夫婦と言っても所詮は赤の他人です。

何でもかんでも分かり合う事は難しいと思います。

結婚当初は、いつまでもラブラブでいられると思っていた結婚生活も実際一緒に暮らしてみる中で、相手に不満を感じたりする事もあるかもしれません。

その結果喧嘩になる事だってあるでしょう。

喧嘩をしないに越したことはありませんが、してしまってもそれが夫婦円満につながるのであればそれもまたいいのかもしれません。

ですが、ここで注意しなければならない事があります。

それは喧嘩をする場所です。

人間頭に血が上ると周りの事が見えなくなってしまうものです。

そのせいで大事な家族を悲しませてしまう事もあるかもしれません。

その最たるものが『子供』です。

きっと多くの人が子供の前で夫婦喧嘩をしてはいけないという事は分かってはいると思います。

ですが、頭に血が上っているととっさの判断をする事が出来ないものです。

はっと気が付いた時には子供の前で喧嘩をしてしまっている事もあるでしょう。

では、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

それを事前に考えておく事によって、いざ喧嘩をしてしまった際もどうしたら良いかを考えて行動する事が出来るようになるかもしれません。

夫婦喧嘩を子供の前でしてしまった時の8個の対処法

それではここからは夫婦喧嘩を子供の前でしてしまった際の対策についてご紹介させていただきます。

後から後悔しても、喧嘩をしてしまった事実を変える事は出来ません。

ですが、その際にどうしたら良いのかを頭の中で考えておく事によって、それを対策する事が出来るようになるでしょう。

きっと誰もが子供にはいつでも笑顔でいて欲しいと願っているはずです。

だからこそ、悲しい思いをさせたくないと思っています。

しかし、親もまた人間なので時には自分の感情をコントロールする事が出来ずに怒ったりしてしまう事もあるでしょう。

そんな時は、そこからきちんと子供のケアをする時間を確保する事が大事なのかもしれません。

いつもいいお母さん・いいお父さんであればあるほど、子供は喧嘩をしている姿に驚きショックを受けてしまうかもしれません。

そうならないようにする為にはその後のケアが大切です。

自分の事に気を取られていると、子供が出しているSOSに気が付く事が出来ない場合もあるでしょう。

だからこそ、冷静な気持ちを持つ事が重要です。

仲直りした姿を見せる


まず子供の前で喧嘩をしてしまった場合には、仲直りをした姿を見せてあげる事が一番です。

と言うのも、子供は大人が思っている以上に繊細です。

大好きなお父さんとお母さんが喧嘩をしている姿を見たら悲しい気持ちになっているかもしれません。

そればかりか、家族が壊れてしまうのではないかと思っている事もあるでしょう。

最近では離婚をする人も珍しくなくなっています。

だからこそ、子供たちの中でもそういった認識を持っている子供も少なくないのです。

そうした知識があるからこそ、自分の家が大丈夫なのかどうかが心配になるのです。

親としてはそこまで大きな話では無いのかもしれません。

