人が、「いつの間に?!」と感じるのは、自分が気づかないうちに時間が経過してしまったり、自分が予想していた以上の状況の変化に直面したときです。

「いつの間に?!」という感情を抱く人は、日々の生活の中で時間を大切に考えている人です。

日々の生活を大切にする人は、時間を無駄に過ごすことを避けようとします。

ですから、自分の気づかない間に時間が流れ去ったことに気付くと、「いつの間に?!」という戸惑いの感情を抱きます。

また、自分が予想していた以上に状況が変化していることに気付いたとき、「いつの間に?!」という戸惑いの感情を抱くことがあります。

目の前の物事に没頭していて夢中になっている間に、思いがけず時間が経ってしまったことに気づき戸惑いをみせて、「いつの間に?!」ということがあります。

また、自分が予想していた状況とは全く違った事態に変化している場面を目の当たりにしたとき、「いつの間に?!」と感嘆することがあります。

「いつの間」とは、驚きと戸惑いの心境を物語る言葉でもあります。

自分の周りの物事の変化に興味を抱いているとき、自分の考えや予想と違った事態に陥っていることに気付いたとき、「いつの間に?!」と戸惑いを見せることがあります。

人が「いつの間に?!」と感じるのは、ひとつの物事に没頭していて、周りの変化に気づかなかったときです。

人は夢中になれるものがあると時間を忘れて没頭します。

例えば、責任感の強い人が難しい物事に直面したとき、解決の糸口を見つけるために、時間を忘れて意識を集中します。

時間を忘れて物事に取組んでいる時に、思いがけずに時間が過ぎてしまったときに「いつの間に?!」と感じるものです。

「いつの間に?!」と驚くことは世の中に多い

世の中には、自分の予想を超える出来事が起きることは珍しくありません。

様々な出来事の中で、時間の流れや想定外の出来事に直面したとき、「いつの間に?!」という言葉を発します。

時間を忘れて目の前の物事に打ち込んでいるとき、一息ついて周りを見渡すと、思いがけず多くの時間が経ってしまったことに気付き、「いつの間に?!」という言葉が思わず口から出ることがあります。

また、自分の故郷に久しぶりに帰った際に、変化の大きさを目の当たりにして、「いつの間に?!」と感じることがあります。

自分の予想を超えて、時間の流れに伴う変化が起きたことに気付かされたときに、口から出る言葉が「いつの間に?!」です。

「いつの間」はどういう意味?

「いつの間」とは、自分が気づかない間に、周りの状況が変化してしまったことを指します。

「いつの間」とは、時間の経過に合わせて周りの状況が変化してしまったことに気付いて、慌てる様子を物語っています。

時間の経過や周りの状況の変化に無関心な人は、「いつの間」と感じることはありません。

自分の人生を大切に考えている人は、日々の生活を大切に過ごします。

日々の生活を大切にしている人は、時間を無駄に過ごしたくないと考える人が多いです。

また、日常生活に影響を及ぼす出来事に敏感な人は、思いがけない状況の変化に気付いたときに、「いつの間に」と驚きの感情を抱きます。

自分が1つの物事に夢中になっている間に、時間や周りの状況が変化し続ける様を表わした言葉が「いつの間」です。

世の中の多くの物事は、留まることなく変化し続けています。

時には、自分が予想していた以上の変化が起きることも多々あります。

自分が1つの物事に夢中になっていて、周りの変化が“目に入らない”状態にあって、我に返ったとき、時間の経過や周りの変化に気付き、「いつの間」という言葉を発することがあります。

人によって時間の感覚は異なる

時間の経過の度合いを常に気にする人がいます。

一方、仕事や自分が興味を抱いている物事に没頭して時間が経っていることに全く気付かずにいる人もいます。

1つの物事に没頭している状態から、我に返ったとき、時間の経過や周りの変化に気付いたとき、「いつの間」と慌てることがあります。

人によって人生観が異なるように、時間の感覚も異なります。

ですから、時間の流れを早く感じる人は、「いつの間に」という感情を抱くことが多いです。

いつも忙しい人は、“時間に追われる”感覚が付きまとっていますので、時間の流れを早く感じるのです。

しかし、安易な惰性に流されて時間を持て余す日々を送っている人は、時間の流れを遅く感じますので、「いつの間に」という感情を抱くことはあまりありません。

時間が過ぎていても平然としているのです。

また、1つの物事に集中している間に時間が経ってしまったことに、ハッと気づいて、「いつの間」と驚く人は、時間が過ぎてしまったことで、周りの人に“迷惑を掛けるかも知れない”ことを気遣う人です。

