言葉です。

また、今回のテーマの意味としては、「自分の行いに気を付けて身をつつしむこと」であり、これが派生して「たしなめる」になっています。

「たしなめる」の漢字

「たしなめる」は、文章にする際にひらがな表記で記されることが多いですが、それに当てはまる漢字も存在しています。

「窘める」と「嗜める」の2つの表記があり、文章全体の意味によって漢字を使い分けます。

一見同じ言葉の響きですが、漢字の表し方によってその意味はまったく変わってきますので、知らずに反対の意味の漢字を用いていると、「この人ちゃんと理解できていないんだな」と相手に無知が露見してしまいます。

仕事などで使う機会がある場合には、間違えた表記を用いると恥をかいてしまいますので、この機会に漢字の使い分けについてもしっかりと学んでおきましょう。

漢字で書くと「窘める」

先にご紹介してきた意味の「たしなめる」には、「窘める」という漢字を用います。

「子どものいたずらを窘める」「部下のミスを窘める」など、漢字表記の場合にはこちらを用いますので、間違えないようにきちんと覚えておきましょう。

最近ではいちいち手書きで文章を起こさずとも、パソコンや携帯などで簡単に文章が作れてしまいます。

しかし、漢字の変換も楽に出来過ぎてしまって、どの漢字が正しいのかが頭に入らないことも良くあります。

「あの漢字何だったかな。変換ではすぐに出せるに、手書きだと書けない。」ということがよくあるように、「窘める」も、安易に変換出来るがゆえに、いざ自分で書く時には漢字が分からなくなってしまうことがありますので注意しましょう。

同音異義語「嗜める」

同じ「たしなめる」の読み方で、「嗜める」と漢字で表す場合もあります。

この漢字を用いた言葉の意味は、先に挙げた意味の内、「芸事などを身に付けること」「好んで親しむこと」などです。

自分が好き好んでやっていることや、必要として身に付けていることなどの意味を持つため、「お酒を嗜む」ならば「お酒を好んで親しんでいる」ですし、「芸事を嗜む」ならば「芸事を必要として身に付けている」となります。

これまでにご紹介してきたような、「非礼や不作法を軽く叱る」「苦しめて悩ませる」などの意味では決して用いることのない漢字ですので、誤って表記しないように十分に気を付けましょう。

「嗜める」の「嗜」という漢字は、「嗜好」でも用いられていますので、「自分の好きなことに関するときはこちらの漢字」と覚えておけば、表記ミスを減らすことができますよ。

「たしなめる」の類語

「たしなめる」には、いくつかの類語があります。

例えば「叱る」「咎める」「注意する」などは、良くないことをした相手に対するお説教の意味で同じ使い方ができます。

また、「扱き下ろす」「叱責する」などは、激しく相手を非難することにより、相手の心を苦しめたり、悩ませたりするという部分で意味が近いと言えます。

「たしなめる」は、文章として用いられる機会は多いですが、実際に口に出して使うことはそこまで多くはありません。

同じような意味で口に出すときにはどのような言葉を用いればいいのかを、類語から知っておきましょう。

場面によって使い分けることができれば、その場のシチュエーションに最も相応しい言葉を選択できるようになります。

使える言葉のバリエーションを増やすためにも、一通りの類語も身に付けておきましょう。

叱る

「叱る」には、「相手の良くない行動を咎めて、強い態度で責める」「怒る」などの意味があります。

自分よりも目下の相手に対して使われる言葉ですので、大人が子どもに使ったり、会社の上司が部下に対して使ったりするのが一般的です。

よく子どものいたずらを大人が怒っている場面でも、「叱る」「叱りつける」と表現することがありますよね。

意味としては、「たしなめる」よりも少しきつめに相手を怒っていますので、軽く怒る程度では済まないような場面では、「叱る」の言葉を用いた方が適切でしょう。

子どものいたずらであれば、度を越したようないたずらをした場合に、また部下のミスであれば、何度もミスが続いたような場合には、「たしなめる」よりも「叱る」を選んだ方がいいでしょう。

咎める

「咎める」には、「悪いことなどをした相手を注意したり責めたりする」という意味があります。

また、「非難する」や「怪しく思って尋ねる」などの意味もあります。

「咎める」と聞くと、「どうしてあんなことをしたんだ!」と強い口調で悪いことをした人を追及するイメージがある人もいるでしょう。

そのイメージのように、「たしなめる」よりも、より強く相手を非難する際には「咎める」という表現を使うことがあります。

「たしなめる」よりも強く、また「怒鳴る」よりは弱い程度に悪さをした人物へと注意する際には、こちらの表現を用いるのが適切とされています。

注意する

注意とは、「意識を集中させて気をつけること」「特別に用心すること」また、「人に気をつけるように教えたり警告すること」などの意味があります。

前者の2つの意味は自分自身に対して行うものであり、後者の意味は他者に対して行うものです。

「たしなめる」と近い意味としては、「気をつけるように傍らから教える・警告する」となります。

よく「悪さをした人に注意する」などと使われることがありますが、これは悪いことをした人物に、それは良くないことだと教えるという意味で使われています。

また、これから何かをしようとする相手に対して、それが悪いことだと注意する場合には、警告の意味合いの方が強くなります。

「注意する」という表現は日常でも頻繁に使われています。

「たしなめる」よりも比較的表現が簡単で分かりやすいため、子どもから大人まで、誰かに対して悪いことを指摘する際には、この言葉で表現することが最も多いでしょう。

扱き下ろす

「扱き下ろす」とは、「ことさらに悪く言うこと」や「ひどく貶す」「しごいて落とすこと」です。

「たしなめる」の類語としては、「ことさらに悪く言うこと」「ひどく貶す」の2つの意味が当てはまります。

ただし、「扱き下ろす」の場合には、例え相手が悪いことをしたという事実があるとしても、それ以上に相手のことをひたすらに貶すというイメージが強いため、「たしなめる」よりも感情的で、私怨が込められていることも少なくはありません。

