結婚は人生の中でも大きな決断です。

その決断をする為には、人はいろいろな事を考えるはずです。

勢いに任せて結婚する人もいるかもしれませんが、どうでも良い人と結婚しようと思う人はそういるものではありません。

大抵の場合、自分が良いと思った人と結婚しているのでしょう。

『この人が運命の人』そんな風に結婚相手を決めている人だっているはずです。

ですが、人の気持ちは変わるものなのです。

いつの間にかその運命の相手が変わってしまう場合もあります。

日本は、一夫多妻制ではありません。

結婚した場合必ず決まった相手と一生を過ごす事が前提となっています。

他の人と恋愛し、肉体関係にまで及んでしまう事は罪になるのです。

だからこそ、自分の結婚した相手とは常に良い関係を維持していく事が重要なのでしょう。

けれど、それはあくまでも建前の話です。

誰もが浮気をしようと思って結婚をしているわけではありません。

ですが結果的にそうなってしまう事もあるのです。

一昔前『浮気は文化』と言い放った芸能人が居ました。

『浮気は男の甲斐性』という言い方をする人も居ます。

それだけ男性は浮気をするものだという感覚が多くの人の中に備わっていたのでしょう。

だからこそ、多くの人浮気をする=男の問題と思っていたのです。

ですが、時代は変わったのです。

今では浮気をするのは、必ずしも男性という事では無くなってきているのです。

簡単にいえば、浮気をする可能性があるのは女性も同じだという事です。

昔は、女性の生活は男性が支えている部分が大きいとされていました。

だからこそ、男性の方がどうしても立場が強いという事もあり、我慢をするのはいつも女性側だったのです。

ですが、今は違います。

女性も男性と同じように生活能力を持ち自分の力で生活をする事が出来るようになりました。

だからでしょうか。

浮気をする女性も増えてきたという事です。

そんな奥さんに浮気をされてしまう男性の事を『サレ夫』という呼び方で呼ぶ事があります。

サレ夫になるには理由があった!

浮気をされるのには、された方にも理由がある。

それは何とも理不尽な言い方です。

例え犯罪を犯したとしても、犯罪の被害者にも問題があると言っているようなものです。

それは余りにも理不尽な言い方でしょう。

もしそんな事をメディアで発言でもすれば、たちまち炎上する事は間違いありません。

ですが、そんな常識も浮気に関しては妙に周りの人が納得してしまうから不思議です。

浮気をされる夫には、何かしらの問題がある。

それは、きっと浮気をした人の意見なのでしょう。

『ここが嫌だった』『ここに不満がある』言い出せばきりがありません。

それをいちいち真に受けていては、自分が傷つくだけだという事もあります。

ですが、一方で何か理由が知りたいと思っている場合にはそれを聞く事によって自分の気持ちを整理する事が出来る場合もあるかもしれないのです。

人間、自分が予測もしていない事態に巻き込まれてしまうとその理由を知りたいと思い考えるものです。

ですが、自分の予測に反している事はいくら考えても理解する事が出来ない事も多々あるのです。

そんな時に一つの意見として理由を知る事が出来れば、自分の中でどこか諦めるきっかけを見つける事が出来るかもしれないのです。

どんな理由であれ、知る事によって心の整理をつける事が出来る場合もあります。

自分一人で考えてもいい事はありません。

だからこそ、ここは思い切って気持ちを切り替えてしまうのも一つの方法です。

その為にも相手のどんな意見も受け入れる事が重要なのかもしれません。

サレ夫とは?


