CoCoSiA(ココシア)

気が利かない人の6個の特徴。気が利く人になるための5個の方法


気遣いというのはどんな場面でも必要なもの。

友達でも、恋人でも、家族でも、はたまた仕事の場でも。

どんな相手であっても、気遣いは必要不可欠なものです。

もちろん、相手によって、使う気遣いも変わってくるもの。

仕事の場で必要な気遣いと、友達や、恋人、家族に必要な気遣いというのは異なってきます。

とはいえ、気遣いをしなくてはいい相手など皆無。

相手に合わせた気遣いというのは、必ず必要になってくるのです。

しかし、最近では気遣いが出来ず、周囲から気が利かないと思われている人が増えてきました。

相手が困っているのに手を差し伸べられなかったり、手伝うことができない。

空気が読めない行動をしてしまったり、相手を傷つけるような発言をする…。

周囲の人を不快にさせるような行動をしているような人が、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?
今回のテーマは気が利かない人について。

プライベート、仕事、友人関係や恋人、家族…生活を送る上で、必要不可欠であるともいえる、気遣いという行為が出来ない人について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

気が利かない人と思われてない?

あなたは、気遣いができる人であると自信をもって言えるでしょうか?

周囲に困っている人がいたら、手を差し伸べることができたり、お手伝いをすることができていると、自信を持って言えるのであれば、あなたは「気が利く人」と周囲から認定されているはず。

しかし、自分自身が気遣いをしていると思っていても、行動が空回りしていたり、はたまた周囲の人は気遣いをされていると感じていたら、気が利かない人だと思われているはずです。

自分が気遣いが出来ているか否かを判断するための方法としては、周囲の人に「ありがとう。」と感謝の気持ちよく言われるか否かだといえるでしょう。

感謝の気持ちを伝えられることが多いと感じるのであれば、あなたは「気が利く人」であり、周囲の人が困っている時に手を差し伸べることが出来る人であると言えるでしょう。

逆に、「ありがとう。」という言葉をあまりかけられていないのであれば、あなたは「気が利かない人」であり、周囲の人から不快に思われている可能性もあります。

気が利かない人=嫌悪感を抱かれている人。

あなたが、「気が利かない」と思われていると感じているのであれば、気が利く人に、すぐにでも言動や行動を改善すべきであると言えるでしょう。

社会生活でとても大切な要素

気が利くというのは社会生活でとても大切な要素です。

特に仕事においては、気が利かない限りは、成功がないといっても過言ではありません。

むしろ、仕事というのは気を利かせることの連続。

上司が求めていることを察したり、同僚が困っている時に手助けができたり、また業務改善を提案したりなど、気が利かなければできないことが多いといえるでしょう。

仕事が出来る人の共通点は、「気が利く」ということ。

普通の人が気付かないようなことでも、気付くことができる気遣い屋であるため、誰からも信頼されますし、頼られる存在となっていくです。

気が利かない人間というのは、仕事をしているとすぐにわかります。

結果、仕事が回って来なくなり、出世するチャンスも失っていくもの。

きちんとした気遣いができるかできないかで、仕事で成功するか否かも変わってくるのです。

気が利かなくなる根本原因とは?


「気が利く」というのは、日常生活を送る上で必要不可欠な要素であるといえます。

仕事ではもちろん、家族、友達、恋人でも気遣いをしなければいけない場面はたくさんでてきます。

むしろ求められているときに、必要な気遣いができなかった場合、信頼関係が崩れていってしまうといっても過言ではありません。

しかし、世の中には気が利かない人というのがいます。

気遣いが皆無で、周囲に気を使うことができないため、周囲の人を不快にさせてしまうのです。

空気が読めないどころか、その場の雰囲気を壊してしまうくらいなので、煙たい存在になっているといえるでしょう。

では、気が利かなくなってしまう根本原因とは何なのでしょうか?

詳しくお伝えしていきましょう。

親が気を利かせることの大切さを教えなかった

気が利かなくなってしまった一番の原因は、両親が気を利かせることの大切さを教えてくれなかったケースです。

かなり甘やかされて育ち、欲しいと言ったものは全て与えられていたり、両親が何でもやってあげていたりすると、気を利かせるということを学ぶことができず、「やってもらえるのが当たり前」という考えに育ちます。

ある程度の年齢になると、親が子どもにお手伝いなどをさせて、気を利かせる大切さというのを教えます。

お皿洗いや、お風呂掃除、雨戸締めなど、いつも親がやっていることを子どもに手伝わせ、親がやってくれていることが手間がかかることなのだということを学ばせ、気を遣うということを覚えさせていくのです。

しかし、お手伝いをした経験がないという人は、こういった経験ができていないため、気を利かせることの大切さを知らずに育ってしまいます。

また、逆に親が放置をしすぎてしまうと、自分自身が生きるのに精一杯になってしまうため周囲のことが目に入らなくなってしまいます。

結果、自分のことしか考えられない人間に育ってしまう可能性も高くなるといえるでしょう。