たまたまその時に喧嘩をしているだけで、離婚など全く考えてもいないという人もいる事でしょう。

ですが子供はその判別を付ける事が出来ません。

だからこそ、自分の両親が本当に別れてしまうのではないかと心配になってしまうのです。

その不安を解消してあげる為にも、仲直りをした姿を見せてあげる事はとても重要なポイントとなります。

大人にとっては大した事が無い喧嘩も、子供にとってはかなりのショックを受けている場合もあります。

だからこそ、そのショックを早く解消してあげる為にも安心させてあげる事が一番です。

そのためには、仲の良い両親の姿を見せてあげる事が一番なのではないでしょうか。

子供に対して謝る

大人はきっと、悪い事をしたら謝りなさいと子供に指導していると思います。

それは子供だけでは無く、大人も同じ事なのです。

大人はついつい悪い事をしてもなんだかんだ理由を付けて謝らずにその場を過ごしてしまう事もあるでしょう。

ですが、本当に悪い事をしたのであれば謝る事も必要です。

例えば喧嘩した時もそうです。

夫婦喧嘩をしてしまう場合、あえて子供に見せようと思ってする人はいないはずです。

きっと結果的に子供の前で喧嘩をしてしまったのでしょう。

その場合、喧嘩をしてしまった事をきちんと子供に謝りましょう。

そうする事で、子供の心の中にある不安を解消する事が出来る場合もあります。

子供の前で喧嘩をする事はいい事ではありません。

それをしてしまったのですから、謝るのは当然です。

勿論、わざとでは無いので、わざわざ謝る必要もないと思う人もいるかもしれません。

ですが、そうしたけじめをきちんとつける事によって、子供の心を少し穏やかにしてあげる事が出来るかもしれません。

子供と大人では感性が違います。

だからこそ、自分の価値観では無く子供がどう思っているのかを考えて行動してあげる事が重要となります。

それをする事によって、自分自身がどうするべきなのかを学ぶ事が出来るようになる事でしょう。

笑顔を見せる

喧嘩をしている場合、人は無意識に怖い顔になるものです。

それはそれだけ感情が高ぶっているという事なのでしょう。

笑顔で喧嘩をする人などそういるものではありません。

だからこそ、意識があるかどうかは別として、喧嘩をしている場合にはどうしても怖い顔になってしまうものなのです。

いつも優しく話しかけてくれるお父さんやお母さんが怖い顔で話をしていたらどうでしょうか。

ましては大きい声を出しているなどという事があれば、きっと子供は動揺してしまうと思います。

いつものお父さん・お母さんとは違うと思い不安になってしまうかもしれません。

その不安な気持ちのせいで、気持ちが落ち着かなくなってしまう事もあるのです。

子供が何を考え、何を期待しているかを想像する事は意外と難しいものです。

大人が思っている以上に子供の心は繊細で複雑なのです。

だからこそ、自分がそれほど問題ししていない行動でも子供は敏感に多くの事を感じ取っている事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にもせめて子供の前では笑顔でいてあげてください。