普段生活している中では『サレ夫』という言葉はそう頻繁に聞くものではありません。

だからこそ、その意味が分からないという人がいたとしても不思議ではないでしょう。

もともとサレ夫とはサレ妻から派生した言葉です。

サレ妻とは「浮気された妻」という意味の言葉を略したものです。

この言葉が登場したのは、ドラマが最初だったでしょうか。

そこからデジタル漫画など様々なコンテンツの中で『サレ妻』という言葉が登場するようになっていったのです。

それが進化を遂げてサレ夫という言葉が登場してきたというわけです。

サレ夫とはサレ妻の反対。

つまりは『浮気をされた夫』という意味が込められています。

女性が浮気をされる事はそこまで珍しい事ではありません。

だからこそ、そうした被害に遭った人も沢山います。

そんな女性たちを擁護する意見も沢山あり、分かり合える仲間も沢山いる事でしょう。

ですが、その逆はどうでしょうか。

男性が浮気をされたからといって、それを素直に周りの人に話す事が出来るかどうかと聞かれれば難しい問題です。

浮気をされる事は、恥ずかしい事では無いはずです。

どちらかと言えば被害者なのですから、そこを隠す必要は無いようにも思います。

ですが、男性の場合にはそうもいかないからこそ、辛い部分もあるのでしょう。

日本はいまだに男尊女卑の考え方がどこかに残っています。

だからこそ、女性が浮気をされればかわいそうな人になるのに、同じように男性が浮気をされると情けない人になってしまうのです。

それはなんとも納得がいかない話です。

だからこそ、サレ夫の人はどうしても自分の中で問題を抱えてしまうケースが多くなっていると言わざるを得ません。

本来であれば、女性と同じように男性も多くの人に慰められるべき存在のはずです。

にも拘わらずそれをしてもらえないばかりか、周りに責められるような事があれば辛い気持ちになってしまったとしても仕方がないのではないでしょうか。

相手の事を思いやる気持ちがあるかどうかによってその人の気持ちを理解してあげる事が出来るかどうかが変わってくるのかもしれません。

サレ夫の7個の特徴

それではここでサレ夫になってしまう人の特徴についてご紹介させていただきたいと思います。

サレ夫になりたいと思う人はいないはずです。

だからこそ、結果的にそうなってしまったという人が多いのでしょう。

その場合、どうしても自分の意思ではコントロールできない部分もあるのでしょう。

人によっては、恋多き女性を好きになりやすいというようなタイプの問題もあるでしょう。

そんな場合には、男性の問題では無く女性自身の問題という事も多々あります。

だからこそ、自分の気持ちだけではどうにもならない事もあるでしょう。

ですが、そんな中にもやはり共通点というものはあるのかもしれません。

様々な人がいる中で、サレ夫になってしまう人もいればそうでは無い人もいます。

女性の好みに問題があるという場合もあるかもしれませんが、男性に全く問題がないかと聞かれればそれも難しい問題です。

だからこそ、あえてその特徴を知りそれを回避る事が出来るように行動してみるのも大事な事なのではないでしょうか。

自分自身を変える事は難しい事です。

だからこそ、100パーセント性格を変える事は出来ないでしょう。

ですが、気を付けて行動する事は出来るはずです。

少しでもサレ夫になる事が無いように行動する為にも自分に出来る事を考えて行動してみてはいかがでしょうか。

その為にもまずはその特徴を知り、行動を決める事が重要です。

真面目で堅実

まず、サレ夫になってしまう人の大きな特徴についてご紹介させていただきます。

それは真面目で堅実という事です。

結婚相手で真面目で堅実という事は、とても良いポイントのはずです。

だからこそ、そうした人をあえて選んで結婚をする人もいるでしょう。

ですが、その反面その性格があだとなってしまう時があるのです。

と言うのも、女性はどこかで刺激を求めている生き物なのです。

だからこそ、それが無い男性に対してどこかで物足りないと感じてしまう事があるのです。

真面目で堅実なのはいい事です。

そんな人が夫になってくれれば、きっと安定した落ち着いた生活が送れるはずです。

