皆さんは、日常生活の中に些細な喜びはありますか?

日々忙しい日々を過ごしている方も多いことでしょう。

そうなると、些細なことに喜びを感じるというのが難しくなってきてしまいます。

しかしそのような些細な喜びを感じられることによって、とても生きやすくなってきます。

この記事では、些細なことだけど嬉しいことについて見ていきましょう。

小さな喜びの積み重ねが、人生をより豊かにする

今の日本において、つい見過ごされがちなところはありますが、小さな喜びは本当に色々な所にあります。

日本において今、戦争はありませんよね。

空爆に怯えることなく過ごすことができています。

日々食べるものにも困っているご家庭もそんなに多くはないのではないのでしょうか。

仮にそうなってしまう可能性のあるご世帯だとしても、生活保護などを受ける権利があるなど、困ったときにはセーフティーネットがあります。

このようなことから、多くの方は絶対的貧困である方は圧倒的に少ないでしょう。

このように見ていると、日本は非常に良い国と言えます。

相対的貧困が今、日本において非常に問題になっているところはあるものの、それでも人生で小さな喜びというものがいろいろと積み重なるところもあります。

ものは見方によっていくらでも変わります。

その見方を変えることによって小さな幸せが見えてきます。

小さな喜びを噛みしめて生きていますか?

