お金を大事にすることは大切な事です。

生きていくためには、お金が必要です。

ですが、誰もが有り余るほどのお金を持っている訳ではないので、自分の身の丈にあった生活をしなければなりません。

欲しいものがあれば、その分何かを我慢する事が必要になる事もあるでしょう。

我慢することは辛い事かもしれません。

ですが、正しく生活をしていくためには何にお金をかけて何を我慢するのか。

そんな当たり前のことをきちんと考えて生きていく事もとても大切な事です。

それをきちんと実践できている人の事を節約家と呼びます。

節約家の人は、限られたお金の中で無駄のない生活をする事が出来ています。

だからこそ、同じだけのお金を持っている人と比べても、より満たされた生活をする事が出来ているように見えるのでしょう。

節約して生活することはとても素晴らしい事です。

ですが、そんな素晴らしい事も、やりすぎてしまえば周りに迷惑になる事もあり、結果的にセコケチと呼ばれる原因なのかもしれません。

セコケチになってしまうと、周りから人が居なくなってしまう場合もあります。

自分としては悪気がない行動だとしても、結果的に周りの人に迷惑をかけてしまっている事もあるのです。

そのことに気が付かず、自分さえ良ければそれでいいと思われるような行動をとっていると、気が付いた時には1人になってしまっているなんて事もあるのです。

だからこそ、そうならないようにする為にもその問題点について考える事が重要なのではないでしょうか。

お金を大事に思うことは悪いことではありません。むしろいい事です。

ですが、やり方を間違えてしまえば、それも悪い事に繋がってしまう事だってあるかもしれないのです。

そうなってしまわない為にも、正しい基準を身につけておく事が大切です。

そこで今回は『セコケチ』と言われてしまう原因について詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

セコケチは嫌われる!

節約家の人や倹約家の人は尊敬される事でしょう。

メデイアなどで大きく取り上げられ、カリスマのようにもてはやされる事も珍しい事ではありません。

しかしながら、それが『セコイ』『ケチ』と呼ばれるようになったらどうでしょうか。

途端に嫌われる原因になってしまうのです。

自分では悪気が無いとしても、それが原因で多くの人に嫌われてしまう可能性があるのです。

一度周りから人が居なくなってしまうと、その人の信頼を取り戻す事はとても難しい事です。

もっと言えば、自分自身がその問題点に気が付かない限りは、現状を修復する事は出来ません。

だからこそ、まずはどんな行動が問題となるのかをキチンと学ぶ姿勢が大事なのではないでしょうか。

セコケチとは?


セコケチとは、「せこい」と「ケチ」が混ざった言葉です。

すなわち、あまりいい意味では使用されていないという事がわかるのではないでしょうか。

もし、あなたがしている事が倹約家や節約としてまっとうなものであれば、そんな言い方をされる事もないでしょう。

何かしらの問題があるからこそ、そうした悪い言い方をされてしまうと考えるのが自然なのではないでしょうか。

セコケチと周りから言われる最大の原因は、きっとそのせいで周りの人が迷惑を感じている部分があるからなのではないでしょうか。

誰しも自分にメリットがある場合や、全く関係のない事に対してはそこまで興味を持つことはないでしょう。

にも拘わらず、周りの人があれこれ口を出すという事はそれだけ何か大きな問題があるからなのでしょう。

自分自身は誰にも迷惑をかけていないと思っている場合でも、実際には自分が気が付いていないだけで多くの人に迷惑をかけてしまってる場合もあります。

それに気が付く事が出来るかどうかによって『セコケチ』と呼ばれるかどうかが変わってくるのではないでしょうか。

人にはいろいろな特徴があります。

その中には周りの人から受け入れられなかったり、批判されてしまう事もあるかもしれません。

残念ながらすべての人に気に入られるように行動する事は無理があるというものです。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の個性をある程度受け入れるという事も必要です。

ですが、そうは言っても回避出来る悪口は是非回避していきたいと思うのが人間なのではないでしょうか。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の問題点をしっかりと理解できるように行動していきましょう。

セコケチだと言われる人の13個の特徴

それではここからはセコケチだと言われる人の特徴についてご紹介させていただきます。

今まで自分は大丈夫だと思っていた人も、この特徴を知る事によって意外と自分にも問題があるという事に気が付くかもしれません。

また、自分の周りにいる人の中で、なんだかあの人嫌な感じだなと思っていた人が「セコケチ」だったのだと気が付く事によって、今後の対応をどうしていけばいいかについて考える事が出来るようになるかもしれません。