ですが、一方でそれが安心感に繋がるばかりか妻の気持ちを大きくしてしまう事に繋がるのです。

それが結果的に浮気という問題に繋がってしまうのです。

刺激がない生活はいい面と悪い面があります。

それを求めている人もいれば、それがつまらないと感じる人だっているのです。

だからこそ、そのつまらないと感じる人の場合にはそれが浮気を引き起こす結果になってしまったとしても不思議では無いのでしょう。

自分は真面目に一生懸命やってきたのに、何がいけなかったのだと思い悩む事もあるでしょう。

まさか自分が真面目にやってきた事が問題だったとは夢にも思わないかもしれません。

人間の心など、何がどうなっているのか他人が考えるだけ無駄だという事もあります。

理解出来ない部分があったとしても仕方がない事なのでしょう。

倹約家

倹約家とは、お金を大事にする事です。

自分が稼いだお金を大事にする気持ちは大事な事です。

そうする事によって、家を買ったり車を買ったり、子供の教育費にする人だっている事でしょう。

それは悪い事ではありません。

限りあるお金の中で、自分たちに合った生活をする事はいい事です。

ですが一方で、それがやり過ぎてしまうと「ケチ」という問題につながってしまう事もあるでしょう。

そうなってしまうと、結果的に周りの人を不幸にしてしまう事があります。

ケチな生活はストレスが溜まるものです。

そんな生活が続く事によって、結果的に夫婦生活に対して不満が大きくなってしまうという事があります。

倹約家の生活が結果的に夫婦の生活を壊してしまう事になってしまうのでしょう。

自分が良いと思っている生活も、相手にとっては不幸でしかない場合もあります。

そんな気持ちに気が付く事が出来るかどうかが大きなポイントなのかもしれません。

いくら自分が良いと思っても、相手からすればそれがいい事だとは限りません。

だからこそ、自分の考えを押し付ける事が無いように生活を考えていかなければならないのかもしれません。

愛情表現が上手くない

愛情表現とは、つまり相手の事をどう思っているかどうかという事です。

恋人の時代には『好き』『愛している』といろいろな言葉を相手に伝えていた事もあるでしょう。

もともとそうした発言をする事が苦手な人もいますが、全くしない人は少ないはずです。

言葉が無かったとしても、相手の気持ちを態度によって知る事が出来る場合もあります。

そんな場合には、あえて口に出す事がなかったとしても相手の気持ちを感じる事が出来るからこそ、安心した生活を送る事が出来るのです。

ですが、結婚した後は、そうした愛情表現が出来るかどうかが大事なポイントなのです。

自分の事だけではなく、相手がどう思ってどんな気持ちでいるのか。

そんなことを考えながら生活することが大事なのです。

時が経てば経つほど、愛情表現をすることに対して抵抗感を感じる人もいるかもしれません。

気持ちが冷めたわけではないものの、どうしても馴れ合いの気持ちが出てしまい、結果的に自分の中で気持ちを完結してしまうのです。

『言わなくても気持ちは伝わる』そんな怠慢的な気持ちが、結果的に相手を悲しませる事になってしまっているのかもしれません。

大事な事はあえて口にする事なのです。

例え分かりきった事だとしても、それを相手に改めて伝えるかどうかによって、2人の関係は変わっていくのでしょう。

それを心がけて生活する事が出来ている人は、きっとマンネリ化はしないのではないでしょうか。

自分が愛されていると感じる事が出来れば、他の人に愛情を求める事はないはずです。

何処かに満たされない気持ちがあるからこそ、他に目を向けてしまうのです。

そうした女性の心理を理解してするように行動する事が出来るかどうかを考える事が、サレ夫にならない為には重要なポイントです。

夫婦関係がマンネリ化している


夫婦関係は、2人にしか分からない部分が沢山あります。

だからこそ、周りから見ると喧嘩の多い二人だったとしても、実際はそれが二人の仲の良さのポイントとなる事もあるでしょう。

反対に言えば、誰が見てもオシドリ夫婦に見える二人も、実際には関係が冷え切ってしまっている可能性だってあるのです。

だからこそ、それが結果的に二人の仲を壊す事に繋がる場合もあります。

夫婦関係のマンネリ化は、周りが見ても分からない部分が沢山あります。

