毎日の生活の中で、「なんとなく時間が過ぎて、やりたいことができなかった」とか、「やらなければならないことがあったのに、気づいたらもう夜遅くなって、やる気がなくなった」という経験、皆さんありませんか?そんな日々を繰り返していると、自分がこのままでいいのか不安になってきますよね?様々な立場の違いはあっても、だらだらとした生活を続けていると、自分に嫌気がさしてきます。

しかし、時間を有効に利用して「やりたいこと」と「自分がすべきこと」を両立している人もいます。

そこで、そんな充実した時間を過ごせる人に近づくにはどうしたらよいか? 自分の生活を振り返ってみましょう!!

每日ダラダラした日々を送っていませんか?

生活のスタイルは人それぞれ違っても、毎日のルーティンワークは大体同じペースで進んでいる方々が多いと思います。

朝起きてから、会社や学校に出発し、一日を終えて帰宅する、その基本のスケジュールの中にイベントへの参加や趣味を楽しんだりする時間、あるいは子供さんがいれば学校行事に参加したりなどの時間を作らなければならない時がありますよね。

「これをやりたい」とか「これをやらなければならない」といった様に、自分の中で「必ずやるんだ!」という強い意思がないと、なかなか実行できないものだと思います。

面倒だと思った時から、やる気スイッチがオフになってしまうのはよくあることです。

その結果、だらだらした生活を送ってしまいがちになるでしょう。

自分では「なんとかしなければ!でも分かっているのに行動できない」とか「やる気はあるけれど、時間がなくて結局できずじまいだ」と思う方々、少しのきっかけで、だらだら生活から抜け出して、有意義な時間を過ごしてみませんか。

每日ダラダラした生活から抜け出す方法


さて、だらだらしないで頑張っていこう! と気合をいれたのはいいけれど、どうしたら、だらだらから抜け出すことができるのか? 自分に合った方法で、かつ誰にでもできる簡単な方法でなければまたすぐに、同じ状態に戻ってしまいます。

そうならないためにも、仮に少しだらけ始めた場合にも、すぐに軌道修正できる方法を一緒に考えていきましょう。

  

瞑想をする

忙しい毎日で、自分を見失いがちになることがありますが、そんなときは短時間でもいいので、瞑想をしてみましょう。

一人になれる時間にほんの5分程度、心を「無」にして目を閉じてみてください。

最初は様々な雑念が湧いてくるかもしれません。

それでも心を静かにして、例えば湖に広がる静かな波紋をイメージしてみると穏やかな気持ちで瞑想できると思います。

筆者も忙しくて、自分の気持ちがコントロールできない時は、よくこの方法を行います。

さらに、自分の行動のイメージを瞑想しながら思い描くと、行動しやすくなるでしょう。

自分の心を穏やかにすることが、冷静な判断をする近道になると思います。

物事を先延ばしにする理由を特定してみて


物事を先延ばしにするのは、苦手なことだったり、面倒なことだったりするのがは大体の理由でしょう。

また、疲れていたり、まだ時間があるから後でやろう! などということもあります。

すぐにやってしまえば、自分が後から楽になることを常に念頭に置いている人は、すぐに物事に取り掛かれますが、こういった理由で先延ばしにする人は、いつも同じように先延ばしにし続ける癖がついてしまいます。

どこかで、それを断ち切ってしまわないと、永遠にこのジレンマから逃れられません! 「面倒だな」などと少しでも思ってしまったら、自分の心に負けないうちに、すぐに物事に取り掛かる癖をつけましょう。

