気遣いというのはどんな場面でも必要なもの。

友達でも、恋人でも、家族でも、はたまた仕事の場でも。

どんな相手であっても、気遣いは必要不可欠なものです。

もちろん、相手によって、使う気遣いも変わってくるもの。

仕事の場で必要な気遣いと、友達や、恋人、家族に必要な気遣いというのは異なってきます。

とはいえ、気遣いをしなくてはいい相手など皆無。

相手に合わせた気遣いというのは、必ず必要になってくるのです。

しかし、最近では気遣いが出来ず、周囲から気が利かないと思われている人が増えてきました。

相手が困っているのに手を差し伸べられなかったり、手伝うことができない。

空気が読めない行動をしてしまったり、相手を傷つけるような発言をする…。

周囲の人を不快にさせるような行動をしているような人が、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?
今回のテーマは気が利かない人について。

プライベート、仕事、友人関係や恋人、家族…生活を送る上で、必要不可欠であるともいえる、気遣いという行為が出来ない人について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

気が利かない人と思われてない?

あなたは、気遣いができる人であると自信をもって言えるでしょうか?周囲に困っている人がいたら、手を差し伸べることができたり、お手伝いをすることができていると、自信を持って言えるのであれば、あなたは「気が利く人」と周囲から認定されているはず。

しかし、自分自身が気遣いをしていると思っていても、行動が空回りしていたり、はたまた周囲の人は気遣いをされていると感じていたら、気が利かない人だと思われているはずです。

自分が気遣いが出来ているか否かを判断するための方法としては、周囲の人に「ありがとう。」と感謝の気持ちよく言われるか否かだといえるでしょう。

感謝の気持ちを伝えられることが多いと感じるのであれば、あなたは「気が利く人」であり、周囲の人が困っている時に手を差し伸べることが出来る人であると言えるでしょう。

逆に、「ありがとう。」という言葉をあまりかけられていないのであれば、あなたは「気が利かない人」であり、周囲の人から不快に思われている可能性もあります。

気が利かない人=嫌悪感を抱かれている人。

あなたが、「気が利かない」と思われていると感じているのであれば、気が利く人に、すぐにでも言動や行動を改善すべきであると言えるでしょう。

社会生活でとても大切な要素

気が利くというのは社会生活でとても大切な要素です。

特に仕事においては、気が利かない限りは、成功がないといっても過言ではありません。

むしろ、仕事というのは気を利かせることの連続。

上司が求めていることを察したり、同僚が困っている時に手助けができたり、また業務改善を提案したりなど、気が利かなければできないことが多いといえるでしょう。

仕事が出来る人の共通点は、「気が利く」ということ。

普通の人が気付かないようなことでも、気付くことができる気遣い屋であるため、誰からも信頼されますし、頼られる存在となっていくです。

気が利かない人間というのは、仕事をしているとすぐにわかります。

結果、仕事が回って来なくなり、出世するチャンスも失っていくもの。

きちんとした気遣いができるかできないかで、仕事で成功するか否かも変わってくるのです。

気が利かなくなる根本原因とは?


「気が利く」というのは、日常生活を送る上で必要不可欠な要素であるといえます。

仕事ではもちろん、家族、友達、恋人でも気遣いをしなければいけない場面はたくさんでてきます。

むしろ求められているときに、必要な気遣いができなかった場合、信頼関係が崩れていってしまうといっても過言ではありません。

しかし、世の中には気が利かない人というのがいます。

気遣いが皆無で、周囲に気を使うことができないため、周囲の人を不快にさせてしまうのです。

空気が読めないどころか、その場の雰囲気を壊してしまうくらいなので、煙たい存在になっているといえるでしょう。

では、気が利かなくなってしまう根本原因とは何なのでしょうか?詳しくお伝えしていきましょう。

親が気を利かせることの大切さを教えなかった

気が利かなくなってしまった一番の原因は、両親が気を利かせることの大切さを教えてくれなかったケースです。

かなり甘やかされて育ち、欲しいと言ったものは全て与えられていたり、両親が何でもやってあげていたりすると、気を利かせるということを学ぶことができず、「やってもらえるのが当たり前」という考えに育ちます。

ある程度の年齢になると、親が子どもにお手伝いなどをさせて、気を利かせる大切さというのを教えます。

お皿洗いや、お風呂掃除、雨戸締めなど、いつも親がやっていることを子どもに手伝わせ、親がやってくれていることが手間がかかることなのだということを学ばせ、気を遣うということを覚えさせていくのです。