それは、当事者である自分自身もそうなのかもしれません。

夫としてはうまく夫婦関係を作る事が出来ていると思ってる場合でも、女性の方からすると不満が沢山溜まってしまっている場合もあるでしょう。

その気持ちに気が付かず過ごす事によって、結果的に女性の気持ちが他に向いてしまう事もあります。

サレ夫になってしまう原因には女性の気持ちが他に行ってしまうという事があるのでしょう。

自分の夫に満足しているのにも関わらず浮気をする女性はいないとは言いませんが、実際にはそういるものではありません。

皆何かしらの不満があるからこそ、結果的にそうした行動に出ているのです。

だからこそ、男性側としては女性の気持ちを大事にするとともに、自分の行動を改めて客観的に判断する事が出来るようにする事も大事なポイントになるのかもしれません。

優しい言葉や感謝の言葉をかけることを忘れてしまっている

夫婦とは一生の付き合いです。

だからこそ、恋人同士の時は一緒に居る事が嬉しいと思いその時間が貴重だと感じる事が出来ていた二人でも、いつの間にかそこにいる事が当たり前になってしまうのです。

だからこそ、結果的に相手への感謝の気持ちなどを改めて伝える機会がなくなってしまうのかもしれません。

いつも一緒に居るからこそ、何も言わなくても相手には気持ちが伝わるだろうと思うはずです。

確かにその通りかもしれません。

あえて口に出さなくてもお互いに信頼しあう事が出来る事は素晴らしい事です。

ですが一方で、わかっていてもあえて口に出して話をして欲しいという事もあるのです。

相手から何も言われないまま日々を過ごしていると、段々と不安になってくるものです。

本当はきちんと気持ちがあるのにも関わらず、それを疑うような事をしたくなる気持ちになってしまう事も分からないでは無いのではなでしょうか。

常に愛されていると実感する事が出来るかどうかによって、その後の気持ちの変化も大きく変わっていくのかもしれません。

仕事最優先に生きている

今は男女平等の社会です。

だからこそ、男性は仕事だけしていればいいという考えにはならないはずです。

きっと仕事は大事にしているものの、どこかで家庭も同じように大事にしなければならないという事に気が付いているのでしょう。

ですが、少し前までの日本はそうではありませんでした。

男性は外で働く事が基本であり、家の事は奥さんに任せておけばいいという考え方の人が多く居ました。

だからこそ、結果的に仕事優先の生活をしてきてしまい、奥さんの心が離れている事に一切気が付かないまま日々が過ぎてしまっているという事もあるのです。

仕事を頑張る事は悪い事ではありません。

それをする事によって、家族が安心して暮らしていく事が出来るのもまた事実です。

ですが、何事もやり過ぎてはいけません。

もし仮に仕事ばかりをしている旦那さんが目の前に居れば、それに奥さんが不満を持ったとしても不思議では無いはずです。

いくら外で仕事を頑張っていたとしても、家族の事は家族で決めたい物です。

それは極々当たり前の心理です。

子育てで悩みがあれば相談したい。

そんな事も出来ない相手との将来は、絶望を感じるものなのでしょう。

だからこそ、結果的に他の人に癒やしを求めるという事に繋がってしまうのでしょう。

家事や子育てをしない

仕事には休みがあります。

よっぽどのブラック企業でも無い限り、週に1日は休みがあり仕事をすればそれだけ対価をもらう事が出来るはずです。

だからこそ、人は仕事をしているのです。

生き甲斐として仕事をしている人も居ますが、安定した生活があってこその生きがいです。

だからこそ、生活する為にも仕事をする事は大切なことなのでしょう。

このように『仕事』には見返りがあります。

やればやっただけ、自分の為になるものなのです。

ですが、家事や育児はどうでしょうか。

365日休みなしで働き続け、ボーナスは愚か1円だって支払われることが無いのです。

普段家事や育児をしない人からすると、家にずっと居る段階で暇そうに見えるのかもしれません。

人によってはだらだらと遊んでいると思っている人も居ます。

だからこそ、心の何処かで外で仕事をしている方が偉いといった感覚になってしまうのでしょう。

