ぶさかわという言葉を聞いてどういう印象を持ちますか?

けなされているのか、褒められているのか戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

この記事では、ぶさかわという言葉について解説していきたいと思います。

「ぶさかわ」って褒め言葉?

ぶさかわとは『ブサイクだけど、可愛い』という意味の言葉を略した言葉です。

さて、この言葉は褒め言葉なのでしょうか。

人から言われることの受け止め方は人それぞれです。

ぶさかわと言われて嬉しく感じる人もいれば、勿論嫌だったと思う人も居るでしょう。

自分が褒め言葉のつもりで使っている言葉だとしても、相手の人が嫌だと感じてしまっているのであればそれは悪口になってしまうのかもしれません。

どんな気持ちで伝えた言葉であれ、相手の受け止め方次第では大きな問題に発展してしまう可能性もあります。

実際、普通に生活していて相手に対して『ブサイクだね』などと言うことはないと思います。

そんな事を言ってしまえばそれこそ大きな問題となり、人間関係のトラブルになったとしても不思議ではありません。

では、『ぶさかわ』なら許されるのでしょうか。

それは難しい問題です。

相手がどうとるかによっては、同じ意味合いとなってしまうからです。

そのため、この言葉を友人など人間に対して使用することはリスクのあることかもしれません。

ぶさいくだけどかわいい=ぶさかわ


ぶさかわという言葉は、ブサイクだけど可愛いという意味が込められています。

ブサイクだけど可愛い。

褒めているのかけなしているのか微妙な言葉です。

だからこそ、この言葉を聞いた人は、どんな反応をしたらいいのかわからずに悩む事もあるでしょう。

悪口として言われているのであれば怒ることも出来ますが、そうではなく一つの褒め言葉として使用しているのであれば、わざわざ目くじらを立てる事は無いのかもしれません。

本来、このぶさかわという言葉はおそらく人間に対してではなく、動物や物に対して使用されていた言葉なのでしょう。

だからこそ、それを言われた事による心の問題などについてはあまり深く考えられては来なかったのかもしれません。

しかしながら、言葉は日々変化していくものです。

それが結果的に使う場所すら変わる事もあるのです。

ぶさかわのイメージって?