人間関係はいつどこで躓いてしまうかわかりません。

だからこそ、少しでもその打開策を自分の中で考える事が出来るようにする為にも、沢山の知識を自分の中に蓄積していく事はとても大切な事なのでしょう。

だからこそ、まずはセコケチといわれる人の特徴について詳しくご紹介させていただきます。

人から物をもらうのが大好き

まず、セコケチといわれる人は誰かに何かをしてもらう事が大好きです。

普通の人であれば気を使ってしまいそうな事も、全く気にすることなく相手の好意として受け止める事が出来るのです。

これはある意味では特技なのかもしれません。

というのも、人から何かしてもらって素直に喜ぶことは意外と難しい事だからです。

大人になると、何かしてもらった後には見返りを求められる場合もあります。

たとえ相手が善意でやってくれた事に対しても、ついついこちらが何かしなければならないような気持ちになってしまうのです。

そうなってしまうと、してもらった喜びよりもそのあとの行動に気持ちがいってしまい、素直に感謝の気持ちを持つ事が出来なくなってしまうのです。

ですが、セコケチの人はそうではありません。

何をされても「うれしい」という感情ですべてを済ませる事が出来るのです。

それはなかなか出来るものではありません。

人間関係をより良いものにしていく為にも、相手のことを考えたり自分がどう行動すれば周りの人とうまくやっていくことが出来るのかについて考える事はとても大切な事です。

そうした気持ちがあるからこそ、沢山の人とうまくやっていくことが出来るのでしょう。

ですが、一方で気を使いすぎてしまうと結果的に周りの人に壁を作ってしまう事にもなります。

だからこそ、何事もいい塩梅が大事なのでしょう。

セコケチの人の場合には、誰かに何かをしてもらう事に対して喜びだけを感じて行動しています。

それはある意味では、とても人間らしくわかりやすい感情なのかもしれません。

人から何かもらってもお返しをしない

何かをしてもらう事が好きなのが「セコケチ」と言われる人々の特徴です。

人から何かされる事に対して幸せを感じる事は悪い事ではありません。

もしかしたら、喜んでくれる姿を見る事によって相手も幸せを感じる事が出来ているかもしれないからです。

ではなぜその特徴が「セコケチ」と呼ばれるような、いわゆる悪口になってしまったのでしょうか。

その原因は、お返しをしないところにあります。

一般的には、何かをしてもらった際にはお礼をします。

口頭のみでお礼をする場合もありますが、沢山のことをしてもらったり何かものをもらった時などには形としてお礼をお返しする事もあります。

それがしてもらった人に対する礼儀であり、大人としての対応なのでしょう。

それをする事が出来ていないため「セコケチ」と言われてしまうのでしょう。

普通に考えれば、お礼をきちんとしている人に対して文句を言う人はいません。

だからこそ、何か無礼な事をしているせいで結果的に周りの人の反感を買う事になってしまっているのです。

その問題点に気が付く事が出来るかどうかが重要なポイントとなります。

「ずるい」が口癖


セコケチの人は、何かを他人にやってもらう事に対してとてつもない欲求を持っています。

だからこそ、自分ではなく他の人が何かをやってもらっている事に対して大きな反感を持つ場合があります。

それが口から出る事によって『ずるい』という言葉になってしまうのではないでしょうか。

そもそも、誰かに何かをしてもらう事は当たり前のことではありません。

だからこそ、そこに対してずるいという感情を持つ事自体がおかしいのです。

けれど、それを当たり前に持つところに大きな問題があるのかもしれません。

何かをやってあげる方からしてみても、あくまでも優しさでしている事に対して横からずるいだなんだと言われればびっくりする気持ちもあるでしょう。

うっとおしく思う事だってあるかもしれません。

そうした心が、結果的に周りの人からの反感につながるのではないでしょうか。

奢らせようとする

誰かと一緒にご飯を食べに行ったとき、相手に対してご飯をおごってあげる人は一体どのくらいいるのでしょうか。

特別な集まりの時にはそうした事もあるかもしれませんが、大抵の場合友人同士の間では奢るようなことはそうそうある事ではありません。

しかしながら、セコケチな人は出来る限り相手に奢らせようとするのです。

また、その気持ちを隠す事が出来ず周りの人が気が付いてしまっている場合が多々あるのです。

それが結果的に周りの人から嫌われる原因となります。

もし何かを奢ってあげようという気持ちを持っていたとしても、相手から催促されれば嫌な気持ちにもなるでしょう。

全く奢る気持ちが無かったのにもかかわらず、それを奢らせようとしてくる態度に対してイライラする事だってあるかもしれません。