人が持つ価値観の違いによって、時間を大切に考えるか、気にしないかの感覚も異なってくるのです。

時間の経過が早く感じる人とは?

人は1つの物事に夢中になり没頭している時は、“時間が止まっている”心理状態になっています。

ですから、没頭している状態から我に返ったとき、時間の経過に驚き、「いつの間に?!」というコトバを発するのです。

目の前の物事に夢中になっているときは、時間が経つことを忘れています。

人は忙しい時は、“やらなければならない”物事に追われて、時間が経つことを忘れてしまいがちです。
一方、暇な人ほど時間が経つことを遅く感じています。

目的のない日々の生活を送り、時間を持て余している人は、「早く時間が過ぎて欲しい」と思いながら、時間の進み具合いをいつも気にしています。

ですから、「いつの間に?!」という感情を抱くことはありません。

しかし、忙しい人は、やるべきことを沢山抱えていますので、「もっと時間が欲しい」と思いつつ、時間の経過を早く感じるのです。

時間の経過を早く感じる人には、次のような例があります。

・色々な人との関わりの多い人。
・周りの人の存在を何時も気にかけていて、「自分の人生は周りの人のお蔭」と考える人。
・責任感の強い人。
・人生を大切に考えて、一日一日の生活を有意義に過ごすことを心掛けている人。

このような人は、時間を大切に考えていますので、時間の経過を早く感じる傾向があります。

忙しくてやることがたくさんある


忙しくてやることが沢山ある人は、一日「24時間では足りない!」と感じています。

ですから、忙しい合間に時間の経過を振り返って「いつの間に?!」と思い、慌てることがあります。

常に忙しい人にとっては、時間は早く過ぎていきます。

一方、暇な人にとっては、時間は遅く流れていきます。

時間は、その人の生活スタイルに応じて、早く過ぎたり遅く流れたりするのです。

時間の経過する早さは、人によって感じ方が違います。

忙しい人の口癖は、「時間に追われている」です。

忙しい人は、仕事の進み具合と時間の流れとで競争し合っているため、「いつの間に?!」と感じながら、時間に“追われて”いるのです。

一方、暇な人は時間を持て余しているため、時間の経過を遅く感じています。

暇な人にとっては、時間は“遅く”過ぎていきます。

しかし、忙しい人にとっては、時間は“早く”流れていき、「いつの間に?!」と感じるのです。

ことわざにある「光陰矢の如し」とは、何時も忙しく感じながら、時間に追われて物事を解決している人を表わしています。

忙しくて、やることが沢山ある人は、様々な物事をタイミング良く解決に導くために、時間と競争しています。

時間と競争している人は、人生の中で色々な経験を積み重ねています。

忙しい人は、世の中の様々な場面を乗り越えてきているのです。

いろいろな経験があり、世の中のことが大体分かっている

忙しい人は、世の中の色々な場面を乗り越えてきていますので、“見聞の広さ”が身に付いています。

見聞の広さが身に付いていることは、世の中の仕組みなど色々な事が分かっていることを意味します。

色々な経験から、見聞の広さが身に付くことで、世の中のことが分かり、物事への的確な判断力が備わってきます。

的確な判断力が身に付いている人は、周りから信頼される立場になっていきます。

周りから信頼されることで、色々な仕事や相談事が来るようになり、忙しくなります。

色々な物事に追われ忙しくしている責任感の強い人は、目の前の物事を解決するために、時間を忘れて打ち込みます。

目の前の物事が解決して、ホット一息ついた時、多くの時間の経過に気付き、「いつの間に?!」と感嘆するのです。

集中力の高い人

責任感の強い人は、難しい物事であっても手を抜かずに最後までやり遂げようとします。

難しい物事を最後までやり遂げる解決策を見出すために集中力を高めます。

集中力が高くなることで、自分の周りの物事に関心を抱くことが稀になってきます。

集中している間は、時間の経過に全く関心が向きませんので、我に返ったときには、多くの時間が過ぎたことに驚くのです。

集中力の高い人は、時間が過ぎていくことを忘れて、自分のやるべきことの責任を果たそうとします。

集中力の高い人は、時間を大切にする責任感の強い人とも言えます。

時間の経過が遅く感じられる人とは?