例えば綺麗に掃除された部屋で、友達が何気なく床にゴミのポイ捨てをしたら、「ポイ捨てはダメだよ」と軽くたしなめるのが一般的ですよね。

しかし、「扱き下ろす」場合には、床を汚されたことに腹を立てて、「何でわざわざ綺麗にした床にゴミを捨てるのか!人間性がおかしいんじゃないか!」など、少々言い過ぎなくらいに相手を糾弾してしまうことがあります。

そのため、「扱き下ろす」という表現はあまり好ましくないものとされており、普段使いされることは少ないでしょう。

批判する

「批判」は、「物事の可否に検討を加えて、評価や判定をすること」です。

また、「誤りや良くない点について指摘してあげつらうこと」という意味もあります。

例えば、誰かの悪口を言っている人がいるとしたら、「他人の悪口を言うこと」を一般的な良くないものと判断して、悪口を言っている人に、「あなたのしていることは良くないことだよ」と指摘することが批判です。

批判には世間一般的な常識や善悪の物差しなどがあり、それらを自分で判断することによって、他人を褒めたり注意したりします。

悪いことをしている人に対して、感情的に怒るわけではないため、この批判は比較的、「たしなめる」と意味がよく似ていると言えるでしょう。

非難する

「非難」とは、「相手の過失や不足を責めること」です。

相手の悪い部分を指摘するだけでなく、さらにそれを悪いものだと責めるため、誰かを非難したことによって、人間関係でトラブルが起きてしまうことも少なくはないでしょう。

また、「注意する」や「批判」よりもやや感情的になって相手を責めてしまう要素が強いため、それが原因となってさらにトラブルが大きくなってしまうこともあります。

誰かを非難する時には、非難する側は自分の欠点は棚に上げている状態ですので、もし欠点の多い人が他人を非難したら、非難された相手に「自分だってできていないことが多いくせに」と不満を持たれてしまうこともあるでしょう。

意味そのものは「たしなめる」と似ていますが、より感情的になってしまうのは否めないでしょう。

叱責する

「叱責」とは、「失策や怠慢などを叱り咎めること」です。

例えば仕事で部下がミスをしたら、十分に注意をした上で起きてしまった、致し方のないミスであれば、上司も怒ることはしないでしょう。

しかしそのミスが、もし部下のうっかりや怠慢から起きてしまったことであれば、上司は部下の怠慢を叱り、ミスを咎めなければなりません。

そのような場合には、「叱る」よりも「叱責する」という表現を用いることが多いです。

「叱責」は、通常悪気なくミスをしてしまった人や、善意のつもりで結果的に悪いことになってしまったような場合には、あまり使われることのない表現です。

あくまでも悪意があったり、怠慢が原因だったりして悪い結果になってしまった時には、その怠慢に喝を入れるためにも、叱責することがあります。

諌める

「諫める」は、「不正や欠点を改めるように忠告すること」です。

先にもご紹介しましたが、「諫める」は目上の人に対して使う言葉ですので、似たような意味でも「たしなめる」とは使い方が異なります。

もし誰かの良くない部分を指摘しようと思ったときに、それが自分よりも目上の相手の場合には、「諫める」という表現を用いるようにしましょう。

間違っても「たしなめる」や「叱責する」などの目上からの表現は用いないように注意しましょう。

諭す

「諭す」は、「物事の道理をよく分かるように、話して聞かせること」や「納得させ教え導くこと」です。

目下の相手に用いる言葉で、感情的に怒鳴ったり、悪いことをした相手を非難したりする場合には用いない表現です。

誰かが悪いことをしたなら、それがどうして悪いことなのか、どうしてやってはいけないのかを、相手が理解できるように分かりやすく教えることが「諭す」ことです。

誰かを諭すには根気がいる場合もありますが、感情的に怒鳴りつけるよりは効果が高く、相手が理解した後には反省を活かしやすいです。

促す

「促す」には、「ある行為をするように仕向けること」や「物事の進行を速やかにさせる」などの意味があります。

「たしなめる」と近い意味は前者で、誰かが悪いことをしたのなら、それを指摘して相手が反省するように考えを持っていかせる時などに「反省を促す」などと表現します。

「促す」行為は、ある意味最初から悪いことだと相手に伝えて叱りつける行為よりも難しいとされています。

何せ相手に自分が悪いことを自らで気付かせるのですから、単に叱りつけるよりも難易度は高いでしょう。

ただし「たしなめる」と同様に、感情的にならずに相手に悪い部分を気付かせることが出来るため、相手の理解度は高いと言えます。

「たしなめる」を正しく使用しよう!

「たしなめる」の意味を正しく理解できれば、時と場合に合わせた正しい使い方もできるでしょう。

どのような時に「たしなめる」の表現を用いるのか、また漢字はどちらの表記をするのかなど、知っておけばいざという時にも恥をかかずに済みます。

また、「たしなめる」の類語も知っておくことで、似たような意味で別の言い方をすることもできますので、その時に最も合った言葉の表現をすることが可能になります。

正しい使い方を理解して、積極的に文章や声に出して使用していきましょう!