何事においてもそうですが、良いことも悪いことも、自分の行動パターンの癖が左右します。

ほんの少しずつで良いので、頑張ってみましょう。

ストレスを解消しよう

毎日の仕事、家事、人間関係、将来の不安など、言い出すとキリがないくらい、人はストレスを感じることが多いですよね。

ストレスのない人はいないくらい、日常がストレスと隣り合わせの今の時代は解消方法が難しい人もいるでしょう。

まず、忙しいから時間がないと思っている人は、間違いなくストレスを溜め込んでしまいがちです。

真面目な人ほどそうなる確率が高いでしょう。

それでは、息も詰まってしまいますね。

「いそがしい」という字は「心を亡くす」と書くよ、と教えてくれた人がいましたが、まさにその通りだと思います。

ストレスを溜め過ぎず、自分の心のゆとりを失わない方法を見つけて、何事にも意欲的に行動できれば、だらだらした日々を送ることがなくなっていくと思います。

ストレスの解消方法は、人それぞれですが、いつも通り生活を送っているだけでは、なかなか緩和されないでしょう。

思い切って、非現実的な世界に浸ることができれば、とても良いことですが、それが難しい場合は自然と触れ合うことがお勧めです。

わざわざ遠くまで出かけることはありません。

自宅のベランダできるプチガーデニングや、散歩などが手軽にできる方法ですよ。

もちろん、その際はは、スマートフォンなどは持たずに行ってくださいね。

せっかくの気分転換ですから、誰かに邪魔されずに行わなければ意味がありません。

わずかな時間でも、リフレッシュしてみてください。

きっと心の中のもやもやが晴れてきますよ。

自分を責めない

「今日もだらだら過ごしてしまった」または「やろうと思っていたことができなかった」などの場合は、できなかった自分を責める行為であり、生産性がありません。

すでに時が過ぎてしまって、後悔
や反省をしているのですから、それ以上自分を責めても、何も良いものが生まれてこないでしょう。

そういった反省の気持ちがある場合は、スキマ時間を有効に使う方法や、簡単にやるべきことを終わらせる方法を考えてみましょう。

できなかった自分のままでいるよりも、「どうしたら、だらけずに効率的に終わらせるか」というプラスの発想に置き換えた方が、自分の心が楽になり、意欲的な気持ちを生み出すことができると思います。

勉強をする


学生の時だけではなく、人は何歳になっても学ぶことが大切ですよね! 趣味などの自分の好きなことについて、とことこん調べてみるのもいいですし、資格を取得する目標を持つのも良いでしょう。

最初は、取り組むことに抵抗感があるかもしれませんが、少しづつ勉強することで徐々に楽しくなってくることでしょう。

最初からスムーズにできることの方が少ないので、自分のペースで無理なくすすめると良いと思いますよ。

毎日の中で、この時間だけは勉強する! と決めて向かうことで、自分のスキルアップに繋がり、ただなんとなく過ごしていた時間が、貴重な時間だと感じるようになるでしょう。

勉強が楽しくなってくれば、その時間をもっと増やしたいとさえ思うようになるかもしれません。

その時は、時間をうまく作ることを考えるようになりますから、ほかのことも効率的に進める努力が自然とできるでしょう。

相乗効果が期待できそうですね!

外に出る


仕事も家事も、何事もそうですが、行き詰ったときは時間をどんなにかけても、なかなか思うようには進まないことが多いですね。

そんな時は、時間の都合をつけて、外へ出かけてみましょう。

同じ場所で色々と思案しているよりも、外へ出ることで気持ちが解放されてリラックスできるでしょう。

その結果、頭の中が整理され、短時間で効率的に物事が進められたり、新たな発想が浮かんだりすることもありそうです。

外に出て、景色を見るのもいいし、お茶を飲むのも、行き交う人々を見ているうちに知人に会って話をしたり・・・、そんな他愛もないことでも、自分を切り替えるチャンスになりますよ! 筆者もよく行き詰るのですが、そんなときはこういった簡単な方法でいつものりこえています。

特に期待をしていなくても、たまに運よくプレゼントをいただいたり、ご馳走になったりできたこともあったので、自分から外側に向かっていくことは形は違ってもある種の「チャンス」をつかまえに行くことなのではないか? とも思います。

