女同士のキスと言うと、あまり想像がつかないところはありますが、意外にも最近はそのようなことに抵抗が薄れつつあります。

では女同士でキスをする心理や理由などについて見ていきましょう。

意外と経験ある?!女同士でキスする理由とは?

特にお酒を飲んで酔っ払うことによって、そのようなことになることもあるようです。

同性愛に関する偏見も、昔に比べれば減ってきているように感じます。

だからこそ、ますます女同士でキスをする理由というのも、ハードルが下がりつつあるのでしょう。

女同士でキスをする心理には、どのようなものがあるのでしょうか。

女同士でキスする10の心理

女同士でキスをする10個の理由というのは、どのようなものがあるのでしょうか。

では女同士のキスの心理について10個見ていきましょう。

1.インスタ映え

最近はインスタを意識している女の子が大変多いです。

やはりインスタ映えというのは、それだけ注目を集めるというところがあります。

特に時代を問わず若い子だったら自己顕示欲もかなりということでしょう。

例えばですが、自分が気に入ったメイクをしたり、おしゃれをしたりするというのもある意味自己顕示欲です。

このようなことから、若い子はインスタ映えで、より注目を集めたいと思っているところがあります。

そんな時に目に留まるのは、女の子同士のキスという、ちょっと驚くようなことで注目を浴びたいというとこもあるでしょう。

よくありがちなのが、男女のキスというとなんだか生々しい感じがして嫌な感じがするというところもありますが、女の子同士というだけで、そのような気持ちが薄れてくるという不思議な心理があります。

このようなことから、インスタ映えを狙って、女の子同士のキスをするのでしょう。

基本的に、ここにはあまり恋愛感情はなく、ただのノリというようなことが多いです。

2.友達同士のスキンショップ


友達同士のスキンシップという意味合いでも、女の子同士でのキスに繋がっているところがあります。

特に女の子同士というのは、スキンシップなどの距離も近いところがあるので、不自然ではないというような距離感になるところがあります。

3.好奇心

特に、恋愛経験があまりないような女の子にはよくありがちですが、好奇心からそのようにしてしまうということもあります。

やはり年頃の女の子にとって、異性との付き合いと言うとハードルが高いところがあります。

男の子と付き合うのは、一大イベントというところがあるようです。

だからこそ身の周りの子で彼氏がいるというような話を聞くと、「リア充爆発しろ!」なんて言いながらも、すごく反応するというところがあるので、見ていると「そのようなことが一大イベントなんだな」ということを感じさせるところがありますね。

そのようなことから、異性と付き合うというのはハードルが高くても、同性でスキンシップを取るというハードルが低いということになると、好奇心からチャレンジしてみたいという子が出てきても不自然ではないのかもしれませんね。

4.酔った勢い

お酒を飲めるような年代になってくると、徐々にそういう人が出てきます。

酔った勢いから、キスしてしまったという失敗談もよくあります。

酔いが醒めると「しまったな。」と思うこともあるようです。

さらには、記憶がなくなるほどにお酒を飲んでいたとしたら、その記憶がすっぽりと抜けているということもなきにしもあらずです。

このようなことから、お酒の勢いでというのは年代は20代以上の方であれば、多くの方が経験しているようです。

さらにはお酒を飲んで酔っ払うことで、理性が吹っ飛んでしまうところが女同士のキスというに結びついてしまうことがあります。

5.キス魔


基本的に酔った勢いでということは多いですが、シラフにもかかわらず、そのようなことをするというのは、ある程度のキス魔であるというところもあります。

色々な女性もいますので一概には言えませんが、そのようなことに割とオープンな人というのはいます。

だからこそ女性同士の距離が非常に近かったり、ともすればキスをするのもあまり抵抗がない女性もいるというのが事実です。

このような人は、お酒を飲んでいるということは関係なしに、どのような状態でもキス魔です。

6.友情の証

友情の証として女同士のキスをしているということもあります。

日本育ちの人でも、そのような人はいるにはいますが、中には帰国子女等で、そのようなことに抵抗がないとか、挨拶代わりというような人もいるかもしれません。

最近は色々な人がいるので「えっ?」と思ったら、実は帰国子女だったというようなこともなきにしもあらずです。

よく転勤などで海外に行くということもありますので、純日本人の容姿だけど、このように西洋式の挨拶をするという人もいるかもしれませんね。

身近な例で言うと、石田純一さんの娘さんのすみれさんがそうですよね。

すみれさんはハワイで育っていますので、挨拶の仕方はこのような西洋式を取り入れていた時期があったようです。

7.その場のノリ

女性は結構空気を読むところがあります。

ですので、空気を読んでその場のノリでというところもあります。

逆にそのような空気に沿った行動するのが苦手な子が、浮きがちなところがあります。

日本に住んでいると、そんなことはあり得ないと思うかもしれませんが、先ほども触れた西洋式の挨拶をするような空気になっていたとしたら、多くの人は自分もそのようにその場に合わせる人が多いのではないのでしょうか。