しかし、お手伝いをした経験がないという人は、こういった経験ができていないため、気を利かせることの大切さを知らずに育ってしまいます。

また、逆に親が放置をしすぎてしまうと、自分自身が生きるのに精一杯になってしまうため周囲のことが目に入らなくなってしまいます。

結果、自分のことしか考えられない人間に育ってしまう可能性も高くなるといえるでしょう。

親の教育というのは、気を利かせることが出来る人間に育つのに必要不可欠だといえるでしょう。

気を利かせてもらった経験が殆ど無い

気を利かせてもらった経験がほとんどないと、周囲に気を利かせることができなくなってしまいます。

友達が少ない人や家族と仲良くない人、また恋愛関係に疎い人というのは、気を利かせるという経験が少なくなります。

また、成績を競いあう環境であったり、部活などのライバルが多い環境となると、自分のことに精一杯になるため、どうしても他人に気を遣うということができなくなります。

また、気遣いをしたのに、良い対応をしてもらえなかたっり、良い反応が無かったと言う場合、「せっかくしてあげたのに…もうしないでよそう。」という気持ちになってしまった人もいるでしょう。

気遣いをしてくれた時に、きちんとお礼ができるというのも同じように気遣いであるといえるでしょう。

気が利かない人の6個の特徴


気が利かない人とは仲良くしたくない、近寄りたくないと思う人も多いのではないでしょうか。

できれば、気が利かない人を見極めたいと思う人も多くいるはずです。

気が利かない人というのは、社会人になると、多く目の当りにすることがあります。

学生時代であれば、「嫌だな。」と感じた人とは、一定の距離感を保てば、交流することもなく、不快感を抱かずにしました。

しかし、社会人になるとそういうわけにはいきません。

社会人になると、仕事上、気が合わない相手とも付き合っていく必要があります。

気が利かない人と一緒に仕事をすることになった時は、仕事がうまく回らないことも増えてきますし、ストレスが溜まることも増えてくるはず。

だからこそ、「この人は気が利かない人である。」と割り切って付き合っていきたいものだと思います。

気が利かない人には、共通点があります。

では、その共通点を詳しく伝えていきましょう。

他人に興味がない

他人に興味がない人は、自分しか見えていないため、気遣いができません。

他人が困っていても気付かないですし、他人から助けを求められているのに、平気でスルーができるタイプ。

周囲からどう思われていようが気にしない、図太い神経の持ち主であると言えます。

他人に興味がない人は、他人からどう思われようがあまり気にしません。

嫌われていようが、煙たがられていようが、自分さえよければいいと考えているため、どんな嫌味を言われても気にしないタイプが多いと言えるでしょう。

状況判断能力が無い

状況に応じて判断する能力というのは、生きていく上で非常に大切なものです。

トラブルが起きたときに咄嗟に判断する力や、他人が困っている時にどう手を指し延ばせることができるか…等、状況に応じて判断する力というのは、社会生活には必要不可欠なものだといえるでしょう。

しかし、気が利かないタイプの人は、状況判断能力が無く、他人に頼りっぱなしになってしまうか、オロオロして役に立たないケースがほとんど。

結果、誰からも頼りにされることがなくなってしまうのです。

トラブルが起きたときは、それぞれの咄嗟の判断が必要となります。

即決して対応をしないと、トラブルが広がるケースがほとんど。

これができない限り、社会人としては失格と言えるのではないでしょう。

あまり深く考えない

物事を深く考えていなかったり、相手からどう思われているかを深く考えていなかったり…等、あまり深く考えていない人も、気が利かないタイプの人であると言えるでしょう。

仕事上でも、言われたことを坦々とこなすだけであり、自分で考えて動くことができない人というのは多くいます。

上司から言われたことを、指示通りこなすだけ。

出世したいという気持ちもなく、将来設計もないため、努力ということもあまりしません。

欲がないタイプとも言えますが、あまりにも物事を深く考えないため、気が利かない人であると思われているといえるでしょう。

特に仕事ですと、指示通り動くひとではなく、自分で自発的に考えて、行動をできる人を求めます。

指示通り動く人は変わりはいくらでもいるため、大事にされなくなってしまいます。

あっさりとした性格

自分は自分、他人は他人と切り離して考えているあっさりした性格の人が世の中にはいます。

あっさりした性格が悪いとは言いませんが、その中には他人の事をあまり考えない人も多くいます。

目の前で苦労している人がいるのに、「自分ではないからいいや。」とも気にも留めず、スルーすることができる冷たい性格であるといえるでしょう。

この手のタイプは、他人へ気遣いをするという考えがありません。

他人に対して余計な感情を抱かないため、自分が平穏に暮らせればよいと考えるタイプ。

他人とも深い交流を使用とも思わないため、友達も少なく、一人でいても大丈夫なタイプであるといえます。

人間関係の構築が下手

人間関係の構築が下手で、上手くコミュニケーションをとることができなかったり、他人と仲良くすることができないタイプは、気を使うこともできないタイプが多いと言えます。