そもそも、人はぶさかわという言葉にどんなイメージを持っているでしょうか。

自分としては褒めているつもりで使った言葉でも、周りの人からは意地悪をしているように捉えられてしまう可能性もあります。

だからこそ、自分が思っているイメージと世間のイメージを正しく捉える事もまた、人間関係を円滑に進める為には重要な事なのかもしれません。

一般的にみると、ぶさかわという言葉のイメージとしてはあくまでも『ブサイクだけどそれなりに可愛い』という言葉は含まれているように思います。

つまりは素直に可愛いという感想では無く、実際には可愛くはないけれど、愛嬌がある。

他の人に好かれる姿をしているなどという意味が込められているのです。

だからこそ、その言葉を言われて素直に嬉しいと感じる人は少ないのではないでしょうか。

ブサイクと言われて嬉しい気持ちになる人はいないと思います。

例えそこに可愛いという要素がプラスされてたとしても、あくまでもブサイクの中でという事が入っているのであれば手放しに喜ぶ事は出来ないのでしょう。

だからこそ、ぶさかわという言葉は人間に対しては使用しない方が良いのかもしれません。

あくまでも人間以外のものに使用するからこそ、多くの人はそれを受け入れ温かい気持ちで見守る事が出来るのです。

もしその言葉が自分に使われてる言葉だという事に気が付いてしまえば、きっと嫌な気持ちになる事でしょう。

いずれにしても相手がどんな気持ちでその言葉を使っているのかを良く考える事が、争いを起こさない大きなポイントになるのかもしれません。

猫などの動物にも使われる


人間は、あくまでもこの世界の一種の生き物にしかすぎません。

たまたま知能が高く様々なものを生み出す事が出来たからこそ、今の生活を維持しているだけであって動物より偉いとか偉くないとかそんな存在では無いのです。

あくまでもそこに優劣は無くお互いがお互いの存在を認め合うべきなのでしょう。

けれど人間は欲深く傲慢な生き物です。

だからこそ、つい自分たちが偉いような気持ちになってしまうのかもしれません。

そのせいで生き物の容姿を平気で馬鹿にするような言い方をしてしまう時もあるでしょう。

ぶさかわもまさにその一つです。

通常、人間同士の場合には『あなたはぶさかわだね』などという言い方をする事はまずありません。

そんな言い方をしてしまえば、問題になる事は明らかです。

場合によっては名誉棄損などで訴えられてしまう事だってあるかもしれません。

ですが、人間には言う事が出来ないような言葉も動物に対しては当たり前のように言う事が出来るからこそ不思議です。

自分の飼っている動物や、TVなどに出てくる生き物に対して『ぶさかわ』と言っても、多くの人が特に問題意識を持たずに受け入れる事が出来るでしょう。

相手が人間では無くなっただけで周りの人の感じ方が大きく変わっていくのです。

それは人間として生き物よりも立場が上だと、多くの人が無意識に思っているからなのかもしれません。

猫などの生き物に対する『ぶさかわ』という発言も、そこには愛があるのでしょう。

かわいらしいしぐさ・愛らしい顔が絶世の美女では無いけれど可愛い。

そんな気持ちがあるからこそ、結果的にぶさかわという言葉を使用してその思いを表現しているのです。

けれどそれは裏を返せば人間のエゴなのかもしれません。

他の生き物からしてみれば、勝手に容姿を評価して良いも悪いもと基準を付けてくる人に対しては何ともうっとおしい気持ちでいる事もあるかもしれません。

その基準はあくまでも人間が作り出したものであり、動物には一切関係ないのですから。

どんな時でも容姿にこだわり、ついついそれを口に出して表現してしまう所に人間としての浅はかさがあるのかもしれませんね。

特徴や芸能人を見れば分かるかも

『ぶさかわ』という言葉が使用されるようになったのも極々最近の出来事です。

その為、その言葉をなんとなく聞いたことがあっても意味まできちんと理解する事が出来ていないという人も多々いるかもしれません。

