恋に恋する人はなかなか本当の恋にたどり着くことができにくい傾向があります。

本当の恋を知りたいですよね。

本当の恋を知りたいと願いつつ、理想と現実のギャップを受け入れることができるのかどうか不安は尽きないと思います。

今回は恋に恋する人の9個の特徴と本当の恋を知るための方法について紹介します。

恋に恋していては、ゴールはずっと先!?

恋に恋していては、ゴールは遠いかもしれません。

恋に恋していると、恋への憧れが強くなり理想も高くなりがちです。

実際の恋愛は少女漫画のように甘い話ばかりではなく、時々苦く、苦しい気持ちになったり、ずるい男に騙されて泣いたりするようなほろ苦い思いもするものです。

恋というものを受け入れ、実際の恋を楽しめる女性になりましょう。

恋に恋することから早く卒業しよう

恋に恋することから早く卒業しましょう。

恋に恋したままだと、いつまでも現実から目を背けて恋ができなくなります。

目の前に理想に近い男性がいたとしても、自分から話しかけることは難しいです。

現実にあるほろ苦い恋を受け入れてしまうと、恋に恋する甘美な時間には戻れないのではないかという不安があります。

そして、実際の恋を受け入れることができるかどうかの自信もないと思います。

恋に恋することから卒業するのはそんなに難しいことではありません。

女としての自分の評価を知り、どうすれば理想の男性と出会えるのかを試行錯誤しましょう。

そして、本物の恋を知るためにたくさんの失敗をするのもいいと思います。

リスクを恐れていては前に進むのは難しいです。

恋に恋する自分を卒業するための努力をしましょう。

どんどん臆病に、そして理想が高くなっていく

恋に恋したままだと、どんどん臆病になり、そして理想が高くなりがちです。

恋に恋しているのは、実際に恋をして失敗をするのが怖いからです。

失敗から得るものはたくさんあるはずなのに、それを恐れているとますます前に進むのが難しくなります。

恋に恋する期間が長くなればなるほど、自分の中での恋の理想は高くなる傾向があります。

自分が恋することができないのは、理想となるような恋が見つからないからだと環境や人のせいにしてしまうこともあります。

恋に恋した状態を卒業するためには、失敗を恐れずに恋に向かって一直線であることが一番ではないかと思います。

恋に恋する人の9個の特徴


恋に恋する人の9個の特徴を紹介します。

恋に恋する人は、まさか自分が恋に恋する女性だとは気付いてない場合も多いです。

少し理想が高いだけで、しようと思えば恋くらいできると思っています。

現実から目を背けている一面もあります。

どうして私にはいつまで経っても彼氏ができないのだろう?と悩んでいる人は、恋に恋している人の特徴に自分が当てはまっていないかを見直してください。

たとえ恋に恋する人の特徴に当てはまっていたとしても、これからいくらでも成長することができるので落ち込む必要はありません。

心が純粋

恋に恋する人は心が純粋な人が多いです。

心が純粋だと、人を疑ったり、自分がズルいことをして人を陥れたりといったことをしません。

人間の醜い面をあまり見ることのないまま今に至るので、心が純粋で時に騙されやすい傾向があります。

恋そのものの現実を受け入れることで自分自身を今より成長させ、心が純粋な自分自身を受け入れてあげてください。

恋に恋することができるのは純粋な証拠です。

純粋でいられることはとても大切なので、これからの人生を切り開くための参考にしてください。

自分の気持ちに素直

恋に恋する人は自分の気持ちに素直です。

恋に恋する人は人を疑ったり、騙したりすることがほとんどありません。

もちろん周囲の人にも恵まれていることが多く、誰かに騙されたり、裏切られたりといった経験をあまりしていません。

自分の気持ちに素直でいられる分、好きな人への気持ちはためらわずに伝えた方が後から後悔しなくていいと思います。

恋に恋する自分を受け入れ、色々なことを楽しめるようにしていってください。

相手の言葉を鵜呑みにする

恋に恋する人は相手の言葉を鵜呑みにします。

恋に恋する人は幼いころから現在まで、穏やかな温室のような家庭環境で何不自由なく育てられたお嬢様タイプの人が多いです。

人に裏切られたり、喧嘩をしたりといった経験がないため、人を疑わない傾向があります。

そのため、恋に恋する人は今でも微妙な自分の立場に悩んでいる面はあると思います。

恋愛経験が少なすぎる

恋に恋する人は恋愛経験が少ない傾向があります。

恋に恋するままだと、現実の恋を受け入れるのが難しくなっていきます。

日々の生活の中から出会いを探し、恋に恋する自分を早く卒業出来るように意識していきましょう。

理想が高い

恋に恋する人は理想が高くなりがちです。

理想とする彼氏の理想像、初デートの夢見がちなプラン、記念日やクリスマスデートのドラマのようなプラン、歯の浮くようなセリフなど冷静に考えるとハードルが高過ぎるものを理想として掲げていることがあります。