自分としてはあわよくばと思って行動していることだとしても、それが結果的に周りの人からしてみるととても迷惑な事になってしまっている場合もあるのです。

1円でもお得に買い物をしようとする

何度も言わせていただきますが、お金を大事にすることは大切な事です。

だからこそ、1円でも得した買い物をしたいと思う事に対しては間違っているとは言えません。

ですが、それの度が過ぎれば問題となります。

例えば、その1円の為にどれだけの労力をかけるのかを考えなければなりません。

例えいつも行くスーパーより、他のお店の方が1円安かったとしてもそこに行くまでの交通費や時間などを考え、本当にお得になっているのかどうかを考える事が必要なのです。

自分としては良い事をしているつもりになっていたとしても、それに巻き込まれる人がいる場合にはとんだ迷惑になっていることもあります。

自分一人で暮らしているうちは、周りへの迷惑もそれほど感じる事はないかもしれません。

ですが、家族が増えれば周りがそれに振り回されてしまう事もあるでしょう。

自分の基準を押し付ける事によって相手との関係がよくないものに変わってしまう事だってあるかもしれません。

その基準を子供に教える事によって、子供もまた周りから浮いた存在になってしまう事だってあるのです。

1円でもお得に買い物をする事によって、本当に自分が使いたいものにお金を使用する事が出来るのであれば、それもまたお金の使い道としていいはずです。

ですが、問題になってしまうのはそれなりに何か原因があるのでしょう。

だからこそ、自分がしている事によって迷惑を感じている人がいるのではないかという事を考える事が重要となります。

1円単位できっちり割り勘にする

誰かとご飯を食べた際、一緒にお会計をする事もあるでしょう。

少人数の場合はレジで別々に会計をする事が出来る事もありますが、大人数での飲み会などの場合には、幹事の人がお金を集め一括で会計をする事も珍しい事ではありません。

その際、大抵の人はおおよその金額で割り勘を行います。

あまりにも細かくなってしまう場合などは端数をきりあげて少し多めに支払うなんて事もあるでしょう。

ですが、セコケチの人の場合にはそういった場合でも必ずきっちりと割り勘をしようとするのです。

大勢の人がいる場合、なかなかぴったりの金額を出す事は出来ません。

一人がお釣りをもらう事によって、何回も同じことをしなければならなくなってしまう事だってあるでしょう。

そのせいで幹事の人の手元には沢山の小銭が集まってしまう事になるのです。

それはお店側にとっても迷惑な行為となってしまうでしょう。

だからこそ、あまりにも細かい割り勘はいろいろな立場から考えても迷惑な行為なのです。

自分としては、無駄なお金を払いたくないという気持ちからそういった行動に出てしまうのでしょう。

ですが、それはあくまでも自分の都合であり、周りの人がそれに対してどう思っているのかをきちんと判断しなければならない部分でもあります。

自分が得することしかしない

セコケチと言われるくらいですから、他の人の為に何かをしてあげようという気持ちになる事はあまりありません。

誰かの為に何かをする事を、損とすら感じているのです。

そうした考え方を持っているからこそ、セコケチな人は周りの人から嫌われてしまうのでしょう。

冷静に物事を判断する事が出来る人は、きっと困っている人の事を助ける事が出来るはずです。

それは相手のことを思っての行動はもちろんの事、自分が誰かを助ける事によっていざというときに相手が自分のピンチの際に手助けをしてくれることを知っているからです。

そうした気持ちを持って行動する事が出来るかどうかによって人間としての価値が変わるのです。

計算高い

誰かに何かを頼まれた際、セコケチの人はそれに対する見返りを考えて行動する傾向があります。

つまりは、見返りが無い場合には何もしたくないという事なのです。

誰でもタダ働きをしたいと思っているわけではないと思います。

ですが、人間時には我慢をしなければならない事もあります。

たとえ、その時はいやいやだったとしても、手伝う事によって結果的に自分に良い効果がある場合もあるのです。

けれど、セコケチの人はそうした考えを持ちません。

だからこそ、自分にとってメリットが無いと思えば、手伝う事をやめてしまうのです。

人の顔色を気にせず、自分の意見を貫く事が出来る事はとても素晴らしい事なのかもしれません。

ですが、それによって結果的に周りの人とうまくいかなくなってしまうのは、やはり問題があると言わざるをえません。

服や食品は人からもらう

服や食品は新しいものを手にしようとする場合、おそらく誰もがお金を出して購入しているはずです。

しかしながら、セコケチの人はそうではなく誰かから貰う事によってお金を節約しているのです。