時間の経過が遅く感じられる人は、暇な人が多い傾向があります。

日々の生活では、時間を持て余して、時間の経過が遅く感じられます。

時間の経過を遅く感じる人は、時間の大切さを実感しにくいです。

時間を大切にしない人は、自分の人生も大切にしないため、惰性に流された無気力な日々を過ごすことになります。

一方、日々の生活で時間を大切にする人は、自分の人生も大切にします。

人生を大切にする人は、将来に向けてステージアップを目指しますので、行うべき物事が多くなります。

行うべき物事が増えることで、忙しくなってきますので、時間の経過が早く感じられるのです。

時間を持て余している人


時間を持て余している人は、自分の人生を前向きに考えない傾向もあります。

人生に目的も無く漫然とした無気力な日々の生活をしている人は、取り組むべき物事から逃げています。

このため、解決すべき物事が無いため、時間を持て余すことになります。

無気力な日々を送る人は、周りの出来事の変化にも気づかずに無頓着ですので、「いつの間に?!」と感じることはありません。

一方、人生を前向きに捉えている人にとっては、自分の周りの出来事にも関心を持ちますので、予想を超えた変化が生じた時には、「いつの間に?!」と感じます。

人生を大切にする人は、周りの出来事にも“アンテナを高く”していますので、時間の経過も大切にします。

分からない、知らないことが多い人

人生に無気力な人は、安易な惰性に流された生活を繰り返していますので、やるべきことも無く、時間の流れにも無頓着になりがちです。

時間が過ぎていくことに関心を持たない人は、自分の周りで起こる出来事にも無関心です。

ですから、自分の周りで起こる物事の変化にも気づくことはありません。

このため、分からない、知らないことが多くなり、“世間知らずの人“に陥ってしまいます。

自分の周りで起こる物事にも、分からない、知らないことが多い人は、周りの状況の変化にも気づくことはありません。

ですから、「いつの間に?!」と感じることもありません。

一方、日々の生活を大切に過ごしている人は、自分の周りで起こる物事にも深い関心を示します。

周りで起こる物事の状況によっては、自身の生活にも影響が及んでくることもあります。

自身の生活への影響を抑えるために、周りで起こる出来事にも敏感になります。

このため、自分が知らない間に起こった出来事に気付いたときに、「いつの間に?!」と感じるのです。

物事をぼんやりと考えるタイプの人

物事をぼんやりと考えるタイプの人は、日々の生活や人生を前向きに考えることをしません。

ですから自ずと、自分の周りで起こる出来事にも無関心になり、状況の変化に気付くこともありません。

一方、自分の人生を今以上により良くしようと考えている人は、自分の周りで起こる物事にも関心を持って注目します。

周りで起こる出来事が自身の生活にも影響が及ぶことに気付いたとき、「いつの間に?!」と感じて、素早く対処します。

しかし、物事をぼんやりと考えるタイプの人は、周りで起こる出来事が自分の生活にも影響が及ぶことを気に掛けることをしません。

ですから、「いつの間に」と感じることもありません。

「いつの間に?!」と感じる時の気持ちは?