優しく接する

喧嘩をしている両親を見て、嬉しい気持ちになる子供はいないでしょう。

きっと不安な気持ちになっているはずです。

まして、いつも喧嘩などしない穏やかな家庭の場合には、いつもとは違った姿を見る事によって、自分の知っているお父さん・お母さんではないと思ってしまうはずです。

それが大きくなればなるほど、不安な気持ちが大きくなってしまうのです。

だからこそ、その不安をとり除いてあげる事が重要です。

その為には、優しく接してあげてください。

優しく接する事によって、いつものお父さん・お母さんだったと安心する事が出来ます。

抱きしめてあげる


子供が不安を感じている場合、言葉で説明するだけでは気持ちが伝わらない事もあります。

また、子供が幼い場合には親が言葉で説明しても理解する事が出来ないという事もあるでしょう。

そんな時は難しい話などはせずに、ただただ抱きしめてあげるだけでもいいのかもしれません。

親の愛情は言葉だけで伝わるものではありません。

時に行動によって伝わっていくものなのです。

だからこそ、難しい話をしなくても行動するだけで気持ちが伝わる事もあるのです。

また、ぬくもりを感じる事によって、ただただ気持ちが落ち着くという事もあると思います。

子供の前で喧嘩をしてしまい、どうしたら良いのか悩む事もあるでしょう。

傷つけてしまったのではないかと反省する気持ちが出る事も分かります。

その焦りから、いろいろ弁解してしまう事もあるでしょう。

ですが、子供の年齢によってはそんな事をしなくても抱きしめてあげるだけですべてが解決する事もあるかもしれません。

幼い子供は自分の不安をうまく口に出して説明する事が出来ません。

そんな時も親が抱きしめてくれるだけで満足できる時があるはずなのです。

喧嘩をした理由を話す

大人になったらすべての事を許す事が出来る。

細かい事には怒らない。

子供のころはそんな風に思っていた人もいる事でしょう。

大人になれば、全てが解決する事が出来ると思っていたのです。

ですが、勿論そんな事はありません。

大人になっても嫌な事もあれば悲しい事もあるはずです。

むしろ、大人になるとそれを我慢しなければならない時がやってきます。

だからこそ、余計に心の中に不満が蓄積していくという事もあるのでしょう。

どんな大人でも、我慢に我慢を重ねていけばいつか爆発する時がやってきます。

そんな時にどうしたら良いのかを考える事が重要です。

ですが、誰もがそんなにうまく自分の感情をコントロールする事が出来るものでは無いのでしょう。

そのせいで、結果的に喧嘩という形になってしまう場合もあります。

夫婦喧嘩=良くないものという風潮がありますが、そうとは言えない場合もあります。

と言うのも、喧嘩をする事によって分かり合う事が出来る場合もあるからです。

普段から不満を抱えていて生活するよりも、自分の気持ちを相手に理解して貰った方が良い場合もあります。

問題なのは、それを子供の前でしてしまったときです。

子供にとっては大好きなお父さんとお母さんです。

その二人がいきなり喧嘩をしていたらどうでしょうか。

きっと悲しい気持ちになるはずです。

仲良くして欲しいという気持ちと同時に、どうして喧嘩をしているのか不安な気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為にはどうして喧嘩をしてしまったのかを説明してみる事も重要です。