ましてや、容姿の基準は人によって違うはずです。

だからこそ、自分がとても可愛いと思っている物に対しても、他の人が見れば『ぶさかわ』と判断されてしまう事もあるかもしれません。

ぶさかわという言葉には確かに『可愛い』という気持ちが込められています。

そのには卑下するような意味合いは無く、ただただ純粋に可愛いと思っているのでしょう。

ですが、そこにあえてブサイクという意味を持たせる事がこの言葉のミソなのでしょう。

ただただ単純に可愛いのであれば、多くの人が自然と受け入れる事が出来るでしょう。

わざわざ意味を悩む事も無いのでしょう。

問題なのはそこにブサイクという要素が入ってしまう事です。

容姿の基準は人によって違う事から、自分が可愛いと思っているものがどうしてブサかわなのかと考えてしまうと、どんどん悩みの渦に取り込まれてしまう事でしょう。

容姿の好みは人それぞれです。

相手が、多くの人から見てもただただ可愛い存在なのか、それともぶさかわなのか。

多くの例題を知る事によて、その事実に向き合う事が出来るのでしょう。

基準はあくまでも基準です。

それが100パーセント正しいという事にはなりません。

ここからは、ぶさかわと言われる人の特徴について紹介していきます。

ぶさかわと言われる人の8個の特徴

それではここからはぶさかわと言われる人の特徴についてご紹介させていただきます。

特徴を知ることで、自分の基準と比較することができます。

あくまでも平均的な意見になりますので、これが絶対というわけではありません。

癒される

ぶさかわと言われるものの基準はいくつかあります。

その中でも特に大事になってくるものがあります。

それはそこに癒しがあるかどうかなのです。

ぶさかわというくらいですから、見た目だけ見れば、きっと人の目を引くような良さは無いかもしれません。

むしろ、ブサイクというマイナスポイントで目立ってしまっているという事もあるでしょう。

その場合、好意的に捉えるというよりは、嫌なものとして捉えられてしまったとしてもおかしくはないはずです。

にも拘わらず『ぶさかわ』と呼ばれているにはそれなりの理由があるはずです。

その一つが癒しなのです。

例え、実際の見た目はあまり美しくなかったとしてもその顔やしぐさに愛嬌がある動物やキャラクターなど多くの存在は沢山いるものです。

それらがそこに居るだけでなんだか心が満たされていく、そして穏やかな気持ちになる事が出来る。

それこそが『ぶさかわ』と言われるには大事なポイントなのではないでしょうか。

ただただ見た目がさえない存在であれば、そこから興味を持つ人などそうはいないでしょう。

そこに言葉ではうまく言い表す事が出来ない良さがあるからこそ『ぶさかわ』と呼ばれる存在になる事が出来るのかもしれません。

何を見てどう癒されるのかは人によって違います。

けれど、そのブサイクさがかえって人の心を癒すという事はあるのでしょう。

現代の日本はストレス社会と言われています。

どんな立場の人であったとしても、何らかのストレスを抱えているものなのです。

だからこそ、癒しを求めている人も沢山います。

人間同士のつながりはいい事ばかりではありません。

しかしながら、話をしない生き物・物そのものを見る事によってどこか自分の心が救われていく事を感じているのかもしれません。

それが結果的に『ぶさかわ』という言葉に繋がっていくのでしょう。

雰囲気がある

ぶさかわという事は、どこかに愛嬌があるという事なのでしょう。

それを言葉で表現する事は難しい場合もあります。

それを出来るだけ分かりやすく表現すると、結果的に『雰囲気がある』という言い方になるのかもしれません。

雰囲気があるというと、なんとなく素敵な雰囲気だという事は分かると思います。

ですが、それが具体的にどういう事なのかという事はなかなか表現する事が難しい事なのかもしれません。だからこそ、結果的に漠然とした言い方になってしまうのかもしれません。