理想が高過ぎると、いい雰囲気の男性が現れても「これは私にとっての恋ではない!」と否定してしまい、流れていくことが多いです。

一度自分の恋の理想を見直してみましょう。

想像力が豊か

恋に恋する人は想像力が豊かです。

時間さえあれば、恋に恋する人は自分が理想とする彼と楽しいデートをしているシーンを想像します。

それは服のコーデやデートコース、食べ物のメニューまで細かく設定されている時もあって想像しているだけで楽しくなります。

想像力が豊かなことはすごく素敵ですが、自分の思い描く恋するシーンばかり想像していて、実際に恋ができていないのは少し寂しい気がします。

街を歩く恋人たちを眺めながら、自分も同じように恋人と歩くシーンを想像します。

でも、理想の高さゆえに恋人がなかなかできないので、現実にはいつも一人であることが多いです。

これはすごくもったいないです。

想像力の豊かさを上手に活用して、それを行動に移してください。

好きな人に勇気を出してデートに誘い出してみましょう。

妄想癖がある


恋に恋する人は妄想癖がある傾向があります。

恋に恋する人は想像力が豊かなので、自分の楽しいデートシーンなどを妄想する妄想癖も持っています。

時々一人で違うところへトリップしていて、若干不思議ちゃんの印象を持たれていることもあります。

妄想癖と現実との区別がついていればいいのですが、区別がつかなくなることのないように気を付けましょう。

理想とする男性とのデートシーンを妄想していて、実はその男性も自分に気があるのではないかと都合のいいように妄想するのは控えてください。

行動次第では、ストーカー気質の人に誤解されてしまうかもしれません。

妄想は自分一人のときに楽しむのが一番です。

そして現実との区別をハッキリつけるようにしましょう。

恋愛漫画や恋愛小説が好き

恋に恋する人は恋愛漫画や恋愛小説が好きです。

恋愛漫画や恋愛小説は、恋に恋する人が理想とするような恋愛がたくさん描かれていて、読んでいるだけでも幸せな気持ちに浸ることができます。

今は漫画本を買わなくても無料で1~2巻だけ読めたり、気になる小説をレンタルできるので身近になっています。

恋愛漫画や恋愛小説を読んで幸せな気持ちに浸るのはストレス発散にもなるのでおすすめです。

ただ、それと現実の恋と同じように考えない方がいいと思います。

恋愛漫画や恋愛小説に出てくるような素敵な聖人君子のような男性はほとんどおらず、現実の男性は大なり小なり下心を持っていたりします。

恋愛漫画や恋愛小説に出てくる話はあくまでの夢のような恋物語としてとらえ、現実の恋はもっとほろ苦くて男性も色々な人がいることを把握しておきましょう。

自分をその主人公になぞらえてしまう

恋愛漫画や恋愛小説を読んでいると、恋に恋する人は自分をその主人公になぞらえてしまう傾向があります。

楽しい恋愛漫画や恋愛小説を読んでいると、その世界にどっぷりとはまってしまいます。

この主人公になりきって、ますます夢見がちなことを考えてしまいがちです。

恋愛漫画や恋愛小説の主人公になりきることはできないので、自分に自信を持ち、その場で主人公になるために輝く方法を考えるようにしましょう。

一途に好きになってしまう

恋に恋する人は一途に好きになってしまう傾向があります。

恋に恋する人は現実で恋した経験が少ない分、夢見がちなところがあります。

片思い中の男性にも夢見がちになり、一途に好きになってしまいます。

男性のことを疑ったり、他の男性と比べたりといったことがないので、すごく純粋で、守ってあげたくなるような女性です。

実際にいる男性は色々な人がいて、誠実でない人もいます。

人を好きになると周りが見えなくなる傾向があるため、周りの人が恋に恋する人に色々言っても聞かないことがあると思います。

自分でほろ苦い経験をしてこそ、冷静な目で男性を見極めることができるようになります。

だから相手に騙されたり利用されやすい

恋に恋する人は純粋で、相手に騙されたり利用されやすい傾向があります。

人を疑うことがないので、好きな人のことは何もなく信じています。

相手男性が二股していたり、どう考えてもおかしい金額のプレゼントを欲求されていたりしても違和感なく愛情を注ぎ続けてしまいます。

多少の失敗を自分で経験しないと、恋に恋する人は卒業できないのかもしれません。

しかし、その傷は最小限に抑えたほうがいいので、出来る限り周りの人の意見を聞く耳を持ちましょう。

友達がやめたほうがいいと言う男性は、何かがあるかもしれないと疑ってみるようにするといいと思います。