喧嘩の内容によっては、正直に子供に話をする事が出来ない場合もあるでしょう。

話す事で、余計に不安にさせてしまう場合もあるかもしれません。

もしそうなのであれば、無理に話をする必要は無いのでしょう。

ですが、もし大人にとってさほど重要では無い程度の喧嘩なのであれば、難しい事を考えずに相手に自分の気持ちを説明する事も重要です。

子供は大人が思っている以上に繊細です。

想像力が豊かすぎるからこそ、大人では想像できないような事を想像して悲しい気持ちになってしまっているかもしれません。

そのせいで、無駄に大きな不安を抱える事になってしまう事だってあるのです。

そんな風にならないようにする為にも、大人が先に事実を教える事も重要でしょう。

子供のせいではないことを話す

夫婦喧嘩の際に、子供の名前が出てくる事もあるでしょう。

もしかしたら、子供の教育についての喧嘩だってあるかもしれません。

それを子供が聞いてしまった場合、その喧嘩の原因はきっと自分自身なのだと思ってしまう可能性もあります。

大好きなお父さんとお母さんが自分のせいで喧嘩をしているとしった場合、子供はどう思うでしょうか。

きっと悲しい気持ちになるはずです。

そればかりでは無く、自分を責めるようになってしまうかもしれません。

もし、そんな場面に子供を立ち会わせてしまった場合には、子供のせいではないという事をきちんと説明してあげましょう。

子供のせいではないという事をきちんと伝える事で、子供の不安な気持ちを取り除いてあげる事が出来ます。

それこそが大事なポイントなのです。

子供と一緒に寝る

寝ている最中などに、両親の喧嘩している声が聞こえて来たらどうでしょうか。

きっと不安な気持ちになってしまう事でしょう。

そのせいで寝られなくなってしまう事もあるかもしれません。

大人にとってはそれほど大きな喧嘩では無かったとしても、子供にとってはとてつもなく大きな喧嘩のように聞こえてしまう場合もあるのです。

そのせいで小さな心が傷つき悲しんでいる事もあるでしょう。

そんな時、大事な事は安心させてあげる事です。

その為には、子供と一緒に寝てあげる事も効果的です。

寝る際に、不安な気持ちでいるとなかなかゆっくりと寝る事も出来ません。

そのせいで不安が大きくなってしまう事もあるのです。

そうならないようにする為にも安心させてあげる事が重要です。

安心させる方法はいくらでもありますが、その中でも特に効果的なのは一緒に寝る事ではないでしょうか。

喧嘩をしている両親は自分の知らない人のように感じているかもしれません。

もしかしたら、誰か違う人になっているのではないか。

そんな風に思っている事だってあるでしょう。

勿論、そんな事はありえませんが、子供にとってはそれくらい不安な事なのです。

そんな時、一緒に寝る事によって、温かさを感じる事が出来るでしょう。

その温かさによって愛情を感じ、落ち着き安心する事が出来るのです。

どんな状況でも、親の愛情を感じる事が出来れば子供は安心して生活する事が出来るものです。

だからこそ、大人としてもそれを一番に感じる事が出来るように行動してあげる事が重要です。

寝ている際に喧嘩をし、子供に聞こえてしまったのではないかと心配になってしまう場合には、是非その後一緒に寝てあげてください。

そんな些細な行動が、子供にとっては大きな安心材料になってくれるかもしれません。

夫婦喧嘩と子供問題で気をつけたいこと

世の中には、夫婦喧嘩などした事が無いと言う人も居るでしょう。

それはとても素晴らしい事です。

それだけ夫婦仲が良いと言う事なのですから。

そんな風に生活する事が出来れば、どれだけいい事でしょう。

誰もがそんな夫婦になりたいと思っているはずです。

ですが、現実を考えればそんな夫婦は少ないのかもしれません。

みんなどうしても、感情に任せて喧嘩をしてしまう事もあるでしょう。

もし子供の前で喧嘩をしてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

その際の気を付けるべき点についてご紹介していきます。

喧嘩をしていると、どうしても周りが見えなくなってしまうものです。

そのせいで普段ならしない行動をしてしまう事もあるかもしれません。

そんな行動のせいで、子供が傷ついている事もあるのです。

そこに気が付く事が出来るような大人になる事が何よりも大切なポイントなのではないでしょか。

大きな声を出さない

大人の大きな声は、子供にとってはとても怖いものです。

それは大人が思っている以上に大きなインパクトとなって記憶に残ってしまう事でしょう。

それが自分の両親だった場合、子供はどう思うでしょうか。

きっと不安が大きくなってしまう事でしょう。

感情が高ぶっているからこそ、ついつい大きな声が出てしまう事もあるでしょう。

だからこそ、大きな声をだしてしまう気持ちも分からないではありません。

ですが、せめて子供の前では大きな声を出す事が無いように注意して行動する事が大切です。

そうする事によって、まだ言葉の意味が分からない子供には怒っているようには見えないという場合もあるかもしれないからです。

子供をだますような行動にも思えますが、それでも不安な気持ちにさせない為にはそんな気遣いも重要なのかもしれません。

感情的にならない

人は感情的になると、思っても居ない事を口に出してしまう場合もあります。

本当はそれほどひどい事を想像しているわけでは無いのに、つい言ってしまったり行動に出したりしてしまう事もあるのです。

一度行動に移してしまうと、後から取り返す事が難しくなってしまう場合もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも感情的になる事を出来るだけ避けるようにするべきなのです。