みなさんも、ぜひ出かけてみましょう。

身の回りの整理整頓をする

だらだらした時間を過ごしてしまうのは、身の回りが散らかっていることが理由の場合もあります。

毎日、自分の身の回りの整理をすることは当たり前のようでいて、少し難しいですね。

家の中も職場も、ある程度の物の置き場が決まっていますが、使ったものを元の場所に戻すことは当然のことです。

しかし、作業をしているうちに何かのタイミングで片付けができなかったり、疲れていて面倒になってしまったりということが重なると、だんだんと乱雑になってきます。

散らかっているのを見ると、ますますやる気がなくなってきますよね。

こうならないためにも、使ったものはすぐに片づける癖をつけたいものです。

また、毎日片付けをしている場合でも、知らず知らずのうちに整理しきれないものがたまってしまうことがあります。

面倒がっていると、ますます片付けが億劫になってしまいます。

1週間に一度は細かい部分まで整理整頓して、スッキリした気持ちで1週間をスタートできるようになりましょう。

身の回りが整っていると、不思議とだらだらとした気持ちがなくなってくることでしょう。

スッキリした空間は居心地が良いものです。

その居心地の良さを保ちたいと思えれば、自然と整理整頓する時間が増え、だらだらした時間が減ることでしょう。

副業を始めてみる

ここ数年間で本業を始める人が増えてきましたね。

本業のほかに副収入を得ることで、これからの不安定な世の中を生き抜いていきたいと考えている人が多いようです。

じつは筆者もその、一人です(笑)収入を得ることが最大の目的ですが、自分のスキルアップに繋がることにもなりますから、やる気次第では本業以上に実力を発揮できるかもしれません。

さらに、本業を続けることが厳しい情勢になった場合、副業が生活を支えてくれることは間違いないでしょう。

「勉強をする」の項目でも述べましたが、目的意識をもって学ぶことは自分自身のレベルアップになりますし、副業についても
真面目に取り組めば基本の賃金よりも金額アップしてくれるところもありますので、ますます働く意欲が増すと思います。

だらけていた時間をうまく使うことで、お金を得る手段になり、自分のためにもなるのは、魅力的な方法だと思いますよ。

ネットサーフィンは避ける

隙間時間にスマートホンなどでネット検索することは、よくありますよね。

自分の探したい事柄を調べているうちに、広告や関連した言葉などが気になってついつい、余計なものまで検索していませんか?それを繰り返していると、結構な時間の消費をしてしまいます。

5分で済むものが10分や20分があっという間に過ぎてしまいます。

その、よけいな検索こそが、だらだらした時間を過ごすきっかけになってしまうのです! なるべくなら、自分の調べ物が終わったらすぐに、ネットの使用を止めることが望ましいですね。