自分の人生を大切にしない人は、日々の生活を惰性に任せて漫然と過ごします。

漫然とした生活では、時間が無駄に過ぎ去っても気になりません。

ですから、「いつの間に?!」と感じることもあまりありません。

一方、人生を大切に歩む人は、一日一日の生活も大切にします。

日々の積み重ねが将来に向けた人生をステージアップさせていくからです。

日々の生活を大切に考える人は、無意味な時間を過ごすことをしないように心掛けています。

ですから、時間を無駄に漫然と過ごすことはしません。

このため、自分の予想していた以上に時間が早く過ぎ去ったことに気付いたときは、「いつの間に?!」と感じるのです。

「いつの間に?!」と感じる時の気持ちは、戸惑いの感情が入り混じることがあります。

後悔の気持ち

充実した人生を送る人は、ことわざにある、「Timeismoney」の考えを持っていますので、時間を大切にします。

ですから、日々の中でも、時間を有意義に活かした生活を送ることを心掛けます。

しかし、無気力な惰性に任せた人生を送る人は、時間を大切にすることはありません。

一日一日の時間の使い方の違いによって、将来に向けた人生がステージアップするか、しないかの分かれ道になります。

時間を大切にしない人生を送ってきた人は、ある年齢を迎えたときに、無為に過ごした過去の人生を振り返り、「いつの間に?!」という後悔の念に駆られることがあります。

意外で驚く気持ち

「いつの間に?!」という気持ちが湧き起こるキッカケには大きく2つのケースがあります。

1つは、目の前の物事に夢中になり、時間が経つことを忘れて没頭していて、我に返ったときです。

思いがけずに多くの時間が経ってしまったことに気付いたとき、「いつの間に?!」という気持ちになります。

もう1つは、自分が予想していたよりも大きな変化を目の当たりにして戸惑った時です。

例えば、何年振りかで故郷に里帰りした際に、余りの変わりように驚いて、「いつの間に?!」という言葉を発することがあります。

時間の流れや物事の変化の度合いが、自身の予想をはるかに超えた有り様に直面したとき、「いつの間に?!」という驚きの気持ちに包まれることがあります。

時間を大切に、有意義に使おう

「Timeismoney」ということわざどおりに、日々の生活において、時間もお金と同様に大切にしなければなりません。

会社の経営を支える経営資源と言われる、人財、資金、設備、情報に新たに、“時間”も加えた考えが広がっています。

“時間”は、あらゆる物事を解決に導くためには絶対に必要な“財産”となっているのです。

時間を大切にして過ごすか、無駄に過ごすかで、人生は大きく変わってきます。

時間の大切さに気付かずに惰性に流された漫然とした日々を過ごしていると、将来の人生は拓けてきません。

一方、日々の生活で時間を大切に有意義に過ごしていると、人生がステージアップするチャンスに出会うことができます。

時間は、誰にでも平等に与えられた“財産”と言えます。

時間を無駄に過ごす人にとっては、時間を財産として、活かすことはできません。

しかし、日々の時間を大切にして、人生を前向きに有意義に取り組んでいる人にとって、時間を財産として活かすことができます。

そうすれば「いつの間に?!」と感じにくい

時間を大切にする人は、世の中の変化に敏感に反応します。

このため、世の中の変化に取り残されたことに気付いたとき、「いつの間に?!」と後悔することがあります。

一方、時間を大切にしない人は、世の中の変化には無頓着です。

ですから、世の中の変化の流れに取り残されていても、「いつの間に?!」と後悔することはありません。

また、時間を有意義に“活かしている”人にとっては、世の中の変化に乗り遅れると、「いつの間に?!」と、後悔の念を抱くことがあります。

「Timeismoney」ということわざが示す通り、難しい物事を解決させるためには、時間の使い方が大切になります。

お金と同様に時間を有意義に活かすことで、人生が大きく展開して、将来に向けた可能性が広がってきます。

時間を大切にすることで、世の中の流れに乗りながら、人生を大きくステージアップさせることができます。

しかし、時間を有意義に活かすことをしない人は、「いつの間に?!」と感じにくい感性に陥っています。

「いつの間に?!」と感じる6個のこと

「いつの間に?!」と感じる人は、忙しさに追われている人です。