要らないと感じている人が、善意でくれるものであればそう難しく考える必要はないのかもしれませんが、そうではなく自らねだるような真似をすればどうでしょうか。

周りの人はきっと嫌な思いをしているはずです。

そんなことをお構いなしに行動出来てしまうからこそ、セコケチな人はそうしたあだ名がついても気にする事無く行動するのでしょう。

何でも「貸して」と言ってくる

セコケチな人は、新しいものを購入する事を嫌がります。

たとえそれが必要なものであったとしてもです。

では、必要なものが無い場合にはどうするのか。

それは誰かに借りるのです。

ただ借りるだけならまだしも、あわよくばそのままもらってしまおうと考えている場合もあります。

一度セコケチな人にものを貸してしまうと、これ幸いと何度も貸してくれと言われるようになってしまう可能性があります。

一度許可してしまった手前、なかなか断りにくいと感じる事もあるでしょう。

ですが、そこで断固とした態度をとる事が出来ないと、結果的にどんどん自分を苦しめる事になってしまいます。

相手の気持ちを考える事が出来ないからこそ、セコケチなのです。

だからこそ、自分の気持ちは口に出して伝えないと相手には伝わりません。

もし嫌だと思っているのであれば、嫌だとはっきり伝えましょう。

借りたものをなかなか返さない

もしセコケチな人にものを貸してしまった場合には、なかなか返ってこない事を覚悟した方が良いかもしれません。

というのも、セコケチな人は、本当は購入しなければならないようなものまで人に借りようとする傾向があります。

だからこそ、長い期間使用するようなものも相手に借りるのです。

そのためなかなか返ってくる事はないでしょう。

普通の感覚の人の場合には、他人から借りたものはすぐに返そうと思うはずです。

ですが、その感覚はセコケチな人にはありません。

だからこそ、嫌な時ははっきり断らないと、結果的に自分が苦労する事になるでしょう。

人の冠婚葬祭に参加しようとしない

冠婚葬祭は、お金がかかります。

お祝い事はともかく、お葬式などの場合には突発的に予定が入る事も珍し事ではありません。

そのせいで、イレギュラーな出費になる事もあるでしょう。

ですがそれは仕方のない事です。

多くの人と関わり生きていくには、そうした事も必要です。

けれど、セコケチな人はそう考える事は出来ないのでしょう。

だからこそ、出来るだけそうした集まりには参加しないようにするのです。

自分の価値観が正しいと思っているからこそ、そこにメリットが無いと思うからこそそうした判断が出来るのでしょう。

ですが、そうした人の中には他人には一切お金を使用しないにも拘わらず、自分の時にはいかに沢山のお金を集めるかに躍起になる人もいるのです。

そうした行動が、結果的に反感を生む事になってしまうのでしょう。

他人に迷惑をかける程の節約をする

誰にも迷惑をかけず、自分の出来る範囲で節約をする事に対して文句を言われることはそうそうあるものではありません。

それこそおせっかいというものです。

お金の価値観はそれぞれです。

自分が良いと思ったものにお金をかけてそれ以外は節約する。

そうした考えを持って行動する事も大事な事でしょう。

ですが、セコケチと言われる人の場合には、しばしば他人に迷惑をかける傾向にあります。

だからこそ、問題なのです。

自分がやりたいことを、自分の中だけでやる分には何ら問題はありません。

大事な事はそれを他人に強要しない事です。

どんなに自分が良い事をしていると思っても、周りの人からすればそれが良い事だとは限りません。

だからこそ、それを押し付ける事が迷惑になってしまう事もあるのです。

他人に迷惑をかけてまでする事は、正しい節約とは言えないはずです。

周りの人がどう思っているのか。

そんな当たり前のことを考える事が出来るかどうかが大事なポイントなのでしょう。

セコケチになるのには原因がある

ここまで、セコケチと言われる人の特徴についてご紹介してきました。

それでは、セコケチと言われる人はどうしてそういった考え方を持つようになってしまったのでしょうか。

その問題を解決する事によって、相手の気持ちをもっと知る事が出来るようになるかもしれません。

自分としては全く理解できないと思っている相手だとしても、ゆっくり理由を知る事によって意外と自分に近い共通点を知る事が出来るようになる場合もあるでしょう。

だからこそ、まずはその理由を知る事も意味のある事だといえるはずです。

親に受けた教育や価値観の影響

子供は親の意見が絶対です。

だからこそ、セコケチの人は一家全体でそうした考え方を持っている場合が多々あります。

その場合、自分の考え方がおかしいという事に気が付く事が無いまま大人になってしまう可能性があります。

だからこそ、結果的に周りとずれた考え方が固まってしまうのです。