8.彼氏とする時の練習

意外かもしれませんが、彼氏とキスする時の練習として、女の子同士でキスをするということもあるようです。

こちらはまだ彼氏と付き合う前の若い女の子に、よくありがちなのかもしれませんね。

9.恋愛対象

先ほども触れたように、基本的に女の子同士の恋愛というのは、今のご時世は偏見をなくしていこうという流れになってきています。

ですので、このようにフレンドリーなノリで、実は恋愛対象だったということも珍しくありません。

昔も本当はあったのかもしれないけれど、今ほど同性愛に関しての理解がそんなにありませんでした。

だからこそ、本当はそのようなところがあったのかもしれないけれど、同性愛の傾向がある子は隠してきたところがあるのかもしれません。

ですが最近は、そのようなこともオープンになってきました。

むしろ偏見をなくそうという方針まであるぐらいです。

だからこそ恋愛対象だからこそ、キスをするというところもあるのかもしれません。

10.男性が苦手

同性愛と言うと、本当に純粋に女性が好きという先天的な部分はあると思われるところがありますが、実はそうとばかりでもありません。

男性が苦手だからこそ、女性にというような人も少なからずいます。

このような人は、どちらかというと生育歴の中で、父親に苦い体験をさせられたというようなこともあるようです。

もちろん父親ばかりではなく、兄や弟など男兄弟から嫌な思いをさせられたというようなことがあると、恋愛タイプとして男性を見れなくなり、そこで女性にシフトをしていくということもあるようです。

ただ生粋に同性の女性が好きという方もいますので、育った家庭環境によって、女性が好きになったということも、そんなに多くはないようです。

先ほども触れたように、男性に嫌な思いをさせられて同性愛にというような場合の時は、バイセクシャルになることもあるようです。

女同士でキスするきっかけは?

意外にも、女同士のキスのきっかけは結構あるものですが、ではそのきっかけとはどのようなものなのでしょうか。

意外にも、そこに至るきっかけというのは、非常にハードルが低いところがあるようです。

男同士と言うと、明確に同性愛者の方であるというような感じで、しっかりとした動機がないとそこに至らないところがありますが、女性の場合は「ただ、なんとなく」とか「雰囲気に流されて…。」というようなところは割とあります。

このようなことから、非常に些細なきっかけから、このように女同士でキスをするということになるということも結構ありますので、女性の同性愛者の方ということになると意外にもチャンスがあるという可能性も高いのです。

そこまで同性愛に興味がなかった方でも、ひょっとしたら、その人のこと気になるかもということもよくあります。

また思春期は、意外にも女の子にときめくという経験をした女性も多いようです。

思春期の気の迷いというようなところもあるという説もありますが、意外にもそのようなことから同性愛の道に進むきっかけでもあるのかもしれません。

女同士でキスするタイミングは?

では女同士でキスをするというのは、ハードルが低いとは言っても、いきなりというのは少々難しいところがあります。

では、どのようなタイミングで女同士でキスをするのでしょうか?

女同士でキスしたくなったら?4つのシチュエーション別、キスまでの流れ

では、女同士でキスをしたくなったという時の、キスの流れとはどのようなものがあるのでしょうか。

やはりそこまでメジャーではないということもあり、どのような流れにするかというのは、非常に悩むところがあります。

そのようなことがオープンになってきたとはいえ、まだまだ偏見を持たれやすいということがあることから、気をつけないと、せっかくの友情関係にヒビが入ってしまうこともあります。