ネットの使用は便利ですが、ついつい長引いてしまうのが難点です。

気を付けましょうね。

インターネット接続をオフにする

先ほどの項目でも述べましたが、ネットの使用はつい長々としてしまうものです。

スマートフォンであれば、いつも持ち歩いているのですぐに画面を開くことができますから、ついつい操作してしまいますよね。

パソコンからの接続であれば、パソコンを立ち上げない限り検索できませんから、すぐに操作ができませんね。

なんでもネットで調べられる時代ゆえに、すぐに検索してしまいますが、用事がない限りはネット接続をしない癖をつけましょう。

ちょっとした空き時間を、ネット接続だけに費やすのはもったいないです。

誰とも話さず、ただただ、ネットの中にどっぷり浸かってしまうと、感情を表現することも少なくなり、無感動な時間を過ごしてしまうでしょう。

その結果、メリハリのない時間を過ごすことになり、だらだら感が生まれてしまいます。

携帯を見る時間を少なくする

こうして、ネット検索を長く続けてしまうと、健康上もよくないですね。

携帯電話を操作するとき、大体の人が背中を丸めた姿勢になります。

前かがみになって、携帯の画面を見つめているわけですが、姿勢が悪くなるほかに、首にもかなりの負担がかかるそうです。

この「前のめり姿勢」によって、
60°の前傾姿勢で27kgもの負荷が首にかかり、慢性的な首の痛みを訴える人も出てきたそうです。

また、顔に近づけて使用していると、視力の低下も心配されます。

ここまで身体的に負担がかかる上に、時間をだらだら使ってしまうものなら、やはり携帯電話は必要な時のみ使用することが望ましいでしょう。

お菓子などの間食を減らす

筆者も大好きな(笑)お菓子ですが、だらだらと食べてしまいがちですよね。

食事もそうですが、必要な分量を決めて食べないと、だらだらと食べ続けてしまうことがあります。

疲れて帰ってきたときに食べるお菓子の味は格別です!! ですが、食べ過ぎてしまうのも事実です。

たまに好きな分だけ食べるのであれば、問題ありませんが、間食の癖がついてしまうと、食べなければ気が済まないので、太りやすくなります。

本当に食べたい分けでなくても、その癖がつくと止められなくなってしまいますよ!!お菓子などを常時ストックしている方は注意しましょう。

安易に食べてしまいがちです。

テレビなどの余暇をなくす

音のしない空間に慣れていないと、常にテレビをつけてしまうことがありますが、見たいテレビがないのに、つけてしまうのはやめましょう。

テレビ番組をチェックして、見たい番組があれば、録画するようにして、それ以外は見なくても特に困らないと決めましょう。

さらに、録画した番組も時間がなくて見られない事もあります。

時間が経つと、見たかった気持ちが薄れてしまい、「もう見なくてもいいや」と思うようになったら、録画データを削除してしまいましょう。

テレビはつけていれば、つい見てしまいますが、見なくても困らないことが多いものです。

どうしても見たければ、必ずチェックすることでしょうし、思い切ってスイッチを入れないという方法を選ぶのも、だらだらしないことに繋がるでしょう。

仕事以外の趣味の時間を増やす


普段は仕事や勉強に真剣に取り組みんでいても、そこから離れたら、自分の好きなことに時間を使うのは大変有意義ですね。

スポーツでも、読書でも、料理でも、どんなことでも自分のやりたいことに時間を充てようとすることは、だらだらした時間を生み出させないものですから!ぜひ、どんどんチャレンジしていった方が良いでしょう。

友達や恋人に会って積極的にコミュニケーションを取る

自分一人で家で過ごしていると、気を使うことがないため、ついだらけてしまいますよね。

勉強や仕事を終えて、ゆっくりするのは良いですが、そのままだらだらした時間をすごすのはもったいないです。

できれば、友達や交際している人がいれば、その相手と会って話したり、食事を楽しんだりすると、お互いに刺激になりますね。

今、自分が興味のあることを話すことはストレスの発散にもなりますし、、相手から良い情報を教えてもらえれば嬉しいでしょう。

每日ダラダラしていると危険!