人間関係の構築には、ある程度の気遣いが必要です。

会話1つにとっても、気遣いができないタイプは、煙たがれる存在になってしまいます。

人間関係の構築が下手な人というのは、空気を読むことができない人がほとんど。

コミュニケーションを取るのが下手であり、空気を凍らせてしまうような発言をしたり、他人を傷つける言葉や、不快に感じてしまう発言をしてしまいます。

他人へ配慮する能力が乏しい人が多く、気が利く対応ができないのです。

自分が気が利かないことに気付いていない

自分が気が利かないことに気付いないケースも大いにあります。

視野が狭く、周囲の観察ができないため、他人が困っていることに気付いていないのです。

自分的には周囲と問題なく付き合っていると考えていますが、周囲からは煙たい存在だと思われていることも。

嫌われていることに気付いておらず、平気で人のテリトリーにズカズカと踏み込んでいくことができる図々しいタイプが多いと言えるでしょう。

気が利く人になるための5個の方法

「自分は気が利く人間だろうか。」そう悩んでいる人も多くいると思います。

友達が少なかったり、仕事がうまくいかなかったり、友達、家族、恋人をいつも不機嫌にしてしまったり…。

そんな日々が続くと、自分はうまく気遣いができていないのではないだろうかと悩む人もいるはずです。

気が利く人になるのは、そんな難しいことではありません。

1つ1つを気付くことができるようになれれば、気が利く人になることができるのです。

今はまだ、気遣いをするタイミングに気付けていないだけ。

きちんと気付ける人間になれれば、周囲から信頼される人間になれるはずですよ。

では、気が利く人になるための方法をお伝えしていきましょう。

周囲をよく観察する癖をつけよう

気が利く人になるために、一番大切なことは「観察力」です。

観察力が優れていれば、他人に気遣いするタイミングを知ることができるので、すぐにでも「気が利く人」になることができます。

気が利かない人は、気遣いをするタイミングを掴めていないため。

そして、掴めていない理由は、観察力が足りていないのです。

周囲をきちんと観察していれば、困っている人を見つけることができます。

集中しなくてはいけない時は別ですが、余裕があるときは、周囲を観察する癖を身に付け、手助けをするタイミングを掴みましょう。

手を差し伸べることができるようになれば、あなたも気が利く人になれるはずです。

他人にも興味を持とう

気が利かない人の多くが、他人に興味がないという共通点を持っています。

自分さえよければよいと考えている人や、自分のことに精一杯で周囲がみれておらず、他人の事が考えられていない人が、当てはまると言えるでしょう。

他人に興味がない人は、ほとんどの人が視野が狭いため、他人が困っている時に手を差し伸べることができませんし、気が利いた言葉をかけることができません。

だからこそ、視野を広げて、周りをきちんと見る癖を付けるべきであるといえるでしょう。

周りをきちんと見ることができれば、自然と人が困っている時に気付くことができるようになっていきます。

頻繁に「ありがとう」と言おう

感謝の気持ちを周囲に伝えるということは当たり前のことですが、気が利かない人というのはそれすらも出来ていないケースがあります。

やってもらって当たり前だと思っていたり、はたまた、気を使ってもらった事に気付かないことが頻繁にあるのです。

感謝の気持ちを伝えることができていないと感じる人は、些細なことであっても「ありがとう。」と言う癖をつけることが大切です。

感謝の気持ちを伝えられて、気を悪くする人はいません。

どんな時でも、「ありがとう。」を伝えられる人間になること。

そうすれば、周囲の人の対応が変わってくるはずですよ。

面倒なことも自ら進んでやろう

面倒なことは誰でも避けたいもの。

しかし、誰かしらが対応しない限りは面倒なことは片付きません。

面倒なことを自ら率先的にられる人というのは、周囲から信頼されますし、「気が利く人」と思ってもらえます。

面倒なことというのは、誰かに押し付けられてしまうことがほとんど。

押し付ける側に回ってしまうと、周囲から反感を買ってしまい、人間関係にヒビが入ってしまいます。

万が一、面倒なことを押し付けられている人がいるのであれば、「手伝いましょうか?」と声を一言かけてあげることが大切。

