CoCoSiA(ココシア)

「いつの間」はどういう意味?「いつ...(続き5)

特に自覚症状が起きない病気の場合、症状が進行し、気づいた時には「いつの間に?!」と慌てて、深刻な状態になっていることがあります。

自分にとって予想もしない状況に陥ったとき、「いつの間に?!」という言葉を発して、動揺した心境を露わにします。

痛みや症状が無い病気は知らぬ間に進む

人は自分の身体に予想外の出来事が起きたとき、「いつの間に?!」というコトバを発し、驚きと戸惑いの心境を露わにします。

痛みなどの自覚症状が無い病気のケースでは、自分が知らぬ間に症状が進行していることがあります。

自覚症状が出てきて初めて、“病気に罹っている”ことに気付くことがあります。

痛みや症状が無いため、自分が知らない間に病気が進行していたことに気付いて、動揺するケースがあります。

自分にとって、思いがけない症状に陥っている姿に気付かされて、気持ちが動揺したとき、「いつの間に?!」という後悔の感情を発するものです。

自分の知らない間に病気が進行していたことに気付いたとき、「なぜ気づかなかったのだろう」と後悔の念に包まれます。

「いつの間に?!」という言葉には後悔の念が“凝縮”されているのです。

別れたばかりなのに次の恋人がすぐ出来る人

別れた恋人のことを、いつまでも引きずるタイプの人がいます。

過ぎ去ったことを引きずる人は、後悔の気持ちで自分を責め続けることがあります。

また一方では、別れた恋人のことはスッパリと忘れて、気持ちを切り替えるタイプの人もいます。

割り切りが苦手で引きずるタイプの人にとって、別れたばかりなのに次の恋人がすぐ出来る人をみて、「いつの間に?!」という言葉とともに、羨望の念を抱くこともあります。

気持ちの切り替えが早い人の振る舞いを目の当たりにし、驚きを隠せないとき、「いつの間に?!」という言葉が発せられます。

割り切りが苦手な人にとって、過ぎ去った出来事には拘らない割り切りの早い人の行動を目の当たりにして驚き、「いつの間に?!」という言葉を発します。

お金が無くなる速度

世の中の出来事は早いスピードで変化し続けています。

自分の身の回りに起きる変化や出来事に気づかないまま、時間が過ぎていくことがあります。

日々の生活が仕事に追われる忙しい人は、身の回りの出来事にまで気を配る余裕がありません。

自分の身近に起こる変化にも気づかないまま時間が流れていきます。

例えば、何となく無計画にお金を使っていると、気付かない間にお金が減り、無くなっているケースがあります。

生活の忙しさとお金が無くなる速度が比例するように感じることがあります。

仕事の忙しさに追われている中で、意識せずにお金を使い、お金が無いことに気付いた時には、「いつの間に?!」という後悔の気持ちに包まれることがあります。

計画的に使わないとお金はすぐに無くなる

仕事に追われる忙しい生活を送っていると、お金の使い方にまで気を配る余裕がありません。

このため、計画的に使うことをせずに、無計画にお金を使う生活を送る人も少なくありません。

お金は、計画的に使わないとすぐに無くなってしまいます。

お金が無くなったことに気づいた時には、「いつの間に?!」と後悔するものです。

「お金は天下の回りもの」ということわざがあります。

忙しさに振り回されずに、自分の生活の身近な面にも気を配ることを心掛けることが必要です。

身近なところにも気を配ることで、気付かない間にお金が無くなって後悔することが起らなくなります。

後悔することが無くなることで、「いつの間に?!」というコトバを発することもなくなります。

布団に入ってすぐに眠ってしまう

何時も仕事に追われて忙しく過ごしている人は、日頃の疲れがうっ積しているケースが多いです。

日常的に疲労感が溜まっている人は、布団に入るとすぐに眠ってしまいます。

朝、目覚めた時に「いつの間に眠ってしまったのだろう?!」と、戸惑いの言葉を発することがあります。

今の世の中には、夜眠れずに不眠症に陥っている人が多いと言えます。

夜眠れないことの辛さを感じながら、布団の中で悶々としている人がいます。

しかし一方では、慢性的に疲労がうっ積しているため、布団に入ってすぐに眠ってしまう人もいます。

まとめ

日常生活の中で時間の大切さを意識している人は、時間の流れに敏感に反応します。

時間が過ぎ去ったことに気付いたときに、戸惑いをみせて「いつの間に?!」と感じることがあります。

また、仕事の忙しさのために、気付かない間に自分の周りの状況が変化したことに気付いたとき、「いつの間に?!」という感情を抱きます。

日々の生活の中で、思いがけずに時間が過ぎ去ってしまったことに気付いたとき、「いつの間に?!」という言葉を発して、油断していた感情を表すことがあります。

また、自分が予想していた以上に変わり果ててしまった状況を目の当たりにした時、「いつの間に?!」という戸惑いと驚きの言葉を発することがあります。

自分の人生を大切にしながら日々の生活を過ごしている人は、時間を無駄に過ごしたことに気付いたとき、「いつの間に?!」という言葉を発します。

自分の周りの状況が大きく変わったことに気付いたときに、「いつの間に?!」という驚きの感情が沸き上がる人は、自分を取り囲む環境の変化に敏感な人です。

「いつの間に?!」という感情を抱く人は、時間を無駄にせずに日々の生活を大切にしている証拠かもしれません。