傷付きやすくて繊細

恋に恋する人は傷付きやすくて繊細です。

恋に恋していた分、実際の恋愛で傷付く経験をしたことがほとんどありません。

そのため、男性に浮気されたり、デートをドタキャンされたり、LINEを既読無視されたりすると落ち込みます。

傷付きやすくて繊細な一面は、自分でたくさんの失敗を経験をして力強くなることで克服していくのが一番手っ取り早いと思います。

現実の恋は甘いばかりではないことを受け入れ、今まで避けていた恋と向き合うことから始めてみてください。

彼氏が出来るところまでが目標になっている

恋に恋する人は彼氏が出来るところまでが目標になっています。

恋愛小説や恋愛漫画は主人公が片思いしていた彼と両思いになり、お付き合いがスタートするところが最終話となることが多いです。

そのため、現実の恋も彼氏が出来るところをゴールにしている人が多いです。

彼氏とのお付き合いがスタートしたらデートの頻度をどうするか、彼氏とほどよい距離感をキープできるかといったことはあんまり考えられていないです。

彼氏ができて恋が成就しても、彼氏の方からフラれてしまうことがあります。

時に自分からうまくいかないことにイライラし、終わらせてしまうこともあります。

彼氏とのお付き合いがスタートした後のことまで考えるようにしましょう。

その先のことまでしっかり考えていない

恋に恋する人はその先のことまでしっかり考えられていないことが多いです。

彼氏との恋する時間とは別で、それぞれの歩む時間も流れていくことを把握するようにしましょう。

お互い学生なら、将来進路を考える時期が来ます。

受験時期もほどよい距離感でお付き合いできるよう、彼氏と相談できた方がいいと思います。

お互い社会人なら、将来結婚を考える時期も来ます。

適齢期の人は特に相手が結婚を前提としているのか確認した方がいいでしょう。

恋に恋する人は彼氏ができたことがゴールで、その後のことを具体的に考えられていません。

そのため、相手から「気持ちが重たい。今は自分のことに時間を充てたい」といった理由でフラれることがあります。

彼氏との先までしっかり考えられる、しっかり者の彼女を目指してください。

交際が長く続かない原因となる

恋に恋する人がその先のことまでしっかり考えていないのは、交際が長く続かない原因となります。

彼氏ができることがゴールなので、それに満足してしまいがちです。

そして、彼氏の気持ちを考えたり、彼氏に優しくしたりといったことができなくなります。

一緒にいる彼氏は彼女からの態度に不満を持ち、お付き合いしてすぐの盛り上がった雰囲気が落ち着いた頃に別れを決意することが多いです。

彼氏ができたら、彼氏の考えや行動を受け入れるようにしてください。

そして、二人の一緒にいる時間を幸せなものにするにはどうすればいいかを考えましょう。

熱しやすく冷めやすい

恋に恋する人は熱しやすく冷めやすい傾向があります。

恋に恋する人は片思いの人が好きなのではなく、片思いの人に一生懸命恋して、両思いになるまでのルートが好きなのです。

両思いになると一気に冷めてしまい、長くお付き合いができなくなります。

恋は彼氏ができることがゴールではないので、お付き合いがスタートしたあとも二人の時間を楽しめるようにしてください。

今まで一生懸命だった彼女の態度が急にクールになってしまうと、彼氏も面食らって彼女の扱いが適当になることがあります。

お互い大事にできるように、まずは自分が彼氏のことを好きで大切に思えるようにしてください。

そのためにも、自分が好きだと思える人とお付き合いしてください。

顔や経済力などを重視してしまう

恋に恋する人は男性の顔や経済力を重視するあまり、実際にお付き合いがスタートするとうまくいかないこともあります。

男性の顔や経済力ばかりを見ていて、他の面を見ていないあまりに幻滅してしまうことがあります。

相手男性の思い描く理想像ばかりが高くなって、現実を目の当たりにしたときにショックを受けてしまいます。

彼は顔や経済力があるから、普段のデートもハイランクのレストランとおしゃれなバーといったドラマのようなコースを決めてくれていると思い描きます。

実際にはお互いの自宅デートやファーストフード、チェーン店にも平気で行ける彼かもしれないので、その現実を受け入れにくいです。

男性の顔や経済力だけでなく、行動や話し方、女性の扱いを見るようにしてください。

本当の恋をするにはどうすればいい?

本当の恋をするにはどうすればいいのでしょうか?