そもそも、ぶさかわという言葉に定義はないのかもしれません。

だからこそ、自分が良いと思うかどうかが大事な基準となっていくのでしょう。

その中で、他人との価値観をあわせて雰囲気があるかどうか。

それが可愛いかどうかに繋がるかどうかなどを考える事が重要なのかもしれません。

自分としては可愛いと思っていたとしても、他人から見ればそうでもないという事は多々あるものです。

けれど、それもまた一つの基準であり気にする事は無いのでしょう。

大事なのは自分がどう思っているのか。

さらに言えば、それが世間としてはどう思われているのか。

それを考えながら行動に移す事が重要と言えるでしょう。

ぶさかわってどんな顔と聞かれると、なかなか答えにくいものです。

雰囲気のある顔と言っても伝わらない事もあるかもしれません。

ですが、正しい定義がないのですからそれもまた仕方がない事なのかもしれません。

小動物っぽい

ぶさかわというと、ぶさいくな中にもどこかに愛嬌があるという事を示しているのでしょう。

そのかわいさには容姿ではない可愛さが含まれているのでしょう。

それは例えるのなら小動物っぽい可愛さがあるのかもしれません。

彼らはサイズが小さいだけで可愛いと周りの人が思ってしまう魅力があるのです。

実際の顔どうこうでは無く、その存在そのものが可愛いのです。

だからこそ、私たちはその生き物に対して興味も持ち、好意を抱くのでしょう。

ぶさかわの物にはそういった魅力が含まれているのでしょう。

人間にも小動物っぽい人は居ます。

その人もまたしぐさや行動自体がかわいらしく、多くの人が魅力を感じているのかもしれません。

それは作って出来るものでは無く、自然と出てくるものなのでしょう。

だからこそ、結果的に多くの人がそれに対して好意を持ち大事にしたいと思うのです。

ぶさかわと呼ばれる存在も、また同じように愛情があり、小動物っぽい魅力があるのでしょう。

どんな存在でもまたかわいらしい存在になる事は出来ます。

その魅力の一つとして小動物っぽいという魅力があるのでしょう。

愛嬌がある

愛嬌があるという事も、ぶさかわの魅力の一つでしょう。

多くの場合見た目が良いからこそ、他の人に愛されている、他の人から好意を抱かれるという事はあるでしょう。

ですが、全ての生き物が見た目が良いとは限りません。

中にはそうでは無いものもあるでしょう。

それでは見た目が良くない生き物はかわいくないのでしょうか。

答えはNOです。

見た目が全てでは無いのです。

例え見た目が良くなかったとしても、そこに愛嬌がある場合にはそれだけでかわいらしく見えたりするものなのです。

愛嬌がある存在になる事が出来るかどうかは、その仕草や行動にかかっているのでしょう。

ですが、それを持っている物は多くの物に愛される事が出来るようになるのかもしれません。

見た目が全てでは無いからこそ、ぶさかわには他の物には無い魅力があると言えるでしょう。

実際にはそれほど可愛いものでは無いものも、愛嬌があるおかげで多くの人の人気者になる事が出来る場合は多々あるものです。

むしろ、愛嬌がある方が見た目の可愛さよりももっと長く深く愛される存在になる事が出来るのかもしれません。

それこそがブサカワとしての強い魅力なのかもしれません。

親しみやすい

絶世の美女というのは近寄りがたいものです。

イケメンであればあるほど、隣に並びたくないと思う人もいるかもしれません。

このように、見た目が良すぎる場合はついつい近寄りがたい存在になってしまう場合もあるのです。

ですが、ぶさわかの場合は違います。

どこか親しみやすく、ほっとする存在になる事が出来ます。

見た目の美しさは人の目を引き付けるものです。

だからこそ、多くの人がそこに関心を持つ事は珍しい事では無いのでしょう。

ですが、そこに親しみやすさがあるかどうかは別の問題です。

親しみやすさを重視するのであれば、もしかしたらぶさかわの方が格段に上という事もあるでしょう。

親しみやすい存在は多くの人から好意を抱かれる事に繋がります。

本当であれば、見た目の美しいものの方が人を引き付ける力は強いのかもしれません。

ですが、最終的に多くの人から長い時間好かれるという事を考えるのであれば、ぶさかわの人の方が多いのかもしれません。

そんな人になる事が出来るかどうかが大事なポイントとなる事でしょう。

是非その親しみやすさを大事にして欲しいと思います。

個性的

だれが見ても美しい顔と言うものは、意外と個性が無いという事にもなります。

個性が無い顔の場合、飽きるのも早いのかもしれません。

美人は三日で飽きるという言葉があるほど、それはある意味では昔から常識として考えられていた事なのかもしれません。

個性的な顔の場合にはそうした心配はありません。

むしろ見ている時間が長ければ長いほど、なんとなく愛嬌を感じてその人の事が好きになるなんて事があるかもしれません。

