CoCoSiA(ココシア)

セコケチだと言われる人の13個の特徴(続き5)

それでは、セコケチと言われる人はどうしてそういった考え方を持つようになってしまったのでしょうか。

その問題を解決する事によって、相手の気持ちをもっと知る事が出来るようになるかもしれません。

自分としては全く理解できないと思っている相手だとしても、ゆっくり理由を知る事によって意外と自分に近い共通点を知る事が出来るようになる場合もあるでしょう。

だからこそ、まずはその理由を知る事も意味のある事だといえるはずです。

親に受けた教育や価値観の影響

子供は親の意見が絶対です。

だからこそ、セコケチの人は一家全体でそうした考え方を持っている場合が多々あります。

その場合、自分の考え方がおかしいという事に気が付く事が無いまま大人になってしまう可能性があります。

だからこそ、結果的に周りとずれた考え方が固まってしまうのです。

子供の頃に出来た常識は、そう簡単に治るものではありません。

例え結婚し、絢らしい家族を作ったとしても自分の考え方を相手に強要してしまうことだってあるでしょう。

そんな事が続けば離婚の原因になってしまうのも珍しい事ではありません。

このように、育った環境によって人の考え方は大きく左右されます。

その為、自分の考え方がどうなのかという事をどこかで冷静に判断する事が出来るように客観的に物事を見る心を持つ事も重要となります。

育った経済環境が特殊

今の日本でさえ、子供たちの6人に1人は貧困家庭と言われています。

だからこそ、自分が当たり前だと思っている環境が全く違う世界で生活をしてきた人がいるという現実を忘れてはいけません。

お金は、なければ我慢するしかないのです。

大人の場合には仕事をする事によって賃金を得る事も出来ますが、子供の場合にはそうはいきません。

今あるもので我慢しなければなりません。

そうした環境で幼少期を過ごしていると、いくら大人になったとしてもなかなか自分の思い通りにお金を使う事が出来ないのでしょう。

どちらかというと、お金を使用する事に対して怖いを感じてしまう事もあるかもしれません。

このように、子供のころの記憶というのはその後の人生に対して大きな影響を及ぼす事があるのです。

だからこそ、一概に相手がおかしいと判断するのではなく、その人の立場になってものごとを考える事も重要なのではないでしょうか。

セコケチな人との付き合い方

大人になると、嫌な人とも付き合わなければならないケースも多々出てくるものです。

その際、対処方法を知らずに付き合ってしまうととても迷惑をかけられてしまう事もあります。

一度関係が出来てしまうと、なかなか断りにくいという事もあるでしょう。

だからこそ、そうなる前に行動しなければなりません。

なるべく関わらない

まず、セコケチな人と関わる際には出来るだけ距離を保つ事が重要です。

つまりは深入りしないのです。

相手が何かを頼もうとする前にさっとその場から離れてしまうのです。

あからさまに無視をする必要はないものの、深入りする事は出来るだけ避けるようにした方が無難でしょう。

そうする事によって大きなトラブルを回避する事も出来るはずです。

挨拶程度の関係であれば、そこまで詳しくあれやこれやを頼まれる事もないはずです。

相手が面倒なセコケチさんの可能性がある場合には、出来るだけ早めに距離をとる事をお勧めします。

トラブルにならないようにお金の話しはしない

セコケチな人は、お金の話に敏感です。

もしそこに少しでも自分が入る事が出来そうなスペースがあれば、途端に参加してこようとする事もあるかもしれません。

ですが、そうなってしまうとどんどんと私生活に踏み込まれる事になるでしょう。

本当に仲の良い相手であれば問題はありませんが、そうではない場合にはただただ迷惑なだけの存在になる事でしょう。

だからこそ、そういった話題は一切出さないようにするのです。

相手も、自分より下だと思う人に対してはそこまで深入りをしようとはしないはずです。

下に見られる時点で少々いやな気持ちになる事もあるかもしれませんが、それでトラブルを回避する事が出来るのであれば、それはそれでメリットといえるはずです。

多少自分が嫌な思いをしたとしても、ずっとたかられるよりはましでしょう。

セコケチな人は損してる

セコケチな人は、自分がしていることは正しい事だと思っているのでしょう。

他の人よりも得をして生きているとさえ思っているかもしれません。

ですが実際はそんなことはないのでしょう。