そうすれば、あなたが面倒なことを引き受けた時に、手伝ってくれる人が必ず出てきます。

面倒なことを引き受けたときに、手助けしてくれる人がいるかいないかは、あなたの日頃の行いが大切だといえます。

あなたが困っている人に手助けができる人であれば、あなたが困っている時に、必ず誰かが助けてくれるものなのです。

人任せではいけない

「誰かがやってくれるからいいや。」という気持ちで、人任せにばかりしていてはいけません。

自分には、辛い作業が降って来ないため、その時は良いかもしれませんが、周囲からの評価はどんどん落ちていきます。

一度落ちた評価というのは、戻すのに苦労します。

周囲から信頼されていない人というのは、何かあった時に、周囲から助けられることもありませんし、心の底から仲が良いと言える人が、身近からいなくなってしまいます。

気遣いというのは、人間関係の形成に必要不可欠。

面倒なことも進んでやることができれば、今は面倒であっても、将来きっと返ってきます。

自ら進んで、面倒なことも取り組むことができる器の大きい人間を目指しましょう。

人を手伝って喜ばれるという経験を重ねよう

気が利かない人の多くは、人に感謝されるという経験をしたことが少ない傾向があります。

人に「ありがとう。」と喜んでもらうと、自分も手伝ってあげてよかったという気分になるはず。

手助けするということは悪いことではないと感じるはずです。

人を手伝って喜ばれるという経験を重ねると、自然と手伝いができる人間になるはずです。

また、人から感謝されるという喜びにも気付くはず。

周囲の人に何かをしてあげることは、自分自身を充実させるということに気付くはずですよ♪

想像力を豊かにしよう

想像力が乏しい人は、他人が何に困っているか気付くことができません。

自分から見えている景色だけではなく、その裏に何があるのかを見つけること。

忙しそうにしている人がいたら、「なぜ忙しいのか。」を追求する。

不満そうな顔をしている人がいたら、「なぜ不満を持っているのか。」を追求する。

見えていることに「なぜ」という疑問を持つことが、想像力を豊かにするコツであるといえるでしょう。

また、「なぜ」が分からなかったら、素直に「大丈夫ですか?」と声をかけてあげることも大切。

大変な時に、声をかけられると、「見てくれている人がいるんだ。」と不安な気持ちを取り除いてあげることができます。

相手が悩んでいるのであれば、きちんと話を聞いてあげることも大切。

その際は、聞いてあげること、そして「大変だったね。」という言葉だけで留める方がよいでしょう。

変にアドバイスをしてしまうと、恩着せがましい人となってしまいます。

悩んでいる人は、まずは話を聞いてもらいたい、そして認めてもらいたいという人がほとんど。

そのため、アドバイスをするのではなく、聞いてあげることを徹底しましょう。

これも気が利く人だからこそできる技であると言えます。

まとめ

「気が利く人」というのは、観察力に優れており、周囲の変化に気付くことができる人。

即座に対応ができる決断力がある人です。

そして、相手が嫌がらない適度なコミュニケーションと、適度な手助けができるスマートな人が、「気が利く人」であると言えるでしょう。

スマートな人になれるわけがないと「気が利く人」になることを諦めている人もいます。

しかし、「気が利く人」になれれば、仕事もプライベートも今まで以上にうまくいくようになり、充実した日々が過ごせるはずです。

周囲が求めているのは、「気が利く人」。

だからこそ、自分も「気が利く人」になれるよう努力をしましょう。

また、自分さえよければいいと自分本位な考えで生きていると、いざというときに周囲が助けてくれなくなります。

人は一人では生きていくことができません。

誰かの助けが必要になるときが必ず来るはずです。

そんな時に、手助けしてくれる人を増やすには、「気が利く人」になることが必要不可欠であるといえるでしょう。

良い行いというのは、必ず自分に返ってきます。

他人に気を遣うというのは、将来の自分への投資だと思って、積極的に取り組みましょう。

また、良いことをしたときは気持ちが良いもの。

気持ちが充実するはずです。

自分本位な日々を過ごすのではなく、他人を気にかけてあげる生活を過ごしてみましょう。

きっと自分自身が、今よりも充実するはずですよ♪