人に対して個性的な顔ですねと言うのは何とも失礼な事でしょう。

ですがそうでは無く、生き物やキャラクターに言う場合にはさほど大きな問題にはならないと思います。

むしろ、そこに愛があるように感じる事が出来るかもしれません。

大事な事はそこに愛情を感じる事が出来るかどうかという事なのでしょう。

個性的と言うと、どんな意味で伝えているのかよく分からない場合もあるでしょう。

ですが、そこに愛情が込められているという事を感じる事が出来るのであれば、それもまた褒め言葉の一つとして受け入れる事が出来る場合もあるかもしれません。

笑顔が素敵

笑顔は人の表情の中で最も魅力的な表情であると言われています。

だからこそ、どんな人も笑顔は素敵なもののはずです。

その笑顔があるからこそ、その人の魅力をもっとアップする事が出来るという場合もあるでしょう。

どんなに美人な人でも、いつも仏頂面をしていては多くの人から好かれる存在になる事は出来ません。

大事な事は、周りの人に対して優しさを持って行動する事が出来るかどうかです。

そのポイントとなるのは、笑顔が素敵かどうかというポイントに関わってくるのかもしれません。

例え作りがそれほど美しいものでは無かったとしても、いつも愛想がありニコニコしている人は可愛く見えるものです。

その姿そのものが多くの人にとって素敵な存在としてイメージされるのです。

そうしたイメージが広がっていく事によって、結果的に魅力的な存在として多くの人に認識される存在になる事が出来るのでしょう。

どんな人でも、自分に対していつもニコニコしてくれる人に対して嫌な気持ちにはならないはずです。

だからこそ、その気持ちが継続する事によって結果的にぶさかわという認識になっているのかもしれません。

モテやすい

ぶさかわと言うと、どうしても可愛くないけど愛嬌がある・他の人から可愛がられているといった印象になるでしょう。

だからこそ、どこかでその人の事はモテないと思っている人が多々います。

ですが実際には違う場合もあります。

と言うのも、ぶさかわの人の場合モテる事も多々あるのです。

美人すぎたりイケメンすぎたりする場合、意外とまわりの人は近づく事が出来ないものです。

自分なんかは相手にしてもらえないと思う人もいるでしょう。

釣り合わないと思い、諦めてしまう人だっているかもしれません。

けれど、ぶさかわの人はそうでは無いのです。

ぶさいくという気持ちがどこかにあるからこそ、自分でもいけるのではないかと思ってしまうのです。

多くの人が自分でも何とかなるのではないかと思って行動する事によって結果的に美人の人よりもモテるなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、ぶさかわの人の場合にはモテやすい存在になる事が出来る場合も多々あるのです。

ぶさかわと言われると、つい馬鹿にされているような気持ちになり嫌な思いをする事もあるでしょう。

人によってはそうした意味を持って話をしてくる人もいるかもしれません。

ですが、全ての人がそう思って行動しているわけではないのでしょう。

愛嬌があるからこそ、好意を持っているという事だってあるのです。

自分の魅力は自分では意外と分からないものです。

だからこそ、その魅力を他の人が褒めてくれた場合には、それを素直に受け入れる事も大事な事なのではないでしょうか。

そうする事によって、自分自身をより成長させる事が出来るでしょう。

ぶさかわな女子ってなぜか惹かれる!

あなたが周りの人から『ぶさかわだね』と言われたら一体どんな気持ちになるでしょうか。

おそらく嫌な気持ちになる場合もあるでしょう。

ですが、全ての人が馬鹿にしているような意味合いでその言葉を使っているとは限りません。

むしろ、褒め言葉として使用している場合もあるのです。

ぶさかわと呼ばれる人は、多くの人から愛されています。

実際の顔のつくりはそれほど美しくなかったとしても、愛嬌があり多くの人が一緒にいたいと思う魅力を持っています。

だからこそ、それがモテる理由につながっているのです。

多くの人はモテる人と言えば、美しい顔の人をイメージするかもしれません。

そうした人がモテる事が嘘だとは言いません。

ですが、そうでは無く愛嬌があるからこそ、多くの人から興味を持たれるという事もあるのです。

自分がどんなタイプなのかを知る事も、モテる為には重要なポイントとなる場合もあるでしょう。

例え美人と呼ばれる存在では無かったとしても、モテる要素は他にも沢山あるものです。

だからこそ、自分の魅力を冷静に捉え、それを活用する事もまた生きていくうえでは大事なポイントとなるかもしれません。

愛嬌がある存在はある意味では、多くの人から愛され、美人の人よりも人間関係に恵まれるという事も多々あるものです。

だからこそ、そうした存在になる事が出来る事を誇りに思う事も重要です。