ついつい人と比べて、いろいろと悩んでしまったりということが、あるのではないのでしょうか。

それは自分に足りないものに、着目しすぎているからです。

もちろん、そのように足りないものを得ようとハングリー精神で頑張っていくというのも、一つの生き方として良い生き方と言えます。

そうした生き方をすることで、より上を目指すことができるというところがあります。

しかしそのような生き方が皆が皆、向いているわけではありません。

もし、そのようにしんどいと感じた時、今ある現状に目を向けて小さな喜びを噛み締めて生きてみるのはいかがでしょうか。

こうすることによって、このままでいいのだなと思わせるようなこともあるでしょう。

この小さな幸せを積み重ねることによって、精神的な安定を見い出すことだって可能です。

人は小さな喜びに気付きにくい

日本は今、豊かな国だからこそ、ついついそのような小さな喜びに目が向かないところもあります。

今は共働きも主流になっています。

ゆっくりとする時間がないということから、つい時間が足りないとか「こんな家電があったらいいのに」という風に思ってしまうこともあるでしょう。

このように忙しくしていればいるほどに、小さな幸せを見出すのが難しくなっていくというところがあります。

しかしよく考えてみると、日本は奇跡の国と言えるのではないのでしょうか。

よくアフリカなどの国で比較的庶民的な生活をしている方で、電気などを使っていない人が日本に来ると「日本は魔法の国だ」ということを言います。

それは電化製品が色々とありますので、料理も簡単に出来ますし、水道もありますので水汲みに行く必要もありません。

水汲みというのは見たことがある人はわかると思いますが、重い水を頭の上に乗せて運んだりしていますよね。

そのようなことをせずに済むというのは、奇跡と言っても良いのではないのでしょうか。

なんでも「当たり前」を思ってはいけない

このように、色々なことに目を向けていくと当たり前と思ってはいけないところがあります。

日本ほどインフラが揃っていて、皆が皆、同じような暮らしができている国というのも珍しいところがあります。

確かに教育費を貯めるのがすごく大変だったり、老後の不安があったりという部分があります。

しかしこの不安というのは、意外にも日本人の心配性なところが作り出しているところもあるとも言えます。

例えば老後は家を貸してもらえないかもしれないと無理をして、35年ローン組んで家を買うというようなこともあります。

もちろんそのような価値観が悪いわけではありません。

しかし不安だけで動くと、後悔をするということもあるのです。

今ある幸せに目を向けるというのは、精神的な健康においても重要なことです。

些細なことだけど嬉しいと感じる15個の出来事

本当に些細なことだけれど、嬉しいと感じる出来事とは、どのようなものがあるのでしょうか。

些細なことだけど嬉しいと感じる出来事について見ていきましょう。

密かに好意を寄せている人と目が合った

やはり一番嬉しいことは、密かに思っている人と目が合ったというような小さな幸せを感じられるということです。

好きな人だけど、なかなか声をかけられないということはよくありますよね。

店員さんと客というような立場だと、なかなかそこから親しくなるのは難しいところがあります。

さらには電車などで一緒な人ということになると、そこから親しくなるのは難しいでしょう。

このようなことから、密やかに好意を抱いている状態になっていくという一面があります。

だけどここで目が合ったということが、すごく嬉しい出来事だったりもしますよね。

占いでその日の運勢が1位だった

たかが占いとは言われてても、やはりその日の運勢が1位だと嬉しいですよね。

良いところを言われると、この通りにしたら良い事があるんじゃないかと思わせるところがあります。

確かに「迷信でしょ」と言われたらその通りかもしれないけれど、仮に迷信だとしても、良い方向性に進むと言われるとちょっと嬉しいところがありますよね。

信号にひっかからずスムーズに移動できた


歩きや自転車の人も、もちろんですが、車の人であっても信号に引っかかるとなると止まる必要もありますし、着くのがちょっと遅くなるということもありますよね。

そのような所で、信号に引っかからないで進むことができたというのは、ちょっと嬉しい出来事と言えるでしょう。

そんなに大きく幸せを感じるというような出来事ではないけれど、信号に引っかからずにスムーズに移動できると「やった!」と思うところがありますよね。

このような小さい幸せでも、幸せを噛み締めることで一日をハッピーに過ごすことができます、

いつも買っているものがとても安く買えた

買い物というのは、結果的に必要になったら買うしかないというところはあるけれど、その時にたまたまとても安く買えたとなると、とても嬉しいところがありますよね。

特に主婦の方は、そのようなことを感じることが多いのではないのでしょうか。

ネットショッピングをしていて、たまたまいつも買っているものが安く売り出されていたとしたら嬉しいですよね。

それが消耗品とか食品であっても、いつもより安く購入することができたというだけでとても幸せなのです。

もちろん一人暮らしで、自分の給料で生活しているという方にとっては、いつも買っているものが安く買えるというのは、とても嬉しいことなのではないのでしょうか。

乗り物で良い席が空いていた

電車などでも、乗り物の中で良い席が空いていたら嬉しいですよね。

例えば景色が見れるようなところだと、景色を見て過ごすことができるので暇をしません。

最近はスマホなどもあるので、それで時間つぶしができます。

けれど景色を見ながら過ごすというのは、電車に乗る醍醐味だからこそ、このように景色が見ることができる席に座れたら嬉しいですよね。

このように、ちょっとしたことで幸せを感じるということはよくあることです。

可愛い(かっこいい)店員さんに爽やかな接客を受けた

男性でも女性でも、可愛い店員さんやかっこいい店員さんのレジがあったら、そこに並びたいなと思ったりしますよね。

レジではなくても、洋服を買うときや何か電化製品を買う時などの接客を受けるという時もあります。

こんな時に、タイプの人が接客をしてくれたらさらに嬉しいですよね。

その上で、爽やかな接客を受けることができたら、その商品を買った後もルンルンで帰って行くことができそうです。

ずっと探していた物がひょっこり出てきた

ずっと探しているのになかなか見つからないものってありますよね。

諦めていたのに、なにかのタイミングでそういうものがひょっこりと出てくることもあります。

そういう時は嬉しくなりますよね。

髪型やメイクなどが思い通りに決まった


メイクは肌のコンディションなどもありますので、全く同じ化粧をしたとしても化粧のりなどは違うことがありますよね。

なんだか今日は調子が悪いなと思った時は、あまりメイクなども決まらないことがあります。

そして髪型も、寝癖がひどいと、なかなかセットも大変です。

でもこの髪型やメイクが思い通りに決まったとなると、1日を良い気分で過ごすことができますよね。

特に女性は、そのような気持ちがよく分かるのではないのでしょうか。

ぐっすり寝て気持ち良く目覚めることができた

ぐっすりと眠り、さらには気持ちよく起きることができたら、こんなに嬉しいことはありません。

忙しくてなかなか睡眠時間がとれなかったり、朝はいつもだるいという人も多いと思います。

そういう人は、ぐっすり寝て気持ちよく目覚めるという当たり前のようなことに幸せを感じるものです。

服装や外見を誰かに褒められた

仮にお世辞だとしても、自分が選んだ服装が褒められると嬉しいですし、容姿について褒められるととても嬉しいと思います。

服のセンスだと、自分のセンスの良さを褒めてもらえたということで嬉しいのかもしれませんね。

直前に勉強したことが試験に出た

学生さんであれば経験したことがある人も多いと思いますが、直前に勉強したことが試験に出るとラッキーと思いますよね。

試験の前の休み時間に追い込みのように教科書やノートを見る人も多いと思いますが、その部分が試験に出たりすることもありますよね。

学生さんだと、このような小さな幸せを感じられることもあるのではないのでしょうか。

タクシーでメーターが上がる直前に到着できた

飲み会の帰りなどで、タクシーを使うということもあると思います。

そうするとメーターが気になるところですが、メーターが上がる直前に到達できたら、嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

家の中を綺麗に掃除した

家の中の掃除というのは、なかなか億劫になってしまいがちですが、一度始めると楽しいところがあり、さらには家の中を綺麗に掃除して、すっきりとしたという達成感から小さな幸せを感じることがあります。