では別のシチュエーション別で、流れについて見ていきましょう。

1.飲み会のときに

どのような関係性かにもよりますが、友達関係だと思って、お互いがキスをする意識がない状態の時に、いきなりキスをされると相手は混乱してしまいます。

ともすれば、どのような顔をして会ったらいいかわからないということで、距離をとられてしまう可能性もあります。

だけど飲み会だと話は別です。

お酒の席だと、ついついあらぬことをしてしまうということもあるでしょう。

それはアルコールによって、理性を司るところの働きが少々弱くなるということがあるからこそ、お酒でちょっとした失敗をしてしまうということはよくあることです。

会社でも上司に、ついうっかり本音を言ってしまったというようなこともよくありますよね。

上司もお酒の席だから仕方がないなという風に流してくれることも多いですよね。

このようなことは、女の子同士の友情関係でも言えることなのではないのでしょうか。

飲み会の時だと、「もう〇〇ちゃん、酔っ払いすぎよ~。」というような感じで、笑ってくれる可能性も非常に高いです。

このような時に、お酒の力を借りるというのは大変有効です。

その時の盛り上がりにそって、抵抗のないハグなどのスキンシップから徐々に距離を詰めていくようにしましょう。

そうすることによってもしかしたら成功するかもしれません。

2.自宅でまったりしてるときに

自宅でまったりしている一つというのも、チャンスの一つではありますが、基本的にそのようなキスまでの流れが不自然ではないようにしましょう。

例えば真顔ではなく、冗談めかして「お互いに彼氏ができた時のために練習しない?」というような感じで誘ってみるのも手かもしれません。

その時になるべく「いや。冗談でしょ?」というような感じで笑って流せるような断る隙も見せてあげることが大切です。

このようなことは、強制されると非常に嫌な記憶として残ってしまうこともあります。

だからこそ、あまり焦りすぎず軽いノリでというような感じで行ってみましょう。

そして断られたら軽く流してあげるようにすると、距離を空けられることはないと思います。

3.公園のベンチなど横に座っているときに

女性は結構そのような時は、雰囲気に流されやすいというところもあります。

空気を読むことができるタイプの人が多いということもあり、良い雰囲気になってきて、つい…、というようなことが出てくるのも女性の特徴です。

だからこそ公園のベンチで、できれば人があまりないような所で座っている時にというのもチャンスです。

この時もいきなりだと驚かれるので、ハグをしたりするなどで徐々にスキンシップを取っていきましょう。

この時に、もし抵抗したとしたらそこで手を引きましょう。

男女の関係でも言えることですが、あまりにも強引にするというのは相手の気持ちがまだ分かっていない段階では非常に危険です。

異性の場合だと、なんだか強引に来られて気が付いたらということもよくあるのですが、女の子同士と言うと、このように女性同士恋愛感情を持つというのがまだメジャーではない現代では、少々リスキーなところがあります。

4.別れ際に

最近は西洋式に別れの際に挨拶をする時に、キスをするというのは自然ではなくなってきました。

帰国子女の方が、そのような挨拶の仕方をするということから、日本においても別れ際にキスをするというのは、ある程度知識として知っているというところがあります。

だからこそ、別れ際にということで、さりげなく取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

ただいきなりだと驚くかもしれませんので、やはり始めはハグからというような感じで、ちょっとずつ距離を詰めていくようにしましょう。

ここで、嫌がられたらひとまずは引いてみる必要があります。

抵抗を感じないスキンシップから、徐々に取り入れていくということで、段々とその相手の女性も受け入れられるようになるかもしれません。

さらに、逆を言うと帰国子女ということであれば、その帰国子女であるという強みを活かしましょう。

日本人にとって別れ際にキスをするというのは、抵抗を感じることもありますが、帰国子女であるということであれば「帰国子女だから仕方がないよね」というような感じで納得がいくところがあります。

女同士のキスの仕方

では女の子同士でキスをするときの、キスの仕方について見ていきましょう。

基本的には男女でキスをする時と、同じような流れになっていきます。

男性はこのようなことを色々と考えながらスキンシップを取っていたのだなと考えさせられるところがありますね。

女性同士だからこそ、女の子でも、ふとこのような流れについて考えていく必要があります。

では早速色々な方法について見ていきましょう。

いきなりはNG!