自分の身の回りの出来事までも気配りする余裕のない日々を送っている人です。

目の前の物事に一生懸命に取り組んでいる人は、自分の周りの出来事にまで、気を巡らすことが出来ません。

日々の仕事の忙しさに追われている人は、子供や家族の誕生日や記念日のことも忘れてしまうケースは珍しくありません。

また、月日がどんどん流れていくことに気を巡らすことが出来ずに、気付いたときには年末を迎えて、「アッという間に1年が過ぎた」と感嘆することがあります。

記念日や誕生日、お正月などを迎えること

日本のサラリーマンの中には、家族のことよりも仕事優先の生活に追われているケースが少なくありません。

日常的に仕事のことが頭から離れずに、家族のことが後回しになることが多々あります。

このため、子供の誕生日や記念日のことに全く気付かずにいて、「いつの間に?!」と慌てることが多々あります。

家族にとっては、誕生日や記念日、お正月は1年の中でも大切なイベントになります。

仕事に忙殺されるサラリーマンにとって、家族の大切なイベントである誕生日や記念日に気付いたとき、「いつの間に?!」と反省の思いに包まれます。

1年はあっという間に過ぎてしまう

1年中、仕事の忙しさに追われている人にとっては、月日が過ぎ去ることを意識する余裕が持てません。

このため、気付いたときには、「もう1年が過ぎてしまった」と、時間の流れの速さに驚くのです。

忙しい人にとっては、時間の流れに気持ちが向かずに、目の前の仕事や課題を解決することの方に関心が集中しています。

日々、仕事に追われる“仕事人間”にとって、「いつの間に?!」という言葉が口癖になることが多々あります。

海外に比べると、日本人が仕事に就いている時間が多いと言われています。

このため、効率の良くない仕事の進め方が注目されています。

子供の成長

子供の成長は見た目にも早く感じるものです。

「いつの間に、こんなに大きくなって!」という言葉を耳にすることは、あるでしょう。

子供の成長は、精神面の成長と、身長が伸びて身体が大きくなることが同時並行して成長します。

このため、成長度合いが見た目にも如実に表れてきますので、「いつの間に?!」という感嘆の言葉が出てきます。

1年中、仕事に追われる生活をしているサラリーマンにとって、自分の子供の成長を振り返る機会が少ないと言えます。

久しぶりに、子どもの成長ぶりを目の当たりにすると、驚きをもって「いつの間に?!」という言葉を発するものです。

短期間でどんどん成長する

子供の成長は、小学校、中学校へと年齢により成長度合いが顕著になります。

特に、中学校の時期になると、精神的な面で大人に向けた成長が見られます。

時期を同じくして、身長が伸びると共に身体が大きくなります。

子供は成長する時期に入りますと、短期間でドンドン成長し、予想をはるかに超えて成長した姿に、サラリーマンは「いつの間に?!」と驚きを覚えることがあります。

海外の人から日本のサラリーマンを観ると、家族を顧みずに仕事に追われた生活をしている姿として映っているのです。

病気の発症

日常的に仕事に追われた生活をしていると、自身の体調管理が疎かになることがあります。

このため、病気が発症しても気づかずに日々が流れていき、気づいた時には、「いつの間に病気に罹っていたのだろう?!」と、慌てることがあります。

自分の体調の変化に気づかない間に病気の症状が進んでいることがあります。

特に自覚症状が起きない病気の場合、症状が進行し、気づいた時には「いつの間に?!」と慌てて、深刻な状態になっていることがあります。

自分にとって予想もしない状況に陥ったとき、「いつの間に?!」という言葉を発して、動揺した心境を露わにします。

痛みや症状が無い病気は知らぬ間に進む

人は自分の身体に予想外の出来事が起きたとき、「いつの間に?!」というコトバを発し、驚きと戸惑いの心境を露わにします。

痛みなどの自覚症状が無い病気のケースでは、自分が知らぬ間に症状が進行していることがあります。

自覚症状が出てきて初めて、“病気に罹っている”ことに気付くことがあります。

痛みや症状が無いため、自分が知らない間に病気が進行していたことに気付いて、動揺するケースがあります。

自分にとって、思いがけない症状に陥っている姿に気付かされて、気持ちが動揺したとき、「いつの間に?!」という後悔の感情を発するものです。