そのせいで、家事や育児をしてくれている人に対する感謝が無くなってしまうのです。

そればかりか、手伝おうという気持ちすら無くなってしまうのでしょう。

毎日同じ事をする事ほど大変な事はありません。

というのもそれらには終わりがないからです。

やってもやっても家事は毎日続くものです。

また、育児は自分の思い通りに行くものではありません。

どんなに綿密な計画を立てたとしても、それをあっという間に壊されてしまうのです。

だからこそ、ストレスも溜まるでしょう。

いくら可愛い自分の子供であっても、たまには離れたい、休みたい。

そう思う気持ちは極々自然な事なのです。

にも関わらず、それらを全く理解せず手伝う事も無い旦那さんだった場合どう思うでしょうか。

愛情が冷めてしまうのも、納得の事でしょう。

家族の事は家族でする事が当たり前です。

その感覚が無かったせいで結果的に嫌われてしまったりサレ夫になってしまったとしても、それはある意味では自業自得なのかもしれません。

サレ夫にならないためにできること

サレ夫になりやすい人の特徴について、ここまでご紹介させて頂きました。

人によっては自分に当てはまる事があり、焦る気持ちになってしまった人も居るかもしれません。

勿論、人の気持ちは一概に決める事は出来ません。

あくまでも、それらの傾向がある人がサレ夫になりやすいというだけで必ずしもなるという事は無いのでしょう。

しかしながら、もしその傾向があるのであれば、そうならないようにある程度気を付けて行動する事が大事なのかもしれません。

そこで、ここからはサレ夫にならない為に必要なポイントについてご紹介させて頂きます。

自分としてはあまり気にしないポイントだったとしても、相手にとっては大きなポイントになる事もあるでしょう。

もっといえば、それがキッカケで気持ちが冷めてしまう原因になる事だって多々あるのです。

だからこそ、そうならないようにする為にもどういった事を気をつけるべきなのかを考えて行動する事が大切なのかもしれません。

いつも感謝の言葉や褒めることを忘れない

まず、サレ夫にらならない事に大切な事は相手を大切にする気持ちです。

とても大切なことではあるものの、付き合いが長くなればなるほど、そうした大切な思いは何処かで薄れていってしまうのかもしれません。

それが結果的に2人の関係を冷え切ったものにしてしまうのかもしれません。

そのせいで、結果的に2人の関係が離れる原因となってしまうのでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にはいつでも感謝の気持ちを持ったり褒める気持ちを持つ事が大事だとされています。

奥さんが旦那さんの世話をする事は当たり前の事ではないのです。

ですがそれが長くなればなる程、いつのまにかそれが当たり前のように感じてしまうようになってしまうのです。

そのせいで相手の気持ちを考える事が出来ないような行動を無意識に取ってしまう事だってあるのです。

無意識な行動ほど、相手を傷つけるものはありません。

そうならないようにする為にも、常に感謝の気持ちを持って行動する事が大切なのでしょう。

例えご機嫌取りだと感じていたとしても、褒められてうれしくない人は居ません。

その気持ちを伝える事によって相手が喜んでくれるのであれば、あえてそれを伝える事にもれっきとした意味があるという事が言えるでしょう。

そうしたちょっとした気遣いが結果的に良い夫婦関係を作る為には重要なポイントとなるのでしょう。

妻の小さな変化にも気付けるよう、よく見る

女性はいつまで経っても女性で居たいものです。

だからこそ、自分の変化についてはいつでも気が付いて欲しいと思っているのです。

髪型を変えた・新しいネイルをした。新しい服を着てる。

そんな小さな変化に気が付いてくれる事によって、自分自身に興味を持ってくれているという事を実感する事が出来るのでしょう。

それが結果的に愛されているということを実感できるのでしょう。

愛されていると感じる事が出来る事は、女性にとってはとても幸せな事です。

その気持ちがあれば、例え日々の生活に刺激がなくなった生活だとしても、他の人に気持ちが移る事なく落ち着いた結婚生活を維持する事が出来るようになっていくのでは無いでしょうか。

