CoCoSiA(ココシア)

「いつの間」はどういう意味?「いつの間に?!」と感じる6個のこと


人が、「いつの間に?!」と感じるのは、自分が気づかないうちに時間が経過してしまったり、自分が予想していた以上の状況の変化に直面したときです。

「いつの間に?!」という感情を抱く人は、日々の生活の中で時間を大切に考えている人です。

日々の生活を大切にする人は、時間を無駄に過ごすことを避けようとします。

ですから、自分の気づかない間に時間が流れ去ったことに気付くと、「いつの間に?!」という戸惑いの感情を抱きます。

また、自分が予想していた以上に状況が変化していることに気付いたとき、「いつの間に?!」という戸惑いの感情を抱くことがあります。

目の前の物事に没頭していて夢中になっている間に、思いがけず時間が経ってしまったことに気づき戸惑いをみせて、「いつの間に?!」ということがあります。

また、自分が予想していた状況とは全く違った事態に変化している場面を目の当たりにしたとき、「いつの間に?!」と感嘆することがあります。

「いつの間」とは、驚きと戸惑いの心境を物語る言葉でもあります。

自分の周りの物事の変化に興味を抱いているとき、自分の考えや予想と違った事態に陥っていることに気付いたとき、「いつの間に?!」と戸惑いを見せることがあります。

人が「いつの間に?!」と感じるのは、ひとつの物事に没頭していて、周りの変化に気づかなかったときです。

人は夢中になれるものがあると時間を忘れて没頭します。

例えば、責任感の強い人が難しい物事に直面したとき、解決の糸口を見つけるために、時間を忘れて意識を集中します。

時間を忘れて物事に取組んでいる時に、思いがけずに時間が過ぎてしまったときに「いつの間に?!」と感じるものです。

「いつの間に?!」と驚くことは世の中に多い

世の中には、自分の予想を超える出来事が起きることは珍しくありません。

様々な出来事の中で、時間の流れや想定外の出来事に直面したとき、「いつの間に?!」という言葉を発します。

時間を忘れて目の前の物事に打ち込んでいるとき、一息ついて周りを見渡すと、思いがけず多くの時間が経ってしまったことに気付き、「いつの間に?!」という言葉が思わず口から出ることがあります。

また、自分の故郷に久しぶりに帰った際に、変化の大きさを目の当たりにして、「いつの間に?!」と感じることがあります。

自分の予想を超えて、時間の流れに伴う変化が起きたことに気付かされたときに、口から出る言葉が「いつの間に?!」です。

「いつの間」はどういう意味?

「いつの間」とは、自分が気づかない間に、周りの状況が変化してしまったことを指します。

「いつの間」とは、時間の経過に合わせて周りの状況が変化してしまったことに気付いて、慌てる様子を物語っています。

時間の経過や周りの状況の変化に無関心な人は、「いつの間」と感じることはありません。

自分の人生を大切に考えている人は、日々の生活を大切に過ごします。

日々の生活を大切にしている人は、時間を無駄に過ごしたくないと考える人が多いです。

また、日常生活に影響を及ぼす出来事に敏感な人は、思いがけない状況の変化に気付いたときに、「いつの間に」と驚きの感情を抱きます。

自分が1つの物事に夢中になっている間に、時間や周りの状況が変化し続ける様を表わした言葉が「いつの間」です。

世の中の多くの物事は、留まることなく変化し続けています。

時には、自分が予想していた以上の変化が起きることも多々あります。

自分が1つの物事に夢中になっていて、周りの変化が“目に入らない”状態にあって、我に返ったとき、時間の経過や周りの変化に気付き、「いつの間」という言葉を発することがあります。

人によって時間の感覚は異なる

時間の経過の度合いを常に気にする人がいます。

一方、仕事や自分が興味を抱いている物事に没頭して時間が経っていることに全く気付かずにいる人もいます。

1つの物事に没頭している状態から、我に返ったとき、時間の経過や周りの変化に気付いたとき、「いつの間」と慌てることがあります。

人によって人生観が異なるように、時間の感覚も異なります。

ですから、時間の流れを早く感じる人は、「いつの間に」という感情を抱くことが多いです。

いつも忙しい人は、“時間に追われる”感覚が付きまとっていますので、時間の流れを早く感じるのです。

しかし、安易な惰性に流されて時間を持て余す日々を送っている人は、時間の流れを遅く感じますので、「いつの間に」という感情を抱くことはあまりありません。

時間が過ぎていても平然としているのです。

また、1つの物事に集中している間に時間が経ってしまったことに、ハッと気づいて、「いつの間」と驚く人は、時間が過ぎてしまったことで、周りの人に“迷惑を掛けるかも知れない”ことを気遣う人です。

人が持つ価値観の違いによって、時間を大切に考えるか、気にしないかの感覚も異なってくるのです。

時間の経過が早く感じる人とは?

人は1つの物事に夢中になり没頭している時は、“時間が止まっている”心理状態になっています。

ですから、没頭している状態から我に返ったとき、時間の経過に驚き、「いつの間に?!」というコトバを発するのです。

目の前の物事に夢中になっているときは、時間が経つことを忘れています。

人は忙しい時は、“やらなければならない”物事に追われて、時間が経つことを忘れてしまいがちです。
一方、暇な人ほど時間が経つことを遅く感じています。

目的のない日々の生活を送り、時間を持て余している人は、「早く時間が過ぎて欲しい」と思いながら、時間の進み具合いをいつも気にしています。

ですから、「いつの間に?!」という感情を抱くことはありません。