CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

不倫がバレるときの20個のきっかけ。こんな人はバレやすい!


不倫とは、幸せな1つの家庭を壊してしまう危険のある恋愛のかたちの1つです。

始まるきっかけは些細なことでも、「いけないこと」だということをわかっていてもその想いを止めることができずに突き進んでしまうのでしょう。

しかし、バレないようにひっそりとしていたつもりでも不倫がバレるときはやってくるのです!

今回は、不倫がバレるときのきっかけについてをご紹介していきたいと思います。

裁きを受ける前に、思い当たる行動をしてしまっている人はよく注意してくださいね!

不倫はほとんどバレる?

「自分たちだけは絶対にバレない」「厳重に気をつけていればきっと大丈夫」と、不倫の恋に溺れている誰もが思い込んでいる感情でしょう。

ですが、みんな最初からバレると思っていけない恋を始める人はいませんよね。

バレるはずがないと思っていたのに、それが些細なきっかけからバレてしまい、そこから家庭が崩壊し、職場にもバレて会社にいられなくなり、パートナーからは多額の慰謝料の請求をされ、さらには実家の両親にも報告されて軽蔑される可能性もあります。

家庭がある相手と秘密でデートを重ねたりするわけですので、その不倫の恋は数年後にはほとんどバレてしまい、いずれすべてが崩壊すると思っておいた方が身のためです。

不倫がバレるときのきっかけを集めました!

「バレるからやめておきなさい」と不倫をしていることを知った知人の誰もが警告するかもしれませんが、一度始まった不倫の熱から冷めるには相当冷静な判断が必要になります。

そしてその多くの人が、恋に溺れ過ぎて周囲のことがまるで見えなくなってしまっています。

では、実際にどんなときに不倫がバレるのでしょうか?そのきっかけを20個集めてみました。

思い当たる行動をしていたら、すでに黄色信号であることを覚悟して、配偶者に支払う慰謝料の準備でもしておきましょう。

1.スマホを見られる


普段から配偶者にスマホを見られてしまうという環境ならば要注意です。

不倫相手との連絡は常にスマホでとることが多いと思いますし、スマホには知られるとまずい不倫の痕跡がいくつもありますよね。

スマホはいくらプライバシーだからといっても、夫婦関係ならばお風呂に入っている間や、トイレに行っている間、そして寝ている間にも内緒で容易にチェックすることができてしまいます。

さらには、「ちょっとスマホ貸して」とふとしたときに言われてすぐに差し出せない場合、まっ先に不倫を疑われるでしょう。

LINEなどの履歴はもちろん、着信履歴も

不倫がバレる1番の確率は、普段からよく不倫相手と連絡を取り合うLINEの履歴です。

見慣れない異性の名前の人から頻繁にLINEが届いていたり、中を開いてハートがたくさん押されているメッセージなどを見られた日には全てが終わります。

だからこそLINEに関しては履歴を削除したりと、不倫をしている人は厳重に管理している場合が多いですよね。

しかし、「LINEの履歴が消えているからバレる心配はなし」なんて思っていたら大間違いです。

意外と抜け目なのが着信履歴です。

会社の飲み会だと嘘をついて不倫相手とデートをするのに、電話で連絡を取り合ったりした場合、そのまま慌てて帰ってつい着信履歴を消し忘れることもあるでしょう。

見知らぬ異性からの着信があったら、配偶者は飲み会だって言っていたのに誰だろう?とこちらも不倫を疑うきっかけとなります。

もしも証拠を消す場合は、着信履歴のほうも抜け目なく削除しましょう。

ポップアップを見られる

LINEのポップアップ機能をつけている場合、たとえば配偶者と隣同士に座っていたり、近い場所にスマホを置いたままにしていると、突然来たLINEのポップアップが配偶者に見えてしまうこともありますので気をつけましょう。

ポップアップ機能とは、確かにLINEがきたことがすぐにわかるとても便利な通知機能ですが、LINEがきたときに画面に常に送り主とメッセージも少し見えてしまうのが不便なところです。

やましいことのない人にはもちろん関係のない話ですが、もしもバレたくない相手とLINEをしているのなら、この機能を無効にしておくのが懸命でしょう。

GPSも危険


現代のスマホにはGPS機能がついていますよね。

子供の外出などにはとても便利な機能ですが、このGPSは不倫をしている人にとっては恐怖でしかありません。

配偶者にその日の行き先を告げている場合、行き先だと告げた場所とGPSで感知した場所が異なるときに真っ先に不倫を疑われてしまいます。

便利なGPSですが、不倫をしている人にとっては少し厄介な機能なのです。

指紋認証も寝ている間にされることも

LINEも電話の履歴も削除しているし、絶対にスマホを見られないようにスマホに自分の指紋でロックをかけちゃえば良いのでは?と考える人もいるでしょう。

しかし、結婚しているからには毎日自分が寝ているところに配偶者がいますよね。

自分が眠ったあとに、自分の指の指紋で認証を解除するなんてことは、配偶者にとって容易なのです。

便利になってきたスマホですが、秘密を持ちにくい機能も盛りだくさんなので、やはり世の中はいけないことができないような仕組みが徐々に確立されているのかもしれませんね。

2.相手の前で不倫相手と連絡をとる

「会社の人からの電話だよ」と言って、結婚相手の目の前で不倫相手と連絡をとる人もいることでしょう。

しかし、いくら平静を装ってもやはり男女の関係にある相手との電話などは少し普段とは違って見えるので、結婚相手からもその態度が疑わしく見えてしまうかもしれません。

あえて自然を装うことが時に逆効果になり得るので、大胆な行動は慎みましょう。

3.服装や化粧、趣味が変わった

結婚生活を送っていると、育児や家事に追われ自分の身だしなみに独身時代よりも気を配らなくなります。

ページトップ