そんな小さな事が結果的に結婚生活という大きな問題を解決する事が出来るようになるのかもしれません。

家の中でもよく話をするよう心掛ける

夫婦の時間が長くなればなるほど、会話が無くなっていく事もあります。

あえて話をしなくても、お互いに相手が何を考えているのかが分かるようになるからこそ、あえて言葉に出すという事をしなくなる場合もあります。

昔は話をする事自体が楽しかったのにもかかわらず、段々と話をする必要性を感じなくなってしまうのです。

その結果、会話をする事自体が少なくなってしまうのです。

ですが、それでは相手の気持ちが冷めている事に気がつくことが出来なくなってしまいます。

後から後悔したとしても一度でも離れた心を取り戻すのにはとてつもない時間がかかってしまうものです。

もしかしたら、既に取り返す事が出来ない場合もあります。

だからこそ、まずそうならないように行動する事が大事なのでしょう。

自然と会話が無くなってしまっている場合、あえて会話をしようと意識する事が大切です。

コミュニケーションを維持する事は有効な夫婦関係を維持するためには大事な事です。

それを意識して行動する事によって、結果的にいい関係を作る事が出来るのです。

家の中で会話があるという事は、いい家庭環境をつくる為にも大事な事です。

楽しい事も楽しくない事も、誰かと会話をする事によって幸せな気持ちになる事でしょう。

そんな当たり前のことをする事が大事なのです。

何気ない会話が大切

会話をすると言うと、なんだか大それた話をしなければならないような気持ちになってしまう事もあるでしょう。

ですが、実際にはそんなことはありません。

たわいもない会話を楽しむ事が大事なのです。

そうした会話の中で愛情を育てる事が、結果的にサレ夫になることを避ける事が出来るようになるのです。

だからこそ、毎日数分でも必ず目を見て会話をするようにしてください。

ここで大事になるのが、相手の目を見て会話をする事です。

最近では携帯電話が無くてはならない存在になりつつあります。

だからでしょうか。

最近ではその携帯電話を会話中も手から離さず目までそちらに向いてしまっているという事もあります。

そのせいで、夫としては会話をしているつもりになっているだけで、結果的に会話をしていることにはなっていないなんて事もあるのです。

そうした意味でもTVや携帯を置いてしっかりと会話をするように意識していきましょう。

家事や育児を手伝う

家事や育児を手伝う事は、いい夫婦関係を作っていく為にはとても大事なポイントです。

そのポイントをきちんと押さえる事が出来ていないと、他でどんなに頑張ったとしても妻の気持ちを取り戻す事は難しいでしょう。

いくら褒められたり女性として扱うことを忘れていなかったとしても、そこに家事や育児を全くしないというマイナスポイントが追加されれば、結果的に全体の評価はマイナスとなります。

それだけ家事や育児が占める割合は大きなものなのです。

だからこそ、サレ夫にならないようにしたければ、そうした細かい努力を続ける事が重要です。

まとめ

結婚するときは、誰もが幸せを夢見て結婚しているのでしょう。

だからこそ、その時には自分がサレ夫になる可能性があるとは夢にも思っていないはずです。

けれど、人生は分からないものです。

自分には関係ないと思っていた事も、ある日突然自分の目の前にやって来る事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、自分の気持ちだけでは無く、相手がどう思っているのか。

不満は無いのかなど、詳しく考えて行動する事が必要となるのでしょう。

今までは浮気をされると言えば女性側だと思われてきたものです。

ですが、最近ではそんな事はありません。

もしかしたら、もう既に貴方もサレ夫になってしまっている可能性もあるのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも日々の生活を見直す事が必要なのでしょう。

幸せな結婚生活をする為には、日頃の努力が必要です。

その為にも、自分に出来る事を意識して行動していきましょう。