大人と言えども、我慢できない気持ちになる事もあるでしょう。

いつも菩薩のように穏やかで居る事は難しいかもしれません。

ですが、それでも子供の前だけでも穏やかな気持ちでいる事が重要なのです。

暴力を振るう

暴力は、いかなるときにも絶対にしてはいけない行為です。

喧嘩ですから、時に口が悪くなってしまう事もあるでしょう。

ついつい大きな声が出てしまう事だってあるかもしれません。

ですが、そんな時も、絶対に暴力だけはいけない行為です。

親が暴力を振るっている行為は、子供にとって脅威でしかありません。

ましてやその行為が脳裏に残ってしまう事によって、自分自身も暴力をふるうようになってしまう事もあるのです。

子供ですから、まだ何が正しくて間違っているのかを正確に判断する事が出来ないのです。

そんな中で、自分の両親が暴力を振るっている姿を見ると、それが正しいのではないかと思ってしまうのです。

子供を正しく導く事は親の務めでもあります。

そんな親が子供に悪影響を与えるような行動をしてはいけません。

物を投げる

物を投げる行為は、子供ならついついやってしまう行為でしょう。

自分の思い通りに行かないからこそ、ものにぶつかってしまう。

そんな事もあるかもしれません。

ですが、それはあくまでも自分の気持ちをうまく言葉にする事が出来ない子供がする行為です。

間違っても大人がする行為では無いのでしょう。

物に当たる人は、自分の気持ちをうまく言葉にする事が出来ないのかもしれません。

相手の口がうますぎるせいで、なかなか自分の気持ちを口に出す事が出来ないという場合もあるでしょう。

ですが、そうだとしてもものに当たってはいけません。

その姿を、いつか子供がマネするようになってしまう事もあるからです。

大人は子供の見本となる存在です。

神様のように正しく生きる事が出来なかったとしても正しい姿を意識して行動する事はとても大切なポイントです。

それを意識して行動する事が出来れば、自分を変える事が出来るきっかけになるかもしれません。

子供にあたる

喧嘩をしている際は、ついつい感情的になってしまうものです。

自分自身がいらいらしているからこそ、普段は許す事が出来るような事も許す事が出来ずに怒ってしまう事もあるでしょう。

その結果子供に当たってしまうケースもあるかもしれません。

子供としては、いきなり親に怒られたら悲しい気持ちになるでしょう。

いつもは怒らない事で怒られてしまってはわけが分かりません。

だからこそ、大人はそんな事はしてはいけないのです。

どんな人でも、つい感情的になってしまう気持ちは分からないではありません。

けれど、子供には罪はないのです。

夫婦喧嘩ですから、家族の問題とはいえ子供にまで影響を与えてはいけない問題なのではないでしょうか。

出来る限り大人の間で平和に解決する事が出来るように、自分が出来る事をきちんと考えて行動する事が大切です。

喧嘩を長引かせる

感情的に喧嘩をする事はいい事だとは言えません。

そのせいで、子供がおびえてしまう事があるからです。

出来るだけおちついて話をする事が大切です。

ですが、だからと言ってお互いに不満を言わない事もいい事だとは言えません。

文句があるにも関わらず何も相手に言わないでいる事によって、気持ちが解消される事が無く、結果的に喧嘩が長引いてしまう事があるのです。

喧嘩が長引いてしまうと、その空気を子供は敏感にキャッチします。

お父さんとお母さんの様子が何かおかしいことは、子供はすぐに気が付くでしょう。

そんな状態の中で過ごす事は実に居心地が悪いものです。

大人が悪気無くしている事も、子供にとっては脅威となる場合があるのです。

バレテいないと思っている喧嘩も、子供にはばっちり見抜かれてしまっているかもしれません。

だからこそ、そうならないようにする為にも、喧嘩は早めに解決して欲し物ですね。

夫婦喧嘩をした時は子供の様子も見てあげて

夫婦喧嘩をすると、ついつい頭に血が上ってしまうものです。

冷静に夫婦喧嘩をしている時には既に末期の状態であり、そこまできていれば子供も見慣れているという事もあるでしょう。

問題なのは、その喧嘩を見慣れていない状態の時です。

その状況を見る事によって不安を感じたり悲しい気持ちになってしまっているときなのです。

そんな時にきちんとケアしてあげる事が出来るかどうかによって、子供の心を守る事が出来るかどうかを考える事が出来るでしょう。

夫婦喧嘩は子供の前にしないに越したことはありません。

きっとそれは誰もが知っている事でしょう。

多くの人が喧嘩をしようと思ってしているわけでは無いのでしょう。

きっとついつい我慢できずに結果的に喧嘩を子供の前でする事になってしまっているのです。

だからこそ、自分の感情でいっぱいいっぱいで周りの状況を見る事が出来なくなってしまっている事でしょう。

もし、子供の前で喧嘩をしてしまった際にはきちんと子供の様子を見てあげてください。

そのうえで子供が何か不安な気持ちを抱えていないかを考えてあげる事が重要です。

子供ですから、大人のように物事を考える事は出来ません。

大人であれば冷静に判断する事が出来るような事も子供だからこそ、大げさにとらえて不安になってしまっている事も多々あるのです。

どんなことを考え、どんな不安をかかえているのか。

それはもうその子にしか分からない問題です。

だからこそ、そのこの立場にたってゆっくり一緒に気持ちを聞いてみてあげてください。

親もまた冷静になる事が出来ない状況だったとしても、結果的に子供と話をする事によって自分自身の気持ちを整理する事につながるかもしれません。

喧嘩をしてしまった際は、なかなか冷静な判断をする事が出来ない事があるのも事実です。

ですがそうだとしても、それに子供を巻き込んではいけません。

大事な子供に迷惑をかけないよう、夫婦喧嘩はほどほどにしなければなりませんね。