毎日、だらけた生活をしてしまうと、気持ちにメリハリが生まれにくくなります。

その結果、行動もだらだらしたものになってしまいがちです。

どんな、危険が考えられるかを考え、対策していきましょうね。

理由①肥満、運動不足になる

だらだらした気持ちでいると、まず行動することが億劫になってきます。

動くことが面倒になると、エネルギーの消費が少なくなりますから、肥満になったり、運動不足によって体力も衰えてしまうでしょう。

フットワークが軽ければ、心も軽くなりますから、体が重くならないことが大切です。

肥満や運動不足は病気を招く原因にもなりますから、気を付けましょう。

なるべく歩く習慣をつけて、片付けなどのすぐにできる動作から始めてみましょう。

走ったり、大げさな動きをすることはしなくてもOKですから、できる範囲で動く習慣を身につけてみましょう。

理由②何をやってもうまくいかない

気持ちがだらけているところに、良いことは生まれません。

当然、何をやってもうまくいくことはないのです。

自分が心に思った通りのことが、現実として現われてくるものですから! だらしない気持ちでいれば、それと同じ波長のことしか起きないと思ってください。

自分が「こうしたい」とか「こうなりたい」と思えば、少しずつでもそこに近づいていきます。

全ては自分の気持ち次第です。

意思を強くもって、「必ずこうなるんだ」と前向きな気持ちでいれば、物事がうまく運ぶようになっていきますよ。

理由③どんどん疲れがたまる

だらけていると、体力もなくなりますが、だらしない自分が嫌になってきます。

その結果、「自分はダメな奴だ」と思うことも・・・。

体力の低下と精神的なダメージは、全身の疲労を招きます。

特に精神面で、マイナスの気持ちが続くと、脳の疲労度が高まるので、脳から出される指令も鈍くなります。

脳が疲れてしまうと、体全体に影響が出てしまいますから、要注意ですね。

理由④病気にかかってしまうこともある

先ほどの、脳の疲労感がひどくなると「うつ病」のような症状が出てしまうこともあります。

だらだらした生活が、引きこもりを招いたりすることもあります。

肥満、運動不足になるの項目でも話しましたが、高血圧や糖尿病などの成人病になる可能性もでてきます。

こういった、病気にかからないためにも、だらけた生活を送らないように気付けた方がよいですね。

毎日ダラダラしてしまう原因はこれ
だらだらすることは、よくない!と分かっているのに、直せない・・・どうしたらだらだらせずに済むかが分からない・・・。

その原因を捉えて、どうしたらよいのかを考えてみましょう!

日々の疲れ

毎日のルーティンワークで疲れてしまうと、とにかく休みたい! となりますよね。

スマホを片手にお菓子を食べて、ゴロゴロすれば、かなり解放された気持ちになりませんか?かなりの確率でそのままの流れで、だらけモードに突入してしまいます。

この流れを変えない限りは、同じペースでだらけた時間を過ごしてしまうでしょう。

疲れを緩和する手段があれば、このようにだらけた流れにしがみつかなくてもよくなります。

人それぞれ、疲れをいやす方法は違うことでしょう。

それよりも、疲れない工夫をする方が、一番簡単ではないでしょうか。

サプリメントや食事で疲れない体づくりをすることや、運動で体力アップをはかることなどは有効だと思いますよ。

やることがない

やることがない・・・自由がいっぱいで羨ましい! と筆者は思うのですが、それはだrだらしたいからではなく、時間が沢山あっていいなぁ、という意味でです。

しかし、何も、やりたいことや、やらなければならないことがないというのは、珍しいことです。

やることがあっても、その気持ちになっていなければ「暇だな」と感じ、なんとなくテレビをみてしまったり、ゲームをしてしまったりして、時間を無駄に過ごしてしまうことでしょう。