そして色々と不要なものを溜め込んでいたけれど、それを捨てることができら、とっても爽快な気持ちになります。

ただこの爽快な気持ちになると分かっていても、なかなか取り組めないということもありますよね。

だからこそ、このように綺麗に掃除したという時に幸せな感じを受けるのです。

レジでたくさんあった小銭を使い切ることが出来た

最近は〇〇ペイということで、キャッシュレスになったりするところもありますし、クレジット払いをするということも多いですが、まだまだ現金払いも多いです。

その時に、たくさんあった小銭を使い切ることができると、ちょっとした幸せを感じることができます。

会計がゾロ目に揃った

そんなに大したことではないと言われたらそれまでなのですが、会計がゾロ目に揃ったというのも嬉しく感じることがあります。

偶然なんだけど、ちょっと「ふふっ」と笑ってしまうような出来事ですよね。

些細なことに喜びを感じられる人の特徴

では些細なことに喜びを感じられる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

些細なことに喜びを感じられる人の特徴について、いろいろと見ていきましょう。

笑顔で上機嫌

基本的に、このような人は笑顔で上機嫌というところがあります。

本当に日々の転がっている幸せを拾い上げていくことができるので、常に笑顔でいたりしますし、常に機嫌が良いところがあります。

このような人は、もし何か他の人だとちょっと落ち込んでしまうような出来事であっても「まあ、いいか!」と常にのかもしれません。

謙虚で出しゃばらない

小さなことに幸せを感じているタイプの人は、色々とアピールする力が強いのではないかと思われる一面がありますが、決してそうではありません。

謙虚ででしゃばらないところがあり、一人幸せを感じているというところがあります。

だからこそ、そのような幸せの押し売りのようなことをすることはありません。

繊細で感情豊か

明るくポジティブな人は、ともすればなんだか大雑把な人という感じがしますが、色々な些細な事をキャッチするには、繊細な気持ちが必要なところがあります。

さらには感情が豊かなところがありますので、色々な喜びを表情に表すことが非常に得意なところがあります。

だからこそ常に機嫌がよいというところがあり、人を集めるところがあります。

このような人としての感情が繊細なところも、非常に良いところと言えるでしょう。

やはり小さな変化や、小さな幸せに気がつくというのは、繊細であったり感情が豊かでないとうまくできないというところがあるのでしょう。

ポジティブ思考

さらにはこのような人は、ポジティブ思考なところがあります。

一つの物事が起こっても、そんなに悪いふうには考えません。

だからこそ明るく解決できるところがあります。

ネガティブな人も、危険回避に優れているという点から、決して悪いというわけではないのですが、ネガティブ思考な人は、そのネガティブさに捕われて対策が講じられなくなると、身動きが取れなくなってしまいます。

ネガティブだからこそ、対策を立てそのような「もしもの時」を回避していく力があるということであれば、ネガティブな一面も長所になるのですが、色々とネガティブに考えて慎重に慎重になった上に、対策を講じることができず、その状況に甘んじるしかできないというようになってきた時に、ネガティブな感情は非常に足かせになってしまうところがあります。

それに対しポジティブな人であれば、物事を悪く考えないというところがあり、最悪な時にどのように手を打ったらいいのかということを悩んでしまうということも否定はできません。

しかも人はやはりマイナスな感情を抱くことで、だんだんと視野が狭くなってしまうこともあります。

ポジティブな人は、基本的に物事をポジティブに考えますので、あまり視野が狭くなるということはありません。

ひとまずやってみてダメだったら考えようというようなポジティブな感情から、なんだかんだ言って人から見たら最悪な事態でも打破していく可能性があります。

いつも感謝の気持ちを忘れない

やはりこのような人は、感謝の気持ちがあるというのが非常に素晴らしいところです。

やはり色々と感謝をすることによって、人からも良い感情で見られることがあります。

して当然だと思われると、なんだか嫌な気持ちになってくるのが人間というものです。

だけどしたことに関して喜んでもらったら、やりがいがあると思うようなところもありますよね。

著者も下の子が小学校1年生の時に、登校しぶりがあったのですが、先生が非常に良い先生で校門先まで下の子お迎えに来てくれました。

そして先生に懇談の時に「その後どうですか?」と聞かれたのですが「先生が校門前に立ってくださるおかげで、泣く回数も減り、学校に行けるようになりました。本当に感謝しています。」と伝えたところ先生は笑顔になり「それなら良かったです!校門前に立ちがいがあります」と笑顔になっていらっしゃいました。