基本的に男女の関係でも同じことが言えますが、いきなりはNGです。

特に女性同士ということになれば、高い確率で驚かれてしまうと思います。

特にここは日本ですので、挨拶の時にキスをするというのも、文化として習慣がないということもあり、驚く人が多いです。

だからこそ、いきなりは避けてください。

基本的に女の子同士だと、そのようなスキンシップのハードルが低いところがあります。

女の子同士でハグをするのも、珍しくないというところもあるでしょう。

中学生などを見ていると、特にそれを感じられるところがあります。

女の子同士抱きついていたりしても、そんなに不自然ではありません。

このように女の子同士というのは、スキンシップのハードルが低いですので、いきなり焦ってキスをする必要はありません。

基本的に抵抗を感じられないようなスキンシップで徐々に距離を詰めていきましょう。

まずは警戒心を解くためにスキンシップから

日本人にとっては、挨拶の時にキスをする文化というのはあまりありませんので、キスはやはり特別な行為になります。

だからこそ、まずはそのような事に至るまでの警戒心を解いていく必要があります。

先ほども触れたように、よくあるスキンシップとして、手を繋いだりハグをしたりというところがあります。

特に女性同士だと、ハグなどをしていても不自然ではないということから、多くの女性には受け入れられやすいところがあります。

女の子同士で手をつないで歩くとか、別れ際のスキンシップでハグをするというような感じで、ちょっとずつ距離を詰めていきましょう。

頬に試してみよう

同じキスと言っても、やはり頬にするか口にするかというのは非常に大きな問題です。

いきなり口にすると言うと、ちょっと驚くところがあるでしょう。

だからこそハグなどのスキンシップでうまくいったとしたら、次は頬にキスを試してみる感じにしましょう。

特に初めてということであれば、お酒の席なども大変おすすめです。

やはりお酒の席と言うと、酔っ払って失敗してしまったという体を取ることができますので、何だかんだで笑って流してもらえる可能性もあります。

ハグしてみよう

シラフの状態でも、比較的受け入れやすいのはハグです。

写真でも幼稚園時代に、仲良しの子とハグをし合っている写真というのもあります。

このように女の子同士というのは、このようなスキンシップも比較的取りやすい所もあるので、女の子が好きというような人にも、大変チャンスが多い所があります。

そして、ハグから徐々にスキンシップを深めていくというのもいいでしょう。

このようなハグもまだということであれば、手をつなぐということから始めてみるなど、徐々に攻略してみるという形が面白いのです。

男性はこのようにして、好きな女の子にうまくアプローチしているところもあります。

さらには男性と言うと、普通に恋愛対象になるため、女の子は警戒心を強めるところがありますが、女の子同士と言うとそのような抵抗感がないということから、ある意味男性よりもチャンスがあります。

抵抗されないようならキスへ

そしてこのように、距離を詰めていって抵抗がなければキスというような流れになっていきますが、そのようにスキンシップを取りたいと思えるような女の子に出会えたということは、絶対に距離を取られたくないですよね。

ここでいきなりということで、距離を置かれては悲しい結末になってしまいます。

だからこそキスへの流れも慎重にいきましょう。

基本的にハグからスタートするということも、大切なところがありますが、お酒の席などちょっとの失敗は許されるというような逃げ道もある程度用意しておく必要があります。

この時に「あの時あなたが酔っぱらっていて、こんなことされたけど本当は嫌だった」と言われたら「ごめんね」というような感じで行くと修復しやすい所があります。

とにかく女の子同士と言うと、友情関係は割と崩れやすい傾向があります。

やはり女性は色々と環境が変わりやすいというところもありますが、気持ち的にもその気持ちを保つというのが比較的難しいところもあります。

このようなことから、女の子同士でキス等をする時は距離を空けられないように、本当に徐々に徐々に距離を詰め、あくまで相手になる女の子に驚かれないようにすることが大切です。

キスフレってなに?

最近は、キスフレというようなことも大変話題になっているようです。

このキスフレとは何かということですが、キスするフレンドというような感じの意味合いです。

このように割り切った関係もあるようです。

女同士のキスフレも急増中?!

キスフレと言うと、調べてきた情報によると、やはりそのような関係性の保持が難しいところはあるようです。

やはりこのような関係性から、肉体関係に行かないところは、非常に女性としても安心できるところがありますが、やはりそこは理性との兼ね合いがあります。

だからこそ、それを保つというのは男女では難しいところがあります。

そこで女性同士のキスフレというのも需要があるようです。

もちろん女の子が好きだからという理由でというところもあるかもしれませんが、女性の場合でしたら、なんとなくとか軽いノリでというようなところもあります。

女性は雰囲気に流されやすいところがあります。

そして、女性の傾向としてはちょっとしたスキンシップだけで満足する人が多いです。

体の関係までは求めないというところがあるのも、女性の特徴です。

だからこそ、女の子同士でということになる事もあります。

もちろん生粋な女の子好きという人もいますが、その一方で男性から暴力を振るわれたというような感じ、苦い経験があるからこそ、男性に強いと感じている人にとっては、非常に女の子同士で、そのようなつながりというのが望ましく感じているという人もいます。

まとめ

最近は女の子同士の恋愛関係というのも、抵抗がなくなりつつあると言われています。

最近は、同性愛を公表する人も多く、女の子同士でキスをしたいという感じになっても、そこまで驚かれることは少なくなってきているのかもしれません。

だけどやはり当事者としては、かなり驚いてしまう可能性も高いですので、もしキスをしたいと思う女の子がいるということであれば、驚かれない程度に徐々に関係性を詰めていきましょう。