一人で過ごしていると、特にそうなりやすいことでしょう。

やはり、習い事や趣味のサークルへ行く、充実した時間を過ごしている友達などに会うなどして、
時間の使い方を変えたほうがよいでしょう。

ネット依存症

ネットの世界にハマりすぎると、なかなかやめることができなくなるという話をよく聞きます。

現実の世界で楽しみを見いだせない、目標が持てないといった状態の人は、依存症になりやすい様子です。

ネットの世界は相手の顔が見えないし、直接会話をすることもありません。

間接的な手段で人とつながっているといえるでしょう。

全項目でも話しましたが、とくにやることがない場合、なんとなくから始まって、気が付いたらいつもネットの世界に行かなければならない衝動にかられることもあるようです。

趣味など、気の合う仲間を探すのは楽しいですが、相手の顔が見えない世界ですから、常識的な人ばかりとは限りません。

自分の気持ちを満たしてくれる場所であっても、危険なことや怖い思いをすることもあります。

だらだらと時間を過ごしたばかりに、トラブルに巻き込まれないようにすることが大切ですね。

ネットはうまく利用して、初めて便利で楽しいものになります。

ただの、暇つぶしの材料になっては、現実を見失ってしまうでしょうから、気を付けましょう。

悪い習慣

人は良い習慣より、悪い習慣をがやめられないものです。

それは、基本的「自分が楽をしたい」から。

良い習慣は、少し頑張らなければなりませんが、悪い習慣は怠ければいいだけなので、自然やめられなくなるものだと思います。

たとえ良い習慣だと分かっていて、頑張ればできることが分かっていても、良い習慣にを行うことに負担を感じているうちは続かないでしょう。

また、自分が良い習慣を続けるためには自分の心と向き合って、甘えた気持ちをなくすことをしなければなりません。

楽しく続けよう! などと甘い気持ちで望んでも、自分がいかに本気で挑まなければならないかを覚悟しなければ実現は難しいものがあります。

そこで、大きく悪い習慣を変えることは難しくても、小さな変化を続けていけば、悪い習慣から良い習慣へと変えていくことができるでしょう。

例えば、間食がやめられないのは、様々なストレスを発散するためだったり、あるいはいつも食べ続けてしまうと癖がついてやめられなかったりという理由だったとします。

ストレスの発散のためだとしたら、他に発散できそうなことを見つける、食べる癖がついているのなら、口の中に飴やスルメなどの時間をかけて食べるものに変えるなど、発想の転換を試みることができるはずです。

いつも行っている行動を別な視点から見ることによって、いくらでも方法はあるといえます。

自分を客観的に見ることができれば、自ずと変えていけるのではないでしょうか。

テレビが大好き

テレビ番組は様々なジャンルがあり、手軽に楽しめます。

BGM代わりに、いつも点いていなければ気が済まない人もいるでしょう。

本当に見合い番組が沢山ある人なら、録画して後からみることもありませんか?だとしたら、だらだらとテレビを見ている時間が2時間だった場合、実際に見る時間を1時間にして、もっと見たいと思う場合は録画するとしましょう。

今までの半分の時間が他のことに向けられますよね?録画した分は、どうしても見たければ後から必ず観ますが、そうでもない場合は忘れてしまうでしょう。

それを繰り返しているうちに、テレビを観たい気持ちが薄れてくるかもしれません。

大好きなテレビでも録画してしてしまうと、案外観ないことも多いものです。

筆者も観たい番組をテレビの番組表の中から、どんどん録画予約していきましたが、ほとんどが見ないでデータ消去行きになっていました。

自分の今現在の気持ちが、ずっと継続しているかというと、ほとんどはそうではないパターンが多いことに気が付きました。

好きなものを我慢するのはストレスが溜まりますが、気持ちが変化すれば自然とそこに執着することはなくなるものだと思います。

仕事ばっかりしている

世の中、仕事が本当に好きで、働くことに喜びを感じている人も大勢いると思いますが、それでも仕事ばかりの人生は充実した毎日を送ることができているかというと、ちょっと疑問です。

確かにだらだらと時間を過ごすよりは仕事をしていると、恰好がつきます。

しかし、それではメリハリのある時間を過ごすことはできないでしょう。

同じ行動をしていると、気持ちに変化が付きにくく、発想の転換がしづらくなります。

仕事人間はとかく、どこか頭が固い、なんて言う話を聞いたこともありますし、それだと、だらだら仕事をしてしまいかねませんよね。

自分の時間を大切にすることで、より良い仕事をすることができるのは海外ワーカーを見ているとよく分かります。

彼らは、余暇を充実させていながら、優秀な働きぶりを見せてくれます。

日本人は、働きすぎとよく言われますが、日本の国民性が真面目なゆえに、仕事につい精をだしてしまうことでしょう。

ほどほどに、お仕事頑張りましょうね!

だらだらした每日とはおさらば!充実した日常を(まとめ)

毎日頑張っているんだから、ゆっくりしたっていいじゃない!! もちろん筆者もそう思います。

だらだら過ごしてみたいな! いつも思っています(笑)(でも、現実は忙しすぎて、だらだらする時間がないだけなんですけれど)

だらついた生活は、そも気にならなくてもすぐにできてしまうものです。

だからこそ、毎日の生活の中で、何か目的意識を持っていかないと、だらけパワーに押しつぶされてしまうことでしょう。

日常の中で実践できるわずかな変化が積み重なれば、メリハリのある生活に必ず近づきます!前向きな気持ちを失わない限りは大丈夫!! 

さあ、明日から自分をほんの少し変えてみませんか?