子供の頃に出来た常識は、そう簡単に治るものではありません。

例え結婚し、絢らしい家族を作ったとしても自分の考え方を相手に強要してしまうことだってあるでしょう。

そんな事が続けば離婚の原因になってしまうのも珍しい事ではありません。

このように、育った環境によって人の考え方は大きく左右されます。

その為、自分の考え方がどうなのかという事をどこかで冷静に判断する事が出来るように客観的に物事を見る心を持つ事も重要となります。

育った経済環境が特殊

今の日本でさえ、子供たちの6人に1人は貧困家庭と言われています。

だからこそ、自分が当たり前だと思っている環境が全く違う世界で生活をしてきた人がいるという現実を忘れてはいけません。

お金は、なければ我慢するしかないのです。

大人の場合には仕事をする事によって賃金を得る事も出来ますが、子供の場合にはそうはいきません。

今あるもので我慢しなければなりません。

そうした環境で幼少期を過ごしていると、いくら大人になったとしてもなかなか自分の思い通りにお金を使う事が出来ないのでしょう。

どちらかというと、お金を使用する事に対して怖いを感じてしまう事もあるかもしれません。

このように、子供のころの記憶というのはその後の人生に対して大きな影響を及ぼす事があるのです。

だからこそ、一概に相手がおかしいと判断するのではなく、その人の立場になってものごとを考える事も重要なのではないでしょうか。

セコケチな人との付き合い方

大人になると、嫌な人とも付き合わなければならないケースも多々出てくるものです。

その際、対処方法を知らずに付き合ってしまうととても迷惑をかけられてしまう事もあります。

一度関係が出来てしまうと、なかなか断りにくいという事もあるでしょう。

だからこそ、そうなる前に行動しなければなりません。

なるべく関わらない

まず、セコケチな人と関わる際には出来るだけ距離を保つ事が重要です。

つまりは深入りしないのです。

相手が何かを頼もうとする前にさっとその場から離れてしまうのです。

あからさまに無視をする必要はないものの、深入りする事は出来るだけ避けるようにした方が無難でしょう。

そうする事によって大きなトラブルを回避する事も出来るはずです。

挨拶程度の関係であれば、そこまで詳しくあれやこれやを頼まれる事もないはずです。

相手が面倒なセコケチさんの可能性がある場合には、出来るだけ早めに距離をとる事をお勧めします。

トラブルにならないようにお金の話しはしない

セコケチな人は、お金の話に敏感です。

もしそこに少しでも自分が入る事が出来そうなスペースがあれば、途端に参加してこようとする事もあるかもしれません。

ですが、そうなってしまうとどんどんと私生活に踏み込まれる事になるでしょう。

本当に仲の良い相手であれば問題はありませんが、そうではない場合にはただただ迷惑なだけの存在になる事でしょう。

だからこそ、そういった話題は一切出さないようにするのです。

相手も、自分より下だと思う人に対してはそこまで深入りをしようとはしないはずです。

下に見られる時点で少々いやな気持ちになる事もあるかもしれませんが、それでトラブルを回避する事が出来るのであれば、それはそれでメリットといえるはずです。

多少自分が嫌な思いをしたとしても、ずっとたかられるよりはましでしょう。

セコケチな人は損してる

セコケチな人は、自分がしていることは正しい事だと思っているのでしょう。

他の人よりも得をして生きているとさえ思っているかもしれません。

ですが実際はそんなことはないのでしょう。

人間は一人では生きていくことが出来ません。

たとえ自分一人で生きていると思っている場合でも、何かを買い何かを食べている時点ですでに他の人の手を借りて生きているという事になるのです。

また、仕事をしているのであればそれにかかわる人がいる時点で一人で生きているとは言えないのでしょう。

だからこそ、周りの人といい人間関係を作っていくことは結果的に自分自身の人生をより豊かなものにしていく事につながっていくのでしょう。

けれど、セコケチと言われる人はどうでしょうか。

きっと周りの人といい人間関係を作る事は出来ていないはずです。

もし出来ているのであれば、セコケチなどという言われ方はしていないはずだからです。

自分だけが良い思いをすればいいと思って行動していると、結果的に自分の周りからは誰も人がいなくなってしまう事でしょう。

そのせいでもしかすると自分では気が付いていないだけで大きな損をしてしまっている可能性だってあるのです。

だからこそ、セコケチと言われている人は自分自身の行動だけではなく周りの人の行動を冷静に判断する気持ちを持って行動する事が重要となります。

そうする事によって、いかに自分が損をして行動しているのかという事を客観的に判断する事が出来るようになるのではないでしょうか。