CoCoSiA(ココシア)

「いつの間」はどういう意味?「いつ...(続き4)

一方、日々の生活で時間を大切に有意義に過ごしていると、人生がステージアップするチャンスに出会うことができます。

時間は、誰にでも平等に与えられた“財産”と言えます。

時間を無駄に過ごす人にとっては、時間を財産として、活かすことはできません。

しかし、日々の時間を大切にして、人生を前向きに有意義に取り組んでいる人にとって、時間を財産として活かすことができます。

そうすれば「いつの間に?!」と感じにくい

時間を大切にする人は、世の中の変化に敏感に反応します。

このため、世の中の変化に取り残されたことに気付いたとき、「いつの間に?!」と後悔することがあります。

一方、時間を大切にしない人は、世の中の変化には無頓着です。

ですから、世の中の変化の流れに取り残されていても、「いつの間に?!」と後悔することはありません。

また、時間を有意義に“活かしている”人にとっては、世の中の変化に乗り遅れると、「いつの間に?!」と、後悔の念を抱くことがあります。

「Timeismoney」ということわざが示す通り、難しい物事を解決させるためには、時間の使い方が大切になります。

お金と同様に時間を有意義に活かすことで、人生が大きく展開して、将来に向けた可能性が広がってきます。

時間を大切にすることで、世の中の流れに乗りながら、人生を大きくステージアップさせることができます。

しかし、時間を有意義に活かすことをしない人は、「いつの間に?!」と感じにくい感性に陥っています。

「いつの間に?!」と感じる6個のこと

「いつの間に?!」と感じる人は、忙しさに追われている人です。

自分の身の回りの出来事までも気配りする余裕のない日々を送っている人です。

目の前の物事に一生懸命に取り組んでいる人は、自分の周りの出来事にまで、気を巡らすことが出来ません。

日々の仕事の忙しさに追われている人は、子供や家族の誕生日や記念日のことも忘れてしまうケースは珍しくありません。

また、月日がどんどん流れていくことに気を巡らすことが出来ずに、気付いたときには年末を迎えて、「アッという間に1年が過ぎた」と感嘆することがあります。

記念日や誕生日、お正月などを迎えること

日本のサラリーマンの中には、家族のことよりも仕事優先の生活に追われているケースが少なくありません。

日常的に仕事のことが頭から離れずに、家族のことが後回しになることが多々あります。

このため、子供の誕生日や記念日のことに全く気付かずにいて、「いつの間に?!」と慌てることが多々あります。

家族にとっては、誕生日や記念日、お正月は1年の中でも大切なイベントになります。

仕事に忙殺されるサラリーマンにとって、家族の大切なイベントである誕生日や記念日に気付いたとき、「いつの間に?!」と反省の思いに包まれます。

1年はあっという間に過ぎてしまう

1年中、仕事の忙しさに追われている人にとっては、月日が過ぎ去ることを意識する余裕が持てません。

このため、気付いたときには、「もう1年が過ぎてしまった」と、時間の流れの速さに驚くのです。

忙しい人にとっては、時間の流れに気持ちが向かずに、目の前の仕事や課題を解決することの方に関心が集中しています。

日々、仕事に追われる“仕事人間”にとって、「いつの間に?!」という言葉が口癖になることが多々あります。

海外に比べると、日本人が仕事に就いている時間が多いと言われています。

このため、効率の良くない仕事の進め方が注目されています。

子供の成長

子供の成長は見た目にも早く感じるものです。

「いつの間に、こんなに大きくなって!」という言葉を耳にすることは、あるでしょう。

子供の成長は、精神面の成長と、身長が伸びて身体が大きくなることが同時並行して成長します。

このため、成長度合いが見た目にも如実に表れてきますので、「いつの間に?!」という感嘆の言葉が出てきます。

1年中、仕事に追われる生活をしているサラリーマンにとって、自分の子供の成長を振り返る機会が少ないと言えます。

久しぶりに、子どもの成長ぶりを目の当たりにすると、驚きをもって「いつの間に?!」という言葉を発するものです。

短期間でどんどん成長する

子供の成長は、小学校、中学校へと年齢により成長度合いが顕著になります。

特に、中学校の時期になると、精神的な面で大人に向けた成長が見られます。

時期を同じくして、身長が伸びると共に身体が大きくなります。

子供は成長する時期に入りますと、短期間でドンドン成長し、予想をはるかに超えて成長した姿に、サラリーマンは「いつの間に?!」と驚きを覚えることがあります。

海外の人から日本のサラリーマンを観ると、家族を顧みずに仕事に追われた生活をしている姿として映っているのです。

病気の発症

日常的に仕事に追われた生活をしていると、自身の体調管理が疎かになることがあります。

このため、病気が発症しても気づかずに日々が流れていき、気づいた時には、「いつの間に病気に罹っていたのだろう?!」と、慌てることがあります。

自分の体調の変化に気づかない間に病気の症状が進んでいることがあります。