自分の知らない間に病気が進行していたことに気付いたとき、「なぜ気づかなかったのだろう」と後悔の念に包まれます。

「いつの間に?!」という言葉には後悔の念が“凝縮”されているのです。

別れたばかりなのに次の恋人がすぐ出来る人

別れた恋人のことを、いつまでも引きずるタイプの人がいます。

過ぎ去ったことを引きずる人は、後悔の気持ちで自分を責め続けることがあります。

また一方では、別れた恋人のことはスッパリと忘れて、気持ちを切り替えるタイプの人もいます。

割り切りが苦手で引きずるタイプの人にとって、別れたばかりなのに次の恋人がすぐ出来る人をみて、「いつの間に?!」という言葉とともに、羨望の念を抱くこともあります。

気持ちの切り替えが早い人の振る舞いを目の当たりにし、驚きを隠せないとき、「いつの間に?!」という言葉が発せられます。

割り切りが苦手な人にとって、過ぎ去った出来事には拘らない割り切りの早い人の行動を目の当たりにして驚き、「いつの間に?!」という言葉を発します。

お金が無くなる速度

世の中の出来事は早いスピードで変化し続けています。

自分の身の回りに起きる変化や出来事に気づかないまま、時間が過ぎていくことがあります。

日々の生活が仕事に追われる忙しい人は、身の回りの出来事にまで気を配る余裕がありません。

自分の身近に起こる変化にも気づかないまま時間が流れていきます。

例えば、何となく無計画にお金を使っていると、気付かない間にお金が減り、無くなっているケースがあります。

生活の忙しさとお金が無くなる速度が比例するように感じることがあります。

仕事の忙しさに追われている中で、意識せずにお金を使い、お金が無いことに気付いた時には、「いつの間に?!」という後悔の気持ちに包まれることがあります。

計画的に使わないとお金はすぐに無くなる

仕事に追われる忙しい生活を送っていると、お金の使い方にまで気を配る余裕がありません。

このため、計画的に使うことをせずに、無計画にお金を使う生活を送る人も少なくありません。

お金は、計画的に使わないとすぐに無くなってしまいます。

お金が無くなったことに気づいた時には、「いつの間に?!」と後悔するものです。

「お金は天下の回りもの」ということわざがあります。

忙しさに振り回されずに、自分の生活の身近な面にも気を配ることを心掛けることが必要です。

身近なところにも気を配ることで、気付かない間にお金が無くなって後悔することが起らなくなります。

後悔することが無くなることで、「いつの間に?!」というコトバを発することもなくなります。

布団に入ってすぐに眠ってしまう

何時も仕事に追われて忙しく過ごしている人は、日頃の疲れがうっ積しているケースが多いです。

日常的に疲労感が溜まっている人は、布団に入るとすぐに眠ってしまいます。

朝、目覚めた時に「いつの間に眠ってしまったのだろう?!」と、戸惑いの言葉を発することがあります。

今の世の中には、夜眠れずに不眠症に陥っている人が多いと言えます。

夜眠れないことの辛さを感じながら、布団の中で悶々としている人がいます。

しかし一方では、慢性的に疲労がうっ積しているため、布団に入ってすぐに眠ってしまう人もいます。

まとめ

日常生活の中で時間の大切さを意識している人は、時間の流れに敏感に反応します。

時間が過ぎ去ったことに気付いたときに、戸惑いをみせて「いつの間に?!」と感じることがあります。

また、仕事の忙しさのために、気付かない間に自分の周りの状況が変化したことに気付いたとき、「いつの間に?!」という感情を抱きます。

日々の生活の中で、思いがけずに時間が過ぎ去ってしまったことに気付いたとき、「いつの間に?!」という言葉を発して、油断していた感情を表すことがあります。

また、自分が予想していた以上に変わり果ててしまった状況を目の当たりにした時、「いつの間に?!」という戸惑いと驚きの言葉を発することがあります。

自分の人生を大切にしながら日々の生活を過ごしている人は、時間を無駄に過ごしたことに気付いたとき、「いつの間に?!」という言葉を発します。

自分の周りの状況が大きく変わったことに気付いたときに、「いつの間に?!」という驚きの感情が沸き上がる人は、自分を取り囲む環境の変化に敏感な人です。

「いつの間に?!」という感情を抱く人は、時間を無駄にせずに日々の生活を大切にしている証拠かもしれません。