やはりこんな風に感謝の気持ちを忘れないということが、大切なのだなと思いましたね。

周囲への思い遣りの気持ちが強い

そしてそのような人は、周囲への思いやりが非常に強いところがあります。

だからこそ色々と人が集まってきます。

やはりこのようなことがあって、だんだんと幸せなことが連鎖していくのではないのかと思われるところがありますね。

やはりこのように、周囲の思いやりの気持ちを持ち日々大切に、人と幸せな物事を大切にしながら生きていくことができる人というのは、非常に良いものがあります。

もしかしたらちょっと、自分にはそのような幸せを感じる力が足りないのではないかと感じた時は、このように周囲への思いやりの気持ちを持つことを意識してみてはいかがでしょうか。

もちろん思いやりの気持ちを持ったから、必ず思いやりを返してくれるとは限りませんが、受けた恩は返したいと思うのが人としての真理である一面があります。

だからこそ、周囲を思いやってみることからはじめてみるというのも良いかもしれませんね。

そうすることで、些細なことに幸せを感じられる人の仲間入りができるかもしれません。

人間関係が良好

基本的に些細なことに幸せを感じられるような人は、人間関係が良好です。

やはり精神的な余裕があるというのも一番の要因でしょう。

お子さんに例えて言うと、例えば虐待を受けて育っているような環境にいるお子さんだと、このような幸せを感じるというのは難しいところがあるでしょう。

特に家庭においては逃げ場がありませんので、だんだんと精神的に追い詰められていくというところがあります。

もちろん人間関係に救われるというようなタイプのお子さんもいますが、人間関係が良好ではなければ、さらに追い詰められてしまうというところもあります。

だからこそ、やはり人間関係が良好であるというところから、些細なことに幸せを感じられるというような現象が起こるのでしょう。

家族の関係はもちろんですが、出来れば友人関係や職場での関係性の人間関係が良好だと、より日々が楽しくなるでしょう。

ただこれは職場に関しては運によるところもありますし、友人関係も対人スキルなどによって恵まれるかどうかはまた違うところがありますが、対人スキルはそんなになかったから幸せになれないというわけではありません。

一人の時間を問題なく過ごせる余裕があるということであれば、なんだかんだで一人で過ごしても幸せを感じるということはあります。

だからこそ人間関係が良好なのも一つの特徴ですが、もしそうするのが難しいからといって、悩むのは逆に幸せから遠ざかることになります。

幸せはすぐそばにある

日々なんだか忙しいとか、ちょっと疲れてしまったということもあるかもしれませんね。

そうなると、なかなか幸せについて目を向けるのが難しくなってくるでしょう。

ついつい足りないものなどに目を向けて、ため息をついてしまったりすることもあるのではないのでしょうか。

しかし意外にも、幸せはすぐそばにあるのです。

先ほども触れたように、世界には戦争で空爆に恐れながらも生活している人がいます。

1日1ドル以下で生活をしなければならないという国の人もいます。

しかし日本は、そのような人はほぼ皆無です。

ただ日本においては、相対的貧困などの問題もあり、幸せを感じにくいというところはあるのかもしれません。

中学生の子供を見ていると、それを顕著に思います。

著者自身が中学生の時は、誰もスマホなんて持っていないませんでしたし、そもそも発売されていませんでしたので、スマホがないから不幸だなんて、思った事すらありませんでした。

しかし今は中学生でもスマホを持っているお子さんが増えてきて、うちの子はスマホがないことに不幸を感じているというところがあります。

しかしこのように、周りと比べて足りないものを見るというのは、非常に落ち込むものです。

今、自分が持っているもの幸せなものに目を向けてみたらどうでしょうか。

ささいなことにも幸せを感じられる一面があります。

著者自身の話をすると、基本的に著者は専業主婦で、そんなに輝かしいキャリアはありません。

だけど家族は良好ですし、毎日はとても幸せです。

よく専業主婦はいろいろと掲示板で「夫がなくなったらどうするの?」とか「夫が働けなくなったらどうするの」というようなことを言われることがあります。

でも最近は、衣食住を揃えるとか、人間の生活の日本ではあるものの、まず一番お金がかかる住まいについては県営住宅や市営住宅などもあります。

さらには食に関しても、もやしを使ったりするなどでかさ増しをしたり工夫することで節約は可能です。

そして衣類に関しても、下着類などは購入するしかありませんが、服に関してはリサイクルショップなどでも何とかなります。

このようにお金をかけないで生活するということも、どうにかなるということもありそんなに悲観はしないようにしています。

そして身の回りの幸せを感じるということを大切にしているところがあります。

やはり色々なブログなどを見ていても、そのように少ないお金で幸せに暮らしている人も案外います。

確かに色々と考えすぎると悩みが尽きないところがありますが、悩みすぎても幸せを生み出すのであればまだしも、そうでないのであれば悩むだけ無駄です。

だからこそ、小さな幸せやそこに今ある幸せを感じながら幸せに生きるというのも一つの手です。