現実にいる男性は恋愛漫画や恋愛小説に出てくるような素敵な男性ばかりではありません。

いたとしてもすごくモテるので、彼女になるのはとてもハードルが高いです。

現実にいる男性を受け入れ、実際の恋は苦しい気持ちになったり、悲しい気持ちになったりすることを知らないと本当の恋は難しいかもしれません。

自分に自信を持ち、誰でもいいからお付き合いしたいという考えも捨て去ったほうがいいです。

自分が好きな人とお付き合いするというスタンスでいてください。

理想通りの人にこだわるのをやめよう

理想通りの人にこだわるのをやめて、現実にいる男性に目を向けてください。

目の前に現れる男性は理想通りではないからと、いい雰囲気になっても受け入れられないことがあります。

理想通りの男性が現れることはないと受け入れ、自分の中で妥協点を見出していったほうがいいです。

ノートに理想の男性像を書き出し、その中から外せない条件を1~2個に絞ってください。

結婚を視野に入れるのであれば、金銭感覚のしっかりしている男性といった現実的な条件のほうがいいです。

理想通りの人にこだわることをやめることで、一気に現実の恋を楽しむことができるようになるかもしれません。

視野を広く持ち、色々な男性を冷静な目で見るようにしましょう。

そんな人はなかなかいません

理想通りの素敵な男性はなかなかいません。

理想通りの素敵な男性がいたとしても、モテて競争率が高いことが多いです。

そして、理想通りの素敵な男性には実は裏の顔があるかもしれません。

思い描くような人はそうそういないことを受け入れ、たくさんの出会いに積極的になってください。

目の前に現れる男性は理想でないと最初からぶった切らず、相手のことを知ることからスタートしましょう。

自分が思い描くような男性はそうそういないことを知り、出会いのシーンを見逃さないようにしてください。

外見よりも相手の中身をしっかり見よう

外見よりも相手の中身をしっかり見るようにしてください。

お付き合いがスタートすると、外見よりも相手の中身が大切になってきます。

二人のデートコース、連絡の頻度、もっと先には二人の未来など色々な話をするときに中身がとても大切になります。

誠実な男性でないと、デートコースはいつも彼女に丸投げで適当な扱いをされるかもしれません。

将来のことは考えてなくて、自分の欲求を満たすことしか考えていないかもしれません。

出会いのシーンでは色々な男性と会話を重ねて、デートする機会をたくさん作ってください。

そして失敗も経験して、誠実な男性を見る目を育ててください。

人を見る目を養うためには内面重視が鉄則

人の見る目を養うためには内面重視が鉄則です。

普段から内面を見ることで、男性を見る目が肥えます。

こういうタイプの人は誠実で、こういうタイプの人は遊び人ということが少しずつ見えてきます。

もちろん決め付けるのはよくないので、内面重視をしながら色々な男性と会話を重ねて自分に合う人とお付き合いをしてください。

内面の良さと二人の相性はまったく別なので、一緒にいて居心地がいいかどうかもすごく大切です。

友達の恋人と比べるのをやめよう

友達の恋人と比べるのはやめましょう。

友達の恋人と比べると、友達の恋人ばかりが良く見えてしまうことがあります。

友達の恋人とは二人きりで色々な時間を過ごしていない分、一部しか見えていないです。

友達の恋人が本音を見せることも滅多にないので、あなたの前では良く見えているのだと思います。

友達は友達、自分は自分ときちんと分けて考えるようにしてください。

自分の恋がうまくいかないからと人と比べるのではなく、自分に自信を持って男性を見極めることで楽しい恋が始まります。

見栄やプライドを捨てよう

見栄やプライドは捨てて現実を受け入れてください。

見栄やプライドがあると、自分にとって本当に大切なものが見えなくなります。

目の前に彼氏となるはずの人がいるのに、見栄やプライドが邪魔をして素直になれなくなります。

好きな人には素直に好きだと伝えれられる気持ちをいつも大切にしてください。

私の理想としている男性はこんな人ではないといつまでも自分の中で解決していると、素敵な男性は他の女性に持って行かれてしまいます。

周りの女性は皆ライバルです。

いかに素敵な男性を彼氏にするか考えながら生活しています。

ライバルに負けないように現実を受け入れて現実で頑張りましょう。

妄想している時間は無駄!

妄想している時間は無駄です。

現実の恋を思いきり楽しむようにしてください。

目の前にいる素敵な男性と両思いになり、デートする方法を考えましょう。

妄想している間にライバルの女性が好きな男性を持って行ってしまうかもしれません。

時は有限

時は有限です。

待っていても王子様が現れることはないので、恋に恋することを卒業して目の前にいる男性との恋を楽しむようにしてください。

この男性は不誠実かなと思ったら、すぐに乗り換える潔さも大切です。

ダメンズにズルズルと引っ張られる時間がもったいないです。

まとめ

恋に恋することは素敵ですが、それが長くなると現実の恋ができなくなります。

恋に恋する妄想の時間はあくまでも自分のストレス発散としてきちんと分別をつけ、現実の恋を楽しめる女性になってください。

素敵な恋を堪能できてこそ、もっと素敵な女性になれると思います。